<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 10.8.31
c0133503_1091956.jpg 12月25日に大正天皇が死去し、昭和と改元、わずか1週間の昭和元年を経て、国民は昭和2年の新年を迎えることになる…、とまぁ、1926年暮れから翌年の年始にかけて国民は慌しい時間を過ごすことになったのだが、その改元の3週間前の12月4日、山形県の南東隅の雪深い温泉宿で「東京の電機会社の慰労会」が開かれた。その参加者十数人の「慰労会」こそ、極秘裏に開かれた日本共産党の第3回大会であったのだが、温泉宿の主人と特高警察がそのことを知るのは時代が昭和になってからのことであった。
 実は、その記念すべき党大会の会場こそ、私が25日に訪れた米沢市の五色温泉なのである(豊中市庄内にあるスーパー銭湯の五色温泉とは関係ありません)。当時の部屋も残っていると聞いていたので、一度は訪れたいとかねがね思っていたのだが、今回その願いが実現したわけである。
 どうせなら先輩たちに倣って、歴史の追体験とばかりに「車ではなく徒歩で行こう」と決意し、「まぁ、1時間ほどで着くでしょう」と登り口にある酒屋の奥さんの一言に「それくらいかぁ」と高をくくったのが大きな間違い。登っても、登っても目的地に着かないではないか。
 よくもまぁ、こんなけわしい…、当時は未舗装の雪道を…、84年前に同志たちは登ってきたものだ…、1月に伊豆で行われた25回大会も、会場まで坂道を歩かされたが、昔も今も共産党の大会は足腰が鍛えられるなぁ、などとぶつぶつ言いながら、時々倒れてあえぎながら登ること1時間50分、前方が開けてやっと木造の五色温泉の建物が見えてきた。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-31 22:08 | 日本たびたびまた旅日記

 10.8.31c0133503_1403568.jpg
 24日の夜8時20分、大阪東梅田旭屋書店前発の山形行きバスに無事乗り込んだ私だが、実は初日の移動のことで時刻表を片手に悩んでいた。
 バスが山形県の南陽市役所前に到着するのが6時51分、最寄り(南陽市役所から徒歩10分)の奥羽本線赤湯温泉駅発が7時45分、終点米沢着が8時ちょうど、乗り換えた福島行きの出発が8時6分、板谷駅着が8時28分、その後本日の目的地である五色温泉を訪ね、再び米沢に戻るというのが初日の行程。
 ここで問題になるのは荷物のこと。無人駅の板谷ではコインロッカーは期待できないので(実際なかった)、米沢滞在の6分間でコインロッカーに荷物を預けて、列車を乗り換えねばならないのだが、てきぱき作業をこなせるか、初めての駅だけに甚だ心もとない。しかし、これをしくじると、最悪の場合、五色温泉まで重いリュックを担いで登らねばならないはめになるのだ(後でも触れるが温泉までの道は大変な山道なのである)。「次のを待てば?」とお考えの向きもおありだろうが、実は8時6分の列車に乗り遅れると13時10分まで列車はなく、これでは一日の予定が大きく狂ってしまう(時刻表を見ているうちに電車が来る大阪とはわけが違う)。
「これ、結構きついなぁ」「まぁ、なんとかなるか」と色々思っていたところ、なんとバスが予定より早く6時25分に南陽市役所前に到着! おかげで6時49分発の山形新幹線(つばさ102号)に乗り込むことに成功、7時3分には米沢に着いてしまった。コインロッカーに荷物を預けることができたのは言うまでもなく、ゆっくり朝食をとることもできた。
 結果的には、わずか2駅14分だけとは言うものの、ほとんどの大阪人が乗ったことのない山形新幹線にも乗車できた。これってちょっと自慢?
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-31 01:11 | 日本たびたびまた旅日記

 10.8.29
 次に考えねばならないのは移動手段。やはり大好きな夜行寝台列車は利用したい。新潟までは急行きたぐにだ。しかし、往復同じ鉄路というのもさすがに芸がないな、と思っていた矢先、山形行きの長距離バスが大阪から出ていることを知る。考えてみると別に最初の到着地を新潟に限定する理由はない。あまり長距離バスは好きではないが、早朝に着くこのバスはその日丸一日山形で過ごせるし、値段も安いと結構重宝。てなわけで往路は長距離バスにまず決定。
 必然的にきたぐには復路で利用することにする。余談ながら、鉄っちゃんの間では「北陸新幹線ができると急行きたぐにも即座に廃止されるだろうな」とまことしやかにささやかれている。乗るなら今のうちなのだ。
 24日夜大阪を出発、バスで山形県に。米沢あたりを見学後新潟県に移動。村上、新潟、長岡あたりを回って急行きたぐにで29日早朝に帰阪…、5泊4日の旅の輪郭が見えてきた。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-29 21:36 | 日本たびたびまた旅日記

