<   2014年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 14.10.31c0133503_10495564.jpg
29日午後6時45分総務決算委員会が終わりました。
30日午後10時1分今年のタイガースが終わりました。
31日朝―、疲労と傷心の身体でふと街の広葉樹を眺めるといつの間に赤く色づき始めていました。委員会と野球でカンカンになっているうちに秋は確実に深まっていたんですね。
ところで…、
30日朝、来年春のいっせい地方選挙池田市議選のわが党予定候補者が新聞発表されました。
国会では盤石と思われた与党内から「年内解散」発言が飛び出し風雲急を告げる気配―、
10月の疲労と傷心は10月に封印して、11月はいよいよ大勝負へ踏み出す月です。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-31 09:06

 14.10.26c0133503_14145787.jpg
 秋はやはり毎週のように行事が続きます。
 昨日まず訪れたのが東山共同作業所まつりです。私の一番の目的は実はショッピング!? ちょっと意外でしょ。というのも同作業所のさおり織り製品、入所されている方が丹精込めて作られただけあって「カラフルで丈夫」と大変評判。今回はペンケースとがま口を一つずつ購入することにしました。「安倍さんのおかげでお釣り用の小銭をじゃらじゃら用意しなければならなくなった赤旗の集金も、これでバッチリだ」と思いながら代金を払おうとすると「あら、ヤマゲン君来てくれたんだ」と係りの人から声を掛けられました。なんと北中時代の同級生Nさんではないですか。聞くと作業所で働いてくださっているとのこと。いやびっくりしました。
 ご近所のN君やAちゃん、Sさんとごあいさつして作業所を出て次に向かったのが池田駅前で開催されている池田市商業祭。
 「お昼やしなんかたべるんもんないかな」と思ってブラブラしていたら島根県隠岐島町の方々のブースに出くわしました。カキ、バイガイ、サザエ…、コンロのうえでジュウジュウいうてる音がお醤油と潮の香りと一緒になって私の五感を刺激します。しかもどれも大粒!ある時期まで海産物は貝産物と思っていたぐらい貝好きな私、もう買わないわけにはいかない!? サザエのつぼ焼きを中のウ〇コまでおいしくいただきました。c0133503_14153337.jpgc0133503_141639.jpgう~ん、極楽、天国、パラダイスゥ~。
 その後は市役所にこもって29日の決算委員会の準備に勤しみました。 
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-26 14:20

 14.10.25
 ――しかし観光振興の起爆剤になり、自治体財政にも寄与する可能性はある。デメリットを上回るメリットがあるとは考えられませんか。
 「安倍政権の経済政策は武器輸出三原則の見直し、原発再稼働などいかに効率的に金を稼ぐかにしか興味がない。でも、当然ながらリスクが高いほど金は儲かる。一番儲かるのは戦争と麻薬です。人倫に逆らうビジネスほど金になる。でも、いくら金が欲しくても、あまり『はしたないこと』はできない。その節度が為政者には求められる。その『さじ加減』については先人の経験知に謙虚に学ぶべきですが、安倍政権には節度も謙虚さも何も感じられません」
 「為政者の本務は『経世済民』、世を治め、民を済うことです。首相は営利企業の経営者じゃないし、国家は金儲けのためにあるんじゃない。福島の原発事故対策、震災復興、沖縄の基地問題の解決の方がはるかに優先順位の高い国民的課題でしょう。厳しい現実に目を背け、なぜ金儲けの話ばかりするのか」
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-25 03:54

 14.10.25
 ――安倍晋三首相は、シンガポールでカジノを視察して、日本の経済成長に資すると発言しました。経済を活性化する良策ではないですか。
 「賭博は何も生み出しません。何も価値あるものを作り出さない。借金しても、家族を犠牲にしても、人から金を盗んででも、それを『する』人が増えるほど胴元の収益は増える。一獲千金の夢に迷って市民生活ができなくなる人間が増えるほど儲かるというビジネスモデルです。不幸になる人々が増えるほど収益が上がるビジネスである以上、そのビジネスで受益する人たちは『賭博に淫して身を滅ぼす人』が増大することを祈ることを止められない。国民が不幸になることで受益するビジネスを国が率先して行うという発想が、僕には信じられません」 
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-25 03:52

 14.10.24
 内田樹さんがカジノ法案について朝日新聞の取材に答えた内容を10月21日自らのブログ「内田樹の研究室」で紹介されています。端的に同法案の問題点を指摘している部分を3回に分けて紹介します。 

