<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

07.11.30 c0133503_1458503.gif
 池田市では、小学校で今までの総合学習ではなく、独立した教科として英語教育を進めていくとのこと。その背景にはどうも英語教育を始めるのは早ければ早い方がいいとの前提があるようです。私はそういった意見に長い間違和感を感じてきました。
 理由その1。私が小学生だった頃、回りに帰国子女が幾人かいましたが、少なくとも小学校低学年のうちに帰国した子はみごとなまでに英語を忘れてしまっていました。
 理由その2。私自身の経験から。私は中学校にあがるまで全く英語と縁のない家庭に育ちました。したがって中1の頃、英語は全くの落第生。Do you like~をBo you like~にしてみたり(要はbとdを区別してなかったのです)、形容詞に三人称単数のSを付けてみたり、極めつけはSを鏡に映したように左右逆に書いてみたり…、もう散々でした。そんな私でしたが、その後いい先生(北中時代のU先生など)に恵まれたこともあって、一応ものおじせずに英語を話せるまでにはなりました。中学からでも外国語は十分間に合う「実例」になろうかと思います。さらにいうならば、大学から始めた中国語も同じような学習の経過をたどりました。「語学の場合、始める時期はあまり関係ない」というのが私の実感です。
 理由その3。小さいときから学習すれば一流の発音が身につくとの意見があります。その意見に対しては、そもそも日本語を母語とする私たちに果たして流暢な外国語(英語)が必要なのかという根本的な疑問があります。アグネス・チャンさんやイーデス・ハンソンさんをみてください。何十年も日本にいるにも関わらず、母語のアクセントから解放されていません。しかし立派に日本社会で活躍されていますよね。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-30 17:15 | 建声元語 ―よもやま話―

 07.11.29
 12月の私の主な活動予定をお知らせします(都合により変更となる場合があります)。
12月1日(土)府知事選池田集会(14時半~池田商工会議所にて)
    3日(月)12月議会 議会運営委員会
    6日(木)生活相談(10~12時 住吉1の山元事務所にて)
    7日(金)12月議会 本会議 市議会だより編集委員会
   10日(月)市議会だより編集委員会
   11日(火)土木委員会   
   12日(水)厚生委員会 府知事選勝利 府民大集会(18時~府立体育
     会館)
   13日(木)文教病院委員会 
   14日(金)総務委員会 
   15日(土)年金者組合学習会「後期高齢者医療制度について」(石橋会
     館)
   20日(木)12月議会 本会議 
   27日(木)空港・交通問題調査特別委員会 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-30 17:05

この秋の言葉から②

 07.11.24
 「お父さんが学校に来るのって、どんな意味があるの?」 

 「お父さん、なんで学校に来るの?」
 石中1年の息子が怪訝そうにそう聞いてきました。中学校の運動会にお邪魔する数日前のことです。
私 「……(友人に冷やかされるから来てほしくないのかな?頑強に反対され
  そうだな、どう答えよう…)」
息子「(たたみかけるように)お父さんが学校に来るのって、どんな意味がある
  の?」
私 「そうだなぁ、やっぱり学校の行事に行くと子どもたちの様子がよくわかる
  し、いろいろな人から学校の抱える問題を教えてもらえるでしょ。それに選
  挙の時お父さんを応援してくれはった人は喜んでくれるし、喜んでもらえた
  らお父さんだってやっぱり嬉しいしね」
息子「……」
私 「ただ、あなたがどうしてもいやなら、他の共産党の議員さんに代わっても
  らうことも考えるけど…」
  (しばらくおいて)
息子「うん、じゃあ、来ていいよ」
 彼も彼なりに深く考えていたようです。親の知らないうちに子どもは成長していってるんですね。
 今回は、親バカ話へのお付き合い、ありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-24 12:05 | 山元家の人々

 07.11.23 c0133503_13245135.jpg
 21日は茨城県水戸市の子育て支援・多世代交流センター「ワンパーク・ミト」を訪問しました。
 市内一等地に建つ同センターは、訪問前までは、ちょっと性格がつかみにくい施設だな、と思っていたのですが、実際内部を見学させてもらうと、育児相談や緊急の際の一時預かりなどのサービスを行うほか、子育て中の保護者の集いの場(「公園デビュー」の場!?)を提供するなど、要は子育て中のお母さんのより具体的な、そして切実な要求に、物理的にも精神的にも答えようとする施設であることがよくわかりました。職員も、保育士に加えて医師(週2回)、さらには育児相談に応じるための看護士をも配置しているとのこと(ただし正職員は10人中4人だけとのことでしたが…)。なるほど、これほど充実しているのなら、一日平均200人近くの利用があるのもうなずけます。
 さらに同センターは読み聞かせや昔遊びなどのボランティアを市内各保育施設に派遣するなど、市の子育て行政の文字通り中核の役割も担っているとのことでした。
 ただ、宣伝不足もあってか、お年寄りの協力が少なく、「多世代」交流となっていないことや、このような施設を建設している一方で、保育所への待機児が市内にまだ100人以上いることなどが、今後の克服すべき課題であるとの話があり、総合的な保育行政を進めるにあたって随分苦労されている様子が伺えました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-23 13:18 | 市 議 会 日 誌