 10.8.29
 昨年12月18日付ブログに書いたように、今年こそは旅に出ようと、ひそかにその機会を窺っていた。参院選まではとても無理、かといって秋になると、9月議会、いっせい地方選挙の準備と呑気に旅をするどころではなくなってくる。そんなわけで「8月下旬しかない」とばかりに一気に旅の計画が具体化しだした。実は貯金箱を開缶したのも旅の費用調達が目的だったのだ(8/20付ブログ参照)。
 今回の行先は新潟県。
 なぜ新潟県か。「天地人の影響ですか」と聞く人もいたが、実はさしたる大きな理由はなく、「なぜ山に登るのか」と聞かれ「そこに山があるからだ」と答えたエベレストの初登頂者ヒラリー卿風に言うならば、「そこに(行ったことがない)県があるからだ」とでも言うべきか。私の場合、未知の土地はそれだけで十分旅の理由になるのだ。 
 そんな思いを巡らせて、改めて地図を見ると、新潟市あたりからお隣の山形県の米沢市あたりは、意外に近い。実は山形県もまだ行ったことがないので、思い切って同県にも足を伸ばそうと決めた。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-29 21:29 | 日本たびたびまた旅日記

 10.8.23
 お盆に、「山元たけしだより」をお届けして歩いた時、石橋4丁目のTさんとお話する機会がありました。そのTさん、いきなり「議員は減らさなあかん」とおっしゃったので、理由を聞くと「池田市はお金がないんだから、議員を減らして浮いたお金を福祉や教育に回したらいいやないか」とのこと。
 私は「福祉や教育を充実させるのはもっともです。そうさせるよう市政をチェックするのが市会議員の役割。しかし、市が福祉、教育を削る行革を果てしなく進めるって言うてる中で市会議員を削ったら、チェック機能が弱まって、ますます福祉は悪くなるでしょうね」とお話すると「定数減らしたらそれだけ市民の声が市政に届かなくなるって言いたいわけやな」と的確にまとめてくださったので、思わず「その通り!」と答えてしまいました。
 次にTさんは「山元さん、議員はボランティアでいいという意見はどう思う」と聞かれました。
「議員はボランティアでいい、という声はよく聞くし、耳ざわりもいいです。でも、私は言いたい。ほな議員はどうやって食っていくんですかって。贅沢する気はさらさらないけれども、僕みたいな決して裕福とは言えない人間は、無償では議員として市民のために働けないです。議員報酬の額は論議すればいいと思うけど、議員をボランティアにしてしまうと、結局働かなくても食っていけるお金持ちしか議員はできなくなるってことになっちゃうわけですよ」と私が答えると、「確かにそれはちょっと…」とTさん。
 Tさんとどこまで意見の一致を見たかはよくわかりませんが、この丁々発止の井戸端談義、とっても楽しかったですね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-23 07:46 | 市 議 会 日 誌

韓国併合100年に思う 

 10.8.22
 韓国は1980年代初頭までは気軽に行く国ではありませんでした。特に男性のみで行った場合、必ずといっていいほど買春旅行と見られ、後指を指されたものです。まかり間違っても若い女性が行くことはありませんでした。軍事独裁政権の貧しい国、学生と機動隊が衝突ばかりしている国―、それが大多数の日本国民の韓国に対するイメージだったのではないでしょうか。
 その後、政治の民主化が進むに連れて、韓国は徐々に普通の海外旅行先となり、2004年の冬ソナで韓流ブームに火が付いてからは、女性観光客も一気に増え、テレビではなんとアイドル(スマップの草彅君)までハングルを話すようになりました(30年前では絶対に考えられないことです)。そして今、日本の若い女性の間で韓国の5人の女性アイドルグループKARAが大人気であるとテレビは報じています。
 今日は、日本による韓国併合、つまり地図上から韓国という国が消された日からちょうど100年にあたるとのことで、新聞紙上でも様々な特集が組まれています。
 日本と韓国の間では、日本の侵略に起因する問題がすべて解消したとは言えませんし、北朝鮮の問題も残されています。しかし、両国の国民レベルでの交流が着実に進んでいることだけは素直に喜びたいと思います。そして、それが不幸な歴史を繰り返さない確かな保障になると信じたいのです。

