<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 11.11.30
 楽天ゴールデンイーグルスがちょっと気になるといった程度で、現在私はパリーグにひいきチームというものはありません。しかし、かつてはありました。
 その名は近鉄バファローズ。
 ブライアン4連発で宿敵西武相手に逆転、優勝を決めたり(1989年)、プロ野球史上初の代打逆転満塁サヨナラ優勝ホームラン(2001年 しかも打ったのは当時ほとんど無名の北川選手!ちなみに彼は池田市在住です)と派手なことをやらかしてくれたかと思うと、日本シリーズで「巨人はロッテより弱い」(1989年 加藤哲郎投手)と発言したがために? 3連勝のあとに4連敗を喫するなど、なにかとお騒がせのチームでした。そうそう、優勝祝勝会で球団代表が挨拶している最中にその代表めがけてビールかけを始めてしまった選手もいましたね。
 なにかやってくれる―、よきにつけ悪きにつけそんな期待をいだかせてくれるチームでした。ちなみに冒頭で楽天が気になると書いたのは近鉄の落ち武者たちがまだがんばってくれているからです。
 まるで野武士ような選手からなるチームでしたが、しっかりしたフランチャイズ球場を持たなかったことからもわかるように、最後まで親会社は球団を自社の宣伝媒体としか見ていなかったようです。まぁ、そんな冷遇が愛すべきアウトロー集団を生み出したのかもしれません。
 元近鉄の監督西本幸雄さんの訃報を聞きながらそんなこんなを思い出しています。
 しかし、「教育は強制だ」と豪語する知事のもとでは、こんな個性的な球団は二度と大阪の街に生まれることはないでしょうね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-30 10:59 | スポーツ話

二つの政治的潮流

 11.11.29
 一週間の御無沙汰です。選挙戦でお休みしていたブログを今日から再開します。
 昨日、石橋南小学校を守る会と北豊島小学校を守る会の皆さんが請願書を賛同署名とともに提出され、議長・副議長としばし懇談されました。小学校を守りたい! 地域の皆さんが党派を超えて止むにやまれぬ思いでペンを走らされている姿が目に浮かびます。
 さて、今回の大阪府知事・大阪市長選挙を通じて、現在この国には二つの政治的潮流があることがはっきりしてきました。
 一つは東日本大震災の被災地復興・原発廃止を求める運動や、池田の小学校を守る運動、そして独裁を許さない共闘(大阪市長選)など、国民が党派を超えて共同していこうという流れ、そしてもう一つは一般国民の中に敵対構図―公務労働対民間労働、教師対保護者等々―を作り出し、一部の国民を徹底的に攻撃していく流れです(そして、その勇ましい政治家の言葉は、攻撃する側に身を置く人間には、時に甘美な調べを伴います)。
 後者はアーリア民族の優位性を説き、ユダヤ民族を根絶やしにしようとしたナチスドイツ、共産党を弾圧し、朝鮮人・中国人を蔑み、侵略戦争を遂行したかつての軍国主義日本の姿を思い起こさせます。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-29 01:57 | 建声元語 ―よもやま話―

 11.11.22
 またまた、東北からうれしい知らせが飛び込んできました。
 延期された被災東北3県の県議選の最後となった福島県議選が20日投開票され、日本共産党は、現有3議席から5議席に躍進。県都福島市区と郡山市区で議席を守り、いわき市区で初の複数議席を獲得、また伊達市伊達郡区で議席を回復しました。
「放射能汚染の徹底した除染と損害の全面賠償を!」「あなたの願いを国にも東電にもはっきるものが言える原発マネーとは無縁の日本共産党へ」の訴えが広範な県民の共感を得た形です。日本共産党は、県議会では自民、民主につぐ第3党となり、交渉会派として代表質問の機会も獲得、県政を動かす力が格段に大きくなりました。
 これで被災3県の県議選すべてで日本共産党は前進(岩手1→2、宮城2→4、福島3→5)。被災地の願いに答える党がどの党か、はっきりしましたね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-22 06:31 | 東日本大震災と原発

