山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

怒中、歓あり② 本を読みたい!

 09.6.30     
 同じく一般質問から。
 畑2丁目、旭丘2丁目の池田市民にとって、箕面市立桜ケ丘図書館が最寄りの図書館。
「なんとか桜ケ丘図書館の本が借りられないか」という声が出ており、わが党の難波議員がその実現に向け、市として箕面市へ申し入れるよう要求しました。
 関連して、昨年から空港地域(池田市)の住民が本を借りられるようになった豊中市立蛍池図書館の池田市民の登録者数を難波議員が聞いたところ、「97人です」との答弁。空港地域の人口は980人、そこには赤ちゃんや「(家には)寝に帰るだけ」といった人も含まれているわけですから、実質、空港地域の方7~8人に一人くらいが同図書館で本を借りられている計算になります。その読書熱の高さに感心すると同時に、図書館利用の実現でお手伝いできた私としては嬉しい限りです。
 ところで議会後、同じ「たけし」のM議員が私に近づいてこられました。
「たくさん借りてはんねんなぁ。空港地域で「たけし」が実現しましたって言うて歩いてええか。うそちゃうやろ(笑)」
「そればかりは御勘弁を!?」 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-30 11:02 | 市 議 会 日 誌

怒中、歓あり①  リコーダーを買えない子に心寄せて

 09.6.30     
 どうもこの6月議会、議案が少なかったわりには怒ってばかりいたようで「あんまりかっかしたら血管切れるで」と自民党の議員に言われてしまいました(「そうさせたんは、あんたらとちゃうの?」なんて可愛げのないことは言いませんでしたが)。 
 しかし、ちょっぴり嬉しいこともありました。
 わが党の白石啓子議員が生活保護世帯の母子加算が廃止され、母子家庭の貧困化が進む中、市として廃止分の補てんができないか、一般質問で市長の見解を質しました。
「音楽の時間に使うリコーダーが買えなくて、仕方なく100均ショップで買ったリコーダーを持って行ったら、自分だけ音が違ってしまった…、そんな悲しい思いをしている子どもたちがいるんです!」その凛とした追及に議会の空気も引き締まります。その気迫に押されて?市長は「(このような事態には)柔軟に対応します」と答弁。
 家の経済的状況で傷つく子どもたちをこれ以上つくってはいけません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-30 10:58 | 市 議 会 日 誌

これを世間では「出来レース」と言います

 09.6.29     
 まず、事実をご覧ください。 

 2007年
  6月議会 「子どもの医療費の無料化を求める請願」(共産賛成、自民・民主・公明反対
        藤原美知子()が代表質問で小学校卒までの医療費公費負担求める。 
  9月議会  難波進()が「乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正」を提案(共賛成、自・民・公反対
  12月議会 「 子どもの医療費制度の充実を求める請願」(共賛成、自・民・公反対) 
       「   同   」(共賛成、自・民・公反対
 2008年
  3月議会  山元たけし()が代表質問で子どもの医療費の公費負担の拡充求める
  9月議会 「乳幼児医療費の助成制度の充実を求める請願」(共賛成、自・民・公反対
 
 子どもの医療費助成の拡大を求める市民を励まし、議会でも再三にわたって取り上げてきたのが日本共産党であり、その願いにことごとく背を向けてきたのが公明党であることをまず押さえておいてください。  

 さて、迎えて6月議会の最終日(26日)。
 一般質問で、わが党の白石啓子議員が子どもの医療費助成の拡充を求めたところ、担当部長は不可能と答弁、しかし、そのわずか30分後の公明党議員の同じ質問に対して市長は「(現在3歳未満の第1子への医療費助成を)就学前まで拡大します」と発言したものだから、議会は一気に騒然、「汚いぞ!公明党」「そこまで露骨にやるか!」と自民党席からも野次が飛びます。私は、なるほどこれが池田市議会名物「市長と公明党の出来レース」か、と妙に納得してしまいました。
 市民の皆さん、お子達を病院に連れていかれた時は、この醜い「出来レース」をありがたく思い出そうではありませんか!!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-29 21:32 | 市 議 会 日 誌

戦いすんで腹こわして…

 09.6.28       
 5人の共産党議員団全員、市民の要求を胸に6月議会を戦いきった充実感はあるのですが、やっぱり疲れました。加えて私は議会最終日(26日)に、激しい下痢ときりきりと突き刺すような腹痛に襲われ、土曜、日曜(27・28日)は、お医者さんに行った以外は専ら家でおとなしくしていました。しかし、まだ全快とはいかないようです。
 原因は学校警備員の廃止などの怒りが頂点に達したことか、なにか悪いものを卑しく食べてしまったことか、それとも単なる疲れだけか、そのへんはよくわかりません。
 しかし、さっそく市政報告会が予定されているので、ゆっくりしている暇も実はないのです(以下参照)。
 皆さん、どうか御参集のうえ、自分で言うのもなんですが「武勇伝」を聞いてやってください。
 それが一番の薬になります。 

