<   2008年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 08.4.30
 懇意にさせてもらっているご近所の中国人(漢民族)のHさん。彼女が先日「山元さん、ちょっと意見を聞かせてください」と興奮気味に話しかけてきました。
「チベットの暴動どう思います?私にはこの時期狙ってオリンピックを妨害しようとしているとしか思えません」
「狙ったかどうかは別として、オリンピックを政治的に利用しようというのは感心しませんね」と私。
すると彼女は「中国政府はチベットに鉄道を敷いたし、たくさん経済援助もしてるんですよ」とたたみかけてきました。
「Hさん、例えばアメリカが中国に莫大な経済援助したかわりに天安門広場にホワイトハウス建てさせろ、と言ってきたら漢民族のプライドが許しますか?」 
「いやですね…」 
「同じように、チベットの人の中国政府への反感は彼らの民族の誇りを傷つけたところに原因があると僕は思います。お金の問題ではないでしょう」
「なるほど…。そう言われるとなんとなくわかります。じゃ、どうすればいいと思いますか?」
「僕はチベットの専門家ではないけれど、中国政府がまずダライラマとの話し合いのテーブルにつくことが大事だと思います。そうしてこそ中国政府の株が上がると思いますよ」
 お互い言いたいこと言って少々疲れましたが、日中間の微妙な問題をも話しあえる気の置けない間柄のHさんのような「中国朋友」は私にとってとても貴重な存在です。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-30 18:18

 08.4.30
 転校に伴う学校生活の変化の大きさに、今まで教わったこと、経験したことが正しかったのか否かわからなくなってしまい、私は少し疑心暗鬼に陥っていった。
 よく言えば探求心旺盛、悪く言えば天の邪鬼な私は「それじゃ、一つ一つ確かめてみよう」とばかりに、算数の応用問題(文章題)は、京都と違ってもしかしたら数式を書かずに答だけ書いても正解かも知れないと思い、早速テストで実行に移してみた。
 試験後、案の定担任の梶本先生に呼び出された私は、見事に×だらけの解答用紙を見せられて「京都では式を書かなかったの」とひどく叱られてしまった。この点に関しては京都も池田も教え方は同じであることを見事に「実証」したわけだが、そんなことはさすがに口には出せず、私は一人先生の前で固まっていた。
 押し寄せた人生最初のカルチャーショックの大波に、大変戸惑いつつも、社会やものごとをまずは絶対視せず、客観的、相対的に見ることの重要性を学んだ小2最後の2ヶ月であった。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-30 12:48 | 元 史 建 歴

 08.4.28
 始業、終業の合図は、京都の小学校がベルであったのに対してこっちはチャイム、ストーブは石炭に対してガス(重たい石炭を教室まで運ぶ必要がなかったのはうれしかったが…)。そして、いつもいいにおいの漂う給食調理室が北小にないことにも驚いたが、それでも給食が出てくるのにはもっと驚いた(池田市が給食センターでの一括調理方式であったからであるのは言うまでもない)。
 しかし、何と言ってもカルチャーショックの極めつけは時間割。 
 実は、京都では毎週週末にガリ版刷りの翌週の時間割が配られるというシステムだったので、土曜日に新しい時間割が配られるものと思って待っていたのだが、そんな気配が全くない。「来週はなに持ってきたらええんやろ」と思っていたら、時間割は一学期間共通であることを教えられ、びっくりするやら、安心するやら(池田の方式が一般的であることは知るのはもう少し後のことである)。
 今までの学校生活の「あたり前」が次々崩れていく中、私の頭はさらに混乱の度を増していった。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-28 14:24 | 元 史 建 歴

