<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 12.3.31
 今回の陳情・請願の討論を通じて各党の体質も市民の前に明らかになりました。
 まず、自民党議員は反対討論の冒頭で1万5千の署名にまず難癖をつけてきました。市外の人が多いというわけです。これには傍聴した市民の間から「市外の人の中には池田の小中学校の卒業生や市内に勤務している方なども含まれてる」「小学校つぶしが池田から波及してきてこられたら困るといって署名した人もいるんやで」「住まいはどこであれ、みんな子どもたちの未来を思いやって署名をしてくださったわけで、なんと失礼な発言か」と怒りの声があがっていました。
 また、文教病院委員会ではわが党とともにこれらの陳情・請願に賛成した民主党議員は「統廃合計画が市の予算上からも大きな問題をもっていることから計画を撤回するべきである」「細河小統合に地域から大きな反対が出ている」「小規模校でこそ子どもに寄り添った丁寧な教育ができる」とまで述べておきながら、最後の採決では退場という理解に苦しむ態度をとりました。聞くと民主党内で意見の一致をみなかったからとのこと。最後に市民の期待を裏切る点は国政と変わらないようです。
 なお、市民クラブと公明党は討論に参加しませんでした。
 特に公明党は文教病院委員会では委員長が同党所属議員であったので討論に参加せず、自ら唯一の意見表明の機会を放棄してしまったことになります(市民クラブは委員会で請願採択に反対の立場で意見表明を行いました)。
 公明党は昨年の市会議員選挙で小中一貫教育の実現を公約に掲げ、現在も一貫校の素晴らしさを宣伝しているわけですから、自らの立場を大いに語れるチャンスであったのに不思議です(私が彼らの立場ならここぞとばかりに「小中一貫教育の素晴らしさ」を主張しますけど…)。いずれにせよ、池田市の未来に関わる大事な問題でひと言も意見を述べないというのはフェアーな態度とは言えないのではないでしょうか。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-31 17:03 | 守ろう!みんなの小学校

 12.3.31
 29日の3月議会の最終本会議で、学校施設再編整備計画の白紙撤回を求め小学校統廃合に反対する計12本の請願・陳情が、多くの市民が傍聴につめかける中、討論・採決に付されました。
 最初に賛成討論に立ったのはわが党の難波進議員。
 難波議員は、施設一体型小中一貫校を実施している東京の品川区では、中学(7年生)にあがるときに他の学校に転出し、そのまま残る生徒が2割にも満たない学校もあること、京都東山開晴館小中一貫校でも、中学生が小学生の面倒を見ない、6年生は中学生がいるため責任感が育たない、運動会は中学生ばかり目だって小学生は面白くないといった実態があること、小中一貫校の全市導入を計画した横浜市では、1校目の失敗で凍結状態であることなど、施設一体型小中一貫校が破綻していることを各地の具体例をあげて指摘し、陳情・請願を採択すべきと主張しました。
 反対討論にたったのは自民党とまちの見張り番。彼らは「中1ギャップ克服に有効」(自民党議員)、「児童数を適正規模にする必要がある」(同)、「633制が戦後60年以上を経て現状に合わなくなっている」(まちの見張り番議員)、「今改革を決断しないと将来に禍根を残す」(同)と、抽象的、あるいは従来の教育委員会の言い分からほとんど出ない主張を繰り返しました。これらがすでに論破されたものであることは当ブログの読者の皆さんにはもう言うまでもないでしょう。
 結局これらの陳情・陳情は自民・公明・市民クラブ・民主党(1人は採決時に退場)・まちの見張り番・無所属議員によって否決されてしまいました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-31 16:40 | 守ろう!みんなの小学校

 12.3.30
 北朝鮮が4月12日から16日の間に「実用衛星」を打ち上げると発表したことに対して国内外から大きな批判と懸念が広がっています。私たち日本共産党議員団は北朝鮮に対する決議をあげるよう各会派に提案、昨日の3月議会最終日の冒頭に全会一致で採択されました(下記参照)。
 今までフランスの核実験や北朝鮮による韓国砲撃などに対して抗議したことはありましたが、ことがおこる前に決議をあげたのは初めてのことです。なお、議会事務局に聞くと3月議会で同趣旨の決議をあげたのは池田市以外には東京都清瀬市があるとのことでした。


