山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

安倍政権は思い通りにいかないからと審判も行司も代えるのか! ―カジノ法案審議めぐって― 

 16.12.13
 12日に開かれた内閣委員会のカジノ法案をめぐる参考人質疑では「カジノは人の不幸をまき散らすビジネス。人の不幸を前提にした成長戦略は大きな疑問」(新里宏二日弁連多重債務問題検討WG座長)、「ギャンブル依存症は、放置すると自殺に至ることもある重篤な疾患です」(同)、「今までの公益賭博は公設公営で公営のものだったが、これからは自分の利益のために賭博を開帳できることになり、刑法のあり方が大きく変わる」(同)、「カジノは家族みんなが楽しめる統合型リゾートの一部というが、家族ぐるみでカジノに誘導するのか」(鳥畑与一静岡大教授)と反対の声が続き、賛成派の参考人も一様に議論不足を指摘しました。
 そんな中、報道によると自民党はカジノ法案について、委員会審議を打ち切って採決を省いて本会議採決に持ち込む「中間報告」や、参院内閣委員会の難波奨二委員長(民進党)の差し替えを検討しているとのこと。
 自分たちの思い通りにならないからといって行事も審判も変えようというのか!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-13 13:43 | 打倒!安倍政権