 07.11.22
 11月20、21日の両日、総務委員会の視察で千葉県柏市と茨城県水戸市に行ってきました。
 柏市では協働事業提案制度について話を伺いました。
 これはNPO団体などを市の市民公益活動団体として登録し、その企画・提案を選考・調整協議を経た上で、市との協働事業として実行していく制度で、今までに外国籍の子どもたちへの日本語学習を支援する活動、老後のさまざまな不安に対する相談事業、さらには子どもの安全教育を行う事業などを実施しているそうです。
 柏市側の説明の後、懇談に入りました。
 「提案を受けながら協働事業化できなかったものにはどういうものがあるのか」という私の質問には、「すでに市の事業として行っているものや、市民全体に理解が得られにくいものは実現しませんでした」との回答があり、また、「自発的な事業とするには最初から人件費や講師料などが高いものもあるように思えるが…」という質問には「そういった声の出た事業もあったが、相手と十分話し合って、互いが納得する形にしています」とのことでした。
 最後に、市側からこの制度は05年度から提案を受け付け、06年度から実施しているが、選考会が2次にわたることなどもあってか、提案団体数、実施事業数ともに減少気味であり、今後の課題となっているとの話がありました。
 なお、柏市は千葉県の北西部に位置する人口38万人の町です。プロサッカーチーム柏レイソルの本拠地であり、都心から30分という地の利もあって市内には若者が多く、駅頭では多くのストリートミュージシャンが連日その成果を披露しており、「東の渋谷」と呼ばれているそうです。
 半日足らずの滞在に過ぎず、あまり迂闊なことは言えませんが、市役所の庁舎やその隣にあった図書館などは40万都市にしてはやや窮屈なように思えました。しっかりした文化財の展示施設などもないとのこと(もっとも図書館は市内に16の分館があるとのことでしたが…)。若者のエネルギーに市がついていけていないのかもしれませんね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-22 17:08 | 市 議 会 日 誌

 07.11.19
 最近、ニュース番組などの画面の端に出る字幕(テロップ)に誤字が目立つと思うのは私だけでしょうか。最近も群馬県が郡馬県に、改正案が改正安になっているのを発見しましたし、暖房油がダンボールになっていたのにはわが目を疑いました。
 どれもこれも2、3人が目を通せば防げるような誤りばかりです。番組作成の現場では、それすらままならないような労働強化が進んでいると推測できそうです。どなたかそのあたりの実情を教えていただけませんでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-19 13:03 | 建声元語 ―よもやま話―

この秋の言葉から

 07.11.18
 「山元さん、あきらめてください」 
 運動会に来賓としてお邪魔した際、隣に座った他会派の先輩議員がおっしゃった言葉。最初なんのことかよくわからなかったのですが、どうも「次の選挙には出るな」ということだったようです。私が自転車で地域を動き回って、結構目立っているのを牽制されたのかもしれません。そういいほうに解釈させていただきましょう。
 「共産党は勉強してる。しかも集団でするから強い」
  これは市のある幹部職員の発言。自分で言うのもなんですがこれは事実です。たとえば、私たちは議会前になると、市民の要求はなにか、どういう立場で議会に臨むか、なにを実現するか、といったことを何日もかけて議論します。
 個々の議員は万能でもなければ、強くもありません。だからこそ5人が、団結してそれぞれの経験、知恵、能力を出し合うわけです。例えば教育は難波議員、税金は藤原議員、主婦の要求は白石議員、そして議会対策は垣田議員といった具合。幸いあまりキャラはかぶらないようです!? そのスタイルがこの発言につながったのではないでしょうか。
 「わぁ、ヤマモトタケシや!」 
 小さい頃からお世話になっている御近所のAさんと御自宅前でお話している時の話。
 石橋南小学校の3年生くらいの男の子が、私の顔を不審そうにじっと眺めながら、すぐわきを通り過ぎようとした瞬間、突然、私に向かって「わぁ、わぁ、ヤマモトタケシや、ほんまのヤマモトタケシや!」と興奮気味に叫び、小走りで行ってしまいました。Aさんとあっけにとられてしまいましたが、しばらくおいて大笑い。
 未来の有権者が名前を覚えてくれていたのは嬉しい限り。しかし、せめて「さん付け」で呼んでくれよなぁ。
 ちょっと今回は手前味噌な話ばかり三題、御容赦のほどを…。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-18 18:29 | 山元のすべらない話