<市政報告会の予定>
7月2日(木) 午後7時~ 天神会館
  4日(土) 午後2時~ 空港会館
  5日(日) 午後2時~ 豊島南会館
  13日(月)  午後7時~ 石橋会館
  
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-28 23:53 | 建声元語 ―よもやま話―

ダイハツの非正規切りを問う

 09.6.27      
 経営者は天まで持ち上げ、労働者の解雇には知らんぷりか!
 26日の一般質問で、私はダイハツ工業の非正規労働者の問題を取り上げました。
 最初にダイハツ工業の売上や内部留保、非正規雇用労働者の解雇の現状について問い質したところ、事前に質問通告をしておいたのにも関わらず回答を拒否。「一私企業の問題だから」というのがその理由のようです。 
 しかし、市は今年2/1付の『広報いけだ』で、「今回はそのような中で(世界的な経済危機)生き抜くためにがんばる、ダイハツ工業さんを取り上げます」「将来の競争にうちかつための十分な危機シナリオを準備し、環境変化を先読みして具体的な危機対応を行っていくそうです」と「一私企業」の経営者側の意向を天まで持ちあげる記事を、見開き2ページ、しかもカラーページで載せていたのです。都合の悪いことや労働者の実態については、公開されている客観的な数字の提示すら拒む市の姿勢は不公平ではないか、と批判しました(2/14付ブログ参照)。
 こみあげる怒りをぐっと抑えながら、私はやむを得ず、09年1月に449人いた期間労働者が391人減らされ、5月には58人になったこと、派遣労働者は08年12月の1960人が9月には980人となること、そしてそれが違法行為を伴いながら実行されようとしていること、など事前に調べておいた事実を指摘したうえで、これだけの大量解雇は「一私企業の問題」では済まされない影響を池田の経済に与えるではないかと迫りました。
 さらに、ダイハツの内部留保(利益剰余金)2,218億(09年3月)のわずか0.6%ほどを使うだけで、昨秋以来解雇した期間労働者の雇用を1年継続できることも示して、ダイハツ工業に対して不安定雇用労働者の解雇をやめることを申し入れるよう、市に要求しました。
 非正規切りをやめることは大企業の利益につながるのです
 この再質問に対して市は「今はダイハツに池田にいてもらうことが大事」と答弁。ちょっと、待てよ。これではまるで私が理不尽なことを言って、ダイハツを追い出してしまうような言い分ではないですか。
 私は「なにもダイハツ憎し」の立場から言っているのではない!(ダイハツを始めとした日本の大企業が)労働者の雇用を守りぬくことが、国民の購買力を高め、景気を回復させ、まわりまわってダイハツの車も売れるようになり、会社の利益につながるのだ、そうしてこそ「会社の良識を示した」としてダイハツの社会的評価も上がるのではないか、と再度市に迫りました。
 しかし、最後まで市側は「労働者の解雇には触れたくない」という門前払いの態度に終始しました。

 質問後、「山元君、内部留保の問題は市議会の議論になじまないで」(自民党A議員)という「アドバイス」を頂きました。確かにそこまで踏み込んだ議論は市議会ではされてこなかったようです。しかし、この不況の中、大企業に社会的な責任を自覚してもらうためにも、池田の経済の活性化のためにも、やはり「内部留保」の問題は避けて通ることができなくなりつつある、という確信はあります。私の質問は内部留保を市議会で「なじむ」問題にしていく第一歩となったのではないでしょうか。

 ところで、ダイハツの労働者の雇用を守る問題は、実は私がすべきではないと今でも思っています。ダイハツ労働組合の推薦をもらっている議員が二人もおられるのですから…。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-27 21:35 | 市 議 会 日 誌

速報!学校警備員が自・公・民に葬られてしまいました

  09.6.25 
 本日午前、多くの市民が傍聴にかけつける中、学校警備員の廃止に関連する補正予算が自民・公明・民主・無所属議員の賛成多数で可決された一方で、市民から出された「学校警備員の継続を求める陳情」は同じく自・公・民・無所属議員の反対多数で否決されてしまいました。怒りの気持ちでいっぱいなのですが、最近ブログの文章が少し過激すぎるのではないか、との指摘もあったので、冷静に事実を書いて見ます。
 ① 委員会でも本会議でも誰一人として警備員の役割を否定しなかったこと。
 ② 福祉や教育を削減する時に、市に金がないことを理由にする議員がよくいるのですが、今回誰一人として財政問題に触れなかったこと(国の補正予算で金があることを彼らもわかっているからでしょう)。
 ③ 昨年6月市議会で、「(大阪府が)学校警備員への補助金を廃止しないよう求める意見書」を自・公・民も含めて全会一致で採択していること(ちなみに同意見書では「…(市は)独自の学校安全対策を推進しているが、子どもや教職員が安心して学校生活を送るためには「学校警備員」の配置の継続は不可欠である」とまで言い切っているのです)。
 皆さん。誰に道理があるのか、どうか御判断ください。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-25 18:38 | 守ろう!学校警備員

