山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

時代の子 龍馬  ―「龍馬伝」終了にあたって―

 10.11.29
 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が終わりました。時として自身が幕末に生きているかのような錯覚すら覚える―、そんなリアリティあふれる斬新な映像を、毎週楽しませてもらったことに、まず感謝です(中には「リアルすぎて汚い」という人もいましたが…)。
 さて、実は私は坂本龍馬を扱ったドラマなどを見るとき、以下の3点が描かれているか留意するようにしています。
 一つ目は、下士とはいえ武士であった龍馬が討幕に身を投じるようになった、その思想的な変遷、要は「考える龍馬」が描かれているか、二つ目は「船中八策」などを起草し得るまでに到った「学ぶ龍馬」が描かれているか、三つ目は幕府が滅びるべくして滅びた、その歴史の必然性、つまり「時代の子 龍馬」が描かれているかどうか、です。
 これらは、ひとえに、若い私が司馬遼太郎の『龍馬がいく』を読んで心躍らせつつも、十分描き切れていないと思っていた点でもあります。特に三つ目は「明治維新は全て龍馬がやった」といった類の過度の「英雄史観」が龍馬の場合、絶えず付きまとうだけに私にとっては重要なポイントなのです。
 結論からいうと、どの点も制作者の問題意識の中にあることは伺えたのですが、中途半端に終わったかな、というのが私の感想。もっとも、それは制作者の責任ではなく、当時の史料的制約からくるのかもしれませんね。
 ところで、番組の最後に「龍馬のような志(こころざし)を持った…」というナレーションがありましたが、その“こころざし”という言葉が大変新鮮に感じられたのは、ひとえに今の時代の閉塞感の反映なのでしょう。
 志を持ち貫ける時代か否か、龍馬の生き方は時代を測る北極星。龍馬は時空を超えた「時代の子」でもあるのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-29 23:06 | 歴 史 夜 話

カキとカニとカモの話

 10.11.28
c0133503_1962092.jpg 和歌山県に住む妻方の親戚から義父のところに柿が送られてきて、わが家もおすそ分けの恩恵にあずかりました。
 甘い秋の味覚を楽しんでいると、昨日、今度は石川県の親戚から冬の味覚、蟹が到着。ポン酢をつけるのを忘れてしまうくらい甘くておいしい蟹を堪能しています。c0133503_197182.jpg親族の皆様、本当にありがとうございました。
 さて、話は180度変わりますが、近くの住吉神社の前から池田インターチェンジを横切り、空港方面にのびる長い歩道橋があります。先日その橋を久しぶりに渡った時、池田インター内に残る宮之前池の水面にたくさんの鴨らしき鳥を発見しました。この池は周りが車道とフェンスに囲まれているため、人間が池敷きに入ってくることはめったになく、鴨たちも安心して羽を休めることができるのかも知れません。
 ちなみにその鴨は食べていません。念のため。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-28 19:08

北朝鮮の無法行為は許されません

 10.11.27
 23日、北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃、軍人のみならず民間人国民にも死傷者も出たとのこと。北朝鮮の無法な行為を許すわけにはいきません。以下にわが党の志位委員長の談話を掲載します。

     北朝鮮の韓国・延坪島への砲撃について
        2010年11月24日  日本共産党幹部会委員長  志位和夫

一、北朝鮮は23日、韓国の延坪島に対して砲撃をおこない、韓国軍との間で交戦状態となった。これにより、韓国軍兵士だけでなく、同島の民間人にまで死傷者が出て、住民1600人が緊急避難する事態となった。

 民間人が居住する島への無差別の砲撃は、朝鮮戦争の休戦協定はもとより、国連憲章にも、北朝鮮自身が当事者である南北間の諸合意にも反する、無法な行為である。日本共産党は、北朝鮮の軍事挑発行動を厳しく非難する。

一、北朝鮮は今回の行為を、韓国軍が「北朝鮮の領海」で軍事演習をおこない砲撃したことへの反撃だとしている。この海域における境界線については、韓国と北朝鮮の主張が異なっているが、それを武力攻撃の理由にすることは、断じて許されるものではない。しかも、砲撃を受けた延坪島と同島への航路が韓国側に属することは、北朝鮮自身も認めていることであり、北朝鮮の言い分はまったく成り立つものではない。

一、日本共産党は、北朝鮮が、攻撃とそれによる被害の責任をとり、挑発的な行動を繰り返さないことを厳重に求める。

 韓国をはじめ関係各国が、事件をさらなる軍事的緊張や軍事紛争につなげることなく、外交的・政治的な努力によって解決することを要請するものである。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-27 07:45 | 日本共産党はこんな政党です

