山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

西方見聞録 初めてのヨーロッパ1 イタリアに行きたい、行きたい!行きたぁ~い!!

 14.3.31
 人生は旅、いや旅が人生―、絶えず次の旅の妄想しながら仕事している私にとって夏に家族を連れて能登半島に行ったきりで、昨年は極めて欲求不満、消化不良の不本意な1年となってしまいました(外泊自体この旅行と委員会視察(熊本)などの3泊だけ)。
 そのリベンジというわけではないのですが、昨年末頃から10年ぶりの海外脱出を密かに計画してきました。
 行先はズバリ、ヨーロッパ。
 日本、中国、韓国、サイパンとほぼ中華文明圏から出たことがないワタクシ、「異文明圏、とりわけヨーロッパへいきたい」と熱望しながら、「そのうち行けるわ」と思っているうちにいつしか30年の月日が流れてしまっていたのです。
 問題は時期。3月・6月は議会、年度末年度はじめは種々の行事で動けず、GWは高い、夏は暑い、秋以降は来年春の市議選に向けて休みどころではなくなる…、小学校の存廃問題も一段落し、缶カン貯金箱の小銭もいっぱいになったことだし、「5月後半しかない!」と決断した次第。
 行き先はベネチァ、フィレンツェ、ローマ、5月17日から25日の9日間でN旅行社の個人旅行プランを申し込むことにしました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-31 15:07 | 欧州紀行

夢語れぬ民間委託 

 14.3.31
 「民でできるものは民で」の掛け声のもと、公がしなければならないことまで次々に民間に任せてきている池田市。私たちが情報漏えいの恐れなどを指摘しその路線を批判すると、つい2年くらい前までは「民間にまかせると職場に活力が出る」「民間のノウハウを活かせる」といった具合に、「民間に任せたらバラ色の行政が実現する、共産党はなにを的外れなことを言うんだ」と言わんばかりの答弁が返ってきたものです。「民間にはかないません」と「降参宣言」する職員すらありました。
 ちょっと様子が変わってきたのは昨年あたりからでしょうか。「職員数増やせないもとで安定的な市民サービスを提供するにはどうしたらいいかを考えて(民間委託を選んだ)」「非正規職員が正規を上回る中で、さらに行政改革をする場合、福祉の現場で何ができるかと考えた場合、窓口の民間委託が最適と判断」など、人が減らされる中しぶしぶ民間委託を選ばざるを得なかった「恨み節」ともとれる発言が相次いでいるのです。
 また3月議会では国保料や市税・府税額の封書詰めや発送は民間に委託され、市民の納税情報などが庁外に無防備に持ちだされていることも判明。池田市の市民情報管理の杜撰な実態が浮かび上がる中、やはり民間委託のこれ以上の導入はやめるべきです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-31 15:02 | 市 議 会 日 誌

ごあいさつも市会議員の大事な仕事です 

 14.3.30
c0133503_17192277.jpg さて春はいろんな団体の総会・行事が重なる季節。ごあいさつをする機会も増えます。その内容については、共産党の見解もやはり盛りこまねば、各団体の皆さんを励まさねば、時事ネタや池田ネタも入れるほうがいい…、てな具合に結構気を使います(わが市議団にはS村河内さんのようにゴーストライトしてくださる方はいらっしゃいません)。
 今日も苦しみながら?北摂農民組合第50回定期総会で連帯のあいさつさせてもらいました。なお写真は13日の重税反対統一行動で共産党議員団を代表してあいさつした時のものです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-30 17:12

「これ以上小学校の統廃合はしないと(市民に)言ってください」(市長)  

 14.3.28
 2月27日付の当ブログで石橋小学校校舎の耐震化を進めるとの方針を固めたことで石橋小中一貫校計画を市教委が事実上断念したとお伝えしました。
 これを受けて13日の文教病院委員会でわが党の難波議員が「これ以上学校をつぶさないとはっきり明言せよ」と迫ったところ、市長が「これ以上の統廃合しませんから難波議員から(市民に)言ってください」と明言。細河・伏尾台小学校を守れなかったのは重ね重ね残念でしたが3年にわたる市民の運動でそれ以外の五つの小学校の統廃合については存続の形で決着をつけることができました。お力添えさせていただいた私ども日本共産党議員団としても本当にうれしい限り。市長の要望に応えて?早速今日地域の皆さんに報告して歩いてきました。
 ところでこの小中一貫校については「市民に説明すればするほど反対が増える」とのボヤキともとれる声が教育委員会筋から私たちの耳にも入ってきていました。市長の発言はそんな市幹部の「厭戦気分」を反映しているのかも知れません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-28 23:10 | 守ろう!みんなの小学校

