山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

必ずやってくる破局的大噴火 やはり日本列島に原発はあってはならない

 17.12.15

 13日の伊方原発の運転差し止め決定を出した広島高裁判決では同原発から約130㌔離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前におこった巨大噴火(阿蘇4)の火砕流が同原発に到達した可能性が小さいとは評価できず、「原発の立地は不適」と判断し、さらに最大規模の噴火でなくても四国電力の火山灰などの想定は「過小」と指摘しました。

 それに対してY紙で学者のM氏が「破局的な噴火が起これば原発のうむに関係なく西日本は壊滅状況になる火山が林立する西日本そのような事態まで想定するのは論理の飛躍で原発も動かせない」とコメントを寄せています。

 M氏のいうように日本列島に壊滅的な影響を与える破局的噴火はそう頻繁に起こるものではないでしょう。ただしこの12万年で上記阿蘇4も含めて10回前後、人類が日本列島に居住して以降も2回九州で起こっています(2万9千年前の姶良カルデラ噴火、7,300年前の鬼界カルデラ噴火)。その間隔は単純計算すると1万年ほどなので、最後の鬼界カルデラ噴火から7,300年経っていることを考えると、次の破局的噴火がいつ起こっても極端な話明日起こってもおかしくないと指摘する研究者もいます。

 M氏も、時期はともかく破局的噴火が起こること、その時は西日本が壊滅状況になることは認めているのですから、やはり原発は動かせない、というよりも火山の林立する日本列島にそもそも原発はあってはならないと言えます。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-15 11:36

2017年秋の乱読日誌から④ ―番 外 編―

c0133503_08570984.jpg
c0133503_08581566.jpg
 17.12.14

 あまり新聞小説は読まないほうですが、今「しんぶん赤旗」日刊紙に掲載中の山崎ナオコーラさんの「趣味で腹いっぱい」は面白くて結構はまっています。ことのついでというわけで、あまりにガチなタイトルにちょいと怯み、これまた長らく積ん読状態にあった山崎さんのデビュー作「人のセックスを笑うな」(河出文庫)も一気に読了。

 前者は本業の傍らに行う副業、後者は教師と生徒の年の差恋愛、不倫と結構きわどい、ことによってはドロドロした展開にもなってもおかしくないテーマを扱っているのですが、山崎さんにかかるとふわふわしたなんとも暖かい話に仕上がっていきます。ストーリーから生じる不道徳、不義、不穏等々、マイナスイメージがつきまとう言葉を甘い砂糖と溶けあわせたマショマロでくるみこんでしまったような感じかな。

 山崎ナオコーラ―、掴みどころに少々苦労する、不思議な作家さんです。


 さて、旧知の漫画好きのY君、これまで「これおもしろいから読んでみて」と「ワンピース」「ハンターハンター」「進撃の巨人」と様々な作品を薦めてくれたのですが、どれも読む気がおこりませんでした。思うにどれも時代・地理的背景がはっきりしないのが理由かと…。いつのどこのことかようわからん話はしんどいというわけです。

 それでもめげずに彼が今度紹介してくれたのが「キングダム」(原泰久 集英社)。こちらは中国戦国時代の秦のお話と時代も場所もはっきりしていて、ストーリー展開もおもしろそう。暇を見つけて読みすすめています。「また感想聞かせて」と今度ばかりはY君も満足げです。








[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-14 08:59

年の終わりまでやっぱり忖度かと思いきや…

 17.12.13

 10日オスロで行われた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))へのノーベル平和賞授賞式で広島の被爆者サーロー節子さんが行った「核兵器は必要悪ではない。絶対悪だ。私たち被爆者は72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできた。これ(核兵器禁止条約採択)を核兵器の終わりの始まりにしよう」との訴えが世界に感動を呼んでいます。腑に落ちないはその広島のある国、日本のマスコミが式を中継しなかったこと。同条約に反対する安倍政権の顔色をやっぱり伺ってるんでしょうかね。

 12日は日本漢字能力検定協会が今年の漢字を「北」になったと発表しました。北朝鮮による核実験やミサイル発射、北海道産ジャガイモの不作、北海道日本ハムの大谷翔平選手の米大リーグ移籍、競走馬キタサンブラックの活躍などがその理由とのこと。公募で「北」が一番多かったとのことですが、北朝鮮については安倍政権の声高にいう国難への敗「北」、他の理由については付け足しの匂いを感じているのは私だけでしょうか。ちなみに安倍首相が「挑」と答えたのに対し、わが党の小池書記局長が「『てへん』ではなく『しんにょう』(逃)では?」とチクリ。私はやはり「偽」がよいと思うのですが…。
 そんなこんなで「年の瀬が迫っても忖度ばかりとは情けないことよ」と思っていた本日の昼過ぎ、広島高裁が火山災害による重大事故のリスクなどを指摘して四国電力に伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じる決定を下しました。高裁の原発の運転差し止めは初めてとのこと。

