山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 761 )

必ずやってくる破局的大噴火 やはり日本列島に原発はあってはならない

 17.12.15

 13日の伊方原発の運転差し止め決定を出した広島高裁判決では同原発から約130㌔離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前におこった巨大噴火(阿蘇4)の火砕流が同原発に到達した可能性が小さいとは評価できず、「原発の立地は不適」と判断し、さらに最大規模の噴火でなくても四国電力の火山灰などの想定は「過小」と指摘しました。

 それに対してY紙で学者のM氏が「破局的な噴火が起これば原発のうむに関係なく西日本は壊滅状況になる火山が林立する西日本そのような事態まで想定するのは論理の飛躍で原発も動かせない」とコメントを寄せています。

 M氏のいうように日本列島に壊滅的な影響を与える破局的噴火はそう頻繁に起こるものではないでしょう。ただしこの12万年で上記阿蘇4も含めて10回前後、人類が日本列島に居住して以降も2回九州で起こっています(2万9千年前の姶良カルデラ噴火、7,300年前の鬼界カルデラ噴火)。その間隔は単純計算すると1万年ほどなので、最後の鬼界カルデラ噴火から7,300年経っていることを考えると、次の破局的噴火がいつ起こっても極端な話明日起こってもおかしくないと指摘する研究者もいます。

 M氏も、時期はともかく破局的噴火が起こること、その時は西日本が壊滅状況になることは認めているのですから、やはり原発は動かせない、というよりも火山の林立する日本列島にそもそも原発はあってはならないと言えます。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-15 11:36

2017年秋の乱読日誌から④ ―番 外 編―

c0133503_08570984.jpg
c0133503_08581566.jpg
 17.12.14

 あまり新聞小説は読まないほうですが、今「しんぶん赤旗」日刊紙に掲載中の山崎ナオコーラさんの「趣味で腹いっぱい」は面白くて結構はまっています。ことのついでというわけで、あまりにガチなタイトルにちょいと怯み、これまた長らく積ん読状態にあった山崎さんのデビュー作「人のセックスを笑うな」(河出文庫)も一気に読了。

 前者は本業の傍らに行う副業、後者は教師と生徒の年の差恋愛、不倫と結構きわどい、ことによってはドロドロした展開にもなってもおかしくないテーマを扱っているのですが、山崎さんにかかるとふわふわしたなんとも暖かい話に仕上がっていきます。ストーリーから生じる不道徳、不義、不穏等々、マイナスイメージがつきまとう言葉を甘い砂糖と溶けあわせたマショマロでくるみこんでしまったような感じかな。

 山崎ナオコーラ―、掴みどころに少々苦労する、不思議な作家さんです。


 さて、旧知の漫画好きのY君、これまで「これおもしろいから読んでみて」と「ワンピース」「ハンターハンター」「進撃の巨人」と様々な作品を薦めてくれたのですが、どれも読む気がおこりませんでした。思うにどれも時代・地理的背景がはっきりしないのが理由かと…。いつのどこのことかようわからん話はしんどいというわけです。

 それでもめげずに彼が今度紹介してくれたのが「キングダム」(原泰久 集英社)。こちらは中国戦国時代の秦のお話と時代も場所もはっきりしていて、ストーリー展開もおもしろそう。暇を見つけて読みすすめています。「また感想聞かせて」と今度ばかりはY君も満足げです。








[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-14 08:59

年の終わりまでやっぱり忖度かと思いきや…

 17.12.13

 10日オスロで行われた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))へのノーベル平和賞授賞式で広島の被爆者サーロー節子さんが行った「核兵器は必要悪ではない。絶対悪だ。私たち被爆者は72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできた。これ(核兵器禁止条約採択)を核兵器の終わりの始まりにしよう」との訴えが世界に感動を呼んでいます。腑に落ちないはその広島のある国、日本のマスコミが式を中継しなかったこと。同条約に反対する安倍政権の顔色をやっぱり伺ってるんでしょうかね。

 12日は日本漢字能力検定協会が今年の漢字を「北」になったと発表しました。北朝鮮による核実験やミサイル発射、北海道産ジャガイモの不作、北海道日本ハムの大谷翔平選手の米大リーグ移籍、競走馬キタサンブラックの活躍などがその理由とのこと。公募で「北」が一番多かったとのことですが、北朝鮮については安倍政権の声高にいう国難への敗「北」、他の理由については付け足しの匂いを感じているのは私だけでしょうか。ちなみに安倍首相が「挑」と答えたのに対し、わが党の小池書記局長が「『てへん』ではなく『しんにょう』(逃)では?」とチクリ。私はやはり「偽」がよいと思うのですが…。
 そんなこんなで「年の瀬が迫っても忖度ばかりとは情けないことよ」と思っていた本日の昼過ぎ、広島高裁が火山災害による重大事故のリスクなどを指摘して四国電力に伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じる決定を下しました。高裁の原発の運転差し止めは初めてとのこと。

