<   2014年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

c0133503_10185486.jpg 14.8.31
 昨日の国会前で開かれた九州川内原発再稼働反対集会(反原連主催)に7,000人がつめかけました。主催者あいさつに立ったミサオ・レッドウルフさんは「川内原発の再稼働が遅れているのは、全国で行われている運動の成果です」と報告。実際どの世論調査でも原発再稼働反対が6割、地元薩摩川内市で市民団体の行なったアンケートでは85%に上っているのです。わが党の委員長志位和夫もマイクを握り「この夏は実に48年ぶりの原発が稼働しない夏でした。原発なしでもこの国がやっていけることがはっきりしました。また再稼働路線に痛打を与える判決が相次ぎ、再稼働の根拠はことごとく崩れています。無謀な原発再稼働、みんなで止めよう!」と訴えました(写真は今日付日刊「赤旗」他)。

 ところでヘイト・スピーチ規制にかこつけて、あろうことかこの国会前デモまで禁止してしまおうという動きがあります。「うるさくて仕事ができない」(自民党高市早苗衆院議員)らしいのですが、「米軍機の轟音で仕事どころか生活すら脅かされている県民の声を考えてない証拠だ」との声が沖縄から上がっています。
 米軍機の轟音は聞こうとしない、国会前の民の声は聞こえないようにする―、安倍政権の本音が図らずも浮かび上がってきました。この内閣、やっぱり退陣していただく以外なさそうです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-31 07:29

 14.8.29 
 今回の大雨では池田市内では床上・床下浸水などの被害が出ました。該当する地域の共産党支部と後援会の皆さんが被災された市民の皆さんを見舞ったところ「市に家屋の消毒を頼んだら自己責任といって断られた」「罹災証明をすぐ発行してほしい」との声が寄せられたとのこと。
 日本共産党池田市議会議員団はさっそく下記の点を本日午後市長に申し入れたところ、市長は「対応が遅くなっているのは事実だ。消毒は希望があればすぐ行い、罹災証明発行も迅速に行うようにする」と述べました。


1.被害状況の把握・集約ができておらず、問い合わせに対して報告があいまいになっている。正確な被害調査報告を行うこと。
2.被害が発生した地域に職員が出向いて被害状況の聞き取り・情報提供を行い、罹災証明の発行など丁寧な対応を行うこと。
3.床上・床下浸水の被害が出た家屋の消毒を実施すること。
4.危機管理体制の見直し・充実を図ること。
                    
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-29 21:56 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 14.8.29c0133503_1512297.jpg c0133503_151259.jpg
 26日の政府交渉終了後なんとか時間をつくって上野の国立科学博物館で開催されている「太古の哺乳類展 ―日本の化石でたどる進化と絶滅―」に行ってきました。
 今の日本列島の地に生息していた哺乳類化石をずらーと並べたこの特別展、目玉はなんといってもナウマンゾウのオス、メス、子どもの全身骨格標本。3頭並んでいることもさることながら現在のアフリカゾウほどの大きさの巨体から大きく湾曲した牙が眼前に迫る姿はやっぱり迫力があります。
 ところでナウマンゾウやトウヨウゾウ、アケボノゾウなど、なんとなく名前は聞いていて、なんとなく同一系統の親戚筋のゾウかと私は思っていたのですが、さにあらず。530~80万年前にツダンスキーグループのゾウ(ミエゾウ、ハチオウジゾウ、アケボノゾウ)が生息し、比較的短いトウヨウゾウ(50~60年前)の時期を経て、34万年前にナウマンゾウが大陸から渡ってきたのです(2万前に絶滅)。そしてさらにさらにこれらのゾウよりはるか昔(1800~1600年前)にもステゴロフォドン属と呼ばれるゾウの一群もいたとのこと。
 つまり今の日本列島の地にはステゴロフォドン属、ツダンスキーグループ、トウヨウゾウ、ナウマンゾウに北海道のマンモスと少なくとも5系列のゾウたちが大陸と陸続きになった時に渡ってきてたってわけです。
 また恐竜時代(中生代)のネズミみたいなちっちゃいやつらの化石が近年石川県などで発見されていることも今回初めて知りました。恐竜たちの間をちょこまかはい回りながら赤ちゃんにおっぱいあげてた僕ら哺乳類の御先祖様―、そんな彼らの小さな骨片を見つめていると、なんともいじらしくて尊敬の念すら湧いてきました。思わず合掌。
 一見の価値ありの特別展、10月5日までです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-28 08:05 | 博物館は楽し