 少しずつ、少しずつ、歴史は前に動いています。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-13 19:02

2017年秋の乱読日誌から③ ―吾輩はエコである―

c0133503_14171417.jpg

 17.12.11
 先日夏目漱石の名著「吾輩は猫である」を読破しました。
 
名前のない猫「吾輩」が人間社会を客観的、批判的に観察するその内容についてはすでにみなさんご存知のとおりなのでここでは触れません。
 私が少し驚いたことは、小説とはいえ、主な舞台となる主人の苦沙弥(くしゃみ)先生の家に、まぁ実に入れ代わり立ち代わり客人が訪れること。よく考えてみると電話が普及せずもちろんメールもない明治期、手紙を出すほどでもないでもないご近所さんに用事を伝える時は訪問するしかなかったわけです。また作中に「ご一新以後」や天璋院様(13代将軍徳川家定の奥方篤姫)などの言葉が出てきたことも印象に残りました。今、私たちが昭和を懐かしむような感覚で当時(明治38年)の人は江戸時代を語っていたようですね。
 ところでこのハードカバーのポプラ社刊の「吾輩は猫である」、小学生の頃その奇をてらった作品名に興味を覚えて買ったものの、さすがに当時は難解すぎて「なんで妻が『細君』やねん!嫁さんて言えんか!」と逆切れして読書放棄、その後中高時代は「純文学の作品名は『暗夜行路』や『人間失格』みたいに漢字を並べるものだ。こんなふざけた名前の本が読めるか!」と今度は上から目線で逆切れして再び読書放棄、その後本棚から聞こえる漱石先生の「はよ読めぇ」の声に苛まれ続け、今回やっと積ん読解放となった次第です。
 なお同書の奥付けを見ると「1972540円」とあります。わずか540円(当然消費税なし)で45年間もお付き合いできたわけで、こんな経済的(エコノミカル)な本はありません。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-11 14:20 | 積ん読・乱読・熟読日記

リコール署名に2万1569筆 羽田議員はこの結果を重く受けとめよ!

c0133503_13445720.jpg

 17.12.11
 11月2日12月1日まで取り組まれた羽田達也議員のリコールを求める署名は、議会各派の代表者からなるリコール署名実行委員会で集計が行われ、21569の市内有権者の方の署名が集まったことが報告されました(有権者の25%相当。日本共産党議員団は市民のみなさんの協力を得て6717筆集めました)。しかし残念ながら解職請求に必要な有権者3分の1である28612人には届かず、解職請求することはできなくなりました。
 実行委員のみなさんは、その後市議会議長を訪ね「2万を超える市民の署名は重い。議会に対しても、この署名の重みを受け止め一刻も早く辞職をさせるように」との申入れをました。
 
解職請求に必要な署名は集まりませんでしたが、わずか一ヶ月という短い時間で市内有権者の四分に一の署名が集まった事実は重いものがあります。
 羽田議員はこの結果を受け止めやはり即刻辞任すべきです。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-11 13:48

2017年秋の乱読日誌から② ―現代小説編―

 17.12.10

 教養書に続いて現代小説編。

「告白」(湊かなえ 双葉文庫)

 積ん読解消で手にとった本。娘を教え子に殺された教師の復讐劇なのですが、「こう来るか!」と思わず唸ってしまったコワ~いラストが待っています。疲れている時にはお読みにならないほうがいいかも…。

「夜想曲集」(カズオ・イシグロ 早川書房) 

「長編はしんどそうや」と思ってまず手にとった今年のノーベル文学賞受賞作家の短編集。結論から言うと前半2編を読んだところで挫折しました。欧米セレブの恋愛物語に感情移入するにはちょっと無理があったようです。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-10 20:03 | 積ん読・乱読・熟読日記

「明日へ ―戦争は罪悪である―」がいよいよ明日池田で上映! 脚本の土屋さんがあいさつしてくれます

c0133503_10452607.jpg

 17.12.8
 各地で好評を博している映画「明日へ ―戦争は罪悪である―」(日本の青空シリーズⅣ)の池田上映会がいよいよ明日 9()に迫って参りました。
 
仏教の不殺生の教えに基づき戦争に反対を貫いた反骨の僧侶(中原丈雄)のお話。「なにが正しくて、なにが悪か自分の頭で考えよ」の訴えは今に通じるものがあります。同じく反戦を訴え治安維持法違反で逮捕されたタレント植木等のお父様植木徹誠さん(上條恒彦)も登場します。
 以前も書きましたが、この作品の脚本を担当している土屋保文(本名 保科仁志)君は高校時代の同窓で、高校時代からすでに映画作りに取り組み、実は私も出演(しかも主演!)したことがあります。その土屋君も東京から駆けつけあいさつしてもらうことにもなっており、久しぶりの再会を今から楽しみにしています。
 ご家族、お知り合いお誘い合わせのうえ、どうかおこしください!  
 池田市民文化会館小ホール、10時、12時半、15時の3回上映、当日券1,500円です(2/2,7/7付ブログ参照)。※エンドロールに私の名前があるのもお見逃しなく!