       北朝鮮の「ロケット」発射計画の中止を求める決議
 北朝鮮政府が、4月12日から16日の間に「実用衛星」を打ち上げると発表したことに対して、世界とアジア諸国から強い批判と懸念の声が広がっている。
 何よりもそれは、2009年6月12日に全会一致で採択された国連安全保障理事会決議1874号に違反するものである。同決議では、09年5月25日に実施された北朝鮮による核実験を強く非難するとともに、「北朝鮮に対し、いかなる核実験または弾道ミサイル技術を使用した発射もこれ以上実施しないことを要求する」と述べている。
 国連安保理決議は、「弾道ミサイル」だけでなく、「弾道ミサイル技術を使用した発射」をこれ以上行わないこと、すなわち、それが「弾道ミサイル」であろうが、その「技術を使用」した「人工衛星」であろうが、これ以上の発射を中止することを強く求めているのである。それは、北朝鮮が、国連安保理決議に違反して2度目の核実験を強行したという深刻な事実を踏まえての国際社会の重い決定である。
 今回の「ロケット」発射について、北朝鮮政府は、「宇宙空間の平和的開発と利用は、国際的に公認されている主権国家の合法的権利」、「衛星の打ち上げは、主権国家の自主権に属する問題」と述べているが、こうした合理化論は通用しない。
 北朝鮮が、「ロケット」発射を強行するならば、国際社会が行ってきた朝鮮半島の非核化にむけた外交努力を損ない、東アジアの平和と安定にたいする重大な逆流をつくることになる。それは北朝鮮自身にとっても決して利益とならない道である。
 よって本市議会は北朝鮮にたいし、国連安保理決議を順守し、6カ国協議の共同声明に立ち返り、国際社会の責任ある一員としての道をすすむことを強く求める。
 平成24年3月29日
                             池田市議会
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-30 11:06

 12.3.29
 NHK連続テレビ小説「カーネーション」も最終盤、主人公小原糸子の晩年を演じている夏木マリさんの話す言葉がちょっとした話題になっています。はっきり言って関東育ちの夏木さんには大阪弁(泉州弁)はちょっと荷が重かったように思いますが、夏木さん独特の存在感が言葉の問題さえもかき消しているような感じです。まぁ、あんまり細かいことは考えず、頭を切り替えもうしばらく「夏木弁」を楽しもうと思っています。
 さて、偶然ですが夏木マリさんと私は誕生日が同じ。ともに5月2日生まれです(もちろん夏木さんのほうが○年年上ですが…)。
 生年月日といえば、先日平清盛の本を読んでいて、彼が1118年1月18日に生まれ1181年に没したことを知りました。偶然ですが1と8が並んでいます(受験生の皆さん、覚えておいて損はありません)。実は同僚の藤原美知子議員も1月18日生まれです(ただし彼女は平安時代の生まれではありません)。また、清盛からちょうど700年後の1818年に生まれたのがカール・マルクスでこちらも1と8並びです。
 この1と8つながりの3人。普段熟慮を重ねて、ここぞという時に一か八かの大勝負にうって出るところなんかが共通しているようです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-29 00:02 | 山元のすべらない話

自分の頭で考えろ!

