山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

藤田まことさん、谷啓さん…、白黒テレビの思い出とともに

 10.12.31
 まだ小学校にもあがらぬ幼い頃、わが家の白黒テレビにかじりついて見ていたのは、特撮もの、アニメ、そして今でいうところのバラエティー番組。藤田まこと主演「てなもんや三度傘」のどたばた喜劇、クレージーキャッツの音楽ショーなどを毎日のように楽しんでいたと思います。
 さて、今年2月、その藤田まことさんが亡くなりました。続いて、9月に谷啓さんが亡くなり、クレージーキャッツは犬塚弘さんと桜井センリだけになってしまったとのこと。
 テレビをオンにしてまず聞こえてくるのが出演者の声、そしてしばらくしてからようやくほわんと浮かび上がる白黒の画面、その数秒の間のなんともじれったい思いとともに、お二人の活躍が懐かしく思い出されます。
 新聞の今年の物故者欄を見ながら、ふとそんなことを感じたまで。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-31 15:31 | 墓碑銘 ー送ることばー

北朝鮮、中国、ロシア…、どんな国にも堂々とものいう池田市議会です

 10.12.29
 12月議会冒頭で「北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃に対し厳しく抗議することを求める決議」を全会一致で採択したことはすでにお知らせしましたが(12/6付ブログ参照)、最終日(22日)には、尖閣諸島と千島列島が日本領であることを訴える内容の意見書を全会一致で採択しました。ちなみに、どちらも日本共産党議員団が提案したものです。
 結果的には北朝鮮にも、中国にも、ロシアにも、正々堂々とものいう池田市議会の姿勢を示しえた形。ちょっと鼻息荒い12月議会でした。
 以下、意見書全文です。

 尖閣諸島と千島列島が日本の領土であることを国際社会に訴え、中ロ両国政府と冷静に交渉することを求める意見書
 中国が尖閣諸島の領有を主張し、ロシアのメドベージェフ大統領が国後島を視察するなど、日本の領土問題が大きな政治問題となっている。
 尖閣諸島が日本領であることは、1895年に日本が領有を宣言して以来75年間、中国も含めてどこの国からも抗議を受けなかったこと、尖閣諸島が日本領であることを中国政府自身が認める文書が存在することからも明らかである。
 千島列島は1875年に日ロ両政府が交わした樺太・千島交換条約で日本領であることが確定しており、旧ソ連が第二次世界大戦終結時に自らも認めた「領土不拡大」の大原則をも蹂躙し、千島列島を併合し、北海道の一部である歯舞・色丹まで占領したことは許されない。ロシア政府は旧ソ連時代から続く不法な領有を改め、これらの領土をすみやかに日本に返還すべきである。
 日本政府が、1951年のサンフランシスコ平和条約で千島列島を放棄しておきながら、「国後、択捉は千島にあらず」という国際的に通用しない見解をとっていることが、解決を遅らせる大きな原因となっている。連合国側が戦後処理の大原則としてカイロ宣言で合意した「領土不拡大」を踏まえ、日本政府は従来の見解を改めるべきである。
 よって、本市議会は政府に対し、事実と道理に基づいて尖閣諸島と千島列島がわが国の領土であることを国際社会に広く訴え、中ロ両国政府と冷静に交渉することを求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 2010年12月22日
                   池田市議会 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-29 00:30 | 市 議 会 日 誌

謝ってもらっても、アンケートは山のように残っています ―市民アンケート遅配問題の顛末③―

 10.12.28
c0133503_14305757.jpg 24日に「郵便事業株式会社池田支店の謝罪と経過報告」を携えて池田支局長が、再び私どもの控室を訪ねてこられました。拝見すると謝罪と経過報告に加え、管理簿、マニュアルの作成・徹底をはじめとした今後の改善策が記されていました。
 その時も口頭で謝罪してくださいましたが、謝ってもらっても、1,100通のアンケートが未開封のまま残っている事実に変わりはありません(写真)。正月返上で市民の皆さんの声一つ一つに目を通させてもらうことになりそうです…。
 なお、この間の詳細な経過は日本共産党池田市議団のHPをご覧ください。
(http://www.wombat.zaq.ne.jp/ikeda-jcp/) 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-28 14:31