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-08 10:50

2017年秋の乱読日誌から① ―教養書編―

c0133503_09383201.jpg 17.12.6
 読書の秋が終わりました。この間読んだ本の中から印象に残った本をいくつかご紹介。
「死ぬほど読書」(丹羽宇一郎 幻冬舎文庫)
 著者の丹羽さんは伊藤忠商事社長などを歴任された、まぁ私たちとは直接縁がない世界で活躍されてきた方です。そんな丹羽さんが赤旗日刊紙に登場(10月17日付)、「世界を屈服させる国ではなく世界が感服する国であれ」と主張されたことに驚いて、「いったいどんな人だろう」と書店で目についた著書を思わず衝動買い。「積ん読はするな」など意見が一致しない点もありましたが、そこは同じ「本大好き」人間の私、思わずうんうんうなずいて「同志愛」を育みながら最後まで読んでしまいました。c0133503_09390919.jpg
「能 650年続いた仕掛けとは」(安田登 新潮新書)
 能に関する「目からウロコ」満載の本。特に世阿弥によって能は受動的に「みられる」ものから主体的に「みせる」ものになり、その伝統を守るうえで家元制度が最適だったとの指摘は重要。芸能者の地位向上を勝ち取りその権利を守る組織までつくったわけで、なんか世阿弥さんが有能な労働組合委員長に思えてきました。
「日本語(上)」(金田一春彦 岩波新書)
 テレビでお馴染みの国語学者金田一秀穂さんのお父様が著された日本語をその起源、リズム、語彙、語彙の特徴などを多言語と比較してあらゆる面から考察した本。
 例えば言葉の性差。日本語は女言葉と男言葉が発達しているため、会話文が続いても誰の発言かおおよそ察しがつくことを「あるフランスの作家が日本の作家たちをうらやましがった」という谷崎潤一郎のエピソードも交えて指摘しています。
 またあれほど名詞の単数・複数形のやかましい英語に疑問文の複数形のないとの指摘も興味深く感じました。日本語の「誰」「誰々」は英語ではすべてwho、「どこ」「どこそこ」はすべてwhereというわけです。
 日本語って奥が深いですね。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-06 09:44 | 積ん読・乱読・熟読日記

個人のカンパが増えています ―共産党とお金②―

 17.12.5
 121日政党・政治団体の2016年政治資金収支報告書が公表されました。前回書いたよう日本共産党は、国民の血税を政党が分け取りする憲法違反の政党助成金や、カネの力で政治をゆがめる企業・団体献金を受け取らず、党員が納める党費、「しんぶん赤旗」読者からの購読料、個人からの寄付など、党員と支持者、国民から寄せられる浄財のみですべての活動資金をまかなっています。

 私がうれしかったのは個人からの寄付が前年比1156%に伸びたことです(総額8億1778万円)。個人寄付は、14年、15年、16年と連続して増加しており、13年と比べると1.9倍にもなっています。

 個人的な経験でも駅頭宣伝をしていてこちらから特に強く訴えてもいないのに「がんばってください」と市民の方からのカンパの申し出に遭遇する機会がありました。確かにそんなにしょっちゅうあるわけではありませんが、「以前には、まぁなかったことやなぁ」と思っていたところです(昔から缶コーヒーくらいの差し入れは時々ありましたが…)。

 13年都議選・参院選以来の党躍進のもとで、戦争法(安保法制)反対闘争をはじめ市民とともにたたかい、市民と野党の共闘の実現と発展に力をつくしてきた日本共産党の姿勢と役割に対して、高い評価と共感、期待が寄せられていることの反映なのかも知れません。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-05 18:42 | 日本共産党はこんな政党です

山元さん、どうやって食べてってるんですか? ―共産党とお金―

 17.12.4 

 ご近所のT野さんとの会話から。

T野さん「共産党って企業団体献金も政党助成金も受け取って…いないんですよね?」

私「はい受けとっていません」

T「そうですか。それはすごいですね。ところで…山元さん、議員やっておられないのに今どうやって生活しておられるんですか?」

私「共産党から給料もらっています」

T「え、でも企業団体献金も政党助成金も受け取ってないんでしょ。そのお金どこから入ってきてるんですか?」

私「赤旗などの収益が大半です。あと個人のカンパと党員の党費ってところかな」

T「あっそうか、赤旗かぁ!」

私「だから共産党は国民を裏切れないんですよ。裏切ったら赤旗減って干上がっちゃいますもんね」

T「納得です」


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-12-04 13:38