<   2012年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 12.11.29
「公務をほったらかして選挙ばっかりしているとはなにごとか」という電話が、今大阪市役所に殺到しているとのこと。職員にクビまでちらつかせて「政治活動をするな」と言っている本人が「政治活動」で職場放棄しているわけですから批判は当然です。
 この話を聞いて、ずっと若い頃に―まだ携帯電話などなくポケットベル(もう死語ですね)がやっと普及し始めた頃です―、働いていた職場で急な懸案で上司の決裁印がもらえず右往左往したことがある私としては、市の職員はどうやって市長決裁印をもらっているんだろうかとまず思ってしまいました。市長の机の上は稟議書が山をようになっているんでしょうね。市民生活への影響が懸念されます。
 上司不在の場合、部下との「信頼関係」で事態を乗り越えることもある程度可能でしょう。しかし、市長名で実施した思想調査アンケートに対して「憲法違反ではないか」との厳しい批判が集中した際、「あれは弁護士がやったこと」と責任逃れに終始した人が部下との信頼関係が築けているとはとても思えません。
 今度は滋賀県庁でそうならないよう願うのみです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-29 08:57

 12.11.28
 前回池田の教育長に市民の要求を取り上げるのが共産党であることを事実上認める発言をしていただいたと書きましたが、大阪市議会では市立住吉病院の廃止問題について質問したある党の議員に対して橋下市長が「市民の要求をとりあげるなんて共産党みたいなことを言わないでください」と思わずポロリ。
 また民主党政権の閣僚(総務相)でもあった片山善博元鳥取県知事は中央公論9月号で「政党には党員がいて、その党員たちの願いをかなえるための政策があり、その政策を実現させるために候補者を選定して当選させる。議会でそうした候補者が多数を形成して権力を握り、政策を実現させていく。…(この点で)日本には共産党などを除くと政党らしい政党は事実上ない」と書かれています。
 日本共産党が、池田市で大阪市でそして全国で住民の要求をとりあげてがんばる唯一の政党らしい党であること―、それは政治的立場が違う方でも認めねばならない事実なのです。それはほとんど選挙で勝つことだけを目的に離合集散を繰り返す政党や人物と日本共産党の決定的な違いでもあります。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-28 08:17 | 日本共産党はこんな政党です

 12.11.25
 昨年6月に出された学校施設再編整備計画に基づいてつぶされようとしている池田市立細河小学校。存続を求める署名が有権者の4割に達しています。声が届いていない人もいますから地域の過半数の方が廃校反対とみてまず間違いないでしょう。
 そんな中今日教育委員会主催の地元説明会が開かれました。その中で細河自治会連合会会長のHさんが「連合会長のクビをかけても私は小学校廃校に反対だ」と発言、予期せぬ「決意表明」に会場から思わず大きな拍手がおこりました。
 そして最後に教育長が「共産党の3人の方以外の市会議員さんに計画に賛成していただいています」と発言。図らずも住民多数の声をとりあげてがんばっているのがわが党だけであることを、総選挙前に証明してくださいました。いつもはっきりものを言われない教育長の人数まで示した具体的な発言、大変説得力があります。
 教育長、ありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-25 17:36 | 守ろう!みんなの小学校

 12.11.25
 橋下維新の会が京都1区の公認候補として発表した会社員が、選挙資金不足を理由に出馬辞退を党に伝えたと報じられています。彼は数千万円といわれる選挙費用を借金をしてでも自腹でまかない、広報費として100万円を党に支払うように求められていたとのことです。
「維新で出る」人が抜けようとしているのが京都なら「維新に行く」人が抜けられないでいるのが熊本県。同3区で民主党から立候補予定だった新人が日本維新の会からの出馬意向を表明し、これに怒った同党熊本県連はその新人に渡したという活動資金約2,600万円の返還請求も辞さない構えです。
 一方そんな泥仕合をよそに比例上位に入れてくれるならもっと金を積むと言った景気のいい御大尽もいたとか…。
 大義が廃れて出てくるのは結局お金の話です。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-24 23:59

