山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

これってなんだったの?

 13.2.27
 2ケ月前の自民党のポスター。民主党でもこんなに早く公約破らなかったよ。
 今日はこの1枚で御勘弁を…。
c0133503_02993.jpg
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-27 23:55

場外乱闘が続く中、3月議会のゴングが鳴りました

 13.2.26c0133503_0593412.jpg 
 昨日3月議会の議案が届きました(写真)。
 今日は議員団でぱらぱら見ただけでしたが、子どもの医療費助成の小学校3年生(現行就学前)まで引き上げや小学校へのスクールカウンセラーの配置などわが党が要求してきたことも提案されているようです。
 この議案の内容をいち早く市民の皆さんに伝え御意見を伺うべく夜は「議案懇談会」を開催、参加者から「PM2.5のことは必ず取り上げて」「市の防災対策はどうなっているの?」等々、切実な質問、意見が続出、身が引き締まります。
 13年度予算8件、同補正予算1件、12年度補正予算8件、議案30件、人事案件1件、諮問案件1件の計49件に及ぶ積むと高さ6cmの議案書との一ヶ月の格闘のゴングが、市長疑惑追及という「場外乱闘」が続く中、ついに鳴らされました。

議会日程(予定)は以下のとおり。
3月 4日(月) 本会議(12年度補正予算質疑、市長所信表明、教育長教育方針)
   7日(木) 本会議(午後難波議員が代表質問)
   8日(火) 本会議(条例提案・新年度予算)
  11日(月) 委員会  
  12日(火) 委員会
  15日(金) 委員会
  18日(月) 委員会 
  27日(水) 本会議   
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-26 01:00 | 市 議 会 日 誌

与党の努め

 13.2.23 
 18日の議長、19日の公共施設管理公社に続いて、20日には市議会各会派にも、市議会として、早急に真相を究明し、真実を市民に明らかにすべきであり、すみやかに各派代表者会議及び全員協議会を開催し、本市議会として疑惑の解明に取り組むことを、木下克重議長に対して要請していただくよう日本共産党市会議員団が申し入れたのは既報のとおり。しかし今のところ市議会の与党会派(自民、公明、民主、市民クラブ)から積極的な動きはないようです。
 新聞各社の記事が微妙に食い違うことなどを例にあげて「冷静な分析が必要」と書いた与党議員がいましたが、それはそのとおり。議会がそのチェック機能を十分に発揮して事実をもとに「冷静な分析」を行うためにも関係者から意見を聞く場が今どうしても必要なのです。
 また与党の議員は「賛成するのが与党の努め」といわんばかりに学校の統廃合など倉田前市政時代から市長提案に100%賛成してきました。「やましいことは何もない」と市長が言うのであるのならば、百条委員会など市長が身の潔白を主張できる場をおおいに設けて市長の疑惑を晴らしてあげるのが「与党の努め」のはず。ここにきてみんなちょっと冷たいなぁと思っているのは私だけ?

 追伸;当ブログのアクセス者数が普段の4倍近くに跳ね上がっており、市民の関心の高さがここでも窺えます。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-23 15:03 | 市 議 会 日 誌

公共施設管理公社の会見が突然中止!ますます疑惑深まる

 13.2.22c0133503_22332771.jpg
 市長の「疑惑」究明本部を立ち上げた池田の日本共産党、さっそく「市長の疑惑究明ニュース」を作成し、昨日、今日と駅頭など市内数カ所でいっせい配布宣伝(写真)。市民の関心は高く用意したニュースはあっと言う間になくなりました。中には私にハイタッチでエールを送ってくださる御婦人も…
 さて市長の高級車の費用を肩代わりした疑惑の持たれている青野スポーツ施設株式会社は池田市公共施設管理公社の仕事を今まで14件請け負っており、うち11件が相見積り契約なのですが、報道によるとその相見積り参加業者の中にすでに廃業した業者(19日「毎日」朝刊)や青野社の社長の親戚の業者(19日「朝日」夕刊)が含まれているとのこと。
 事態を重くみた日本共産党市会議員団は19日池田市公共施設管理公社に対し疑惑がもたれている諸点について調査依頼書を送付し回答を要求したことはすでに当ブログでもお伝えしたとおりです(2/20付当ブログ)。その後同公社が今日記者会見を開くとの連絡があり私たちも注目していたのですが、なんと理由を明らかにせず直前に中止されたとのこと。テレビには公社職員に詰め寄る記者の姿が映し出されていました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-22 22:28 | 市 議 会 日 誌