 14.8.27c0133503_12291157.jpg
 日本共産党茨木豊能地区委員会と私を含む大阪9区内の共産党市町議員団は昨日(26日)、東京の参議院議員会館で政府交渉に臨み、財務省、国土交通省、環境省に対して住民の切実な要求実現を求めました。交渉には、辰巳孝太郎参議院議員が同席しました。
 池田市議団は中国縦貫道周辺地域の大気汚染・騒音の実態をこの間の測定データを示しながら対策を求めたところ「中国縦貫道周辺の大気汚染はNEXCO西日本(旧道路公団)が認識していないようなので、国からも伝え、必要な対策がとられるようにしたい」と応じました。
 公園を中心としてまちづくりを求める声が出ている大阪航空局官舎跡地(空港2丁目)や、保育所利用が求められている大阪高裁宿舎跡地(五月丘4丁目)の活用では、財務省は、「国有地は公共利用を優先している。防災公園や社会福祉施設など自治体の地区計画や地元の要望にそって管理を移行してゆく。国有地処分にあたって貸付けや分割払い、売却期間の制度なども生かしていただきたい」と回答しました。
 また交渉は今週発生した広島、池田の土砂災害にも及び、「土砂災害防止法にもとづいて人命を優先した財政出動を強化することや、危険地域の開発行為の防止や厳しい指導をおこなうべき」との要望には、「人の命を守るにはハード面の対策だけでなく、土砂災害防止法で規定したソフト面での整備が重要。地元住民や自治体と手を取りあって砂防対策を進めてゆく」と答えました。
 その他彩都開発計画の見直し(茨木・箕面)、安威川ダム問題(茨木)、ダイオキシン汚染物の処理対策(豊能)などで国の見解を質しました。

 ところでこの政府交渉は12年ぶりに行われたもの。昨年の参院選で12年ぶりに辰巳孝太郎が大阪選挙区で当選、共産党が議席を奪回したからこそ実現したのです。共産党の国会議員が増えることが市民の生活にも直結すること、改めて実感しています(写真右から3人目私、4人目藤原議員、5人目辰巳参院議員)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-27 22:47

c0133503_12531927.jpg 14.8.24
 報道によると本日午後池田で3時間で170ミリの大雨が降ったとのこと。石橋方面はそこまではいかなかったと思いますが箕面川の水位が上がって沿岸に避難勧告が出たので2時間ほど様子を見るため豊島北、天神を中心に回り、水位が下がり始めたのを確認して帰宅しました。
 帰宅後今度は箕面川の分流の今井水路の水位が上がっているとの情報が入りました。94年の水害時に溢水し周辺に被害をもたらした水路だけに、あわてて家を飛び出したのですが、到着時には普段と変わらぬ水位でした。どうやら上流の箕面川との分流点の堰を閉めてくださったようです。
 あともうしばらく警戒が必要です(写真は箕面川大橋付近)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-24 22:34 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 14.8.23
 20日は総務委員会の視察で山口県下関に伺いました。 
 視察目的は議会改革。
 下関市はすでに1970年に議場のモニター放送を議会棟4ヶ所で開始し、近年はモニターのカラー化(1998年)、委員会のモニター放送開始(2000年)、委員会のライブ庁内中継開始(01年)、同庁外中継開始(12年)と矢継ぎ早に議会の映像公開を進め、今年2月にはYoutubeによる録画中継公開に踏み切ったとのこと。議会の映像公開が全くされていない池田市は40年遅れています。
 さらに「市民と議会のつどい」を市内各地で取り組んでいるのですが、こちらは参加住民が少なく参加議員の方が多いこともあるなど、必ずしも成功しているとは言えない旨の報告がありました。その原因としては議会の議決結果の報告が中心なので市長の主催する市政報告会と変わらなくなっていることがあげられるとのことでした。
 視察後、市内最大のショッピングモールで昼食。驚いたのはその中心にある吹き抜けの広場で結構大規模な「戦争展」が開催されていたこと。太平洋戦争中関門海峡が空襲されようとしていたがその前に終戦を迎えたことなど、下関の戦時中の様子がよくわかって興味深いものでした。主催者の方にお礼を言うと「うち(山口県)の安倍が迷惑かけております」と、えらい恐縮されておられました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-23 07:44 | 市 議 会 日 誌

