山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今月の訃報から

 12.10.31
 30日作家の藤本義一さんが亡くなられました。享年79歳。
 藤本さんにお目にかかったことは2回あります(いずれも遠くから見ていただけですが…)。1回目は1979年の大阪府知事選挙の時。黒田了一知事の応援弁士に立たれた藤本さんが「“お前はアカか”と言われたので、“俺は黒だ”と言い返してやりました」と会場を沸かしておられたことをよく覚えています。2回目は昨年池田で開かれた第3回社会人落語日本一決定戦。審査員をしてくださったのですが、ちょっとお元気がないように感じていました。その時すでにお身体悪かったんですね。
 藤本さんに先立つこと4日、その藤本さんの娘さんも大ファンだったという歌手の桑名正博さんが逝かれました。享年59歳。セクシャルバイオレットNO1、強烈にカッコよかったなぁ。70年代末の一時期、世良公則さんと女子高生の人気を二分していたように記憶しています。
 17日は女優のシルビア・クリステルさんが逝かれました。享年60歳。
 中1の男の子には刺激が強すぎました。この世に同性愛というものがあることも初めて教えてもらいました(あくまで言葉のうえの話。念のため)。
 さよなら、エマニエル…。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-31 23:32 | 墓碑銘 ー送ることばー

自・公はこりごり、民主はがっかり、橋下維新はちと恐い…

 12.10.30
c0133503_6312399.jpg 共産党を支持するしないに関わらず有権者との政治談議がこれほど進む時はない―、それがこの間の私の実感です。そして「自・公はこりごり」「民主はがっかり」「維新はちと恐い」と言うのがその共通の認識になりつつあります。国民の皆さんはかつて喧伝された「2大政党制」の本質を完全に見破り、橋下維新の会の危険とええ加減さにも気づかれつつあるようです。
 さてそんな情勢の中、発行されたのが「赤旗11・12月号外」。
 どうすれば原発ゼロを実現できるのか、消費税あげないで財政再建できるのか、尖閣諸島問題はどうやって解決?等々、国民の皆さん知りたい疑問に端的に分かりやすく答えるなかなかの優れものです。
 よいビラははやく国民に届けなきゃ。今から石橋駅前早朝宣伝に行ってきま~す。しかしちと眠い!?

 いよいよ本日30日ミナミは府立体育館に志位和夫が参ります。お誘い合わせのうえ「なま志位和夫」を見にぜひともお越しください。午後7時から。無料(10/19付ブログ参照)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-30 06:35 | 日本共産党はこんな政党です

絆は時間を超えて ―箕面高校創立50周年記念祝賀会に参加して―

 12.10.29
c0133503_14901.jpg 昨日も書きましたが27日夜は大阪市内で開かれた光楓会(校友会)主催の箕面高校創立50周年記念祝賀会に参加しました。
 会場は300人の卒業生と先生方で埋まりなかなかの盛況、ただ、当たり前の話ですが同じ高校とは言えほとんどが学年の違う見知らぬ方、話が合うものではないと思っていたのですが、池田市の職員の方や時々利用させてもらう文房具店の社長さん、同僚の元小学校教師の難波議員の教え子、それに同級生のご主人等々…、意外なつながりの先輩方(その大半は初めてお目にかかる方です)と話が弾み、「山元議員ですね。いつも注目していますよ」と向こうから声をかけてくださる方もいたりして、私の当初の心配は全くの杞憂に終わりました。
 年代の違う初対面の者同士が、同じ高校で過ごしたというだけですぐに打ち解けあう…、考えたらこれってなかなかすごいことですね。
 またなつかしい先生方とも再会、「しっかりがんばってや。橋下に負けたらあかんでぇ!」と発破をかけられました。
 はい、しっかりがんばります!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-29 01:50 | 同 窓 会

決算委員会を終えて

 12.10.28
 先週は25日(木)までは専ら議員団控室にこもって専ら質問準備、26日の総務決算委員会に備えました。その決算委員会、反省点は多いものの比較的論点を整理した質問ができたと思います。市当局からわりとよい答弁を引き出せたのもうれしい限り(詳細はまた後日)。
 てなわけでちょっとお疲れというのが正直なところですが、26日午前は北中文化祭にお邪魔し、午後は前細河小・伏尾台小の存続を求める宣伝行動に参加(池田ダイエー前)、そして今日28日は豊中の中豊島小学校で開催された北摂医療生協健康祭に出向きました。委員会が終わってもなかなかゆっくりできません。
 ただ26日夜だけは、大阪市内で開かれた箕面高校創立50周年記念祝賀会に参加し、旧友と弾けさせてもらいました。
 取り急ぎ近況報告まで。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-28 22:44