 ――カジノ法案は、政府内に管理委員会を置いて、不正や犯罪に厳しく対処するよう求めています。推進派の議員らは、十分な依存症対策も取る方針を明確にしています。それなら賛成できますか。
 「賛成できません。法案は賭博を『日の当たる場所』に持ち出そうとしている。パチンコが路地裏で景品を換金するのを『欺瞞だ』という人がいるかもしれませんけれど、あれはあれで必要な儀礼なんです。そうすることで、パチンコで金を稼ぐのは『日の当たる場所』でできることではなく、やむをえず限定的に許容されているのだということを利用者たちにそのつど確認しているのです。競馬の出走表を使って高校生に確率論を教える先生はいない。そういうことは『何となくはばかられる』という常識が賭博の蔓延を抑制している。賭博はあくまでグレーゾーンに留め置くべきものであって、白昼堂々、市民が生業としてやるものじゃない。法案は賭博をただのビジネスとして扱おうとしている点で、賭博が分泌する毒性についてあまりに無自覚だと思います」
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-24 18:56

 14.10.23
 8年市会議員をしていると街づくりに関してもいろいろ考えさせられることが多くあります。以前は「池田(池田駅前を中心とした旧池田町地域)の商店街は寂れている。なんとか手立てを」てな質問が市議会で出ても「地元に熱意がない」と市側の答弁は素っ気ないものでした。
 そんな状況に転機が訪れたのは、「池田の猪買い」「池田の牛褒め」など池田を題材にした噺が多いことから始まった「落語のまち池田」構想が軌道に乗ってきた頃ではなかったでしょうか。
 その本拠地となった落語みゅーじあむではプロの落語家さんの高座や一般の方を対象にした落語教室が次々開かれ確実に落語愛好者の裾野が拡大、そして2009年社会人落語日本一決定戦が始まり、池田は北海道から九州沖縄まで文字通り全国のアマチュア噺家が腕(口?)を競う社会人落語のメッカとなってきました。
 この「落語のまち池田」戦略の一定の成功を受けて、地元商店も動き出します。各店が落語の作品を一つ紹介する「おたなかいわい」が取り組まれ、高座を設けてまる一日落語を楽しんでもらうという落語バルも軌道に乗りつつあります。ちなみに前回のバルや社会人落語決定戦では落語教室の卒業生が大活躍されました。さらに池田の各店が猪肉を食べさせてくれる猪肉ラリーやミュージックバルも開催されるようになります。「池田を訪問する方は着実に増えている」とは市の担当者の話。確かに栄町商店街をリュック姿で歩く方が増えたように思います。
 ちなみに「落語のまち池田」の提唱者はわが党の元市議柿原高弘さんです。最後にちょっとだけ宣伝。

11月15(土)・16日(日)に再びミュージックバルが取り組まれます。お問い合わせは池田ミュージックバル実行委員会(072-752-7188 ルークカフェ内)まで。

[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-23 17:50

SOS! 池田茶臼山古墳

 14.10.21c0133503_11453550.jpgc0133503_11461625.jpg
 五月丘1丁目の古墳時代前期(4世紀)の前方後円墳池田茶臼山古墳(府史跡)が危機的な状況にあります。
 竪穴式石室の天井石が広く露出していることだけみても築造時より最低数十cm削られてしまっていることが分かるのですが、墳頂部にある1943(S18)建立の石碑の下部が20cmほど抉られたようになっていることから近年も土砂流出が続いていることが窺い知れます。また墳丘斜面も各部で雨水によるとみられる小さな谷が生じ、応急措置の土のう積みが痛々しい限りです。
 私は繰り返し同古墳の保存をとりあげ、9月議会でも「中国の歴史書から日本の記述が消え「謎の4世紀」と言われるこの時代、池田の歴史を知りえるものは娯三堂古墳と茶臼山古墳にほぼ限られる。早急に保存・整備を図るべきだ」と迫りました。
 公園を管理する部署の部長は「当面は応急措置で対応」とすげない答弁だったのですが、市長からは「当面応急措置に務めるが、保存・整備に向け協議を進める」との一歩踏み込んだ答弁がありました。期待したいところです。

 ところで池田市内で19基確認されている古墳のうち現存は10基。私が議員になったこの8年で二子塚古墳(稲荷山古墳 井口堂1丁目)が市に寄付され善海古墳(畑5丁目)のある山林を市が買収したことにより保存されることとなりました。両墳とも一時売却破壊の話があっただけに嬉しい限りです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-21 11:46 | 市 議 会 日 誌

