山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「年金カット法案」、自民・公明・維新の賛成多数で衆院通過!

 16.11.29
 衆院厚生労働委員会で25日に強行採決された「年金カット法案」は本会議で自民、公明、維新などの賛成多数で可決され、参院に送られました。民進、社民、自由の各党は採決の際に退席。共産党は採決で反対しました。
 採択の先立ち日本共産党の堀内照文議員が反対討論立ちました。
 堀内氏は「質疑を通じ問題が噴出しているにもかかわらず、野党の反対を押し切り、審議打ち切り、採決を強行したことに満身の怒りを込めて抗議する」と力を込め、「際限のない「年金カット」のための新たなルールを持ち込み、将来にわたり、現役世代の賃金が下がれば年金も下げる、最悪の悪循環を生みだすものだ」と批判しました。
 さらに、「高齢になっても、障害をもっても、人間らしく尊厳をもって生きることは当然の権利だ」と強調。「公的年金制度こそ、憲法25条を体現し、生存権を支えうる制度であるべきだ。最低保障年金もなく、際限なく減らされる年金制度を将来世代に残すわけにはいかない」と述べ、法案の廃案を強く求めました。
 また同法案や環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案の成立を狙い、自民、公明、維新などは29日の衆院本会議で30日までの今国会会期を12月14日まで延長することを決めました。悪法成立には執念燃やす自民・公明・維新に厳しい審判を下さねばなりません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-30 11:05 | 打倒!安倍政権

TPP承認はさらなる暴走の出発点、断じて許すわけにはいかない!

 16.11.29
 安倍自公政権はTPP協定承認案・年金カット法案などの悪法強行を狙った会期延長を狙っています。
 とりわけ安倍首相のTPP承認への暴走は極めて重大です。
 実は昨日安倍首相はTPPについて「(承認案が成立すれば)日本がTPP並みのレベルの高いルールをいつでも提供する用意があるという国家の意思を示すことになる」(参議院本会議)などと答弁しました。これは、TPP承認をやってしまったら、もうTPPが日本にとっての「最低レベル」とみなされ、米国のトランプ次期大統領が、TPPからは撤退するとしつつ、意欲を見せている「日米二国間協議」でTPPが出発点となり、ここからさらに上積みを迫られるということです。
 こんな国民犠牲の悪法を通すための会期延長は断じて認められません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-29 13:08 | 打倒!安倍政権

憲法の完全実施がわれわれの対案です ―みどり市の給食無償化に思う―

 16.11.28
 憲法改定を狙う安倍政権ですが、憲法のどこを変えるのかはっきり言いません。確かに憲法改正発議要件を緩和する憲法96条の改定や緊急事態条項の挿入などが取りざたされましたが、いずれもその危険性が指摘されて進んでいるとは言えないでしょう。
 そんな折、群馬県みどり市が2017年4月から学校給食の無償化に踏み切るとの報道が飛び込んできました。市は給食を「人間生活の基本の食文化を伝える教育の柱」と位置づけているとのこと。そう、食育という言葉もあるように給食は教育なんですね。
 ところで日本国憲法はその26条2項で「…義務教育は、これを無償とする」とうたっています。そのまま読むならば「人間生活の基本の食文化を伝える教育の柱」学校給食も、「学問を修める」修学旅行もそもそも無償でなければならないのです。
 安倍政権は野党に対して「反対ばかりで対案がない」とよく批判します。
 しかし私は言いたい。日本国憲法を完全実施していくことこそがわれわれの対案だと。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-28 12:49 | 建声元語 ―よもやま話―

怒涛の3連続演説会

 16.11.26c0133503_21385313.jpgc0133503_2144877.jpgc0133503_21395666.jpgc0133503_21403521.jpg
 昨日夜から本日にかけて、豊能、箕面、茨木と怒涛の3連続演説会。どれだけ説得力のある話ができたかはよくわかりませんが、つかみはばっちりでした!?
 とりいそぎ写真を数枚…。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-26 21:44 | 大阪9区飛び歩き