「赤字部署は給与増やすな」では公務労働は崩壊します ―「まちの見張り番」N議員の暴論を許さない―  

 14.3.27
 昨日の3月議会最終本会議の下水道会計予算討論で池田維新の会を掲げる「まちの見張り番」会派所属のN議員の「下水道会計は赤字だから職員給与の増額はするな」との発言を聞いて、私はわが耳を疑いました。
 所属する部署の財政状況に応じて給与が決まるとなれば職員は市民サービスよりも目先の金銭的利益を追い求めて奔走し始めます。どんなに市民にとって大事な部署であっても赤字で他より給与が安いとなれば、職員のモチベーションはどんどん下がり続けるでしょう。
「部署による賃金格差の容認は住民福祉の増進に努めるという地方自治体の役割を根底から突き崩す暴論であり、許されることではない!」私は後の一般会計の反対討論の中で厳しく指摘しておきました。
 敵をつくって(彼らの場合専ら市職員)過激な言葉で攻撃し、市民にさも自分たちが「改革者」であるかのように振舞う―、これが彼らのいつものやり方、ついこないだ大義ない選挙を行ったどこかの市長と全く同じです。
 また「まちの見張り番」所属の3人の議員は、学校統廃合など、福祉、教育切り捨ての行革路線推進では現市政と全く同じであることもひとこと付け加えておきましょう。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-27 16:01 | 市 議 会 日 誌

小さいけど個性派揃いの五月山動物園がリニューアルされました

 14.3.24c0133503_14313512.jpgc0133503_1432252.jpg
 本日は五月山動物園リニューアル「五月山ふれあい動物園と忍者の砦」のオープニングセレモニーに参加させてもらいました。
 五月山動物園の園内スペースを約2,000㎡拡大し、「3びきのこぶた」や「3びきのやぎのがらがらどん」など童話をテーマにしたゾーンを設け、ふれあい動物園として拡充、加えて大きなすべり台のあるちびっこ広場には忍者をテーマにした大型複合遊具などが設置されました。
 漫才師のおかけんたそっくりのアルパカ、ちっちゃいカンガルーのワラビー、ふくまる君のモデルのずんぐりウオンバット、哲学的な表情が魅力のリクガメ、なぜかシンクロばりに仲間とそろえて首を動かすエミューに加えて新しく子ブタ(そのうち大人になりますが…)、ヤギさん、ポニーが仲間入り。今回の拡充で「日本一小さい(公立)動物園」の称号は北陸の某園に譲ることになりましたが、ますます個性派ぞろいとなった五月山動物園にぜひともお越しください。火曜休園。入場無料。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-24 21:57

二つの卒業式―、 響き渡る歌声に感動しました

 14.3.22
c0133503_11571646.jpg 遅くなりましたが卒業式の報告です。
 まず14日は石橋中学校。
 卒業生代表の「オリンピックの感動を通じて自国のみならず世界の国のことを学んでいくことの大切さを、また東日本大震災を通じて当たり前の日常のありがたさを知りました」との答辞にも感動しましたが、注目したのは卒業の歌。指揮を務めた女生徒が振る力強いタクトに合わせて美しい歌声が会場に響き渡り、終わった後期せずして会場から拍手が起こりました。
 余談ですが壇上には昨年1月「ヤマモトタケシさんですか」と声をかけサインを求めてくれたKさん、Nさんの姿も…。あの日まだあどけなさが残っていたお二人ですが、立派に卒業証書を受け取っておられました(13/1/30付ブログ参照)。がんばれよ~。
 18日は石橋南小学校。
 こちらも卒業生、在校生(5年生)の歌が秀逸。安定感ある歌声に聴き惚れてしまいました。ところでPTA会長のあいさつの時卒業生からくすくす笑い声が…。後で理由を聞くと会長が読み上げたその原稿の裏側に「おめでとう」の文字が記され、一字ずつ卒業生に見えるよう細工され最後はピースサインで終わるようになっていたとのこと。
 やるなぁ、会長。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-22 22:52

