カテゴリ:打倒!安倍政権( 52 )

 16.12.15c0133503_17433653.jpg
 オスプレイが沖縄県名護市の浅瀬に落下し大破。政府は不時着といったそうだが誰がどう見てもこれは墜落です。敗北を転進、全滅を玉砕と言い換えた大本営や南スーダンで民間人を含む300人以上の死者が出る事態を「戦闘ではなく衝突」と言い放った安倍首相を思い出しました。
 また別のオスプレイも胴体着陸事故を起こしていたことが判明する中、14日抗議に訪れた沖縄県副知事に対して米沖縄海兵隊トップが「パイロットは住民にも住宅にも被害を与えなかった。パイロットのすばらしい行動は感謝されるべきだ」とまくし立てたと聞くに到っては、あいた口がふさがらないというのが正直なところです。

 追伸;オスプレイが沖縄県名護市の墜落事故について政府は「パイロットが制御可能だったので不時着だ」と言ったとか。しかしパイロットが「制御不能」だったからこそパラシュートで脱出したこと、素人でもわかります。第一、米軍準機関紙もcrash(墜落)と報じているではないですか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-15 17:44 | 打倒!安倍政権

 16.12.13
 12日に開かれた内閣委員会のカジノ法案をめぐる参考人質疑では「カジノは人の不幸をまき散らすビジネス。人の不幸を前提にした成長戦略は大きな疑問」(新里宏二日弁連多重債務問題検討WG座長)、「ギャンブル依存症は、放置すると自殺に至ることもある重篤な疾患です」(同)、「今までの公益賭博は公設公営で公営のものだったが、これからは自分の利益のために賭博を開帳できることになり、刑法のあり方が大きく変わる」(同)、「カジノは家族みんなが楽しめる統合型リゾートの一部というが、家族ぐるみでカジノに誘導するのか」(鳥畑与一静岡大教授)と反対の声が続き、賛成派の参考人も一様に議論不足を指摘しました。
 そんな中、報道によると自民党はカジノ法案について、委員会審議を打ち切って採決を省いて本会議採決に持ち込む「中間報告」や、参院内閣委員会の難波奨二委員長(民進党)の差し替えを検討しているとのこと。
 自分たちの思い通りにならないからといって行事も審判も変えようというのか!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-13 13:43 | 打倒!安倍政権

 16.12.13
 参院厚労委員会で今日13日採決をめぐり緊迫する「年金カット」法案。短い質疑時間を通じても矛盾が噴出しています。
 まず「年金カットではない。将来年金確保法案だ」と豪語し「将来世代のためだ」と主張してきた安倍首相自身が日本共産党の質問に対して「将来世代の年金が増えるとはいっていない」と言い出すなど、「将来世代のため」論がうそだったことが明らかになってきました。また「消費税の増税でも年金を下げられるしくみだ」と共産党に追及されると厚労相は否定しませんでした。
 論拠総くずれで、あるのは「削減ありき」だけの「年金カット」法案、やはり廃案しかありません。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-13 13:05 | 打倒!安倍政権

 16.12.11
「田舎におったころの話。近所のタクシー運転手をされていたAさん、暴力団の運営する賭場に客を運ぶうちに自分も入り浸りになり、たちまち借金まみれに。あわてて親族会議が開かれ『借金は親戚みんなで分けて返すからもう絶対博打をするな』と言われたのに直後からまた賭場通いが始まり、結局夫婦は離婚、一家は離散、家も田畑も借金のかたで売ってしまった。当然職場にもいられず、今頃はいったいどこでどうしていることやら…」
 カジノ解禁法案が審議される中、ギャンブル依存症について地域の共産党の会議でひとしきり話題になった際にでてきたKさんの経験談です。悲惨のひとことにつきますね。
 朝日新聞でギャンブル依存症対策団体の理事長さんが「ギャンブル依存症は治療に時間がかかり、回復率も低い」「社会を担うべき世代が、家族をまきこんで社会のお荷物になる」とその恐ろしさを指摘されておられました。
 カジノ解禁法は絶対通してはいけない!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-11 12:45 | 打倒!安倍政権

 16.12.9
 繰り返される暴言のち強行採決、質問時間が余ったからといってお国自慢や般若心経を読み出す与党議員―、まさにモラル喪失が行く着くとこまで行った感のある安倍政権。安倍首相自身も「私が述べたことを理解しないならこんな議論を何時間やっても同じだ」(「年金カット法」案の審議)と逆切れ。自ら聞く耳持たぬことを宣言しました。
 TPP慎重反対82%(共同)、年金カット反対58%(同)、カジノ解禁反対57%(読売)…、安倍さん、そんなあなたの述べたことを理解していない、できないと言っているのは国民なのです。
「安倍政権は、民意無視の強権政治に頼るほかに、いまやこの国を統治する術をもてなくなっている」(日本共産党第27回大会決議案より)。的確です。

 週末の私の演説・あいさつ予定です。
 
 10日(土) 17時30分 阪急茨木市駅東口
        18時30分 能勢町演説会(能勢町栗栖 ささゆり園)
 11日(日) 10時00分 茨木朝田市議事務所開き
 

