山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります

ブログトップ

2018年 02月 11日 ( 1 )

セミ・ヌード

 18.2.11

 1月22日付の当ブログで紹介した池田清彦先生の「ナマケモノはなぜ『怠け者』なのか」は、一話の短かさ(3ページ弱)や先生の人類の自虐ネタを散りばめた文章の巧みさもあって、表題のナマケモノ話以外もついつい引き込まれて読んでしまいました。

 特におもしろかったのはアブラゼミとクマゼミの分布の話。

 一般的に近年の地球温暖化に伴って南方系のクマゼミがアブラゼミを席巻しつつあると言われています。吹田市に住まいしていた幼稚園時代(60年代半ば)の記憶にあるのはアブラゼミだけで、京都市内に住まいしていた小学校低学年時代(60年代末)、京都御所で初めてクマゼミを目撃して以来、まわり(もっぱら池田市内)でクマゼミがじわじわ増加してきたという自らの経験から言ってもこの「温暖化クマゼミ拡大説」は妥当だと、私も思ってきました。

 しかし先生はどうもことはそう単純ではないと指摘されます。近年京阪神や鹿児島ではクマゼミは減少傾向にあり、先生自身近年東京にやってきたと思っていたクマゼミがすでに江戸時代後期の江戸で生息が確認できることなどから、クマゼミの分布域の変化に関して温暖化以外の原因を考えておられるようなのです。

 ところで、先生はさらにセミはクマゼミのように翅が透明なものが多くアブラゼミのように透明でないものは世界的に見てとても珍しいと指摘されています。翅が透明だと全身が透けて見えてしまいますが、透明ではないアブラゼミでは頭部と胸部しか見えません。この状態を生物学的にはセミ・ヌードと言います(ん?)。


 追伸;クマゼミは暑い南方のセミなのでフル・ヌードなのですね。もうえぇて?


[PR]
by takeshi_yamagen | 2018-02-11 17:37 | アニマルライフ