もう浮気はしません!共産党に入れます

 10.11.26
 国民の批判の前に22日「法相っていうのはいいですね。(国会答弁では)二つ覚えておきゃいいんですから」という迷言を残して「法務関係は一回も触れたことがない」柳田法務大臣が辞職しました(もっともも本人はことの本質は全くお分かりではないようですが…)。
 さて、その翌日御近所のOさんにお会いしました。以前から共産党には好意的だったのですが、前回の衆院選では民主党のポスターを自宅に張っておられた方です。
 そのOさん、開口一番「民主党に見事に裏切られた」とかなり憤られている様子。「あの柳田法相の、いやいや大臣やっていたみたいなふざけた言い分はなにや。死刑の執行もまかされている重責にある自覚がまったくない!」、返す刀で「昨日の自民党の丸川珠代の質問もなってない。まるで学芸会やな」とばっさり。「あれで両方とも東大出とはほんとに情けないわ」と続けられました。
 その一方で「あんたとこの市田さんの質問は端的にまとめてて本当によかった。仕事で運転しながらラジオで聞いてたんやけど、思わず車とめて聞いてしもた」。そして「来年のいっせい地方選挙は、うちは家族そろってあんたとこに必ずいれるよ」と、ちょっと「浮気」を悔いるような?照れ笑いを浮かべながらおっしゃってくださいました。
 世論は確実に変化しています。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-26 02:10 | 日本共産党はこんな政党です

風邪ニモ負ケズ、雨ニモ負ケナイ看板ヲ立テマシタ。

 10.11.22
c0133503_145148.jpg 19日のブログでお伝えしたポスターに続いて立看板も新調、防水スプレーを表面にふりかけて雨対策も施した後、昨日古くて色あせてしまった現在のものと取り換えていきました。
 実は、立看板は議員本人と後援会のもの合わせて12枚までと、公職選挙法でその枚数が決められています。「自分の看板の数まで制限されるとは「べからず」公職選挙法の極みだ」と少々憤っているのですが、この大きな看板を置かせてもらうところを12ヶ所確保するのが結構大変なのも事実です。
 ところで、一昨日(20日 土曜日)の午後、目と歯が痛みだし、続いて身体全体がだるくなってきました。明らかに風邪の初期症状です。「こりゃ、やばい」とルルを飲んで、熱いお風呂に浸かり、暖かくして9時には就寝。なんとか昨日の午前中には回復し、この立看作戦が決行できた次第です。
 皆さん、風邪にご注意を!不幸にしてひいてしまったら、まずは暖かくして寝る、これが一番です。

 27日(土)の午後2時より、山元たけしと語る集い(市政報告会)を空港会館で開催いたします。お誘いあわせのうえ、お越しください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-22 10:20

七星侠―、宇宙の親分みたいですね

 10.11.21
 奥特曼超人7号―、なんのことかわかります?実はこれウルトラセブンの中国語訳です(奥特曼はウルトラマンの音訳)。他にも賽分奥特曼という訳もあり(賽分はセブンの音訳)、香港では七星侠と呼ばれたこともあるそうです(宇宙を仕切るヤクザの親分みたいですね)。
 先日、中国で放送されたウルトラセブンを見る機会があり、ストーリーよりその訳のおもしろさに注意が行ってしまいました。ちなみに諸星ダンは(もしくは)、アンヌは安奴、ウルトラ警備隊は超級警備隊です。
 ちょっとわかりづらかったのが奥特天鷹1号。「はて、ウルトラセブンに鷹の怪獣が出てきたかな」と最初考えたのですが、ウルトラ警備隊の乗り込む戦闘機ウルトラホーク1号のことでした。なるほど、ホークは鷹だったんですね。なかなかの名訳です。
 余談ついでに言うならば、帰ってきたウルトラマンは帰来的奥特曼、スペシウム光線は斯卑修母光線、サンダーバードは雷鳥神機隊です。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-21 10:47

あっ、上の方の“たけし”や!

 10.11.19
c0133503_107455.jpg 先日、街頭演説をしていると、石橋南小学校の子どもたちから「あっ、上の方のたけしや!」と声がかかりました。一瞬なんのことかわからなかったのですが、どうやら一月ほど前から担当地域全域に貼りだしている、山元たけしと宮本たけし衆院議員の「両たけし」を上下に配しているポスターが彼らの印象に残っていたようなのです。まぁ、どんな形であれ、未来の有権者が名前を覚えてくれていたわけで、悪い気はしません。
 ところで、このポスターを貼り出してからというもの、「上の方のたけし」以外にも「ポスター見たよ」「また、肥えたんちゃう?」「いよいよ選挙モードやね」「いやっ、写真の実物や。握手してもろとこ」といった声をかけられるようになってきました。密かに期待している「実物の方がええ男や」の声は今のところありませんが(!?)、まぁ、評判は上々、確実に街の空気を変えつつあるようです。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-19 00:30