政策なき離合集散

 12.11.24
 5日で沈んだ太陽の党、政党存続時間の新記録達成と思った直後に2日でなくなる党が出て、あっさり記録を更新しました。その一方新たな党のたち上げもあり、衆院選を前にして今十数党が乱立しています。
 一方候補者側の移動も激しい。以前はやった川柳「おれは今なに党ですかと秘書に聞き」が再び脚光を浴び始めています!?
 先日も触れた大阪14区では、自民党の立候補予定者が維新に鞍替えし、そのあいた自民の枠にちゃっかり民主党の現職が入り込み、地元では「空き巣狙い」と呼ばれているとか…。わが9区の官僚出身の維新の候補者もちょっと前までみんなの党、街にはみんなの党時代のポスターがまだ残っています。彼はわが党の控室に来てそれなりの「理想」を語っていったことがありましたが、鞍替えの「言いわけ」を聞いてみたいものです。
 そんなこんなで大阪では19の小選挙区の現職議員の半数、実に9人が前の党と違うところからの出馬となってしまいました。ついでに言うと民主党を離党した現職衆院議員が選挙を前にして全国でついに100人を超えたとのこと。この前代未聞の政権党のありさまを有権者が「さもありなん」と結構冷静に(無関心に)見ていることにあの党の罪深さが窺えます。
 百歩譲ってこれらの党にしっかりした政策があって候補者の側も移るのならばまだ許せます。しかし、例えば企業・団体献金禁止や脱原発を撤回し「政策なんてどうでもいい」「有権者はそうたいそうに考えていない」と開き直る橋下維新の会にそもそも政策で共鳴するなど土台無理な話。「1%でも当選の可能性の高い党を選ぶ」という不逞の輩が出てくるのは当然と言えば当然でしょう。
 その維新の会について、今朝の朝日新聞社説も「…とにかく何かをしてくれる政治家に頼りたい、理念よりも力強さや行動力にかけてみたいという誘惑は強い。しかし、その「何か」がわからないままでいいだろうか」と問いかけ、「有権者も問われている」と結んでいます。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-24 07:25

 12.11.21                
 消費税増税推進、TPP推進、原発存続…、そして20日橋下氏が「企業団体献金受入れる」と公約を変更するに至って、自公、民主、橋下維新の会に政策のみならず寄って立つ財政基盤も変わりないことがはっきりしました。橋下維新の会は「既成政党」を批判しながら「既成政党」化していくという「まさにミイラ取りがミイラになる」道を突き進んでいます(ミイラがミイラ取りのふりをしていたという方が正確か。なお「既成政党」にわが党が入っていないことは言うまでもありません)。
 そのあたりの批判が効いたのか、橋下氏は「必要なのは政策を語ることではない。行政組織を動かして実行できるかどうかだ」と大阪で演説したとか。まぁ、「それを言っちゃもうおしめぇよ」ですね。
 さて、広辞苑をひくと「極」とは「一方のはて」とあります。ですから極と極の間には大きな隔たりがあることが前提として要求されます。マスコミはその隔たりを言えないのならば、3極の言葉を使うべきではありません。実際は自民党型政治への1極集中なのですから…(ここにも日本共産党が入っていないことは言うまでもありません)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-21 13:24

 12.11.19                
 選挙は政策が命です。しかし世は資本主義、お金がかかるのも事実。共産党も例外ではありません。一つ全国的なビラを出すだけで億単位のお金が飛んでいきます。
 お金がいるからと言って私たちは企業団体献金や政党助成金を一円たりとも受け取りません。一たび関西電力など大企業から献金をもらってしまったら「大飯原発止めろ」って絶対言えなくなってしまいますから…。
 そんな共産党の資金源は党員の党費と個人のカンパ、機関紙誌代、とりわけ「しんぶん赤旗」の購読料がその8割を占めます。だから共産党は国民を絶対裏切れない。だって裏切ったらたちまち赤旗読者が減って党自体が干上がってしまいます。
 てなわけで、昨日も小一時間赤旗購読の訴えに石橋4丁目、空港1丁目と行脚して回った私―、うれしいことに月800円の日曜版が4部、月3,400円の日刊紙が1部増えました。自治会役員をしておられるKさんもそのお一人。前回総選挙で民主党支持を公言しておられたのですが「選挙直前に到っても年金減らす自公民にはほとほと愛想が尽きた。もう絶対あんたとこに入れるよ」とうれしいエールを送ってくださいました。
 翻って一昨日太陽の党とひっついた日本維新の会。一応企業・団体献金禁止をうたっているようです。
 しかし、国民になんら組織的基盤を持たず、立候補者公募の際に「300万円の供託金持ってこい」と応募者に迫り、関電社長との会談後に大飯原発再稼働反対から賛成にころっと態度を変える党が企業・団体献金を受け取らないと言っても誰が信用するでしょうか。付言するならば石原・橋下氏の合意文書には経過的措置として党として上限を設けると「抜け穴」もちゃっかり用意されています。
 お金の面でも日本維新の会は自・民などの「既成政党」となんら変わるところはないのです。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-19 01:19 | 日本共産党はこんな政党です