なにがなんでも細小を守る! ―細河小学校を語る集いから―

12.10.25
 20日夜に開かれた細河小学校を語る集い―、白熱した発言が続きました。
 まず「細河小の地下に水脈が走っていて建て替えが不可能だ」「小中一貫校ができなければ細中がなくなり、遠い池田中に行かなければならなくなる」と市教委がウソの説明をしてきたこと、さらには住民の意見を聞かずに「もう決まったこと」と保護者に語ってきたことに対する怒りが爆発。
 「自然豊かな細河に移り住んで都会生まれの私は感動の連続。バス通学では子どもたちがその感動を体感する道草の自由も奪われる。山の上の学校に通学バスで通わなければならないのかどうしても納得できない」と若いお母さんが心をこめて訴えました。
 「小中で違うチャイムをどうするのか、仲良し会(学童保育)の児童はどうなるのか、中学生のクラブの時間は制限されるのか、運動会・体育祭はどうなるのか、といった疑問に市教委はなんら答えていない」との教育関係者の発言が続き、「災害時の避難経路すら確保できていない、屋上のプールは耐震設計上問題が多い」など新しい学校の設計図に関する問題点も指摘されました。
 「荒れている細中にうちの子(小学生)を入れるのは本当に怖い」「“結局大人の都合やろ”と言われた。子どもは見抜いています」「まだ十分に意見が言えない子ども達のためにも今自分がきちんと反対の声を上げなくてはいけない」の声も…。
 また「訪ねるとほとんどが署名をしてくれる。署名用紙を預かってくれる人も多い。やればやるほど元気が出る」と運動の現場からの発言もありました。
―なんとしても細小を残す!参加者誰もが今後のたたかいの決意を固めあいました。

 集会後「細河小学校を守る会」(仮称)が結成され自治会長さんなどががっちり握手。小学校を守るたたかいは点から線へ、そして面へと広がりつつあります。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-25 11:50 | 守ろう!みんなの小学校

イチローといちろう(一浪)

 12.10.21c0133503_2326237.jpg
 書きたいことは山ほどあるのですが、文章化するエネルギーが残っていません。したがって今日はちょっとズボラして高校時代の同級生T田君がフェースブックでシェアしていた写真を転載することにします。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-21 23:27 | 山元のすべらない話

脚本家、俳優、落語家、歌手…、芸能プロダクションができそうです

 12.10.20
 箕面高校の同期(15期)の土屋保文君は脚本家として東京で活躍しています。実は高校時代、私は彼の映画の主演に抜擢され、文化祭で上映されるという栄誉に浴したのですが、映画の内容はほとんど忘れてしまいました(土屋君、ごめん!)。
 また、15期の同級生にはドラマ「おかしな刑事」で鴨志田新一刑事(伊東四郎)の脇を固める和田一朗刑事を演じている福本伸一君もいます。さらに一つ上の14期には桂九雀師匠がおられ、ずーと下の34期にはシンガーソングライターとして活躍されている“やいこ”こと矢井田瞳さんがいます。ちなみに彼女は関西大学文学部の後輩でもあります。まぁ、向こうは僕のこと知らんでしょうけど…、
 ことほど左様に箕面高校には芸能界で活躍するきら星のようななOB、OGがいます。集まれば芸能プロダクションが一つ立ちあげられそうです。

 土屋君が脚本した作品をみんなで見ましょう!
  10月22日 21:00~
   月曜ゴールデン劇場
   「十津川警部シリーズ48 江ノ電に消えた女~十津川警部への挑戦状」TBS系
    出演;渡瀬恒彦、伊東四郎、安達祐美ほか
  10月31日 21:00~
   水曜ミステリー劇場9「刑事の証明4」 テレビ東京系
    出演;村上弘明、加藤剛ほか