市長の「疑惑」究明で市議会各会派に申し入れました

 13.2.21 
 18日の議長、19日の公共施設管理公社に続いて、昨日市議会各会派にも以下の申し入れを行いました。以下全文。
                    

  市長の「疑惑」並びに池田市公共施設管理公社の事業発注の問題について、
真相を究明するための申し入れ

                     日本共産党池田市議会議員団

 2月16日付毎日新聞朝刊に「池田市長に高級車」の見出しで市長の「疑惑」についての記事が掲載されたことを契機に、この件に関して新聞・テレビなど各報道機関が連日報道しており、市長並びに池田市公共施設管理公社の事業発注に関するさまざまな「疑惑」や問題が浮上しています。
 これらの報道が事実であれば、公職にある市長の行為としては断じて許されるものではありません。また、池田市公共施設管理公社の不明朗な発注の実態も直ちに改善しなければなりません。
 日本共産党議員団は、2月18日に木下克重議長に対し、小南市長の「疑惑」に関する申し入れを行い、1.報道内容が正しいのかどうか市長に釈明を求め、真実を明らかにすること 2.百条委員会を設置し、議会として真相究明を行うこと を求めてきました。
 多くの市民から不信や怒り・批判の声があがっている中で、池田市議会がこの事態に手をこまねいて傍観することは許されません。本市議会として、早急に真相を究明し、真実を市民に明らかにすべきと考えます。
 よって、貴会派におかれましては、すみやかに各派代表者会議及び全員協議会を開催し、本市議会として疑惑の解明に取り組むことを、木下克重議長に対して要請していただくよう申し入れます。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-21 14:45 | 市 議 会 日 誌

共産党議員団、市長の疑惑究明本部を立ちあげ事実関係解明へ

 13.2.20 
 市長の高級車購入をめぐって便宜を図ったとされる青野スポーツ施設株式会社の池田市公共施設管理公社からの事業受注に際し、市長の口利きがあったのかが焦点になってきました。日本共産党は池田市議会議員団を中心に市長の疑惑究明本部を立ち上げ、以下の調査依頼を池田市公共施設管理公社理事長あてに送りました。

池田市公共施設管理公社理事長 殿
                         2013年2月19日
        池田市公共施設管理公社発注の工事に関する調査依頼
                     日本共産党池田市議会議員団
 2月19日付毎日・朝日新聞の報道の真偽について調査したいので、以下の点について関係資料を添えてご回答いただきたい。
1 市長から「芝生の工事が得意な業者がいる」との電話を受けたという事実(朝日)について。
2 青野スポーツ施設が受注した14件の入札実態(具体的な工事内容)を明らかにされたい。
3 11件の相見積書の詳細な内容(業者名・金額)について。
4 他の3件は随意契約か。その理由について。
5 「業者が見積もり合わせの際に提出された見積書が偽造だった疑い」(毎日)について。
6 廃業した業者が見積書を提出していたという事実関係について。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-20 00:56 | 市 議 会 日 誌

市長の「疑惑」についてさっそく議長に申し入れました

 13.2.19 
 市長の高級車購入をめぐる疑惑について日本共産党議員団は、18日真相究明を求める申し入れを議長に行いました。以下全文。


池田市議会議長 木下 克重 殿               2013年2月18日

小南市長の「疑惑」に関する申し入れ
日本共産党池田市議会議員団

 2月16日付毎日・朝日・読売・産経の各新聞に「池田市長に高級車」「高級車代業者支払いか」「池田市長高級車要求か」「市長の高級車代金支払いか」などの見出しで、市長の疑惑についての記事が掲載された。
 報道によれば、小南市長が副市長を務めていた2011年、公共施設公社や市が発注する工事を受注していた守口市の業者「青野スポーツ施設」から小南市長にシトロエンやトヨタクラウンなどの高級車が提供されたとの疑いがあるとして、捜査当局は疑惑の解明を進めるとしている。
 これらの報道が事実であれば、公職にある市長の行為としては断じて許されるものではない。すでに、全市民に「市長の疑惑」問題が知れ渡っており、批判の声があがっている。早急に真相を究明し、真実を市民に明らかにすべきである。
 日本共産党議員団は、問題の早期解決のために、以下の事項を申し入れる。
 1 本市議会として、市長に対し報道内容が正しいのかどうか釈明を求め、真実を明らかにすること。
 2 百条委員会を設置し、議会として真相究明を行うこと。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-19 14:47 | 市 議 会 日 誌

