<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 12.7.30
 1917年に革命を成功させたレーニン率いるソビエトロシア政権は、帝政時代のロシアが獲得したアフガニスタンなどの植民地や属国の独立を認め、世界を驚かせました。
 革命政権は私たちの味方だ―、列強の植民地支配に苦しむ世界の人々はソビエト政権の成立に励まされ、民族独立の運動が大きく広がりました。日本の支配に抗する朝鮮の3・1独立運動、中国の五四運動がおこったのもこの頃です(1919年)。
 しかし、レーニンの後をひき継いだスターリンは、あろうことか日本、ドイツ、イタリアのファシズム国家と手を結び領土分割の密約―独伊はヨーロッパとアフリカ、日本は東アジア・東南アジア、ソ連は中央アジアから中東―を結んでいたという事実を日本共産党創立90周年記念講演会で不破哲三さんが紹介しました(7/21付「しんぶん赤旗」日刊紙)。
 世界の人民を苦しめる密約をファシストたちと平気で結ぶ、今の日本でいうならば橋下維新の会と手を結んで大阪市民・府民をいじめるようなことは、共産主義者なら絶対にしてはならないこと、というよりは思いすら及ばないことです。
 私はソ連に行ったことはないし、その実態になんら幻想を持っていませんでした。ただ、世界最初の社会主義革命を成功させた国―、その一点に関してはソ連に対して漠然とした敬意を持っていたのは事実です。そして友達から「ソ連は好きか」と聞かれると「最も好きで、最も嫌いな国」と答えてもいました。しかし、少なくともスターリン以後のソ連は私が漠然と思っていた以上に社会主義の理想から遠く離れた社会に変質していたようです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-30 23:00

 12.7.29
 23日のブログで、消費税増税で新名神高速道路建設の凍結が解除され、箕面市内を流れる勝尾寺川の水が枯れる恐れがあると書きましたが、27日の参院特別委員会でのわが党の山下芳生参院議員の質問で、消費税増税の目的がゼネコンの大儲けの仕組みつくりにあることが改めて明らかになりました。
 山下議員が「消費税増税で入ってくる13.5兆円は防災に名を借りた「公共事業」に重点配分するのか」と質すと、法案提案者の野田毅議員(自民)は「(増税で生まれる“ゆとり”を充てることについては)大きな意味ではそういうことだ」と認め、野田首相も防災に名を借りた公共事業への財政投入を否定しませんでした。
 高速道路、リニア、新幹線など、不用不急で採算のとれない無駄な公共事業に国民から絞りとった消費税増税でういた金(13.5兆円)の半分(7兆円)をつぎこむ―、消費税増税の目的が財政再建でも社会保障のためでもないことがこれではっきりしました。
 5日に自民党が建設業協会など200団体を集め、谷垣総裁が「衆院選は『国土強靭化』を公約の一つの柱としてたたかい抜く。ドンと背中を押してほしい」と協力を懇願していたことも付け加えておきましょう。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-29 08:10

 12.7.28
 ロンドンオリンピックが開幕、今朝放送されていた開会式を見るともなく見てしまいました。
 4年に一度の選手の入場行進を見ていつも率直に思うのは、世界には本当に多くの国や文化があり、様々な人々が生活しているんだなぁということ。肌の色、目の色、体格などの身体的な差はよくわかりますが、行進での選手の立ち居振る舞いにも微妙な違いがあって興味深く感じられました。また、不幸にも内戦の続く国、貧困から抜け出せない国もありますが、やっと独立を勝ち取った国、民主化が進んだ国、初めて女性がオリンピックに参加した国もあり、スポーツの祭典の場にも着実に社会進歩が反映していることが感じられ、嬉しく思いました。
 世界はやっぱり広い―、自国だけを特別視し他国を顧みない「愛国心」や、アメリカを通じてしか世界を見ようとしない立場がいかに偏狭なものか改めて実感した次第です。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-28 23:29 | スポーツ話

 12.7.24
 当ブログで何度も少人数学級を取り上げていると現役の先生方から、「もっと少人数学級のいいところ聞いてください」と話しかけられることがあります。
「水泳の授業で少人数ならコースを往復させるだけでなく、プールサイドに沿って周遊させるなどの工夫を凝らすことができます」
「30人までならなんとかテストをその日のうちに採点して子どもたちに返してあげることができるのになぁ」
「書道も子どもが少なければ、机の上でなく、床で正座して本来の所作で教えることができます」等々…。
 少人数学級で一人一人の子どもに目の行き届くきめ細かい教育をしたい―、どの先生方も強く訴えておられました。
 池田市では市長が「小中一貫校は地元の意見を聞いてから」と言う一方で、管理職の先生が小中一貫校の「既成事実つくり」に躍起になっている学校もありますが、安全面でも生活面でも問題山積の小中一貫校より、少人数学級がやっぱり先ではないかと改めて思ってしまいます。
 さて、3月14日に開かれた大阪府議会の文教委員会で池田市選出のO議員(維新の会)は、ある府立高校において48人学級時代の1983年と40人学級時代の2010年を比べて京大、阪大、神大の合格者数が減少した、ほとんどそれだけの事実から「少人数学級できめ細かな教育ができるのかはなはだ疑問だ」と発言しました。彼には少人数学級の効果を国も府も市も認めていること、教師や親御さんの強い要求であることなどはまったく眼中にないようです。
 気に入らない意見には耳を貸さないどころか、一片の事実を自分の都合のいいように解釈して府民の願いを攻撃する橋下維新の会のやり方に、彼らの危険な本質を改めて見た思いです(詳しくは大阪府議会HPより動画をご覧ください)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-24 16:09 | 守ろう!みんなの小学校