 11.11.20
 九州ほどの面積に70万人(吹田市と豊中市をあわせたぐらい)が暮らすヒマラヤの山懐に抱かれた小さな仏教国ブータンから国王夫妻が来日、被災地も訪問されました。
 このブータン、国民一人当たりの年間所得は20万円に過ぎず、お世辞にも豊かな国とは言えません。しかし、医療費、教育費は無料で、国民の実に95%が自らを幸福と感じているとのこと。ブータンの姿は、物質的な豊かさと国民の幸福感が必ずしも比例しないことを示していると言えるでしょう。
 まるで桃源郷から来たようなイケメンの王様とべっぴんさんのお姫様は、日本に住む私たちに“真の幸せとはなにか”考えるヒントを残して、今日さわやかに帰国の途につかれました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-20 22:53

 11.11.17
 学校統廃合をめぐるこの間の言葉から
 ひと月考えたけど、やっぱり学校は近くやないとあかん
 石橋3丁目Yさんの言葉です。Yさんは1月前にお話した時は「池田市の学校統廃合、どう考えたらええのか、悩んでいる」とおっしゃっていました。しかし、いろいろ考えられた結果、「教育大付属小事件があった池田。学校、特に小学校は絶対近くになければならない」という結論に達したとのこと。快く署名にも応じてくださいました。
 こんなに1票が大事なんて初めて知りました
 そうおっしゃるのは豊島北1丁目のHさん。どうもHさんは久しく選挙に行かれてなかったようなのですが、今度の小学校統廃合話を通じて、選挙で選ばれた市長や議員がどういった立場に立つかが生活に直結していることを痛感、「12月の市長選では小学校を守ってくれる人を選びます」ときっぱり。
 監視塔つくるって学校は刑務所!?
 「石橋南小で開かれた説明会で教育委員会の人が、安全確保のため監視塔作るって言っていたでしょう?まるで刑務所みたい」と憤懣やるかたない様子なのは石橋4丁目のYさん。「子どもたちを監視せなあかんようになるぐらいやったら、今の小学校残したらええやん」と続けられました。
 
学校統廃合に反対する池田市民のつどい
 日 時;11月23日(祝) 午後1時半~3時半
 場 所;池田駅前南会館(サンシティ内)4号室
 講 師;山口 隆さん(全日本教職員組合 前委員長)
 主 催;池田の子どもと教育を守る会
※お誘い合わせのうえお越しください。

[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-17 12:14 | 守ろう!みんなの小学校

 11.11.16
 早いもので、今年も残すところ2か月を切り、そろそろ年賀状を書き始める頃となってきました。
 さて、その年賀状についてちょっとだけ恨みごとを言わせていただくと、「山元」が「山本」になっていたり「建」が「健」になっていたりするものが、そうですねぇ、毎年数通は届きます。昔は一年限りで改めていただけたものですが、最近は毎年続くものが多くなっているようです。
 そして、それらの年賀状の共通点は宛名が自筆でないこと。もうお分かりですね。パソコンでの年賀状作成が普及した結果、相手の住所、宛名を再確認する機会がなくなり、誤字が再生産されていっているというわけです。
 私は、住所、宛名だけは前年に頂いた年賀状を元に自筆で書いているので、その失敗はしていないと思います。少なくとも2年続けて間違うことはないでしょう。ただ、正月早々私の「達筆」をお目にかける弊害には目をつむってもらわねばなりませんが…。
 パソコンこそ使う機会が多くなったものの、買い物は全てキャッシュの基本アナログ人間の私、時代の流れに乗り遅れて(いや、乗る気がなくて)、他人様に非礼を重ねずに済んでいるという今回はちょっと皮肉な話でした。
 まぁ、今年は年末まで選挙、除夜の鐘を聞きながら筆を走らせることになりそうです。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-16 04:22 | 山元のすべらない話

 11.11.15
 13日投開票の宮城県議選で日本共産党は仙台市で現有2議席を守り、定数2の塩釜区と定数5の石巻・牡鹿区で自民現職を破り当選、議席を2から4へと倍加しました。共産党が4議席を獲得したのは県政史上初めてで、自民、民主に次ぐ第三党(公明党と同数)に躍進しました。仙台市議選や岩手県議選の勝利に続き、被災地で日本共産党への期待が高まっていることを示した形です(9/13付ブログ参照)。民主党は議席を減らし、震災対応やTPP推進に対する県民の厳しい審判が下りました。
 また、同時に行われた原発のまち女川町の町会議員選挙では得票率を前回の15%から22%に伸ばして現職二人が2、3位の高位で当選、「原発NO!」の住民意思を示しました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-15 05:15 | 東日本大震災と原発