 12.3.28
 女優の真矢みきさんが、テレビの対談番組で宝塚に入った時になにごとにも疑問を持ち「なんで?」と周囲に聞いてまわって、先輩に煙たがられたとのエピソードを披露されていました。私はこの話にいたく共感すると同時に20年前のできごとを思い出していました。
 時は1991年12月、ソ連邦が崩壊した時のこと。
 わが党はソ連邦の崩壊を「もろ手を挙げて歓迎する」との声明を出しましたが、ちょうどその直後に開かれたある共産党の会議で「民主主義抑圧と覇権主義がソ連の崩壊の要因である」との説明を受けました。私は「民主主義の抑圧はわかるが、アフガニスタンへの軍事侵攻をはじめとした覇権主義は国外の問題で、それがソ連の民衆の反発を受け、体制崩壊につながったというところがよくわからない」と率直に質問したところ、誰も答えられず「なぁんだ、誰もわかってないんだ」と思ったことがあります(※)。
 それ以来、いやそのずっと前から、私は絶えず自分の頭で考えることをモットーに、わからなければ相手にすぐ質問するように心がけてきました(まさに“聞くは一ときの恥、聞かぬは一生の恥”です。まぁ、同じこと何度も聞くという悪癖はおすすめできませんが…)。
 その心がけは議会活動でも貫いています。例えば昨日記した庁舎の耐震補強工事を巡るやりとりでも、こちらの主張をぶつけつつも、わからない点を一つ一つ聞いて相手の言い分を理解することにも努め、それでも納得できない点があったので最後に意見表明を行ったのです。
 ところで、池田市議会の中には質疑で議論が深められたのにもかかわらず、あらかじめ用意しておいた原稿をなんのためらいもなくそのまま最後の討論で読み上げる会派があります。当然質疑で論破された部分もそのままです。 
 それは議会での質疑を冒涜するものと言わざるを得ず、「さっきまでのやりとりはなんやったんや!?、自分の頭で理解してからしゃべれ!」といつも私は憤っています。 
 

 ※米ソの軍拡競争と覇権主義的な政策のもとソ連の軍事費は国家予算の3割以上を占めるに到り、国民生活を圧迫していたのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-28 22:56 | 山元のすべらない話

 12.3.27 
 22日の総務常任委員会で、市役所庁舎の耐震補強工事契約の議案が提出されました。
 庁舎の耐震補強工事は、来庁された市民と職員の命を守るため、あるいは地震災害時の行政の拠点を確保するうえで喫緊の課題、市長の方からも「今まで庁舎の耐震は最後という感じだったが、東日本大震災で役所の機能が改めて認識され、工事にふみきった」との答弁がありました。
 しかし、入札の状況を見て私は驚きました。入札はAランク業者にしぼった制限付一般競争入札でしたが、入札に名乗りをあげた2社のうち1社が辞退、結局1社入札となり、落札額が予定価格6億1280万円に対して6億1000万円となったことが記されていたからです(落札率99.5%)。
 私は「1社入札がわかった時点で入札参加条件の変更、例えばBランクの共同企業体の参加も認め入札参加業者を増やすなどして入札をやり直すべきではなかったか」と質すと、市長から「今回の入札は提案型で、個々の業者の秘密に関わる部分があるので(複数の社からなる)共同企業体ではできない」との答弁がありました。しかし、秘密云々は業者側の事情であって市側がとやかく言うことではありません。
 また、「入札条件を変更しての再入札は無理」との答弁も担当部長からありました。事情をよく聞くと、確かに今回の場合は無理であったかもしれませんが、1社入札の際は再入札を行うことを公告時にうたっておきさえすればできないことはありません(実際、私の以前の職場ではそうしていました)。 
 私は、採決に先立ち入札の競争性、公正性を確保するためさらなる努力を求める意見を表明したうえで、庁舎耐震工事の重要性と緊急性を重視して議案そのものには賛成しました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-27 15:05 | 市 議 会 日 誌

 12.3.26
 21日の文教病院委員会で小学校を残してほしいと願う12本の請願・陳情が審議されました。
 質疑ではまず市側から「昨年6月に出した計画をそのまま進めるわけではない」(教育長)、「当初から大きく変わっているところもある」(同)「もう少しやり直しがあってもいい」(市長)と軌道修正の発言が続きました。
 学校規模についても「1,600から1,700人はちょっと…、1,000人程度」(市長)、「1,000名オーバーはしんどい」(教育長)などの踏み込んだ発言の後、小中一貫校としては全国一のマンモス校(1,600人)にすることが計画されている石橋小中一貫校について教育長が「石橋小学校と石橋中学校で進める…」(教育長)と明言しました。この発言は当初統廃合予定だった石橋南小学校と緑丘小学校を事実上存続させるものと考えて差し支えないでしょう。
 このように市長ですら計画の見直し、そして小学校存続(全てではありませんが…)を示唆―というよりも「計画を止めてくれ」と議会に懇願しているように私には聞こえました―しているのに、自民党・市民クラブ・まちの見張り番の議員は、石橋南小と緑丘小の存続要望も含めて市民の声にことごとく背を向け、請願・陳情を否決していきました。中には自らに届いた請願はがきの実物を掲げ、それらに露骨にいちゃもんをつけた議員のいたことも付け加えておかねばなりません。 