 12.7.23
 消費税の論議が参議院で進んでいますが、民主、自民、公明3党の間で、消費税収入をまたぞろ無駄な公共事業に使おうという声が出始め、政府民主党が民間投資20兆円といえば、公明党が10年で100兆円、自民党が10年で200兆円といった具合に増税推進の各党がその額を競い合っています。増税推進の「朝日新聞」もさすがに「『庶民増税を打ち出の小槌いした新たな無駄使い』という共産党、市田忠義氏の指摘はもっともだ」(21日付天声人語)と書かざるを得ませんでした。いずれにせよ、消費税増税が社会保障や財政再建のためではなく、ゼネコンなど大企業のもうけを増やすことが目的であることが改めて明らかになったわけです。
 ところで、その公共事業の中には新名神高速道路の大津―高槻間の凍結解除も含まれています。新名神道では北摂山系の環境破壊が懸念されていますが、お隣の箕面市ではトンネル掘削に伴って勝尾寺川の水枯れがおこる可能性の高いことを専門家の皆さんが指摘しています。新箕面トンネルで箕面川が枯れ、箕面の滝の水を人工の水で補うことになったことは記憶に新しいところですが、また同じことが繰り返されようとしているのです。
 採算も取れず、箕面の環境と農業に深刻は被害をもたらしかねない新名神道の建設はきっぱり中止すべきです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-23 21:57

 12.7.21
 金曜恒例の首相官邸前抗議行動、20日も雨の中9万人が集い、「再稼働中止まで声を上げ続ける」のの決意が相次いだとのこと。また、この官邸前行動に呼応する集会は全国22都市に広がっています。
「山の手マダムも首相官邸前のデモに集っている」とのA通信員の報告を書きましたが、実は私のまわりでも「大飯原発前の抗議行動に行ってきました」(天神2丁目Aさん)、「関電前行動で再稼働反対叫んできたよ」(石橋4丁目Mさん)と思いがけない人が原発反対の声をあげ、実際行動に足を踏み出しておられることを知り、ちょっと感動しています。
 また「ヤマゲン通信網」の通信員の1人、福岡市近郊にお住まいのSさんからは「この間、ガチャピンのぬいぐるみを着て西鉄福岡駅前で原発反対のビラ配りしました。ちょっと恥ずかしかったけれども、やる時は大きくやりまーす」とのメールが届きました。
 紫陽花革命は私のまわりでもじわじわ進展しています。

 29日は国会大包囲!
 首都圏反原発連合は29日「脱原発国会大包囲」行動を計画、全国からの参加を呼び掛けています。午後3時半日比谷公園中幸門前で集会開始。デモの後、7時から国会を包囲します。
 なお27日の官邸前行動はありません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-21 10:42 | 東日本大震災と原発

 12.7.20
 17日夜、関西大学校友会池田支部の総会にお邪魔しました。
 冒頭、ミスタートラ唐渡吉則さん(関大OB)が今年のタイガースの不調を興味深く分析、和田監督に奮起のエールを送られたのに続いて、倉田前市長が「次のステージ(国政のこと?)を考えていますが、自民になるか民主になるかはたまた維新か、みんなの党か、それはわかりません」とあいさつ。会場を煙にまいておられました!?
 さて、同じテーブルになった大先輩Nさん―いつも気さくに話しかけてくださる方です―が「共産党だけが筋通しているから僕は好きや。それにあんたは共産党らしないからええ」とおっしゃってくださいました。
 共産党を評価してくださる一方で、どうも共産党は融通がきかず、なんでも反対していると言ったイメージもお持ちのよう。 私は「キャンパスでいろんなセクトとやりあう中で頭が柔軟になりました。それも関大のおかげです」、さらに「池田の共産党は、○×だから×○と先入観で見るんではなく、自分の頭で考えることを心掛けています」と続けると、「共産党は野党だけど7割くらいの議案には賛成してくれましたよ」と前市長も補足してくれました。 
 ところで、今回お開きのあいさつを私が仰せつかりました。実は事前にあいさつの依頼があった時、前市長や会社の社長さんなど“与党筋”の方が多い中、「野党の私でいいんですか」と古川会長に伺うと「そんなん関係ない、関係ない」と笑って返されました。あいさつでは「どんな人間も包み込む寛大な関大のありがたさを改めて実感した次第です」と率直な思いを述べさせていただいた次第。
 新役員に前回いっせい地方選挙で落選した人が複数入っていたのだけは気になりましたが、大変楽しい時間を過ごさせてもらいました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-20 21:56

