山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

2017年 12月 14日 ( 1 )

2017年秋の乱読日誌から④ ―番 外 編―

c0133503_08570984.jpg
c0133503_08581566.jpg
 17.12.14

 あまり新聞小説は読まないほうですが、今「しんぶん赤旗」日刊紙に掲載中の山崎ナオコーラさんの「趣味で腹いっぱい」は面白くて結構はまっています。ことのついでというわけで、あまりにガチなタイトルにちょいと怯み、これまた長らく積ん読状態にあった山崎さんのデビュー作「人のセックスを笑うな」(河出文庫)も一気に読了。

 前者は本業の傍らに行う副業、後者は教師と生徒の年の差恋愛、不倫と結構きわどい、ことによってはドロドロした展開にもなってもおかしくないテーマを扱っているのですが、山崎さんにかかるとふわふわしたなんとも暖かい話に仕上がっていきます。ストーリーから生じる不道徳、不義、不穏等々、マイナスイメージがつきまとう言葉を甘い砂糖と溶けあわせたマショマロでくるみこんでしまったような感じかな。

 山崎ナオコーラ―、掴みどころに少々苦労する、不思議な作家さんです。


 さて、旧知の漫画好きのY君、これまで「これおもしろいから読んでみて」と「ワンピース」「ハンターハンター」「進撃の巨人」と様々な作品を薦めてくれたのですが、どれも読む気がおこりませんでした。思うにどれも時代・地理的背景がはっきりしないのが理由かと…。いつのどこのことかようわからん話はしんどいというわけです。

 それでもめげずに彼が今度紹介してくれたのが「キングダム」(原泰久 集英社)。こちらは中国戦国時代の秦のお話と時代も場所もはっきりしていて、ストーリー展開もおもしろそう。暇を見つけて読みすすめています。「また感想聞かせて」と今度ばかりはY君も満足げです。








[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-14 08:59 | 積ん読・乱読・熟読日記