なにかとそわそわする2月、市長の癒着疑惑が飛び出しました。

 13.2.18
 2月前半近況報告。
 実は2月という月は毎年最も勉強する月の一つ。国の予算編成が当然池田市にも予算にも大きく影響してくるわけで、それを十分把握して3月議会の臨む必要があるからです。というわけで先週は府内全地方議員会議(13日)、国会議員団懇談会(16日)に参加。みっちり勉強する中、なんとなく気持ちもそわそわ、心はすでに3月議会モードです。
 そわそわと言えば私事ながら今月は息子の大学受験。何校か受けて結局京都の某大学に拾ってもらいました。
 高い学費にはため息しか出ませんが、まぁこれでひと段落かと思っていたところ、一昨日の国会議員団懇談会の会場で何人かの人から「池田は大変なことになりそうですね」と言われました。きょとんとしていると「市長が業者から高級車を提供されていたらしいで」と言われびっくり仰天。その日の朝「毎日新聞」だけが1面トップですっぱ抜いていたんですが私は「毎日」を購読しておらず知らなかったわけです。
 さっそく共産党議員団で集まり対応を協議。まずは小南市長が自ら釈明すると同時に議会はそのチェック機能を十分果たしていかなければなりません。
 池田に隕石落下並みの衝撃波が走っています。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-18 10:41 | 市 議 会 日 誌

自殺か 小5駅で飛び込み 学校統廃合中止求めるメモ残す

 13.2.15
 14日午後4時25分ごろ、大阪府大東市野崎1のJR片町線野崎駅構内で、線路内に立ち入った男児が同志社前発宝塚行き下り快速電車(7両編成)にはねられ即死した。府警四條畷署によると、同市内に住む市立小学校5年生の男児(11)で、自殺とみられる。現場近くには、男児が通う学校の統廃合中止を求める遺書らしきメモが残されており、同署や市教委で詳しい動機などを調べる。
 同署やJR西日本によると、男児がホームから飛び込むのを運転士が目撃。非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。ホームには男児のものとみられるリュックサックが残され、中に塾の教材が入っていたという。遺書らしきメモはリュックのそばに置かれていた。
 市教委によると、市立小学校統合実施計画に基づき、同校は今年4月、近くの学校に統合され、2月17日に閉校式の予定だった。遺族によると、遺書らしきメモには「どうか一つのちいさな命とひきかえに、とうはいごうを中止してください」と記されていた。
 また、男児は13日、「閉校式を止めることができないか」「学校がつぶされるのに僕たちの気持ちを誰も聞いてくれない」と話していたという。
 母親(47)の携帯電話には自殺直前、「今までありがとう。みんな大好きだよ」とメールがあったといい、「息子の思いに気付いてやれなかったのが悔しい。自殺というやり方で世の中が変わると他の子が思わないでほしい」と話した。
 この事故で、JR片町線は上下32本が運休するなど約1万4000人に影響した(毎日新聞より)。 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-15 17:04 | 守ろう!みんなの小学校

上げるのは物価ではなく賃金だ ―笠井亮衆院議員予算委員会質問より―

 13.2.15
 8日の衆院予算委員会。
 すっかりおなじみになったグレーのスーツ姿で質問に立ったわが党の笠井亮衆院議員は「働く人の平均給与年額は1997年をピークに66万円も減る一方、企業の経常利益はその間1.6倍に伸び、内部留保、株主配当も急増している」と、安倍首相の「企業の業績がよくなれば企業は賃金を上げる」という主張を論破し、「大企業の内部留保(260兆円)のわずか1%を活用するだけで8割の企業、7割の従業員に月額一万円の賃上げできるではないか」さらに「物価が下がっているからもっと所得を下げていいという財界(経団連)の姿勢はおかしいと思わないのか」と迫りました。
 笠井議員の気迫の追及に、さすがの麻生財閥の御曹司の麻生財務大臣も内部留保の活用で賃上げができることを認めざるを得ませんでした。
 この笠井質問を受けて、12日安倍首相は経済3団体トップに対し業績が改善した企業の賃金引き上げを要請しましたが、米倉弘昌経団連会長は会談後記者団に対し「業績が良くなれば、どの企業でも一時金や賞与に反映される。景気回復が本格的になると思えば、今度は給与や雇用の増大につながる」と発言。「企業の利益が先」というその4日前に笠井議員が論破した従来の立場にしがみつきました。
 私はこの笠井質問と安倍首相の経済界への要請は、自民党政権が今まで聖域扱いしてきた大企業の内部留保に事実上手をつけざるを得なくなってきたこと、そして働く者の賃上げを拒む元凶が誰であるのか、改めて明らかになったことに大変大きな意味があったと思います。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-02-15 11:45 | 日本共産党はこんな政党です