 11.11.14
 半年ほど前、大学の2年下だったN君と二十数年ぶりに再会しました。
 実はそのN君、当時「砂浜で米粒探すより難しい」と言われた高校教員採用試験に一発で合格したスゴイやつ。「あんなに軽い人間でも先生になれるんだ」と当時ちょっとした話題になったものです(N君ゴメンナサイ。でも事実です)。
 さて、晴れて高校の先生となったN君、いわゆる「底辺校」ばかりに赴任してきたとのこと。「最初の授業で教室の後で煙が出てたんで、タバコかなと思って行ったら、なんと生徒が肉を焼いてて、「先生、食べるけ?」と言われたのにはびっくりしました」と言いつつも、「やんちゃやけど、子どもたち本当にかわいいですよ。授業も結構聞いてくれるし…」とのこと。さらに「進学校に行きたい?」との質問には「行きたい気はあるけど、長くはいたくないですね」と笑っていました。一流大学卒の新米教員が授業に悩みリタイアする話をよく聞く中、彼のような存在は本当に貴重です。
 ところで、今大阪府議会に提出されている教育基本条例案は「激化する国際競争に迅速的確に対応できる、世界標準で競争力の高い人材を育てること」などの基本理念に基づいて先生をランク付けするとしています。お世辞にも「国際競争力の高い人材」を育てたとは言えないけれども、一生懸命高校教育に取り組んできたN君のような教師はいったいどう評価されるのでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-14 07:05

 11.11.13
 一般紙ではあまり大きく取り上げられませんでしたが、6日投票の中米ニカラグアの大統領選挙でサンディニスタ民族解放戦線のオルテガ大統領が再選されました。
 1960年代からニカラグアの解放を目指して戦ってきた同戦線は1979年にアメリカ追随のソモサ独裁政権を倒し、政権を奪取(ニカラグア革命)、オルテガ国家再建会議議長が大統領に就任します(1985年)。サンディニスタ政権は国内の民生の安定・民主化を促進しましたが、アメリカの干渉もあって、1990年に一旦下野を余儀なくされました。
 しかし、親米右派政権のもとで民営化などの新自由主義政策が強行された結果、1990年代ニカラグアの国民生活は極度に悪化。そんな中、2006年の大統領選で返り咲いたオルテガ大統領はこうした新自由主義政策からの転換を掲げ、識字率の向上、無料の教育・医療制度、自営業者への小口融資制度など貧困層向けの支援策を次々と実現、そして今回再選されたというわけです。
 まさにニカラグアの30年余の歴史は、紆余曲折はありつつも独裁を排し、福祉・教育を充実する国つくりを進めてきた歴史であったと言えます。
 ところで、アメリカの支配を脱し新たな国つくりを進めるニカラグアは、若き日の私にとってとても気になる存在でした。サンディニスタ民族解放戦線の青年を招いた連帯集会に出かけたことが昨日のことのように思い起こされます。
 ♪進め われらはサンディニスタ かざせ革命の旗 開け歴史のとびらを 起こせ解放の風を…(サンディニスタ賛歌)、仲間とよくくちずさんだなぁ。

 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-13 05:33 | 建声元語 ―よもやま話―

 11.11.9
 御近所の方から「大阪市のわたしさんは立候補辞退したけど知事選はどうなるの?」との疑問も寄せられました。
 まず明らかにしたいことは倉田氏が「橋下改革を是とする点は譲れない」「私以上に橋下改革を継承できる者はない」と橋下政治と対決しないどころか、「橋下さんには総理大臣になってほしい」と天まで持ちあげていることです。
 実際、橋下知事が伊丹空港廃港を打ち出し、周辺の市長がこぞって反対した時も「廃港もありかな」と倉田市長は橋下知事に賛成したのです。
 それが橋下独裁との対決姿勢を明らかにしている平松氏と倉田氏の決定的な違いです。それにしても橋下改革を継承するというのなら、橋下・維新の会に対抗してなぜ知事選に出馬するのか、実に理解に苦しみます。
 やはり府民本位の府政への転換は梅田章二さんでしかできないことは明らかではないでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2011-11-09 23:48