森 絹 子 先 生

 12.7.19
 昨日、北豊島小学校3、4年時(1970・71年度)の恩師森絹子先生にお会いするため、宝塚市内の施設を中尾(旧姓佐谷)芙美さんと訪ねました。以前当ブログでも書きましたが、森先生は私が人生で最も影響を受けた先生で、先生なくして今の私はないと言っても過言ではありません(08/6/7付他ブログ参照)。
 来月卒寿を迎えられる森先生、残念ながらすでにほとんど意識はなく、私たちが訪ねた時も静かに眠っておられました。それでも、手を握って「ご無沙汰してます。ヤマゲンです」と声をかけるとわずかに目を開いてくださいました。
 大津市のいじめ問題が大きな問題になっている昨今―、当時もいじめがなかったとはいえないけれども、クラス全員の居場所づくりに心砕いてくださった先生ならどうされただろうか…、つい考えてしまいました。
 先生、お話はできなかったけれど、40余年前と同じように素敵な時間をともにできて、本当にうれしかったです。また来ますね。
 
 なお、来月12日(日)に第3回森学級同窓会(シルクの会)を石橋で開くことになり、準備を進めていますが、以下の同級生と連絡が取れません。情報があればお寄せください(敬称略。女性は旧姓)。
 稲田恵子…枚方市に転居
 高田和典…当時の住所は石橋4丁目の市営石橋住宅。お父さんはとよす製菓勤務。
 谷口明子…当時の住所は空港1丁目の国家公務員官舎。東京都渋谷区に転居。
 永野真紀子…当時の住所は石橋4丁目。4年前は遠山姓で住所は大津市。
 堀真理子…当時の住所は天神1丁目
 
 政田明…当時の住所は神田2丁目
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-19 23:05

 12.7.17c0133503_14183297.jpg
 原発ゼロを求める国民の意思が東京・代々木公園に結集しました。16日に開かれた「さようなら原発10万人集会」には炎天下全都道府県から参加した17万が野田内閣に原発からの撤退を迫りました。
 野田内閣や電力会社は柏崎刈羽崎原発の再稼働を新潟県知事に迫ったり、エネルギー政策聴取会で原発擁護の事実上の「やらせ質問」を繰り返したりするなど、従来通りのやり方で原発再稼働をなし崩し的に進めようとしています。
「私たちは何十年後に帰れるかもわからない。原発がなくなるまで、生きている限りは『原発反対』の声をあげたい」(浪江町から避難し二本松市の仮設住宅で暮らす鈴木静子さん)
「中2の娘が、薄暗い部屋で一人泣くときがあります。学校に行けなくなりました。原発はなくしてもらいたい」(同じく浪江町から避難し二本松市の仮設住宅で暮らす柴田明美さん)
 今、彼らのすべきことは集会に参加した原発被災者の声、国民の声に真摯に耳を傾けることではないでしょうか。
 ところで、今日の「赤旗」は1面以下計6面にわたって参加者の声、集会の熱気を伝えていますが、一般紙は「毎日」が1面で取り上げたものの、他紙は3面記事扱い、「産経」に至っては写真すら載せていません。彼らは国民の声をいつまで抹殺し続けるのでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-17 14:14 | 東日本大震災と原発

 12.7.15
 6月23日「再稼働やめよ 地鳴りの唱和」30日「官邸前 空前」、7月7日「官邸前「再稼働反対」この声を聞け」、ここ毎週土曜の赤旗日刊紙の1面トップは反原発の紫陽花革命の進展を伝える見出しが躍り、14日は「再稼働やめよ 列島共鳴」の見出しで反原発の集会が全国13ヶ所に広がったことを報じています。土曜の朝が待ち遠しくなってきました。
 13日の様子をA通信人に再度伺うと官邸前の機動隊の警備が厳しくなった関係もあって会場は官邸前のみならず近所の憲政記念館前にも広がり、子ども連れのお母さんのために親子用のスペースも設けられたとのこと。またおよそデモなどに一生参加することはないだろうと思っていたご近所の山の手マダムに「ワタクシもデモに参加させていただきましたわ」と話しかけられてA通信人はびっくり仰天、参加者の広がりを実感したと興奮気味に話していました。
 ところで、原子力ムラから住民票を移せず、この国民的運動の黙殺を決めこむ大新聞に「これではマスコミではなくマスゴミではないか」の声も出始めています。
 紫陽花革命が進展する中、よりよい社会を求める国民の運動を励まし続けてきた日本共産党は、今日90回目の誕生日を迎えました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-07-15 22:50 | 東日本大震災と原発