10.2.28c0133503_16225543.jpg
 昨年大変好評だった池田・落語みゅーじあむ(池田市立上方落語資料展示館)の社会人落語日本一決定戦が今年も行われることになりました(応募開始は4月頃を予定。決勝は10月24日)。今年は、当初開催する予定がなかったにもかかわらず、結局開催されることとなったところにその人気の高さが窺えます。
 ところで、間もなく開館3周年を迎えるこの落語みゅーじあむ、実はその設立を求めるわが党の柿原高広前議員の市議会での質問が契機となって実現に到ったもの。開館後も日本共産党議員団は「高校、大学の落ち研に来てもらってはどうか」「リピーターを増やすにはいつ行ってもなにか楽しいことをやっているという「安心感」を持ってもらうことが大事では?」と積極的な提言を行ってきました。
 今はアマチュア落語講座に力を入れておられるようで、お客さんの入りも順調なようです。
 わが党の提起が議会の総意となって実現し、新たな池田の文化をつくりつつあることを私は大変嬉しく思うのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-28 23:42 | 博物館は楽し

 10.2.27
 人類史を書きかえる化石人骨の発見がたびたび新聞紙上を賑わす昨今、もはやかつてのような猿人―原人―旧人―新人という単一的な人類進化の図式は成り立たない…、その程度のことは、私もなんとなく知っていた。
 しかし、これら近年の成果を包括的に書いた本がなく、少々悶悶としていた私にとって、本書はまさに待望久しい書。180万年前にアフリカからアジアに進出した原人はやがて絶滅し、20万年前のアフリカに生きた一人の女性こそがアジアも含めた全世界の現生人類の共通の祖先であるとのくだりは息つく間もなく読んでしまった。
 ところが、そう読者を信じ込ませた上で、次に著者は大どんでん返しをもってくる。
 2004年にインドネシアのフローレンス島で見つかった身長1m余、脳の大きさ300cc(現生人類の三の一以下)と極端に小さい1万8千年前の人骨が、ジャワ原人と共通する特徴を有すると言うのだ。つまり、絶滅したはずのジャワ原人の子孫が、インドネシアの孤島で1万2千年前まで細々と生き残っていた!しかも、人類の進化に逆らうように小型化しながら…。
 まさに、事実は小説より奇なり、久しぶりに知的に興奮する本に出会いました(講談社現代新書 760円)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-27 01:46 | 積ん読・乱読・熟読日記

恐るべし、キムヨナ

 10.2.26
 いやぁ、浅田真央完敗、というよりよりもキムヨナ完璧という方が正解でしょう。
 しかし、私は残念だという思いはあまりありません。まぁ、相手が強すぎたというのもありますが、水準の高い試合を見せてもらった満足感の方が勝っているというのが正直なところです。世界のトップスケーターの皆さんにまずは感謝したいです(私は個人的にはグルジアのゲデバニシビリ選手のファンでした)。
 さらに言うならば入賞8人のうちアジア人が5人、日本人がアメリカ代表の長洲未来さんを含めると4人と、世界の女子フィギアスケート界がアジア、とりわけ日本なしではもはや考えられなくなっていることが、ことのほかうれしいですね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-26 22:17 | スポーツ話

 10.2.17
 なんで一段一段なんだろう
 女子モーグルで4位入賞の上村愛子さんの言葉です。オリンピックごとに一つずつ順位を上げてきたものの、メダルには届かなかった悔しさが伺えます。
 しかし、彼女が10数年間メダルめざしてがんばってきたからこそ一段、一段、着実に順位を上げることができたのではないしょうか。同時に彼女が10数年間モーグルを好きであり続けられたことを、私はとても羨ましく思ってしまいます。
 反省してま~す
 スノーボードの國母和宏選手の服装や態度がなにかと話題になっていますが、実は私は國国選手に強く憤っています。
 服装のことではありません。服装に関しては憤るどころか、私はむしろ彼はうまく着崩しているなぁ、と感心しているくらいです。少なくとも目くじらを立てるほどのことではない、というのが私の率直な感想です。 
 私が彼に言いたいのは、なぜ自分の言葉で話そうとしないのか、ということ。とりわけ2回目の会見での、橋本聖子団長に言われるがままの「責任を感じています」発言は、まずその発言への自らの「責任」が微塵も感じられませんでした(どこぞやの老舗料亭の母子記者会見を思い出してしたのは私だけではないでしょう)。1回目の会見での舌打ちしながらの「反省してま~す」発言のほうが「反省していない」という自己主張が感じられて、まだましでした!?
 なぜ、服装のことでとやかく言われるのか、今の僕にはわからないです、この格好が一番落ち着くんです、今は競技に集中させてくれませんか、結果がすべてだと思います…等々、とにかく私はあなたの偽りのない思いを自らの言葉で話す姿を見たかったです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-17 14:14 | スポーツ話

 10.2.16c0133503_1014028.jpg
 須磨を出て、長田の街を少しぶらぶら。
 JR新長田駅前の鉄人28号像は堂々たるもので、観光客がさかんにシャッターを押していました。像の斜め向かいの靴屋の奥さんに伺うと、以前は鉄人像のすぐ前あたりで営業していたが、地震で店がつぶされて少し移動したとのことでした。そして、「道路の向こう側が焼けたことを思うと、まだうちは不幸中の幸いだったかもしれません」と南側の阪神高速道路の高架を指さされました。道路が延焼をくい止めたわけで、広い道路に囲まれた園芸高校の避難場所としての重要性を改めて認識した次第(10/1/20付ブログ参照)。
 さて、神戸市長田区といえば地震で壊滅的な被害を受けたような印象があるのですが、実際歩くと結構震災前からの古い商店街も残っています。その一つ、80年の歴史があるという丸五市場を訪ねました。
 とある中華料理屋さんに入ると、「まぁ、池田からようきてくれたなぁ」とたちまち常連さんが話の輪に加えてくださいました。隣席のおじさんに「地震の時はどうでしたか」と伺うと「とっさに嫁さんの体をかばったら、まだ寝ぼけてて「お父さん、朝からあかん!!」て言われたわ」と大笑い(しかし、初対面の人間にそこまで言うかぁ)。
 長田は本当に気さくな街。一遍で好きになりました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-16 01:03 | 日本たびたびまた旅日記

