山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いっせい地方選挙の結果について

 15.4.29
 いっせい地方選挙の結果について
          2015年4月27日 日本共産党池田市委員会
 4月12日と26日に投開票されたいっせい地方選挙で、日本共産党は前半戦の府会議員選挙で、難波進候補が6615票(得票率18.25%)を獲得し、得票でも得票率でも一昨年の参院選や昨年の総選挙から大きく前進しました。その結果、定数1で議席をもっていた維新の会を、池田から退場させる画期的成果をあげました。
 後半戦の池田市会議員選挙では、藤原美知子、白石啓子、小林吉三の3候補が当選し、前回選挙の3議席を守りました。1議席増をめざしましたが、山元建候補は次点となり、ご期待にこたえることができませんでした。市議選の得票は4690票(得票率11.28%)でした。
 市議選で前回当選者数を維持したのは日本共産党だけです。自民党、公明党、民主党はいずれも前回議席から1議席後退しました。維新の会は市議会に初挑戦して3議席を確保しましたが、得票は直近の府議選や昨年の総選挙の5割台にとどまりました。市議会会派のまちの見張り番は議席がなくなり、自民同友会、市民クラブ、公明党、民社・友愛もそれぞれ1議席後退しました。
 その結果、日本共産党は政党の議席数で比較第2党に前進するとともに、女性議員は日本共産党だけであり文字どおりの第1党です。定数が1削減されたため、議席占有率も13.0%から13.6%へ前進しました。
 市議選は、投票総数が前回選挙より下回ったうえ、定数を10人上回る多数激戦でした。そのため、改選議席をもっていた各党ともに得票と得票率を後退させましたが、日本共産党は得票で前回比86.1%、得票率で86.5%に踏みとどまりました。自民党は前回比で得票78.5%、得票率78.8%、公明党は得票69.5%、得票率69.8%、民主党は得票50.0%、得票率50.2%に後退しました。
 府議選・市議選で日本共産党は善戦・健闘し、池田での政党間の力関係を大きく変える結果となりました。日本共産党の候補者にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、奮闘していただいた支持者、後援会員、党員のみなさんに、心からの感謝を申し上げます。
 日本共産党は、政治論戦で、府議選でも市議選でも国政と地方政治を結びつけて、「池田から安倍政権の暴走政治ストップ」「維新政治退場、池田に維新政治を持ち込ませない」「『住民福祉の増進』という自治体本来の原点をとりもどしましょう」と訴えてたたかいました。また、「日本共産党が伸びれば、府政・市政を動かし、市民の暮らしを守る仕事がもっとできます」とよびかけました。
 とくに、安倍自公政権がたくらむ「戦争立法」の危険性や、安倍政権と維新の会が「改憲タッグ」をくむという事態のなかで、わが党が「自民・公明・維新への一票は、戦争と改憲への一票です」「日本共産党への一票で、『戦争立法』ストップ、憲法9条を守りましょう」と訴えたことは多くの市民の心に響き、共感と支持を広げました。
 また、消費税増税中止、「原発ゼロ」、暮らし・福祉・教育の充実、雇用の安定、ブラック企業・ブラックバイト根絶、災害に強いまちづくりなど切実な願いをめぐっても、市民と共同して要求実現に奮闘してきた日本共産党議員団と候補者の値打ちを最後まで語りぬきました。
 この間の国政選挙・地方選挙での連続的な前進によって、日本共産党への新しい関心と期待が大きく広がっています。わが党は、選挙でかかげた公約実現、市民のみなさんと共同して安倍政権の暴走政治や、「大阪都」構想という自治と暮らしを破壊する維新の会の野望を許さないたたかいに全力をあげるものです。そして、選挙戦の教訓を深め、党を強く大きくして、来たるべき国政選挙での躍進につなげられるよう奮闘する決意です。
 引きつづき大きなご支援を、日本共産党におよせください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-29 06:43

この集会に参加しなければ大阪市はどうなるのか! ―柳本卓治自民党参院議員のあいさつ―

 15.4.28
c0133503_6252082.jpg c0133503_16571389.jpgナンバの府立体育館で行われた「4・28大阪市をなくしたらアカン!府民集合」に参加しました。壇上に登ったのは山下よしき(共産党書記局長)、たつみコータロー・宮本たけし(共産党参院議員)、旭堂南陵(元社会党参院議員)、渡辺武(大阪城天守閣館長)、平松邦夫元大阪市長、竹山修身堺市長など実に多彩な顔ぶれ。 印象に残ったのは自民党の柳本卓治参院議員のあいさつ。以下大要をお示しします。