大阪市民の皆さま、6億円ムダ遣い&ペテン選挙の投票日は23日です

 14.3.21
 19日の総務委員会の準備とその直後のプチ虚脱状態が続きブログも今週はさぼってしまいました。委員会のことなどはまた後日…。

 さて行われているらしい大阪市長選挙。中村正男さん(日本共産党大阪府委員会)から北区役所前での橋下候補の街頭演説報告が届きましたのでご紹介します。
 まず橋下氏は「地下鉄が市営でなく、府営地下鉄になったら、何かみなさん、問題ありますか? あんなの府営にしたらいい」とのこと。あれっ、「民営化」はどこへ?
 また「敬老パス」有料化については「他の政党なら選挙が怖いから、こんな改革できない」とのこと。しかし、2年前のダブル選挙で「選挙が怖い」から「敬老パスは維持します」とウソの公約で有権者を騙したのは橋下さんではなかったか。
 極めつけは「私たちは大阪都を押しつけません。住民投票で決めて」の大ウソ。だって一昨年8月30日の市長会見で橋下氏は「大阪都はダブル選で賛意を得ているのだから、「住民投票で駄目っていうふうになるのは区割りの問題」であり、是非は問われない」って言ってたんですから。
 「こんな6億円ムダ遣い&ペテン選挙。市民は必ず見抜くでしょう」と中村氏。大阪市民の皆さま、投票日はあさって23日(日)です。念のため。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-21 23:19

「笑われても、こわあても、はずかしいてもおかしいことはおかしいと言わなあかん」 

 14.3.15
「秘密保護法は憲法に保障された国民の知る権利を犯すのではないか」
「日の丸・君が代の押し付けは国民の表現の自由を侵害するものと考えるが…」
「安倍政権の集団的自衛権の容認は日本がアメリカと一緒に戦争するのが狙いでは?」   
 私たち日本共産党池田市会議員団は国政の問題、とりわけ平和と民主主義の問題で市長などの見解を質すことがよくあります。すると必ずと言っていいほど保守筋の議員から聞こえてくるのが嘲笑の声。曰く、戦争になんかならへん、ここは市議会や、国会ちゃうぞ、また共産党は青臭いこと言うとる…。
 地方自治体の目的は地方自治法にもあるように住民の福祉の向上です。一たび戦争になれば福祉もへったくれもなくなります。また民主主義が封殺されれば地方議会そのものが窒息死させられます。だから平和と民主主義の問題は国政のこととだまって見過ごすわけにはいかないのです。
 ところで昨日のNHK朝の連続テレビ小説「ごちろうさん」の中で「どないしたらこんなふう(戦争)にならんかったんやろ」と問う息子に対して、母親のめ以子は「笑われても、こわあても、はずかしいても言わないかんことは言わなあかん、おかしいことはおかしいと言わなあかん。それが無力な大人の責任や」という一節がありました。
 そうなんです。おかしい、戦争につながる、と思ったら、笑われても声をあげ続けなければならないのです。
 しかしこのめ以子の発言、モミイやヒャクタやハセガワはどない聞いとるんやろか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-15 11:57 | 山元のすべらない話

首から上受難の3月です  

 14.3.14
 10日ほど前不覚にもメガネを紛失し、あまり度が合っていない昔のメガネで急場をしのいでいたところ、今度は急に耳の聞こえが悪くなりました。
  「目ぇの影響ちゃうか」「突発性難聴っていうやつやろ」「はよ耳鼻科行き」と周囲から様々な助言をいただき、新しいメガネを受け取りに行ったその足で耳鼻咽喉科に行ったところ、先生がひとこと、「耳くそぎょうさん溜まってますね」。
 S村河内さんの場合は「全聾なら回復することはない」と報道されていましたが、お蔭さまで私の場合わずか20秒で看護婦さんの失笑もよく聞こえるまで回復しました!? あぁ、恥ずかし…。
 さてこれで快調に仕事ができるとPC画面に向かったところ、やはり目の様子がおかしい、間もなく鼻がぐじゅぐじゅ、くしゃみも連発…、今年も招かれざる客、KAFUN様がやってこられたようです。委員会前にやれやれです。

 本日(14日)、高校の同級生土屋保文君脚本の金曜プレステージ「名探偵・神津恭介 影なき女」(21:00~フジテレビ系)が放送されます。片岡愛之助さんの初の主演ドラマとのこと。ぜひご覧ください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-03-14 08:09 | 山元のすべらない話