[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-20 00:37 | 同 窓 会

志位和夫を外務大臣に!?  ―「志位和夫が教える「領土紛争」の正しい解決法」を読む―

 12.10.19c0133503_1103983.jpg
 橋下VS朝日でなにかと騒がしい『週刊朝日』10月26日号ですが、実は同号掲載の「志位和夫が教える「領土紛争」の正しい解決法」が、インターネット上で「志位和夫を外務大臣にしろ」の声が出るなど大きな話題となっています。
 同記事で志位委員長は、尖閣諸島について、1)日本が1895年1月にそれまで「無主の地」であった尖閣諸島の領有を初めて宣言した、2)中国側がそれから1970年までの75年間、日本の領有に対して一度も異議や抗議を表明しなかった、3)日清戦争によって日本が不当に奪った領土に尖閣諸島は含まれず、日清戦争(1894~95年)に乗じて日本が台湾などとともに尖閣諸島も奪ったという中国側の主張は成り立たない、との理由をあげて尖閣諸島が日本領であることをまず解明。
 そのうえで日本政府の「領土問題は存在しない」という態度は一見「強い」ように見えても、その結果、日本は領有の正当性を理を尽くして主張できず、中国側に反論もできず、自縄自縛に陥っていると指摘。竹島については「領土問題は存在しない」と言う韓国に対して外交交渉を求める一方で、尖閣諸島については中国に対して「領土問題は存在しない」と突っぱねるのは矛盾していると畳みかけます。さらに日清戦争で不当に奪った台湾・澎湖列島と、正当に領有した尖閣諸島との違いを明確に主張できないのは、過去の侵略戦争に対する根本的な反省が欠けているためだと指摘、日中双方が物理的対応を強化し、軍事的対応へとエスカレートしていくことだけは絶対に避けなければいけないと釘をさします。
 返す刀で志位委員長は「北方領土」問題にも言及。4島のみならずカムチャッカ半島のすぐ手前の占守(シュムシュ)島までの全千島の返還をロシアに求めるべきだと主張しています。

 なお、その志位和夫が30日(火)に大阪に参ります。「なま志位和夫」を見にどうかお越しください 。午後7時より。場所は難波府立体育館です。無料。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-19 00:40 | 日本共産党はこんな政党です

市教委のメンツで130年続く学校をつぶしてはなりません

 12.10.18
 細河小学校と伏尾台小学校の存続を求める運動が大きく盛り上がっている細河地域。
 先日、細河小学校の授業参観と伏尾台校区の防犯協会の会議の際、「少し残ってほしい」
と教育委員会から連絡があり、当然地域の皆さんは質問や意見を言う場があるものと思っていたところ、「統廃合はもう決まったことです」と一方的に言って去っていかれたとのこと。
 地域あげてそれこそ党派をこえて反対署名が広がり、国の中央教育審議会ですら「9年制校は慎重に」と言い、市長も「細河小中一貫校は地元の声を聞いてから」と言う中、教育委員会は市内の細河小、伏尾台小、細河中を統合した小中一貫校づくりをなりふり構わず進めようとしています。そこにはもう子どもたちの健やかな成長を願う教育者の姿はありません。あるのは教育委員会のメンツだけです。
「細河小学校を語る集い」を成功させて地域の小学校を守りぬきましょう!
 
細河小学校を語る集い ―地域の宝 細河小学校の過去・現在・未来について―
 日時:10月20日(土)18時30分~20時30分
 場所:細河コミュニテイセンター 集会室 (東山作業所の横・駐車場有)
 主催:池田子どもと教育を守る会  

[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-18 00:11 | 守ろう!みんなの小学校

プチ同窓会、後援会ツアー、そして運動会…

 12.10.17c0133503_071734.jpg
 昨日書いたようになにかとザワザワ、ゴチャゴチャとした仕事の続いている昨今ですが、息抜きもさせてもらっています。
 5日は箕面高校プチ同窓会。フェースブックを通じて、東京在住のO君が久しぶりに帰省してくることにかこつけた「緊急招集」がかかり、6人が豊中市内の居酒屋さんに集まりました。誰もが人生の先の時間の方が短くなったことを自覚する中、結構人生観なんかで意見が一致したのがうれしかったですね。ただ、Nさんは「ちょうど半分よ」と豪語、100歳宣言をしておられました。恐れ入ります。 
 6日は共産党池田市後援会のバスツアー。能勢温泉(旧能勢の郷)に出かけました。おいしい料理(松茸も今秋初賞味!)にカラオケ三昧、もちろんお風呂にもじっくり浸かりました。お昼から飲んだのは正月以来かなぁ。いや、実に楽しかった。幹事の皆さんありがとうございました。
 そして13日は幼保一体施設なかよし子ども園の運動会。小さな子どもたちの元気な姿を見るだけで癒されるし、ほっこりさせてもらえます。特に「3歳児の“恐竜の卵”は見てってねぇ」と強く?言われたので注目。ゴジラのテーマの流れる中登場した恐竜、大暴れすると思いきや、その卵を子どもたちが守るという意外なストーリー展開。楽しませてもらいました(写真)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-10-17 00:10