 10.2.15c0133503_13195114.jpg
 さて、須磨の水族園に行って必ずお会いするのがアマゾン館のピラルク君。世界最大の淡水魚で、現地では4mを超える個体もあるとのことです。須磨のピラルクは2mほどですが、それでもその丸太のような胴体、平べったい頭、少々ふてくされたような面構えと、いつもとおりの存在感で私を迎えてくれました。
 ところで、神戸の地震の時、電気が止まり、多くの魚が死んでいく中で、酸欠にも、水の濁りにも、温度の変化にも耐えて生き残ったのがこのピラルクやガー、ハイギョなどのいわゆる「古代魚」の面々だったと聞いています。彼らは、さまざまな災難を乗り越え、生き抜いてきたからこそ「生きた化石」の称号を手にしているのですね。いや恐れ入ります。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-15 13:20 | 日本たびたびまた旅日記

 10.2.14c0133503_1282778.jpg
 少しポーとしたい時、私がよく出かけるのが水族館。特にお気に入りの神戸市の須磨海浜水族園へ、13日の午後、癒し求めて久しぶりに出かけました。
 この水族館、入っていきなり大水槽がガーンと迎えてくれるのが、まず心地よい。ふとその前を見ると、なんと電気こたつが3台セットされているではありませんか。いつもちょっとした仕掛けで楽しませてくれる水族館ですが、今回はこう来ますか。やられました。さっそく座り込んでみかんでも食べてお魚と戯れようかと思いましたが、残念ながら飲食は禁止とのこと。皆さん、みかんはご遠慮くださいね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-14 23:13 | 日本たびたびまた旅日記

 10.2.12
 いよいよバンクーバーオリンピックが始まります。マスコミのメダル獲得予想を見ていると10個程度(金は3個ほど)が多いようですね。選手の皆さんの健闘を祈りたいものです。
 さて、記憶にある最初のオリンピックを聞くとその人の大体の年齢がわかるものですが、1961年生まれの私には東京オリンピック(64年)は全く記憶になく、メキシコ(68年)はわが家の白黒テレビにサッカーの試合が映っていたのをかすかに覚えている程度。てなわけで、それなりに記憶があるのは1972年の札幌冬季オリンピックから。スキージャンプのメダル独占は感動的でしたね。ただ、日本で初の冬季五輪だったとはいえ、その時まで冬季オリンピックというものの存在を知らず、遠い北海道―小学生の私にとっては外国でした―での開催だったこともあって、私はそんなに身近なものに感じていなかったと思います。
 その後、幾多のオリンピックで多くの選手たちが感動を与えてくれましたが、私が最も印象に残っているのは、なんといってもモントリオール大会(76年)の体操で、10点満点を連発したルーマニアのコマネチ。その非の打ちどころのない演技に、「本当に僕と同い年なの…?」と劣等感すら感じながら見とれていました。ただ、五輪閉会後、彼女の学校での近況を伝える新聞記事中の写真に黒板の2次関数の式を見つけて、「コマネチも僕らとおんなじ問題やってるんや」と妙に安心した記憶があります。
 このようにコマネチは私にとっては結構気になる存在でしたが、先日、ビートタケシの「コマネチ!」のギャグがオリンピック選手に由来することを知らない子が結構多いと聞き、ちょっと驚いてしまいました。
 彼女も伝説の人になりつつあるようです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-12 10:45 | 元 史 建 歴

 10.2.9c0133503_1010218.jpg
「子どもたちの勉学条件を破壊する園芸高校の移転は許せない。校舎と実習園をバスで移動するなどもってのほか」
「地域のかけがえのない緑、タヌキも生息する園芸高校を絶対に守ってください」
「市は、園芸高校の移転で大阪府は70億円儲かるというけれど、そもそも学校で損得勘定すること自体が問題だ」
「教育理念のかけらもない話、絶対阻止しよう」
 7日、豊島北会館で開催した私の市政報告会は、参加された地域の主婦の方、園芸高校の元教員の方などが口々に園芸高校に対する熱い思いを語られ、同校のOB会が移転反対の署名活動を計画しているとの報告もありました。
 さながら園芸高校移転反対決起集会の様相。圧倒されてしまいました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-09 00:47 | 園芸高校と総合計画

 10.2.5
 本当に寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 暑いのは「脱げば終わり」ですが、寒いのはどうにも逃げようがないので困ります。それでも、地域の宣伝に出かけたり、「しんぶん赤旗」の早朝配達に出かけたりと、屋外の活動も、なんとかがんばってきたのですが、昨夕急に頭痛に襲われ、明らかに風邪のひきかけの症状です。夕方の予定(安保条約学習会)をキャンセルさせてもらい、そのまま帰宅。熱いお風呂にじっくり浸かって早めに床につきました。おかげで今朝にはもう頭痛は治まっていました。
 さて、あさって7日(日)は私の市政報告会です。午後2時より豊島北会館(北小西側)で園芸高校移転問題を中心にお話させて頂きます。お誘い合わせのうえお越しください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-02-05 21:26