 07.11.17c0133503_18211543.jpg
 今日、市内で開かれた石橋9条の会主催の「平和を創る集い 国際交流会」に参加しました。この会は、日本に来ている留学生と、憲法9条や平和に対する考え方などを交換しようとして開催されたもので、9条の会会員9人と留学生5人(いずれも母国は中国)が参加しました。まず9条の会のTさん、Sさんが日本国憲法の内容と9条の会の活動について簡単に紹介した後、懇談に入りました。
 留学生からは「9条はすばらしいと思うが、日本の実態はその理念と大きくかけ離れている」などの厳しい意見も出されましたが、私が興味深く思ったのは「世界で自衛隊が戦うようになると自衛隊員の家族が悲しむではないか」「戦争で苦しむのはその土地の人だということをもっと考えねば」といった国や立場を一旦度外視した低い目線、民衆の目線に立った発言が多かったこと。日中戦争時、中国軍が、日本の軍国主義者と一般の兵隊は分けて考えるという立場から日本人捕虜を優遇した話や、中国に残留した日本人孤児を養父母が大事に育ててくれた話をも合わせて考えるならば、このような考え方は中国人の中に深く根付いているのではないでしょうか。私たちが彼らから学ぶべき点でしょう。
 また「日本に来るとき、年配の親戚の人に大反対された」という経験も出て、少しドキッとしましたが、「じゃぁ、日本は嫌いだった?」と私が質問したところ、皆「嫌いだったらここにいません」と笑って答えてくれ、少し安堵した次第。最後に「故郷」を合唱して閉会しました。
 なお、今回の交流会は留学生のお世話をしている9条の会会員のKさんの尽力で実現したものです。ありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-18 18:25 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 07.11.17
c0133503_1815193.jpg 今日、石橋南小学校の学習発表会に行ってきました。
 オープニングは金管クラブの合奏。実は私、夏の石橋まつりで彼らの合奏を一度拝聴していたのですが、そのときに比べ、格段に上達していてように思えました。校長先生は「なかなか練習時間がなくて…」とおっしゃっていましたが、ほとんどそんなことは感じさせませんでした。
 見学は午前中のみとなってしまいましたが、どの演目も楽しく、特に低学年の子どもたちの、ときに普段の大阪弁を交えた!?演技は「かわいい」の一言につきますね。また一年後の彼らの成長、楽しみです。
 なお、10日の北小の学習発表会は所用のため伺うことができませんでした。御容赦ください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-18 18:15 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 07.11.16c0133503_1835837.jpg
 議員になって気になっていたことがありました。それは、実際足を運んだことがない施設が議題によく出てくること。特に南部の石橋に住む私にとっては北のほうの施設は疎く、最近できたものに到っては正直なところ聞いたことすらない施設もありました。議員団の会議でその不安をポロッと漏らしたところ、「じゃぁ、一度行ってみよう」ということになり、12日に議員団5人で市内の施設を見学して回りました(写真はいけだピアまるセンター)。
 <行程>いけだピアまるセンター-都市緑化植物園・緑のセンター-池田城公園-五月山体育館-夫婦池公園テニスコート-総合スポーツセンター-教育研究所
 各施設では、そのサービスの内容、職員の皆さんの努力や問題意識、悩みなどを具体的に伺いました。例えば、緑のセンター、温室や相談業務も興味深いものでしたが、展示や印刷物に五月山の自然に関する具体的な情報-サワガニの生息地やアケビの取れるところなど-が満載されており、五月山にまた登ってみよう、という気にさせるのに十分でした。また、メタボが気になる私としては、総合スポーツセンターのトレーニングルームが9時(日・祝は5時)まで使えることに注目、議会の帰りにでもちょっとたち寄ってみようと思います。 
 一方で、起業家に事務所スペースを安く提供しているピアまるセンターでは、企業が池田に残ってくれないなどの悩みを伺い、見たところ職員体制が十分ではない施設もあるように思えました。
 このように、大変勉強になる施設見学会でした。行ってよかったです。当日丁寧に説明してくださった各施設の職員の皆さん、そして新人議員のちょっとした「ぼやき」に過ぎない話を実行に移してくださった先輩議員の皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2007-11-18 18:09 | 池田市議会 ここだけの話