阪急宝塚線の歌を披露しました ―石橋後援会望年会―

 10.12.26。c0133503_1063575.jpg
 本日、日本共産党石橋後援会の望年会にお邪魔しました。
 まず、私が12月議会の様子を報告し、いっせい地方選挙勝利へよりいっそうのご支援を訴えた後、丸岡前市議の乾杯と続きました。
 その後は、皆さんの持ち寄ったおでん、うどん、赤飯等に舌鼓を打ち、酔いが回ったところで御婦人の踊り、アコーデオン伴奏付き歌声とアトラクションが続きます。中でも民謡、歌謡曲とカラオケは大盛り上がり。機械が少々旧式で(?)、テープの頭出しをするのに、時間がかかりましたが、おかげでじっくり選曲ができました。
 私は阪急宝塚線の歌(「よこはま たそがれ」の替え歌)を披露させてもらいました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-26 20:34

留め置かれたのは市民の苦しみの声です ―市民アンケート遅配事件の顛末②―

 10.12.25c0133503_14325879.jpg
 以上の経過を踏まえ、翌18日、私は宮本たけし衆院議員、他の市議団のメンバー、党地区委員長とともに改めて池田支店を訪問、郵政業務側は辰巳宏行近畿支社長(つまり、近畿の郵便局のトップの方です)、堀認池田支店長などが対応してくれました。
 まず、宮本議員が「私たちは御社の内規にもとづく処分に干渉するつもりはないが、当事者や管理職など労働者個人の処分、「とかげのしっぽ切り」を望んでいない。事実経過をもとに原因を明らかにしたうえで、再発防止策を講じること真の責任の取り方であると考えます」と指摘。さらに「郵政民営化―私たち共産党は反対しました―の時、民営化でサービスがよくなるとさかんに宣伝されたが、今回の事態は国民の郵政業務に対する信頼を裏切る行為。特にわが党が行うアンケートには「もう、明日から生きていくことができません」などといった切実な声が記されていることもある。今回、返信が留め置かれたことで、私たちが市民の声に答えることが阻害されたわけです」と迫りました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-25 08:45

一気に封筒1,100通!! ―市民アンケート遅配事件の顛末①―

 10.12.24
 22日に12月議会が終わりました。
 審議された内容については当ブログでもおいおい書いていきますが、とにかく今議会は疲れました。議案自体は少なめだったのですが、議会中いろいろありすぎ!! そのひとつが日本郵政池田支社のわが党の市民アンケート遅配事件です。以下、現在までのことの顛末をおしらせします。

「今年はえらい少ないなぁ」
 私たち共産党議員団は毎年のように市民の皆さんからアンケートをとり、その内容を議会活動に生かしてようにしています。今秋も市民の皆さんにアンケート用紙を後援会の皆さんの助けも借りて市内全戸にお配りし、その結果を12月議会にも生かそうと思っていたのですが、今年はどうも様子が変。池田支局留めでいつもなら1,000通ほどがどっと返ってくるのですが、配布以来4カ月がたっても200通余しか返ってこず、皆で不思議がること一度ならず。
 ところがです。16日新たなアンケートが届いていないか白石議員が支店に赴いたところ、一気に1,100通余りの封筒の束を渡され、びっくり仰天!!
 議員団控室に持ち帰って改めて封筒を見るとなんと9月の消印があるではないですか!市民アンケートは長期にわたって支店に留め置かれていたようなのです。翌17日に、白石、藤原両議員とともに事情を聞きに行くと、郵便局側の管理ミスであることが判明、夕方池田支店長が謝罪に来ました。その後、さらに「近畿支社長が謝罪したい」との連絡が垣田幹事長に入りました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-24 22:59