豊能、箕面、茨木、能勢…、そして3日はナンバです

 16.11.24
 衆院大阪9区のみなさまの前で話す機会がにわかに多くなってまいりました。各地の共産党演説会のお知らせです。一度お話を聞きに来てくださいませ。
 11月25日(金) 午後7時~  豊能町立西公民館 
    26日(土)  午後2時~  箕面サンプラザ(箕面駅前) 
           午後6時半~ 茨木市立クリエイトセンター
          (市役所・旧市民会館北側)
 12月3日(土)  午後2時~  なんば高島屋前志位和夫街頭演説会 
   10日(土)  午後6時半~ 能勢ささゆりセンター
 ※阪急石橋駅前では毎週金曜日午後5時から東口あるいは西口でお話させていただいています(都合により中止する場合あり)。
 ※豊能・能勢は衆院議員清水ただし、箕面・茨木は参院議員辰巳孝太郎とともにお話します。
 ※ナンバ演説会は私は車上で紹介されますが、お話はいたしません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-24 14:55 | 大阪9区飛び歩き

このままでは日本は世界の孤児になってしまいます

 16.11.24
 10月国連総会の第1委員会は、核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案を賛成132の圧倒的多数で採択、世界は核兵器廃絶へ新たな一歩を踏み出しました。驚いたのは日本政府の態度。核保有5大国などとともに反対票を投じたのです。「いったいヒロシマ、ナガサキはどこの国にあるのか」という驚きや怒りの声があがったのは当然です。
 また、政府軍と反政府軍の和平協定が事実上崩壊し、PKO展開の是非すら問われているアフリカ南スーダンに新たな任務(駆けつけ警護)をおびた自衛隊員が向かいました。自衛隊員が殺し殺される危険性がますます高まっているのです。
 さらに日本の食の安全や国民皆保険制度すら脅かしかねず、旗降り役のアメリカまで中止を言い出したTPP参加をしゃにむに進め、地球温暖化阻止めざしたパリ協定にはまったく後ろ向き…。
 安倍政権は世界の流れにどこまで逆行したら気が済むのか…。日本を世界の孤児にしないためにも安倍政権を倒さねばならない。決意を新たにしています。
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-24 13:21 | 打倒!安倍政権

2016 廃書の秋

 16.11.18
 前回は手に入れた本の話でしたが、今回は手放す本の話です。
 来年早々にも衆院選挙が囁かれる中、今しかないとばかりと11月は部屋の掃除と片付けに精を出しております。
「書庫」も満杯状態で泣く泣くいくばくかの書籍は廃品回収業者に出して処分することにしました(以前あまりの買い取り価格の安さにショックを受け、それが今でもトラウマになって古書店に持って行くのはなんとなくためらわれるのです)。その中には2009年に亡くなった母和子が愛読していた向田邦子、有吉佐和子、田辺聖子、澤地久枝、佐藤愛子、岸田劉子など女流作家の著書計20~30冊もあります(例外的に筒井康隆の本がありますがそれは母と筒井氏が大阪市立東中学の同級生であったことによるものです)。これらの作家のみなさんには恨みはもちろんありませんが、今後の私の人生の限られた読書時間を考えると、仮に読むことがあってもその順位は限りなく遅くなるであろうと考えての決断です。
 ところがその母の蔵書のいくつかの最終ページに購入年月日と思われる日付やkazukoのサインがあるのを発見し、またその決断が揺らいでいます。
 感動の度合いはいろいろでも、どの本も私や家族の頭のこやしにいくばくなりともなってきてくれたわけで、手放すのは本当に心苦しいものがあります。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-18 11:58 | 積ん読・乱読・熟読日記

