山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

大義と要求掲げて団結した選挙、戦略をどう見直せというのか ―北海道5区補選結果から―

 16.4.26
 24日投開票された衆院北海道5区補欠選挙は、野党統一候補で無所属の池田真紀さんが自民党公認候補に敗れたものの、僅差に迫る大健闘となりました。
 安倍晋三政権が戦争法を強行成立させてから初の国政選挙、しかも自民党の地盤が強く当初はダブルスコアで自公候補当選まちがいなしと言われた選挙区で、戦争法廃止などを掲げる野党候補が大接戦に持ち込んだことはきわめて重要です。横綱が平幕に土俵際まで追い詰められ、うっちゃってやっと勝ったってところでしょうか。
 補選で大きな力を発揮した野党と市民の本格的な共闘をさらに前進させ、2カ月後に迫った参院選で、自民・公明の与党とその補完勢力を少数に転落させ、安倍政権を退陣に追い込んでいくことが求められます。
 今回の補選結果をもう少しよく見ると、市レベルでは札幌(厚別区)、石狩、北広島、江別で池田さんが勝ち、千歳、恵庭という自衛隊の町では自公候補が池田票を上回り相手側としてはメンツを保った形です。しかし逆にいうとフツーの街では野党共闘が自公を上回ったというわけです(その千歳市でも前回衆議院選挙票に比べると民主・共産の得票合計がほぼ同数だったのに対し、自民票は1,745票減らしています)。出口調査などによると無党派層の7割が池田さんに投票したことも特筆すべきことです。次につながり大阪でも活かせる教訓がいっぱい見て取れます。池田候補と北海道5区の有権者に感謝、感謝です。 
 この選挙については野党共闘を評価する論評が多くある一方で、前回も触れましたが「野党は戦略の練り直しが迫られる」などというマスコミもありました。戦争法廃止、立憲主義守れ、保育所建てろ…、大義と国民の要求を掲げ野党が団結して勝利にあと一歩まで追い詰めたこの選挙結果から、細かい点は別にして大きな戦略の練り直しがどうして野党側に求められるのか、私にはよくわかりません。
 戦略の練り直しというならば、格下の相手に土俵際まで追い詰められた横綱(自公政権)のほうではないでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-04-26 11:43 | 打倒!安倍政権