「10万円議員」の態度が厳しく問われます

  09.6.24 
 6月議会もあと残すところ明日あさっての二日間となりました。
 まず、明日(25日)は学校警備員の廃止に関連する補正予算と、市民から出された「学校警備員の存続を求める陳情」が討論のうえ採決に付されます。つまり、学校警備員の存廃が明日最終的に決まるわけです。市長側から金を受け取っていた自民・民主の「10万円議員」が、市民の願いに応えて学校警備員存続の意思表示をするのか、あくまでも市民の声に耳を傾けず、学校警備員を葬り去るのか、彼らの態度が厳しく問われます。市民の皆さん、こぞって傍聴にお越しください(本会議は25、26両日とも午前10時開会。傍聴席は市役所4階です)。
 25日午後と26日は一般質問です。
 私はダイハツ労働者の雇用を守る問題、指定管理者制度が導入された市営葬儀の問題などについて、15人の質問議員中11番目に質問します。ちなみに藤原議員が9番目、難波議員が10番目、白石議員が13番目、垣田議員が15番目のトリですので、日本共産党議員の質問はいずれも26日になりそうです。


 
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-24 09:41 | 市 議 会 日 誌

当面する二つの敵

  09.6.22 
 ここ数日の蒸し暑さにほとほと参っています。
 毎日、睡眠をできるだけとるようにして、適度に水分を補給し、そして今日は焼き肉で少し精をつけて、体調を整えながら25,26日の議会準備を進めています。そんな努力の甲斐あって?今日なんとか一般質問の要旨を提出、ただ今、その一般質問の本会議での質問と商業振興基本条例の賛成討論の原稿をわが家で作成中です。
 私を苦しめる当面の敵はアメリカ帝国主義でも日本の独占資本でもありません。30度を超える気温と80%にも及ぶ湿気です。これは結構手ごわい!?
 皆さん、熱中症にはくれぐれもお気をつけください。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-22 21:24 | 建声元語 ―よもやま話―

誰も学校警備員の役割を否定できませんでした ―文教病院委員会の質疑から―

  09.6.21 
  前回のブログでもお知らせしましたが、18日の文教病院委員会で市民から出された「学校警備員の存続を求める陳情」が審議され、私も傍聴しました。
 市側は、あくまでもスクールガードリーダー制度の充実で学校の安全を守るとの立場に固執しました。このスクールガードリーダーは市民に防犯講習などを行うのが主な仕事のようなのですが、学校に常駐するわけではないようです。
 警備員そのものについては、自民党のA議員が「現在の警備員の中には頼りない人がいる」などと発言していましたが、そのような問題は、入札条件の整備などといった運用面で解決していけばいいことですね。また、民主党のB議員は「制服が子どもたちに恐れられている」とケチをつけるも、「(あなたが認める)スクールガードリーダーも制服着てるで」の野次に、自ら墓穴を掘っておられました。
 興味深かったのは、A、B議員を含め、文教病院委員の議員、理事者側の誰一人として警備員の防犯面での役割を否定しなかったこと。教育長ですら「警備員は学校の安全を守る役割を果たした」と言いきっていました。市がスクールガードリーダーをいくら力説しても、警備員の廃止の理由にならないことが改めて浮きぼりになったわけです。
 同陳情が否決されたことで、市長は 「池田市の考え方について多くの委員さんの賛同を得た」と言っています。確かに(共産党以外の)委員の賛同を得たようですが、市民との溝はますます深くなったことを実感した文教病院委員会でした。 

   
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-21 21:30 | 守ろう!学校警備員

10万市民より10万円か!!④ 口を閉ざす党に口を閉ざされたくありません

 09.6.19
 昨日、自民党のA議員が気色ばんでわが党の議員団控室に入ってきました。「こら、ヤマモト、おまえあちこちで「10万円、10万円」言うてるらしいなぁ」というのです。
 確かにその問題、街頭演説で市民にお伝えしてきました。
 その内容は
 ①2年前の選挙の際に、市長の政治団体から自民党・民主党の市議計10人(A議員も含まれます)側に10万円ずつわたったこと
 ②この2年間、公共料金値上げを含む市の提案に自民党と民主党の議員はすべて賛成していること
 ③市長自ら「買収、癒着とみられても仕方ない」と言っていること
といった動かしがたい事実をもとに、
 ①自民党、民主党は10万市民の要求よりも10万円を優先しているといわれても仕方ないこと
 ②国政の西松建設疑惑と同じ構図であること
を訴えたわけです。
 さらに言うならば、私たち日本共産党市会議員団は彼らの身の潔白を証明する場として、100条委員会まで提案してあげたのに(なんて池田の共産党はやさしいんだろう)、それを自ら否定しておいて、私たちの事実と道理に基づく街頭演説を批判するというのは到底納得できません。
  さて、昨日の文教病院委員会では、市民から出された「学校警備員の存続を求める陳情」が共産党以外の反対多数で否決されてしまいました。自民党、民主党はあくまでも市民要求に背を向け、「10万市民より10万円」路線を貫かれるのでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2009-06-19 19:43 | 市 議 会 日 誌