 少しずつ、少しずつ、歴史は前に動いています。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-13 19:02

リコール署名に2万1569筆 羽田議員はこの結果を重く受けとめよ!

c0133503_13445720.jpg

 17.12.11
 11月2日12月1日まで取り組まれた羽田達也議員のリコールを求める署名は、議会各派の代表者からなるリコール署名実行委員会で集計が行われ、21569の市内有権者の方の署名が集まったことが報告されました(有権者の25%相当。日本共産党議員団は市民のみなさんの協力を得て6717筆集めました)。しかし残念ながら解職請求に必要な有権者3分の1である28612人には届かず、解職請求することはできなくなりました。
 実行委員のみなさんは、その後市議会議長を訪ね「2万を超える市民の署名は重い。議会に対しても、この署名の重みを受け止め一刻も早く辞職をさせるように」との申入れをました。
 
解職請求に必要な署名は集まりませんでしたが、わずか一ヶ月という短い時間で市内有権者の四分に一の署名が集まった事実は重いものがあります。
 羽田議員はこの結果を受け止めやはり即刻辞任すべきです。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-11 13:48

「明日へ ―戦争は罪悪である―」がいよいよ明日池田で上映! 脚本の土屋さんがあいさつしてくれます

c0133503_10452607.jpg

 17.12.8
 各地で好評を博している映画「明日へ ―戦争は罪悪である―」(日本の青空シリーズⅣ)の池田上映会がいよいよ明日 9()に迫って参りました。
 
仏教の不殺生の教えに基づき戦争に反対を貫いた反骨の僧侶(中原丈雄)のお話。「なにが正しくて、なにが悪か自分の頭で考えよ」の訴えは今に通じるものがあります。同じく反戦を訴え治安維持法違反で逮捕されたタレント植木等のお父様植木徹誠さん(上條恒彦)も登場します。
 以前も書きましたが、この作品の脚本を担当している土屋保文(本名 保科仁志)君は高校時代の同窓で、高校時代からすでに映画作りに取り組み、実は私も出演(しかも主演!)したことがあります。その土屋君も東京から駆けつけあいさつしてもらうことにもなっており、久しぶりの再会を今から楽しみにしています。
 ご家族、お知り合いお誘い合わせのうえ、どうかおこしください!  
 池田市民文化会館小ホール、10時、12時半、15時の3回上映、当日券1,500円です(2/2,7/7付ブログ参照)。※エンドロールに私の名前があるのもお見逃しなく!


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-08 10:50

山元さん、どうやって食べてってるんですか? ―共産党とお金―

 17.12.4 

 ご近所のT野さんとの会話から。

T野さん「共産党って企業団体献金も政党助成金も受け取って…いないんですよね?」

私「はい受けとっていません」

T「そうですか。それはすごいですね。ところで…山元さん、議員やっておられないのに今どうやって生活しておられるんですか?」

私「共産党から給料もらっています」

T「え、でも企業団体献金も政党助成金も受け取ってないんでしょ。そのお金どこから入ってきてるんですか?」

私「赤旗などの収益が大半です。あと個人のカンパと党員の党費ってところかな」

T「あっそうか、赤旗かぁ!」

私「だから共産党は国民を裏切れないんですよ。裏切ったら赤旗減って干上がっちゃいますもんね」

T「納得です」


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-04 13:38

名 字 余 話 

 17.12.3 

 衆院選挙時のこと。
 服部さんの池田選対の責任者の方がなんと私と同じ山元さんであることが判明!
56年生きてきてヤマゲンさんと同じクラス?になったのはまったく初めてのこと。ちょっとうれしかったですね。もしや親戚では?と出自を伺うと滋賀県とのことで血縁関係まではありませんでした(うちのヤマゲンは富山です)。ちなみに山元姓は私の知る限り滋賀、北陸の他に武蔵国と鹿児島に分布しています。とりわけ鹿児島では山本と山元が数のうえで伯仲しているようです。 

 もう一つ名字話。

 最近お会いした学生のKさんと市内在住のRさん、珍しい姓なので出自を伺うとともにその姓を名乗るのは全国でも1軒だけで、特にRさんは「うちは娘ばかりでR家の『絶滅』は避けられません」とちょっと寂しそうにおっしゃっていました。もとは京都の姓であること、中に動物名が入っていることも共通していて興味深く伺った次第。
 姓だけといえども個人情報なのではっきり書けないこと、ご容赦くださいませ。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-12-03 19:26