 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-22 22:05 | 歴 史 夜 話

 10.8.20c0133503_1133721.jpg
 暑い!本当に暑い、ブログ書く手も止まる暑さです!? 皆さん、水分補給とともに、室内でも身体を冷やす工夫をして、熱中症にくれぐれもご注意ください。
 さて、わが家の私の机の上に高さ20cmほどの円筒形の黒い貯金箱があります。数年前100円ショップで買ったもので、以来小銭が出来るたびに貯金してきた結果、このほどめでたく?いっぱいになり、缶切りで開けて、数えたところ4万円余りになっていました。
 表面に「300,000円貯まります」と書いてあったので、もうちょっとあると思ったのですが…。もちろん30万円という数字は500円玉を入れ続けた場合のこと。10円玉、100円玉が大半を占め、1円玉も少なからず、という缶内の状態を見れば、まぁ、こんなものでしょう。
 嬉しさも中ぐらいのちょっと複雑な「開缶式」でした。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-20 11:32 | 建声元語 ―よもやま話―

 10.8.16
 京都に学び、神戸に住み、大阪で働くというのが、理想の人生と考える関西人は多い。私もその一人だが、中高生の頃、特に京都の学生生活に漠然としたあこがれを抱いた背景には、幼少の一時期京都に住んだ自らのおいたちとともに、この曲の影響があったのは間違いない(ちなみにこの曲は私が中学2年だった1975年に発売されている)。
 知らない人には、どっちが曲名でどっちが歌手名かすら、迷う歌だが、♪青春色の京ぉ都の街を、静かにぃ、静かにぃ~、歩いてぇ、いましたぁ、というさびの部分を聞けば思い出される方も多いと思う。
 青春時代を過ごした京都の思い出が、四条通、清水(寺)、大覚(寺)などの地名とともに淡々と歌われるだけの歌(失礼!)なのだが、結局京都のD大学を16点足らずに落ちた私の、果しえなかった京都の学生生活へのあこがれを、その軽やかなメロディーが今なおかき立たてるのである。あぁ、そう言えば、今日は京都五山の送り火だ。  
 翻って考えると、70年代前半はフォークからニューミュージックへと音楽の主流が変わろうとする過渡期。また、フォークもかつてのメッセージ性の強いものから、私小説的なものになってきており、その傾向が多感な青春時代を過ごしていた私の日常と相通じるものが多く、いきおい今なお私の記憶に残る曲が多くなったのであろう。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-16 13:17 | 元 史 建 歴

 10.8.15
 どういうわけか、別れを扱った曲や過去の恋を懐かしむ曲は多いが、恋愛の成就を素直に喜ぶ曲はジャンルを問わず少ない。その例外と言ってもいいのがこの曲。
 彼女がいないとさびしい、アベック(今では死語ですね)がうらやましい、だけど彼女ができたらできたで、嬉しいはずなのに、友だちには知られたくない…、彼女が好きなのか、恋に恋しているだけなのか、よくわからない中学生、高校生の、初々しくも複雑な恋心をちょっと聞いていて恥ずかしいと思うぐらいにまで元気に歌い上げたのがこの曲。ピンとこない方も♪水溜りのなかぁに、うつっうた君に顔は、口から先に生まれたような、無邪気なおてんばむぅすめ…、という出だしを聞けば、あぁ、聞いたことあると思い出されることだろう。
 関西の大学生3人からなるフォークグループ三輪車が1974年―私が北豊島中学に入学した年です―に発表したこの曲、はっきり言ってかぐや姫やチューリップなど、メジャーなグループの曲に比べると完成度の点で劣ると思うが、それがまた幼い恋のぎこちなさを思い起こさせてよかった。今でも時々口ずさんでしまう、私にとっては名曲の一つだ。
 ただ、恋愛成就という点では、身をもって自身の実体験を重ねながら、この曲を語れないのがなんとも痛いところ。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-15 14:42 | 元 史 建 歴

 10.8.14
 最近、1970年前葉の関西フォークに触れる機会があった。そこで、私の思い出に残っている当時のグループをいくつか御紹介。
 まずは松田りか、マミさんの姉妹デュオ、チューインガム。
 お隣の豊中市にお住まいで、確か妹のマミさんは私とおない年だったはず。そんな子どもの二人が歌っていたのが、なんと大人の歌のフォークソング…。私にとってチューインガムという歌手は親近感と距離感の入り混じった、不思議な存在だった。
 その彼女らが、1973年1月-私が小学校5年の時-に発表した曲が「ゴリラの歌」。
 人間に捕らわれたゴリラの身の上を歌ったこの歌、アフリカ歌謡も少し取り入れたラテン調の明るい曲調が、ゴリラの悲しみを余計に際立たせていた。親しみやすいゴリラを題材にしていることで、二人が私たち子どもの世界に戻ってきてくれたみたいな、ちょっと安心した記憶もある。
 さぁ、これからメジャーになられるのかな、と思っていたのだが、二人ともいつの間にか一線を退かれてしまった。ちなみに、わが議員団の他のメンバーに「チューインガムて知ってる?」と聞いても、「知らない」と全員つれない返事。
 お二人とも、今でもどこかで元気に歌っておられるのだろうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-08-14 16:49 | 元 史 建 歴