まぁ、講演業とはぼろい商売でんなぁ

 10.11.18
 昨日、毎年恒例の大阪府市議会議長会主催の「大阪府市議会議員研修会」に参加しました。今年で50回目を迎えるこの研修会、毎年著名な知識人を迎えて講演していただくのですが、今年の講師は京都大学のN教授。保守の論客としてマスコミにも登場する機会の多い国際政治学の先生で、演題は「激変する国際環境の中に立つ『日本』」です。私たちとは立場を大きく異にする方ですが、そこは京大の先生、一本筋の通った得るところの多い話をされるだろうと期待していたのですが、結論から言うとその期待は見事に裏切られてしまいました
 そもそも、レジュメの1枚もないことからして不満だったのですが、話自体も「中国人が一番嫌いな国はベトナム、次がモンゴル」といった類の散漫な話が延々と続きます。それでも最後にこれらの話が生きてくるんだろう、と我慢して聞いていたのですが、結局最後のまとめも「世界の人々の認める価値観に立つことが大事。それは人権と民主だ」とありきたりのもの。「あんたに言われんでもそんなことぐらいわかってるわ」と思わずツッコミを入れてしまいました。
 あれでウン十万の講演料をおそらくN先生は受け取られたんでしょうが、まぁ、ぼろい商売ですな、講演業というのは…。
 帰りのバスの中での「千票は動かせる」「うちはまだ(候補者を)出すで」と言った他党派の議員の生臭い話の方が、選挙を前にしてはるかに「勉強」になりました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-18 22:45 | 山元のすべらない話

芸術の秋、食欲の秋、闘いの秋、そして原稿の秋です

 10.11.16c0133503_10105471.jpg
 14日(日)午前は石橋駅前公園で開催された“第2回石橋ジャズ”にお邪魔、阪大生の予想以上の(失礼!)演奏に思わず聞き惚れてしまいました。また、司会の女子学生のおしゃべりも実に軽妙で、いやぁ、よかった。会場では同じく阪大生が豚汁、フランクフルトなども販売していて、腹ごしらえもOK。
 ここ数年、阪大生と地元、とりわけ石橋商店街との交流が深まり、その拠点である「くるる石橋」が今年オープンしたことは以前にも触れましたが、この“石橋ジャズ”も毎年恒例の行事になればいいですね(10/3/15付ブログ参照)。
 午後は池田駅前公園で開かれた“平和のパレード”(9条の会・池田主催)に参加。Yさんの「今は憲法9条で日本は戦争しない国。だから戦争は違憲。しかし、9条なくして戦争する国になると、今度は戦争反対が違憲となってくる。そんな国に日本をしてはいけません」という訴えにいたく納得。
 その後、議員控室に戻ってひたすらパソコンとにらめっこ。というのも、後援会ニュースの原稿、12月議会の討論原稿、地域の皆さんにお配りする「山元たけしだより」の原稿、そして選挙用のパンフの原稿と「書き物」が山のようにたまってしまい、またお尻に火が着きつつあるのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-16 23:05

西条市の防災行政、そのユニークさに脱帽です

 10.11.16
 視察2日目(10日)は愛媛県西条市にお邪魔しました。その目的は同市の防災行政の視察です。
 西条市は、市の南側に連なる四国山地が台風の接近を防いでくれるおかげで台風被害がほとんどない地域でしたが、2004年に四国に六つの台風が上陸、愛媛県内で29人の死者(うち西条市5名)が出るなど未曽有の大災害となりました。市はこの経験を機に「死ぬな!逃げろ! 助けろ!」を合言葉に、防災対策を抜本的に強化。その取り組みについて説明を受けました。
 私が、まず感心したのは、市民全員が防災に取り組んでいること。
 例えば、地域防災地図も単に避難場所や危険区域といった行政側の情報だけではなく、かつて土砂崩れがあった場所はあそこ、浸水箇所はここ、一人で逃げられない人がここにいる、といった住民からの情報が満載です。聞けば、地図の作成にあたっては行政と地域市民が何度も会合を開いて、情報を出し合ったとのことでした。
 また、防災士などの人材の育成といった制度面の充実とともに、防災事業体験などを柱とした「12歳教育」の実施など学校教育との連携も重視し、獅子舞、だんじりといった地域の伝統行事と防災行事を組み合わせるといった、市民に絶えず防災への意識を持ってもらう「仕掛け」つくりにも余念がありません。                                  
 中でもユニークなのは、水害時に多量に発生した流木や伐採材を、子ども部屋や安心ベッド、看板、あるいは新たな土砂災害を防ぐための木製ダムに活用する木製都市構想の取り組み。その「災い転じて福とする」姿勢には思わず「やるなぁ」と口走ってしまいました。
 このあくまでも住民本位に進められるユニークな西条市の防災対策―、各委員の関心も高く、質問が続出。危うく予定時間を超過してしまうところでした。
 c0133503_1424162.jpg
 ちなみに西条市は瀬戸内海に面する一方で、西日本一の標高(1,982m)を誇る石鎚山も擁しています(つまり、西条市は西日本一標高差のある都市でもあるのです)。
 駅前から南を見ると屏風を幾重にも重ねたような四国山地の険しい山塊が続いています。その中のひときわ高い岩肌の露出する峰を指して「あれが石鎚山ですか」と地元の人に尋ねると「石鎚山はもっと右の奥の方。山頂はたいがい雲がかかって見えない」とのこと。
 さすがに最高峰、ちょっとやそっとではその頂きを拝むことはできないようです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-11-16 04:57 | 市 議 会 日 誌