山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

「年金カット法案」、自民・公明・維新の賛成多数で衆院通過!

 16.11.29
 衆院厚生労働委員会で25日に強行採決された「年金カット法案」は本会議で自民、公明、維新などの賛成多数で可決され、参院に送られました。民進、社民、自由の各党は採決の際に退席。共産党は採決で反対しました。
 採択の先立ち日本共産党の堀内照文議員が反対討論立ちました。
 堀内氏は「質疑を通じ問題が噴出しているにもかかわらず、野党の反対を押し切り、審議打ち切り、採決を強行したことに満身の怒りを込めて抗議する」と力を込め、「際限のない「年金カット」のための新たなルールを持ち込み、将来にわたり、現役世代の賃金が下がれば年金も下げる、最悪の悪循環を生みだすものだ」と批判しました。
 さらに、「高齢になっても、障害をもっても、人間らしく尊厳をもって生きることは当然の権利だ」と強調。「公的年金制度こそ、憲法25条を体現し、生存権を支えうる制度であるべきだ。最低保障年金もなく、際限なく減らされる年金制度を将来世代に残すわけにはいかない」と述べ、法案の廃案を強く求めました。
 また同法案や環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案の成立を狙い、自民、公明、維新などは29日の衆院本会議で30日までの今国会会期を12月14日まで延長することを決めました。悪法成立には執念燃やす自民・公明・維新に厳しい審判を下さねばなりません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-30 11:05 | 打倒!安倍政権