羽田リコール署名、石橋4丁目作戦にうって出ています

 17.11.28
 私の住まう石橋4丁目は石橋駅の南西に位置する市内では5番目に有権者の多い丁目で、ここでどれだけ羽田リコール署名集まるかが結構全体に影響します。
 というとで、先週から4丁目作戦を本格化、1戸1戸歩いて署名を訴えて回っています。25日は後援会のY元さんと4丁目のほぼ真ん中、石橋南小学校西門前あたりを、26日は南部の中国縦貫道に近いところを訪問。「全然知らないので…」などの理由で断られるおうちもあったのですが、大多数の方はサインしてくださいました。ただお留守や何人か外出中の家人の方がおられて全員から署名を頂けなかったおうちがあったことは残念です(リコールは自筆署名が求められるのです)。運動の広がりの反映か、「もうよそでしたよ」とおっしゃる方も結構おられました。
「まだあの人やめてないのですか。がんばってください」と励まされたり、「石橋南小学校存続のとき、がんばってくれはったのには感謝しています」と初対面のママさんから感謝されたり、「私は安倍さん大好き。でも共産党は絶対必要、あってもらわないと困ります」と言われたり、「小中学校で一緒でしたよ」と弟の同級生とお会いしたり、思いがけず話がはずんでなかなか次に進めないのはうれしい悲鳴というやつか。
 両日とも3時間くらい歩いて集まった署名がおよそ50筆でその他の日に集めたぶんも入れると100筆弱になります。また私が署名集めをお願いした方(受任者)もせっせと集めてくださっていたようでさらに署名数は伸びていくのは間違いありません。
 さぁ今日明日は4丁目最大のMマンション訪問に打ってでます。



[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-11-28 13:17

招かれざる訪問者 ―ウルトラセブン、火球、トランプ訪日―

 17.11.27
 今秋はウルトラセブン放送開始50年(第1回放送は1967年10月1日)にあたり、金曜深夜の再放送(京都テレビ)を眠い目をこすりながら懐かしく見ています。
 ご存知のとおりセブンの敵は続々と地球に攻め込む宇宙人―、そんな地球外生命体に思いを馳せていた折も折、21日火の球の落下が目撃されたとの報道が伝わってきました。「すわっ、宇宙人か!」と思いきや「小惑星などのかけらが大気圏に突入して燃え尽きる際に光る『火球』ではないか」(国立天文台の山岡均准教授)とのことでした。地上に落下するまでに燃え尽きたとのことですが、人騒がせな訪問者だったといえるでしょう。
 もっとやっかいだった訪問者がトランプ米大統領。
 6日日米首脳会談で「日本がさまざまな防衛装備をアメリカから購入することになる。そうすれば上空でミサイルをうち落とすことができる」とステルス戦闘機F35に言及し「そうした装備を購入すべき」だと堂々と武器のセールスを展開、安倍首相は、「北朝鮮情勢が厳しくなる中において、日本の防衛力を質的に、また量的に拡充していかなければならない」と述べ、軍拡を進める方針を表明しました。
 招かれたほうは言いたい放題、招いたほうは言われ放題…、やれやれですね。


 追伸;ウルトラセブンに出てくる宇宙人・怪獣はすべてそらんじることができたのに今は三分の一くらい忘れてしまっていることに再放送を見ていて気づきました。結構ショック…。


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-11-27 15:21

人生初のみかん狩り 甘い実のなる木を探して

c0133503_21431064.jpg

c0133503_21433821.jpg
 17.11.25
 23日は池田の共産党女性後援会のみかん狩りバスツアーで岸和田の橘香園さんを訪問、なぜか男の私も参加させてもらいました。
 遠い昔、そう幼稚園・小学校時代にいちご狩り、いも掘り、そしてくり拾いはしたことがあるのですが、みかん狩りは生まれて初めて。現地のたわわに実るみかんを目にして、思わず「一本の木にこんなたくさんの実がつくの!」と叫んでしまいました(園の方によると「個数は数えたことないけど重量は100キロぐらい」とのこと)。  
 ここだけの話ですが、実はワタクシ、酸っぱい柑橘類はちょっと苦手。そこでご婦人方の協力を得てそれぞれの木のみかんを少しずつ試食して一番甘い実のなる木を探して歩いたのですが、結論からいうと幸いにもどの実もみずみずしくてとても甘く、私の心配は杞憂に終わり胸をなでおろした次第です。

 帰りに泉佐野漁港青空市場に立ち寄り、ガッチョ(ハゼの1種。泉佐野市の市魚)のからあげをかじりながら市場内を散策。「ちょっと勉強でけへん?」「兄ちゃんだけにまけとくわ。誰にも言うたらあかんで」「うん、おばちゃんと僕だけの秘密や。墓までもってく」と交渉成立、表示額1,300円のカンパチを1,200円でゲットしました(秘密ちゃうんかい!)。

 天候にも恵まれ楽しいツアーとなりました。企画してくださった女性後援会のみなさん、バスの運転手さん、ありがとうございました!

   


[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-11-25 21:48