 08.4.27
 昨日、天神会館で私の市政報告会を開催いたしました。村上弘充衆議院大阪9区国政対策委員長の後期高齢者医療制度、道路特定財源、さらには名古屋高裁の判決などに関する興味深い話を伺った後、私がパワーポイントを用いて3月議会と橋下行革の池田市への影響について報告させて頂きました。
 報告後の懇談では、まず福祉条例の「改正」について「わずか227万円の福祉予算まで削るのか」という驚きと憤りの声が出されました。中でも特定疾患療養者への見舞金がなくなったことについて、天神のSさんが「難病の娘への府の見舞金がノック知事の時に削られ、今度は池田市に捨てられた思いです。残念です」と寂しそうにおっしゃっていました(2/29、4/3付ブログ参照)。
 また、後期高齢者医療制度については「自民、公明は論外として、民主党まで池田では賛成にまわっていたとは知らなかった。池田駅前で(民主党の)市会議員が後期高齢者医療制度反対と言っていたのはウソやってんな」「共産党はもっと議会で後期高齢者医療制度反対の運動を強めてほしい」との声が出されました。私は「議会での戦いは今後も強めていきます。同時に皆さんも生の声も直接議会に届ける運動を強めてもらえないでしょうか」と訴えました。議会での日本共産党の議員団の活動と市民の皆さんの声とが結びついてこそ大きな力になっていくと思うからです。  
 お忙しい中、報告会にお越しくださった市民の皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-27 17:40 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 08.4.25
 転入したのは池田市立北豊島小学校2年4組。担任の梶本先生は板書の文字がとても美しい、年輩の女性の先生だった。 
 さて、転校早々、私は算数の授業で九九を暗誦するよう先生に当てられた。クラスメートの「こいつ、勉強はどないやろ」という視線を痛いほど感じる中で、「九九ぐらい言えるで」とばかりに得意げに暗誦し始めるや否や、皆とても不思議そうな顔をしだした。「なにがおかしいねん?」と思っていると、「山元君、ちょっと待ちなさい」と今度は先生からストップがかかった。 
 京都の学校では、1の段(一一が一、一二が二、一三が三…)と1の列(一一が一、二一が二、三一が三…)を省いて暗誦していたのだが、新しい学校では「一一が一」からきっちり始めるのが「決まり」だったようなのだ。したがっていきなり「二二が四」から始めた私は「こいつなに考えてんねん」と思われたわけである。
 しかし、京都の学校との差はこれに留まらなかった。


 ※明日26日(土)午後2時より、天神会館(天神2丁目2-13)にて山元たけし市政報告会を開催いたします。どうかお誘いあわせのうえ、お越し下さい。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-25 19:34 | 元 史 建 歴

 08.4.24
 今まで共産党と全然お付き合いのなかった豊島南のHさんの奥さんとの会話。
 私「後期高齢者医療制度の撤回求める署名、頂けませんか?」
 H「これには腹たっているけど…、共産党でしょ」
 私「共産党はこの制度が国会で決まった時から反対してきたんですよ。小泉内閣の時にこれを導入した自民、公明は論外。民主党は国会では反対だけど、池田の市議会では賛成したりしてるわけで、頼りになりませんね」
 H「でも、これから年寄りが増えるわけで、保険の財源どうするの?」
 私「道路特定財源やら、いらない道路つくっていくシステムをやめたり、軍事費減らしたりすれば社会保障に十分お金をまわすことができます」
 H「私もそう思う」
 私「奥さんの考え、共産党と全くいっしょやないですか!」
 H「ホンマやね。でも…、共産党いやな人も多いでしょ」
 私「考えてほしいのは、共産党のびれば困る人は誰かということ。例えば無駄な高速道路を作って大もうけしている大手の建設会社ゼネコン、そしてその会社から政治献金もらっている自民党でしょ。その人たち、道理はないけど金と権力はあるから「共産党は恐い」と宣伝して、共産党と国民を引き離そうとするわけなんですよ」
 H「あぁ、なるほどねぇ…」
 最後には快く署名に応じていただきました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-24 13:30 | 日本共産党はこんな政党です

 08.4.23
 万博開幕を一ヶ月後にひかえ、大阪中がなんとなくそわそわしていた1970年2月、父が現在の石橋の家を買い、山元家の6人(祖父母、父母、私、弟)は池田市に移り住むこととなった。
 余談ながら、急行停車駅である石橋から徒歩10分、築2年余の新居の価格は、およそ500万円。田中角栄の列島改造論に伴う狂乱物価の嵐が吹き荒れる前だったことを差し引いても、大変お買得な値段だったようで、父は「いい時にいい買い物しましたね」とまわりの人から言われ、ちょっとうれしかったみたいだ。
 京都の友達と別れるのはさみしかったが、切り替えが早いのも子どもの特権、北側は水田(現在は住宅地)、東側は池(現石橋南小学校の前池)といった、まさにウォーターフロントの新居に「自然児」の私は大満足、石橋の街にもすぐになじんでいった。
 ところで、新しく通う学校は北豊島小学校とのこと。「新しい学校はキタトヨシマ小学校らしいで」と母に言われた私の第1印象は「えらい長い名前やなぁ」(学校で「キタテシマと読むんですよ」と矯正されたのは言うまでもない)。そしてその新しい学校で私は人生最初のカルチャーショックの洗礼を受けることになるのだが、これについてはまた次回。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-23 12:34 | 元 史 建 歴