 参院議員の柳本卓治です。
 まじめに「日常活動が原点」を貫いておられる日本共産党のみなさんには敬意を表し、いつも国会でも共産党の代表質問は欠かさず聞かせてもらっています。自民党の議員もまじめですよ(笑)。
 今日この集会に「なぜ参加するのか」とある人から聞かれましたが、私は「当たり前じゃないか。参加しなければ大阪市はどうなる」と答えてきました。自民党の最高顧問も「橋下を知事にしたのが最大の失敗だった」と反省しています。「府がうまくいっていない。だから都構想」という白か黒かという発想は小泉さんの郵政民営化と同じ。私は郵政民営化には反対でした。市の財政が府にのっとられて五つの特別区の福祉がうまくいくはずがない。国会に都構想関連の法案出てきたら反対貫きますよ。平松邦夫さんが市長さんだったら今日のような集会を開かなくてもよかったのにと思うと返すがえす残念です。
 ともにがんばりましょう!

 しかし、先日は元自民党県議だった翁長沖縄県知事に感激したと書きましたが(7日付当ブログ)、今度は柳本さん…、自分たちの住む自治体を守ろうという連帯が文字通り党派を超えてあちこちで広がっていることを実感しています。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-28 22:50

落選から一夜明けて…

 15.4.27
 敗因はなんだったろうか、知り合いに顔あわすのカッコ悪いなぁ、仕事探しどうしよう…、色々去来することがあって昨夜は疲れているにも関わらずほとんど一睡もできず、そのまま石橋西口の選挙結果報告宣伝へ向いました。「一人だけの宣伝になるかな」と思っていたのですが、後援会の皆さん4人もすでに来てくださっており、ちょっとホッとした次第。その後野暮用があって市役所に行き、市長はじめ職員の皆さんにお礼の御挨拶をしてきました。
 市議選に通ろうと落ちようと選挙で訴えた公約は今後一党員としてその実現めざしてがんばっていかねばならないのですが、しばらくはゆっくり今後のことを考えようかなと思い始めています(もっとも生活があるので長期間そんな悠長なことを言っているのは無理でしょうが…)。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-27 10:27

落選いたしました

 15.4.27
 26日投開票の池田市議会議員選挙で日本共産党は藤原みち子、白石けい子、小林よしみつは当選となりましたが、私は力及ばず最下位当選者との票差35票で23位の次点となりました。取り急ぎ報告まで。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-27 01:12

とにもかくにも…

 15.4.25
 とにもかくにも選挙戦が終わりました。池田市民の皆さん、10人はみだしの多数激戦、まさに1票1票争う選挙です。どうか「今度も山元たけし、今度は山元たけし」とお友達、お知り合い、御家族、御親戚の皆さんに一声おかけのうえ4票、5票と広げてください。そして私山元たけし、三度(たび)市議会に送ってくださいますようどうかよろしくお願いいたします。

 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-25 23:31

後は天命を待つのみ

 15.4.25
 選挙戦最終日の25日は候補者カーで担当地域全域を隈なく最後の御訴えに回りましたが、昨日以来やはり喉の状況は改善せず、有権者の皆さんにお聞き苦しい声をお聞かせすることとなりました。さて途中休憩で事務所に戻ると名古屋在住の弟夫婦と甥たち、そして父親が激励に来てくれていました。ただ彼らに十分相手できないどころか、弟に「30票読んで帰ってや」と言い残して再び候補者カーに乗車、ちょっと弟たちには悪いことをしました。
 夕方は車を降りて住吉1・2丁目、石橋4丁目を練り歩いた後、午後8時前事務所前で打ち上げ。一旦帰宅した後、石橋西口の「お帰りなさい宣伝」に繰り出し、先ほど帰宅した次第。
 後は天命を待つのみです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-25 23:21

ついに声が出なくなってきた6日目 ラストは石橋駅前自共対決でしめました

 15.4.25
 選挙戦6日目の昨日は石橋東口の駅宣からスタート。現職のY候補がすでに来られておりほとんどなにも喋らず頭を下げておられました(これが彼のスタイルです)。「安倍自公政権と維新の戦争する国つくりストップ」と訴えているとその維新のT候補が到着。やたら道行く人に握手を要求。僕にはあの芸当はできないなぁ。
 その後豊島北、石倍2・3・4丁目各地で隈なくスポット演説。ついに声が枯れ、お茶やのど飴ではすぐに回復しなくなってきました。ちょっとお聞き苦しい声だったと思いますが。「必死さが伝わっていい」と声も。
 夕方は石橋西口で街角演説会。じっと聞き入ってくれる人、「入れるでぇ」と声をかけてくださった方もいてうれしい限り。
 夜は赤旗日刊紙読者などに「4年前の白石候補は8票差、3年前の箕面市議選の斉藤候補は2票差で落ちました」とわが党候補者の過去の例もあげて、「最後まで一回り支持を広げてください」と訴えて回りました。
 ラスト9時からは石橋西口で「おかえりなさい宣伝」。最初は4人いたのですが段々減って最後は自民党のK候補だけに。まさに自共対決で10時半までがんばりました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-25 07:05