[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-09 13:21 | 打倒!安倍政権

 16.12.6
 私自身はギャンブルはしませんが、賭け事から抜け出せない市民の方にお会いしてその苦しみを伺ったことが何度かあります。「1月の給料の行方が一瞬で決まる、その瞬間の快感がたまらない」と言う競馬ファンの話に接したこともあります。日本はそんなギャンブル依存症の人の比率が5%と世界でも群を抜いて高く、借金や家族離散などの悲劇が各地であとを断ちません。
 そんな中、安倍政権と維新は賭博法で禁じられているカジノを合法化するカジノ解禁推進法を衆議院の内閣委員会で強行可決しました。
 政府は依存症対策をカジノの収益で賄うと、カジノで依存症が増えること認めています。それなら最初からこんな法案通さないのが一番の依存症対策じゃないんでしょうか。
 またカジノ推進の理由として安倍政権と維新はしきりに経済効果を口にします。
 では聞こう。
 カネを巻き上げ横に流すだけでモノを生み出さないカジノのどこが「経済成長戦略」なのか、他人の不幸をふやして一体どうして「地域経済の活性化」なのかと。
 カジノ解禁推進法案は廃案しかありません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-06 12:15 | 打倒!安倍政権

 16.11.29
 衆院厚生労働委員会で25日に強行採決された「年金カット法案」は本会議で自民、公明、維新などの賛成多数で可決され、参院に送られました。民進、社民、自由の各党は採決の際に退席。共産党は採決で反対しました。
 採択の先立ち日本共産党の堀内照文議員が反対討論立ちました。
 堀内氏は「質疑を通じ問題が噴出しているにもかかわらず、野党の反対を押し切り、審議打ち切り、採決を強行したことに満身の怒りを込めて抗議する」と力を込め、「際限のない「年金カット」のための新たなルールを持ち込み、将来にわたり、現役世代の賃金が下がれば年金も下げる、最悪の悪循環を生みだすものだ」と批判しました。
 さらに、「高齢になっても、障害をもっても、人間らしく尊厳をもって生きることは当然の権利だ」と強調。「公的年金制度こそ、憲法25条を体現し、生存権を支えうる制度であるべきだ。最低保障年金もなく、際限なく減らされる年金制度を将来世代に残すわけにはいかない」と述べ、法案の廃案を強く求めました。
 また同法案や環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案の成立を狙い、自民、公明、維新などは29日の衆院本会議で30日までの今国会会期を12月14日まで延長することを決めました。悪法成立には執念燃やす自民・公明・維新に厳しい審判を下さねばなりません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-30 11:05 | 打倒!安倍政権

 16.11.29
 安倍自公政権はTPP協定承認案・年金カット法案などの悪法強行を狙った会期延長を狙っています。
 とりわけ安倍首相のTPP承認への暴走は極めて重大です。
 実は昨日安倍首相はTPPについて「(承認案が成立すれば)日本がTPP並みのレベルの高いルールをいつでも提供する用意があるという国家の意思を示すことになる」(参議院本会議)などと答弁しました。これは、TPP承認をやってしまったら、もうTPPが日本にとっての「最低レベル」とみなされ、米国のトランプ次期大統領が、TPPからは撤退するとしつつ、意欲を見せている「日米二国間協議」でTPPが出発点となり、ここからさらに上積みを迫られるということです。
 こんな国民犠牲の悪法を通すための会期延長は断じて認められません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-29 13:08 | 打倒!安倍政権

 16.11.24
 10月国連総会の第1委員会は、核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案を賛成132の圧倒的多数で採択、世界は核兵器廃絶へ新たな一歩を踏み出しました。驚いたのは日本政府の態度。核保有5大国などとともに反対票を投じたのです。「いったいヒロシマ、ナガサキはどこの国にあるのか」という驚きや怒りの声があがったのは当然です。
 また、政府軍と反政府軍の和平協定が事実上崩壊し、PKO展開の是非すら問われているアフリカ南スーダンに新たな任務(駆けつけ警護)をおびた自衛隊員が向かいました。自衛隊員が殺し殺される危険性がますます高まっているのです。
 さらに日本の食の安全や国民皆保険制度すら脅かしかねず、旗降り役のアメリカまで中止を言い出したTPP参加をしゃにむに進め、地球温暖化阻止めざしたパリ協定にはまったく後ろ向き…。
 安倍政権は世界の流れにどこまで逆行したら気が済むのか…。日本を世界の孤児にしないためにも安倍政権を倒さねばならない。決意を新たにしています。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-24 13:21 | 打倒!安倍政権

 16.10.23
 今、新潟の自民党筋で「新潟は第二の沖縄になるのか…」と囁かれているとのこと。
 沖縄では元自民党の幹部だった翁長知事のもと、かつての保守革新を超えて「辺野古移設反対!」「基地のない沖縄を」の声がオール沖縄のものとなってきています。
 そして今回の新潟知事選挙、県民の7割が「再稼動反対」と答え、自民支持層の3割が米山候補に流れたわけです。まさに「原発NO!」の声がオール新潟の声になりつつあるわけ。自民筋の心配も理由なきことではないのです。
 みなさん、まずは1月の茨木市議会議員選挙で自民、公明、そしてその応援団維新に厳しい審判を下そうではありませんか。そして近く行われるのではないかと言われている解散総選挙では、野党と市民・国民ががっちり手を組めば願いは叶う―、この新潟の経験からも学んで、「戦争法廃止!立憲主義守れ!安部政権打倒!」をオール日本の声にしていこうではありませんか。
 私ども日本共産党も市民共同、野党共闘へ全力あげてがんばってまいります。ありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-10-23 18:37 | 打倒!安倍政権