 08.4.22
 うれしいことが続きます。
 懇意にさせてもらっている空港1丁目のOさん、Yさんと19日に偶然お会いした時、「山元さん、ありがとうございます」と突然言われました。私は一体なにのことを言われたのかわからず、きょとんとしていると「回覧版に蛍池図書館の本が借りれるようになったって書いてあったよ」とおっしゃるではないですか。
 池田市域でありながら、日常生活レベルでは豊中市との結びつきが強い空港地域の方にとって、最寄りの豊中市立蛍池図書館の本を借りたいというのは長年の要求でした。昨年9、12月議会の一般質問でさっそくこの問題を取り上げると同時に、豊中市の共産党議員団にも協力をお願いするなど、その実現に向けてお力添えしてきた私にとって、これ以上の喜びはありません(07年9/21、12/19付ブログ、市議団HP「議会質問・討論」参照)。
 私、Oさん、Yさん御夫婦の4人そろって「大人でもこんなににこにこできるんだ」といわんばかりの満面の笑みを浮かべながら、「よかった、よかった」としばし喜びを分かち合いました。
「日本共産党の議員は市民から喜ばれることで、やさしくなっていくんやで」
 ちょうど1年前、引退した柿原高弘議員から教えられた言葉を、私は思い出していました。
 実現に向け尽力してくださった池田市教育委員会の皆さん、事情を汲んで英断してくださった豊中市教育委員会の皆さん、ありがとうございました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-22 10:07 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 08.4.21
c0133503_17595177.jpg 画期的なニュースが飛び込んできました。
 17日の名古屋高裁は自衛隊のイラクでの活動を憲法9条違反と明確に断じたのです。9条違反の判決は35年ぶりとのことです。
 また、私がうれしく思ったのは、今回の判決が、憲法前文にある平和的生存権についても、国民が裁判に訴えることのできる具体的な権利であり、国民が被害者になる場合だけではなく、違憲な活動への荷担、協力を強制される場合も平和的生存権に反するとしたこと。平和的生存権が単なる「お題目」ではなく、積極的な意味を持つことを認めたわけです。
 特に違憲活動への荷担、協力は、派兵先の国民など他者の存在をも前提にしているわけで、これは「平和な社会に生きる権利」が単に日本国憲法に留まるにものではなく、人類が共有する普遍的な基本的人権のひとつであるとする考えに通じるものです。その意味で今回の判決は世界史的な意味を持つと言ってよいでしょう。今後、イラク派兵のみならず、国民「保護」法や、民主党の進める恒久派兵法などの違法性が鋭く問われることは避けられません。
 平和な社会を求める国民の世論が、安倍改憲内閣を退陣に追い込み、日本史上初めて海外から軍隊を引き戻し、さらには裁判所をも動かす巨大なうねりとなってきていることに、私は言いようのない胸の高ぶりを感じています。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-21 10:28 | 建声元語 ―よもやま話―

 08.4.17
 先日60年続いた石橋の履物屋さんが店をたたまれ、時々利用していた天神の喫茶店も20日に閉店されるとのこと。ナンバの「くいだおれ」や、上京した時よく利用した上野駅前のちょっとレトロな食堂「聚楽台」も閉店するとマスコミは伝えます。その地域のある時代の空気を色濃く残していたこれらのお店が、機を同じくしてなくなってしまうのは本当に寂しい限りです。
「時代の空気」といった目に見えないもの、金に換算されないもの、金儲けにならないものがどんどん隅に追いやられていく社会が、果たしてまともな社会と言えるのかどうか、自分が生きてきた国や社会の先祖の息吹きを感じようとせず、現代の空気しか吸わなくなることは、日本人をますます薄っぺらな民族にしてしまうのではないだろうか、そんなことをこの間ずっと考えていたので、この種の話にちょっと過敏になっているのかも知れません。
 ところで、橋下知事は財政難を理由に府立弥生文化博物館(和泉市)を廃止する方向を打ち出しています。
 弥生文化博物館とそれに隣接する池上曽根遺跡-日本有数の弥生時代の大遺跡です-は一体となって2,000年前の弥生時代の空気を濃厚に感じることのできる日本でも数少ない場となっています。博物館の存廃は日本民族の文化の継承に関わる問題であり、一知事の算盤勘定にとどまるものでは決してないことを、私たちはもっと深く考えるべきではないでしょうか。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2008-04-17 14:06 | 博物館は楽し