CS制覇余波 

 14.10.20
c0133503_550832.jpg 阪神CS制覇がこの池田の町でも波紋を広げています。
 「赤旗」の早朝配達前にまだ刷りあがったばかりのスポーツ紙全紙をコンビニで買い込んだ市会議員がいれば、「巨人に三つアドバンテイジやってもよかったなぁ」と軽口たたく人も出現(調子に乗るのが大阪人の悪いとこです)。
 私は早速近所にある山元家の墓を訪ねて勝利報告。というのも1976年に亡くなった祖父が大の阪神ファンだったのです。ある日風呂で倒れて危篤状態に陥り、意識が戻った直後に発した祖父の第一声が「昨日の阪神、どやった?」だったのは山元家ではすでに伝説化しつつある有名な話。
 そして今日、日本シリーズの相手が決まります。
 ホークスに11年前のリベンジだと思っていたところ、52年前ファイターズの前身東映フライヤーズ(懐かしい名前です)に阪神が破れていることを新聞で知りました。つまりどちらが相手でもリベンジ挑戦ちゅうわけ。おもしろくなってきました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-20 05:50 | 山元のすべらない話

 14.10.19c0133503_17332396.jpg
 公園を中心としてまちづくりを求める声が出ている大阪航空局官舎跡地(空港2丁目)の活用については、東京・永田町に出向いて「国有地は公共利用を優先している。防災公園や社会福祉施設など自治体の地区計画や地元の要望にそって管理を移行してゆく。国有地処分にあたって貸付けや分割払いも生かしていただきたい」との回答を引き出したのは既報のとおり。
 この財務省答弁も交えながら9月議会で再び一般質問しましたが、市側の答弁は従来の見解の枠を出るものではありませんでした。
 さて、この経過について空港地域の皆さんに報告しなければと思いながら時間が過ぎてしまっていたところ、先日「防災訓練に顔出していいよ」とのお誘いを頂き、本日午前訓練会場である空港会館にお邪魔しました。
 会場で空港地域の主だった方と立ち話。「訓練のたびに地震なんかで家つぶれたらどこ逃げよかって思う」「やっぱり防災機能備えた公園は必要や」「(公園実現には)地元からもっと具体的な声あげていかなあかんちゅうことやな」「山元さん、もし可能なら自治会の会合の場で説明して」などの意見を頂戴しました(8/27付ブログ参照)。

 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-19 17:29

 14.10.18
 今春、いやつい一ケ月前まで誰がこのセ界の終末を予想しえたでしょうか。
 2014年10月18日午後9時42分39秒、巨人を4タテ、阪神タイガースがクライマックスシリーズ(CS)を制しました。
 CS進出は決めたとはいうものの、前年までの惨敗ぶりを知っているだけに正直「まぁもう店じまいかな」と思っていたところ、あれをあれよと言う間にCS制覇。死亡宣告後蘇生したような、予備校の申込書を書いている時に合格通知が来たような、もう諦めかけてた子宝を突然授かったような、嬉しいのだけどなんだかまだピンとこない、なんとも不思議な感じです。まぁ、少なくとも今秋だけはCS制反対論者のヤマモトは封印することにしときましょう。
 このCS、まず感じるのは阪神ナイン誰もが持ち場できっちり仕事してくれたってこと。
 西岡が出て、上本が走り、鳥谷がつなぎ、ゴメスが決め、マートン中押しの後、福留がダメを押してくれました。投げてはメッセンジャー、能見、藤波、岩田が試合を作り、福原、安藤、松田がオ・スンファンにつなぐ…、そうそう鶴岡・藤井の巧みなリードも忘れてはいけません(紹介しなかった選手の皆さんごめんなさい)。
 さらに付け加えたいのはこの勝利がドミニカ人、アメリカ人、韓国人、日本人、そして大阪人?すべてが力を合わせた結果だということ。国境も肌の色の違いもないスポーツの素晴らしさを改めて示してくれました(「○×人を殺せ」などと叫ぶヘイトスピーカーがなんと小さくみじめに見えることか)。

 あっ、そうそうまだ日本シリーズがあるんだ。
 博多でも北の大地でも、相手はどっちのチームでもいいです。阪神ナインの皆さま、思いっきり暴れてきてください!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2014-10-18 23:38 | スポーツ話