 12.11.18               
 日本維新の会など第3極の諸会派については、「大義なき野合」的な批判的報道が一般紙でも目立ってきました。
 ところでわが党の宮本たけし衆院議員が「維新」と「太陽」の合流についてFB上で興味深い指摘をしていますので紹介します。

「もともと両者の理念と政策の違いに、橋下氏も「難しい」と言い、マスコミでも不可能という見方が大半でしたが、私は「そうとも限らない」と見ていました。
 なぜならこの動きは当人たちの理念や政策でやっているわけではなく、別の「司令塔」があるからです。偽りの「第三極」なるものが、それなりに有権者の注目を浴び、「薩長連合」もどきの猿芝居で、破たんした「二大政党」からの支持の流出を押し止めなければ、その支持はどこへ向かうかは明瞭だからです。
 「二大政党づくり」のはじまりも財界が乗り出して、管・民主と小沢・自由を合併させたのが始まりでした。市民運動出身の管直人氏と、「剛腕」と言われた小沢氏の理念や政策、体質が同じなわけがありませんでしたが、「二大政党」という国民だましの仕掛けをつくるために、「司令塔」が動いたのです。今また「司令塔」の意向を受けて、大がかりな国民だましが始まろうとしています。しかも今度の「国民だまし」は一度だまされたら憲法を改悪し、恐怖政治に道を開くことによって、二度と元へは戻させないような「国民だまし」でもあります…」

 なるほど、彼らには理念や政策などとは全く次元の違うところにその存在意義があるんですね。第三極がなければ国民の支持がどこに向かうか、司令塔(黒幕)がだれなのか、賢明な読者はもうお分かりだと思います。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-18 06:52 | 建声元語 ―よもやま話―

 12.11.17                
 総選挙を前になにかと注目を浴びているのが大阪14区(八尾市など)。
 前回総選挙で民主党公認で当選した長尾敬氏が自民党へ、その自民党から出て次点で落選した(比例区で復活)谷畑孝氏が日本維新の会へ鞍替えと政党玉突き現象が起こっているのです(ついでに言うと谷畑氏は自民党の前は社会党の参院議員。実に無節操な人ですね)。まさに各党の間は関税ゼロの自由往来状態。やれ二大政党だ、やれ第3極だと言っても、彼らの間にさしたる変わりがないことがここでも明らかになりつつあります。
 まぁ鳩山さんも岡田さんも小沢さんも元は自民党だったわけで、長尾氏の行動は「先祖返り」と言えなくもないですね。
 危機の時代に政党の本質がわかる―、レーニンの指摘どおりのことが大阪14区で、そして全国で起こっているのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-17 07:21

 総選挙を1月後に控え「第3極」と称する勢力が接近し始めました。
 しかし、各党の基本政策ははっきり言ってばらばら。例えば消費税一つとっても減税(4%)を掲げる減税日本、「増税の前にやること(社会保障削減など)がある」というみんなの党、増税(11%)推進の日本維新の会、そしてその矛盾を突かれて「つまらん質問するな」と逆切れ癖の治らない方を党首に頂く太陽の党、てな具合です。
 彼らは「大同団結」を強調するけれども、普通世間ではこのような集まりを「野合」と呼ぶと私は思うのですが…。
 そして今日日本維新の会の橋下氏と太陽の党の石原氏が会見するとか。橋下氏が3極結集を急ぐ背景には、彼らの福祉切り捨てなどの本質が有権者に見透かされ支持率が急落している事情があるようです。
 思い起こせば11年前、「構造改革」を掲げ「自民党をぶっ潰す」とまで言って政治の現状に不満を持つ層を引き付けたのが小泉純一郎氏。私たち日本共産党はその新自由主義に則った弱肉強食社会路線の危険な本質を見抜きがんばりましたが、結局自民は衆院選で300議席を獲得。国民は彼の実施した社会保障切り捨て、労働自由化に今なお苦しめられているのです。
 小泉氏同様派手なパフォーマンスで政治の行き詰まり感の打開を望む国民の支持を取り付けようとした橋下維新の会、しかし衆院選を前にその金メッキは確実にはがれつつあります。
「ジュンちゃんと言った私がバカだった」(某紙に載った川柳)の後悔を二度と繰り返さない―、この10年歴史は確実に前進しています。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2012-11-16 05:36 | 建声元語 ―よもやま話―