09.11.5
 池田市内でも猛威を奮う新型インフルエンザ、2日に市の第2次新型インフルエンザ対策本部会議が開かれ、現状と今後の対応についての報告がありました。
 池田市全体での延感染者数は1,550人(~10月25日)。特に小中学校で感染が拡大しており、10月30日現在、市内の保育所では児童1,325人中、延べ発症者は101人。延感染者数は幼稚園603人(全体の11%)、小学校153人(同6.5%)、中学校37人(同7.4%)となっているとのことでした。
 そして、4日現在も幼稚園2園計2クラス、小学校4校12クラス、中学校1校1クラスが学級閉鎖となっており、今日(5日)から新たに小学校1校1クラス、中学校3校4クラスが学級閉鎖、加えて渋谷中学校1年は学年閉鎖となっています。

 そんな中、急がれるのがワクチン接種。対策本部から以下のようなスケジュールが発表されました。
 1、医療従事者は10月19日から始まっています。
 2、妊   婦                    11月16日~
 3、最優先の基礎疾患を有するとされた人  11月16日~
 4、その他の基礎疾患を有する人        12月~
 5、1歳~就学前の幼児              12月~
 6、小学校1年~3年生              12月中旬~
 7、1歳未満児の保護者              1月初旬~
 8、小学校4年~6年生              1月中旬~
 9、中 学 生                    1月中旬から順次接種 
 10、高 校 生                   1月中旬から順次接種
 11、65歳以上の高齢者             1月中旬から順次接種

 接種費用は生活保護世帯と市民税非課税世帯は無料となります。
 市内の医院で接種する場合は、市役所2階の税務課で非課税証明をもらって医院に提示すればよいそうです(証明をもらうとき、新型インフルエンザワクチン接種のためと記載すれば手数料も無料となります)。市外の医院で接種する場合は一旦全額支払っていただきます。そののち、領収書、国民健康保険証、印鑑、銀行の口座番号を持ち、健康増進課に申請すれば全額返還されるそうです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-11-05 15:46 | 新型インフルエンザ情報

 09.5.20    
 4/11付けのブログでもお知らせしましたが、私はこの間、日本共産党石橋支部の皆さんの協力もいただき、各町目で市政報告会(懇談会)を5回にわたって開催してきました。
 今後も天神地域(5月23日 天神会館)、空港地域(5月24日 空港会館)、豊島南地域(5月30日 豊島南会館)で開催するために準備を進めてきました。
 しかし、新型インフルエンザの拡大にともない、会場の公共利用施設の利用自粛を求める動きが広がり、報告会を実施しにくい状況となりつつあります。また、なによりもこの時期に市民の皆さんに集まっていただくことが、感染の拡大につながるような事態は絶対に避けねばなりません。
 このような点を考慮して、上記三ヵ所での市政報告会(懇談会)を中止させていただくことに決定しました。どうか何卒ご理解のほどよろしくお願いします。取り急ぎご連絡まで。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-05-20 22:14 | 新型インフルエンザ情報

 09.5.18 
 大阪府内の新型インフルエンザ発症者が39人に増加。日本共産党池田市議会議員団新型インフルエンザ対策本部は本日朝再度会議を開き、市長に2度目の申し入れを行いました。
 以下はその内容です。 
 
1.発熱した場合、直接病院に行かず、「発熱相談センター」に電話するなど市民へのいっそうの周知を図るために
 ① 緊急に池田市広報臨時号を発行すること。 
 ② 広報車による市民への呼びかけを行なうこと。

2.相談窓口を24時間体制にするよう池田保健所に要請すること。

3.市内事業所に対して
 ① 従業員の感染防止対策を要望すること。
 ② 中小企業への支援・援助を行なうこと。
 ③ 日清ラーメン記念館などへの見学の自粛を要請すること。
 ④ 幼稚園・小中学校の休校、保育所の休所の際、働く保護者に対して休業保障を行なう    
  よう、事業者に要望すること。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-05-18 10:36 | 新型インフルエンザ情報

 09.5.17
 神戸の高校生に続いて大阪の私立高校生とその家族計9人が新型インフルエンザに感染していることが確認されました。いずれも海外渡航歴がない人で、国内で人から人に感染したものと思われます。池田市も今後の対応を協議した結果、市立幼稚園、小・中学校を明日18日から24日まで休校とするなどの措置を決めました。
 日本共産党池田市議会議員団新型インフルエンザ対策本部も、本日午後、急きょ市役所内の議員団控室で今後の対応を話し合いました。
 事態の進展があれば、当ブログでも逐次報告していきます。

 追伸;長男もあさってからの修学旅行に行けなくなってしまいました。少しかわいそう。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-05-17 18:22 | 新型インフルエンザ情報

 09.4.30
 WHOが本日午前5時(日本時間)、新型インフルエンザの警報レベルをフェーズ5に引き上げました。
 今すべきことは?
・手洗い、うがいの励行
・外出時のマスク着用 (玄関前にビニール袋を吊り下げておいて、一度使用したら必ず密閉して捨てる)
・食糧・水などの備蓄
・常備薬の補填(少しくらい薬が残っていても、かかりつけ医に申し出て1か月分くらい処方してもらいましょう)

