国民世論が南スーダンの自衛隊撤収に追い込みました

 17.3.12 
 政府は南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派兵している陸上自衛隊施設部隊を5月末に撤収する方針を決めたとのこと。「立憲主義守れ」「自衛隊員を殺すな」の国民の声が大きく広がる中で、憲法違反の自衛隊の海外派兵が破たんしたことを意味します。まだ予断は許しませんが、自衛隊員が戦闘に巻き込まれる危機がひとまず去ったといえます。5月末を待たずに速やかな撤収の実施が必要ではないでしょうか。
 共産党委員長志位和夫は「政府内で昨年9月の段階から撤収の「検討」を始めていたということだが、11月に『駆け付け警護』など新任務を付与した。これは一体どういうことか。結局、安保法制=戦争法の最初の発動という『実績』をつくることだけが目的だったのではないか」と指摘しました。真相究明が求められます。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-03-12 19:18 | 打倒!安倍政権