16.8.4c0133503_1115353.jpgc0133503_1124084.jpg
 先日、ある飲食店のママのMさんから相談を受けました。「石橋西口を出た左前方、サンロードや石橋商店街、旧国道171号といったメインの道路から少し入ったところが暗いので電灯を設置してほしい」というものでした。
 そこは飲食店のネオン看板が並ぶ中に住宅が点在している一画で、すでに数基の街灯も設置されており決して暗いわけではありません。また確かに道幅は狭いのですが結構広い自転車置場もあり見通しが悪いわけでもありません。「さしあたって防犯上問題があるようには見えないけど…」とちょっと戸惑っていたところ、「ヤマゲンさん、問題は店が閉まった後。うちらが帰ろうとして自転車置場に行く時なんかどんだけ暗いか」とMさんはおっしゃいました。さっそく深夜に現地を再び訪れたところ、既存の街灯を少し外れると確かにほとんど真っ暗です。
 さっそく市に掛け合ったところ「電柱所有者である関西電力にも相談して街灯を増やすようにしました。ただ工事は少し先になるかもしれません」との回答があり、Mさんも「これで帰りも安心です」と大喜び。担当課のみなさん、迅速な対応ありがとうございました。
 先日「住民のみなさんの要求を先入観で見てはいけない」と書きましたが(7/16付ブログ)、さっそく思い知らされることになった一件でした。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-08-04 11:03 | 住みよい石橋・豊島の街めざして