 池田市が新型インフルエンザ対策本部を設置  
 30日午後、池田市は市長を本部長とする「新型インフルエンザ対策本部」を設置しました。当面、情報の収集と、国内発生時の準備、市民への周知徹底、発熱外来の準備などを行なうとのこと。
 なお、相談窓口は以下のとおりです。

 大阪府電話相談窓口
  電話番号 06-6944-6791 【専用回線】
  受付時間 24時間対応
  大阪府健康医療部保健医療室地域保健感染症課

 池田保健所電話相談窓口
  電話番号 072-751-2990
  受付時間 午前9時~午後6時まで

 池田市電話相談窓口
  電話番号 072-754-6034
  池田市保健福祉総合センター内 健康増進課受付時間午前8時45分~午後5時45分

 厚生労働省
  電話番号  03-3501-9031
  受付時間  午前9時~

 日本共産党池田市議団として対策本部を設置
 30日午前10時、日本共産党池田市会議員団は緊急に会議を開き、議員団としても「対策本部」を設置することにしました。
 早速、玉手市長公室長、桝野次長、高橋危機担当官に緊急の申し入れを行ない、池田市の対策について聞き取りを行ないました。
 議員団が設置した対策本部でも当面、情報をいち早くお知らせすることや市民のおかれている現状についての情報の収集をおこない、池田市の対策本部と連携をとりながら対策をとっていきます。

 あわてて病院へ行かないで!!
 池田市は、保健福祉総合センターで「発熱外来」に備えるとしています。
 熱がでたり、体の節々が痛いなど新型インフルエンザの疑いを持った場合は「電話相談窓口」へ電話で相談をしてください。あわてて病院へ行っては、感染を拡大することになりかねません。電話相談の上、保健福祉総合センターに設置する発熱外来へ行ってください。
 あわてず冷静に行動しましょう。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-04-30 18:03 | 新型インフルエンザ情報

 09.2.26
c0133503_19404838.jpg 24日、新型インフルエンザ講習会(主催;新型インフルエンザから命を守る会)が、池田市の出前講座として、市役所内で開催されました。
 講師は市の中谷和子看護士。新型インフルエンザの基礎的な情報から予防法、発生時の対処法に到るまでの1時間あまりにわたるお話、本当によくわかりました。
 先生が、新型インフルエンザのやっかいなところとして話されたのは、いつ発生するかわからないことや、その強さが未知数であることもさることながら、発生したインフルエンザからワクチンをつくるため、発生前に確実な予防法がないということ。タミフルだって効くかどうかわからないわけです。
 次に、自分が感染した可能性のある場合は、医者に駆け込んでしまいがちですが、これは絶対にしてはいけない、診察時間や待ち時間などの接触時間を減らすために、まず電話をかけるようにしろと強調されました。感染者自身が感染を広げない心遣いが必要だというわけです。納得です。
 しかし、なによりも大事なのは、やはり発生前の準備と発生後の新たな感染を防ぐ措置、すなわち食糧備蓄と外出を控えることであることは言うまでもありません。
 一部の人だけが新型インフルエンザの知識を持っていても感染は防げないわけで、全ての人が「知識のワクチン」を持ってもらえるよう、私もがんばっていきます。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-02-26 19:41 | 新型インフルエンザ情報

 09.2.3
 まだまだインフルエンザが市内でも猛威をふるっています。
 この普通のインフレエンザも心配ですが、いつ発生してもおかしくないのが新型インフルエンザ。世界的な感染拡大(パンデミック)となれば、日本で64万人の死者がでるとのこと。100万人を超えるという報道も先日ありましたね(池田市で500人から1,000人死亡する計算です!)。
 では、このパンデミックにどう対応すればよいのでしょうか。以下に最低限のことを記します。
 発生前に水と食糧を用意しよう!
 電気やガスが止まる恐れもあります。すぐに食べられる缶詰などを中心に、最低2週間分の水と食糧を買い置きしておきましょう(発生したら店から食糧は消えてしまいます!!)。飛沫感染を防ぐためにマスクやゴーグルも備蓄しておきましょう。 
 発生したら家から出ないように!   
 国内で発生するということは、近隣でもいつ発生してもおかしくないという状態だということ。外に出なければならない用事は手早くすませ、特に市内で感染が確認されたならば学校、仕事を休み、自宅から出ないようにしてください。
 また、せっけんで手洗いを頻繁に。ウイルスは60~80%濃度のアルコール製剤で死滅します。
  
 新型インフルエンザ講習会が以下の要領で開催されます。ご参加ください。
   2月24日(火)午前10時~11時半 於;市役所7階会議室      
              (主催;新型インフルエンザからいのちを守る会)  
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-02-03 10:13 | 新型インフルエンザ情報