 ※これらの請願・陳情は29日の最終本会議に送られました。討論・採決は午後の遅いめの時間になると思いますが、お誘いあわせのうえぜひとも傍聴にお越しください。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-26 15:54 | 守ろう!みんなの小学校

1週間の御無沙汰です 

 12.3.23
 1週間の御無沙汰です。
 3月議会も最終盤、委員会質問や討論原稿を書くのに忙殺され、しばらくブログをお休みさせていただきました。
 昨年の大阪府議選(此花選挙区)で惜敗し、次回参議院選挙でお世話になります辰巳コータローさんは、選挙後しばらくブログをやめていたら巷に「コータロー死亡説」が流れたとのこと。私はやや疲れ気味とはいうものの元気ですので皆さん安心してください。
 さぁ、29日の最終本会議に向けてがんばろう!また詳細は後日…。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-23 23:09

 12.3.17c0133503_14173919.jpg
 石橋南小学校の外周道路(車道)のアスファルト舗装が進み出しました。
 実はこの道路、地域の方から「車道がでこぼこ。なんとかしてほしい」との要望が出ており、市との改善交渉を進めてきたもの。
 当初市役所の担当部署は「舗装は生活道路(歩道)優先で進めているので…」といったちょっとつれない回答だったのですが、「歩道優先は理解するが、南小まわりの車道の傷みはちょっとひどすぎる。少しずつでもいいから進めていって」との地域の声を届けて再度粘り強く交渉したところ、「一気には無理だが舗装を進めていく」との回答があり、今回実現に到ったわけです。地域の方の熱意に市が答えてくれたわけで、感謝、感謝です。
 ところで、嬉しいことにこの件に関わらず、私が今まで議会内外で取り上げてきた地域の要求で、実現に向け動き出しているものがいくつかあります。また折を見てご報告しますので乞うご期待。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-17 23:10 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 12.3.16
 卒業式のシーズンです。
 一昨日は石橋中学校にお邪魔しました。隣に住む姪が今回同校を卒業、卒業証書を受け取りに登壇する時にこけないか、実はおじさんははらはらでした(実際、何年か前に“どてぇ”とこけた子がいたのです。まぁ、それはそれでいい思い出になるんでしょうが…)。
 そして今日は石橋南小学校。
 5年生との合唱の息もぴったりで、卒業生がこの日に向けて練習を重ね努力されてきたことがよくわかりました。式の終わった直後の彼らの安堵の笑みと悲しみの涙が入り交った表情が実に印象的でしたね。
 ところで、卒業生一人ひとりが紹介されるたびに、来賓席から期せずして「○×君ちょっと緊張してるな」「彼女は昔やんちゃやったんや」とささやく声が聞こえてきました。そして、最後に卒業生の保護者が「子供たちは本当に地域の皆さんに育てられてきました」とお礼のあいさつをされると、今回勇退される校長先生が「南小はこれからも精進していきます」と続けられました。
 地域全体で卒業を祝い、子どもたちを送り出そう―、そんな思いがひしひしと伝わってくる、実にさわやかないい卒業式でした。やはり子どもは地域の宝、小学校は地域の核―、改めて確信した次第です。
 余談ながら今回の卒業生が新入生だった時の6年生が息子の学年。「(卒業式で)入学した時、6年生にお世話になりましたって、言ってたよ」と彼に伝えると、ちょっと嬉しそうに照れ笑いを浮かべていました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-03-16 18:40 | 守ろう!みんなの小学校