討論原稿、一般質問準備、加えて…

 10.12.21
 いよいよ今日、明日、12議会の最終本会議が行われます。
 ここ数日提出議案に対する討論原稿の作成、一般質問の準備(専門家や市民の皆さんから意見を伺い、関係書籍に目を通す、等々…)などでそれでなくても忙しいのに、先週、わが議員団の行った日本郵政池田支店止めの市民アンケートがなんと3ヶ月も放置されていたことが判明!その対応にも追われてしまいました(詳細は改めて当ブログでも触れますが、早くお知りになりたい方は本日付「しんぶん赤旗」(日刊紙)か、藤原みち子市議・宮本岳志衆院議員のブログをご覧ください)
 さて、一般質問で私は以下の3点を取り上げます。
 障がい者の自立を促進する施策について
 障がい者の尊厳を踏みにじり、応益負担のもとに重い自己負担を強いる障害者自立支援法の廃止を国に求めるよう市長に迫ると同時に、2012年に定員を上回る入所希望者が予想される共同作業所の充実問題などを取り上げます。
 池田市域の水辺環境の保全と整備について
 市内の水辺を街づくりにどう生かすか、今回は特に中山池の整備の今後や外来魚の駆除など、ため池に関する点を中心に質問します。
 池田の歴史と文化を広く啓発する施策について
 昨年12月議会で私が提唱し、市がすすめている古墳ロード構想の現状と今後について質問します。
 なお、日本共産党市議団各議員の一般質問はいずれも明日22日(水)になります(私は午前中の予定)。お誘い合わせのうえ傍聴にお越しください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-21 06:44 | 市 議 会 日 誌

池田の文化は関大がつくる?

 10.12.18
 15日、池田市の関西大学校友会の忘年会に参加しました。
 市長、副市長、府会議員、そして市会議員4人(以前も述べましたが全員会派が違います)、さらには市内各界でご活躍されている方々がそろう中、私は最年少でもあり、以前ほどでもないにしてもやはり緊張してしまいます。
 しかも、市会議員もなにかしゃべれと、突然あいさつがまわってきました。
「聞いてないよぉ」とちょっとあわてふためきながら申し上げたあいさつは以下のとおり。

 いつもお世話になっております。市会議員の山元たけしでございます。私のような1期目の新米議員まであいさつする機会を与えていただき、ありがとうございます。
 さて、昨年12月議会で、私は池田の古墳を紹介する冊子をつくるべきではないか質問しましたところ、普段けんかすることが多い(笑い)市長ともその話では意気投合しまして、先日立派な本が出版されたところです(10/22付ブログ参照)。
 聞けば、この本を出版された市立歴史民俗資料館の館長さんも関大出身とのこと。まさに池田の文化の発展に関大出身者が大きく寄与していることを今更ながら思い知ったところであります(笑い)。
 がんばります。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-18 14:27

石橋のドジョウで柳川鍋!?

 10.12.13
 箕面川の分流である今井水路に生息するオイカワのことは、時々当ブログでも紹介してきました。その今井水路ではごくたまにではありますが、ドジョウも見かけます。ただ、箕面川本流や周辺のため池でドジョウを見かけたことがないので、それらのドジョウも誰かが放したものだろうと、私は勝手に想像していました。
 ところが、先日お話を伺ったA先生―長年池田の動植物を研究されている方です―によると、今井水路のドジョウは隣接する水田(一箇所だけ残っています)で孵化し、成長したものだとのこと。ドジョウの生きていける環境―産卵に適した止水(水田)と枯れることのない水(今井水路)―が石橋にはまだ残っているというわけです。
 それにしても、居酒屋の立ち並ぶ商店街を貫く小さな水路に、今や絶滅危惧種になりつつあるドジョウがいるとは実におもしろい。居酒屋で柳川鍋をつつけるぐらい!?今井水路のドジョウも増えていってほしいものです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-13 01:40 | 山元のすべらない話

「守った公約にマルしてください」

 10.12.12
 “なんにでも効きます”とばかりに様々な効能が列記されている市販薬、「ほんまにこんなにたくさんの病気に効くんですか」との患者の問いに「どれに効いたかマルつけてってください」と医者が返す創作落語があったことを記憶しています。その医者流に言うならば「どれを守ったかマルしてください」と言い返したくなるのが民主党の公約違反ぶり。
 後期高齢者医療制度の廃止は放棄、普天間基地の海外移設は辺野古へ押しつけに転換、企業団体献金は受け取り再開を表明し、八ツ場ダムの中止は撤回する雲行きです。さらに3日にはマニュフェストで廃止をうたっていた障害者自立支援法まで延命させてしまいました。
「昨年の衆議院選挙で掲げた公約は、世間を欺くカラ手形だったのか」「民主党は自民党といったいどこが違うの?」。そんな声が聞かれる中、怒りを通り越してむなしさすら感じる昨今です。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-12-12 17:08 | 建声元語 ―よもやま話―