「トイレの改修、はよしてや」 小学生の反応がよくなってきました

 15.4.24
 暑いくらいの陽気になった選挙戦4日目(22日)と5日目(23日)の活動、まとめてご報告。
 宣伝カーからの宣伝は引き続き今まで声が届いてなかった路地裏や行き止まりの道まで入って行ない、街角演説会は阪急石橋バス停前(22日)と豊島北2丁目のスーパー食材市場前(23日)で実施、事前の宣伝が十分できておらず聴衆は多かったとは言えませんですが、どちらの会場でも演説終了後期せずして拍手が起こりました。うれしい限りです。
 またこの二日間の特徴は子どもたちの反応がよくなってきたこと。府議選の時は中高生の反応がよかったと書きましたが、今度は小学生です。
 石橋南小学校では「あっ、ヤマモトタケシさん!久しぶりや」、石橋駅前公園の練り歩きでは「小学校を統廃合から守りぬきました」との実績宣伝に「学校つぶされそうになったん!ア○マの仕業や」の声が飛びました。さらに北豊島小学校付近では「学校のトイレ改修進めます」の訴えに「はよしてや」の声。思わず「ほな通してや」とつっこみそうになりました。
 ところで候補者カー以外の車で候補者の名前を連呼、選挙違反を繰り返す候補者、半年後の市長選挙に出ることを公営ポスターで明言、4年間の市民から託された任期を全うする気のないことを宣言する無所属の候補者、市長の事件で池田の地価が下がったと珍論を展開する候補者などが続出、選挙を汚すような行為はやめるべきです。
 なお本日(24日)の街角演説会は午後4時半から石橋駅西口にて。お誘い合わせのうえお越しください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-24 00:28

まちの空気が暖かくなってきたような…

 15.4.21
 朝のうちは曇り空で寒かったのですが、日中は晴れ間も見えて暖かくなった選挙戦3日目。出発はやはり石橋西口。今日は私の他にはY候補とK候補の現職二人だけでわりと静かな朝宣でした。
 午前は天神、豊島北地域、午後は空港地域へ時には車を降りて狭い道の奥まで入ってスポット演説十数回、その後空港1丁目での街角演説会に臨みました。候補車カーの前まで出てきてくださった方こそ少なかったのですが、遠巻きに聞いてくださっている方が何人かおられました。夕刻は地元石橋4丁目4ヶ所でスポット演説。
 今日は車に手を振ってくれる人、小さくガッツポーズをつくる人が増えてきているように感じ、確かにまちの雰囲気は暖かくなってきているように思うのですが、これが票に必ずつながるかどうかはまた別問題。気を引き締めて明日も元気に戦い抜きます。
 なお明日の街角演説会は午後4時半から阪急石橋バス停前にて。お誘い合わせのうえお越しください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-21 21:49

選挙戦2日目は終日雨にたたられました

 15.4.20
 選挙戦2日目は早朝6時の雨の石橋西口の朝立ちから始まりました。まだ拡声器は使えないので肉声で「戦争する国つくりストップ」「35人学級の拡大、学校トイレの改修を」と公約を訴えていたところ、ほどなくN候補、T候補がやってきてたちまち駅前の四つ辻の要所が埋まり、その後やってきたK候補、S候補、Y候補は後景に追いやられてしまいました。だまって頭をひたすら下げる人、名前を連呼する人と各人個性はあるものの、具体的な公約を述べる人は見たところ私以外には皆無。まぁ今までもそうだったのであまり驚くことではないのですが…。
 その後昨日に続いて石橋・豊島地域のかなり狭い道まで入り込み、辻々でちょっと長めのスポット演説を行いました。途中、なかよし子ども園前で街角演説会を開催、雨が降り続いたこともあってじっと聞いてくださる方はわずかでしたが、ちょうど子どもを迎えに来た親御さんに「子どもの医療費助成18歳まで拡大へがんばります!」と元気よく訴えさせていただきました。
 夕方は再度石橋駅西口で宣伝、夜は支持拡大の電話かけ。終日雨にたたられた一日でした。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2015-04-20 23:16