 14.8.20
 大変遅れましたが8月2日・9日に行われた私の市政報告会の事後報告。
 2日に石橋駅前会館で開いた報告会では、議員定数が削減された過程、市営石橋住宅建て替えの進捗状況などについて市民の皆さんから質問が活発に出されました。
 9日の空港会館で開いた報告会は台風の暴風雨の中、空港地域の方が足を運んでくださいました。「共産党の催しは初めて」という方が複数おられたのはうれしい限り。
 当日の話題は空港2丁目の国の空港宿舎の跡地利用に集中。「空港蛍池地域は公園が少ない。ぜひ防災機能を備えた公園をつくってほしい」の声のほか、「人口減少傾向はやはり心配。安く住める公営住宅も」と総合的な土地利用を求める声も少なからずありました。いずれにせよ工場、ラブホテルは論外って感じでしたね。
 また「公園できたら災害時に伊丹空港の労働者や乗客にも使ってもらえるやないか」「私ら行政に言うだけやない。公園の草むしりや管理もできるかぎり自治会でやるで」の発言に示されるように空港1丁目の皆さんの郷土愛に根付いた自治意識の高さを私は強く感じました。その熱い思い議会内外で届けていかねばならない―、改めて思った次第です。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-20 00:51 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 14.8.17c0133503_10591282.jpg
 お盆の週の近況報告。
 この1週間雨が多かったですね。「赤旗」購読のお願いをはじめなんやかんやで外出しようとすると狙ったかのようにポツポツ降ってくる…、そんなことの繰り返しだったように思います。付属池田小事件で犠牲となった子どもたちを追悼する「市民安全のつどい」も猪名川花火大会も残念ながら今年は中止になってしまいました。私が一時期住んだことのある京都市左京区をはじめ、京都府・兵庫県内で結構被害が出ているとのこと。被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。
 そんな雨の止み間を狙って一昨日は墓参りに出かけ、昨日は立看板の取り換えを行いました。実はこの立看板、だんだん色あせてきていて「早よ、新しいのにせなあかんで」と言われ続けていたもの。やっと宿題に手をつけることができた形です。でもその立看板取り換え作業も途中で雨が降ってきて2枚ほど残してしまいました。
 そうそう、一昨日は新たに共産党に入ってくださった方が共産党の綱領、規約について学ぶ場の講師をさせていただきました。「共産党は国民の苦難を一つずつ減らしていく党であることがよくわかった」「社会主義のことなんとなくわかったかな。よく学んでソ連や中国を利用した共産党攻撃にも反論できるようにならなあかん」等々、積極的な感想が出されたのはうれしい限り。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-17 08:31

 14.8.15
 「秘密のケンミンショウ」などバラエティ番組でちょくちょくネタにされるのが岡山県人は倹約志向が強く外食をあまりしないということ。
 私はその当否を調べるべく、今回の旅で幾人かの岡山県人に聞いてみると「確かにあんまりしない」という人が多数を占めました。ただ倉敷のジェラート屋のおばさんだけは「岡山の外食店も結構繁盛してますよ」と回答、「例外もあるのかな」と思っていると「土日だけね」と続けられ、「平日は客来(け)ぇへんってことやんけ」と思わず心の中で突っ込んでしまいました。そう言えば、以前同県S市の駅前のビジネスホテルに泊まった時、周辺に居酒屋1軒なく、夕食を食べるのに苦労したことを思い出しました。
 一方その対極にあると言えるのが高知県。
 同県出身の故やなせたかしさんが「酒盛りは毎日するものではないことを東京に出て初めて知った」と述懐されていたことからも伺えるように高知では毎日飲むのが当たり前、私も人口わずか3万人の同県N市の市役所を中心とした三つの通りに居酒屋やスナックなどの「飲み屋」がびっしり軒を連ねているのを見て驚いた経験があります。それだけ外で飲食する人が多いっていうことですね。
 そこで思うのは高知に引っ越した岡山県人、また逆に岡山に引っ越した高知県人の方がカルチャーショックに苛まれなかったのかということ。経験談を聞かせてもらいたいものです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-15 07:55 | 日本たびたびまた旅日記

 14.8.15
 安倍首相の広島と長崎での発言が昨年の原稿の使い回しであったことについて。
 中世史家の保立道久氏は8月10日付のブログ「保立道久の研究雑記」の中で「広島のみでなく、長崎でも同じようなことをやっているというのは、「それで何が悪い」ということであるとしか考えられない。「それで何が悪い」というのは、これは闘争心理である。自民党党首が闘争心理をもつのはやむをえないと思うが、それは他の政党に対してのことであろう。もちろん、他の政党も国民の代表として国会に存在しているのであるから、国家の首相たるものがそういう闘争心理を露わにするというのは異様で、おかしなことである」と明確に首相を批判しておられる。要は間接的とはいえ自身を選んでくれた国民にケンカを売るとはなんたることかというわけである。
 私はおそらく今回原稿素案を書いたであろう日本のすぐれた官僚たちは、自身と自身の上司の首を絞めることになるこんな使いまわし原稿を書くわけがないと思います。それでも彼らの原稿ではなく使い回し原稿を選んだところに首相の強い執着―それはすなわち首相の原爆忌への軽視、敵視の意思を示す―を感じました。
 そんなおり、いやいや官僚連中は最初から使いまわし原稿を用意しており、それを首相は昨年の使い回しであることに気付かずに、いや気付いていたにしてもなんら疑問に思うことなくそのまま読んだのではないか、そんな記事がFB上に出ていました。こっちが事実なら首相は官僚からも見放されていることになります。
 いずれにせよ首相は8月の被爆地に一番ふさわしくない人物、いやなら来なきゃいいのに…、と私は率直に思ってしまった次第。

 今日、日本は69回目の敗戦の日を迎えます。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-08-15 07:30