2016 読書の秋

 16.11.16
 久しく積ん読状態だった「海辺のカフカ」。再び村上春樹さんがノーベル賞候補になったことを機に先日一気に読了しました。複数の伏線の話が最後に一点に集中する展開―、今まで読んだ村上さんの著書(といってもデビュー作「風の音を聴け」と「ノルウェイの森」、あと若干の短編しか読んでませんが…)の中では一番ページがすすんだものの、やっぱり「わかるようで、わからん…」というのが率直な読後感です。ハルキストへの道、未だハルカなり。
 さてよく読書感想を交換する仲間にAさんとその娘さん親子がおられます。
 先日その娘さんと手紙形式の小説に話題が及んだとき紹介されたのが、宮本輝「錦繍」。猟奇的な事件にまきこまれ、愛しながら別れた二人の手紙のやりとりからなる作品。実はこの作品、宮本ファンの間でも好き嫌いが分かれるとのことです。確かに許容できる倫理観の程度によって評価は分かれるだろうなと思った次第。まぁハッピーエンドでめでたしめでたしでしたが…。
 そしてお父さんのAさんから「山元君、国政選挙出るんやったら読んどき」と薦められたのが、「バーニー・サンダース自叙伝」(大月書店)。そう、アメリカ大統領選挙で民主党の指名をクリントンと最後まで争ったあのサンダースさんの本です。これはただいま読破中。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-16 15:32 | 積ん読・乱読・熟読日記

「公共事業を変えなければこの国は滅びます」

 16.11.15
「夜勤やから外で食べといて」と妻に言われて入った飲食店で隣に座られていた年配の男性Aさん、聞けば大手ゼネコンの元営業部長とのこと。さっそく得意の?「異業種交流」が始まりました。
「接待でキタ新地や祇園に何度行ったことか。でも仕事の酒はおいしくない。終わってからよく一人で飲み直しましたよ」「一番しんどかったのは接待ゴルフ。相手がへたくそな時はどうヨイショするか、本当に困りました。でもその甲斐あって十億単位の仕事とった時はうれしかったなぁ」と苦笑いをうかべながらこれまでの苦労話を語られました。
 共産党に対しては「ぶれないのがいい」と評価してくださり、「女性の都議会議員、大山さんだったかな?あの人の豊洲地下空間の追及はよかった」と結構細かいところまで見てくださっています。
「問題の政務活動費は全廃すべきと私は思うが共産党の見解は?」と聞かれたので「豊洲の地下水の分析はその政務活動費でやりました。本来政務活動費は住民の命や安全守るために使うものではないでしょうか」と話すと「なるほど、それやったら誰も文句言わんな」と納得してくださいました。
 最後に「私たちは飛行機飛ばない飛行場や船の来ない港など、無駄な公共事業やめて老朽化した建築物の補修や耐震化などに力入れるべきだと思いますが、そんなんはゼネコンサイドから見ると、やっぱりおいしい仕事じゃないんですかねぇ」と水を向けると、「いや山元さん、それをしないとこの国は滅びます。銭勘定の問題ではありません」とキッパリ。
 長年日本の土木事業を見続けてこられた方の発言だけに重いものがあります。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-15 09:15 | 出会い 一期一会

トランプ勝利を受けていくつか…

 16.11.10
 米大統領選挙でトランプ勝利が報じられた直後から「タラ・レバ話」があちこちで語られ、予想が当たった「識者」のしたり顔がテレビに溢れています。私はそんなものにはほとんど、いや全く興味がありません。さしあたっての関心はTPPがどうなるかということ、そして恐怖はあの男に核兵器発射のボタンが渡ること…。
 ところで、民主党大統領候補をクリントンと最後まで争ったバーニー・サンダースの声明が目につきましたので紹介します。

   トランプの勝利を受けてサンダースが発した声明(2016年11月9日)
 没落しつつある中間層は、病んでおり、支配層の経済、支配層の政治、支配層のメディアにうんざりしている。ドナルド・トランプは、この中間層の怒りをうまく利用した。労働時間は長くなり、賃金は引きさげられており、実入りのいい勤め口が中国その他の低賃金国へと移転されていくのを指をくわえて見送り、億万長者たちは連邦所得税をまったく納めず、自分の子供たちに大学教育を受けさせる余裕がないということに、人々はうんざりしている。―最富裕層がますます富を増大させている一方で、こうしたことが生じているのである。
 トランプ氏が、この国の勤労家庭の生活を向上させる政策を真摯に追求する程度におうじて、私やほかの進歩派は、彼と共闘する意思がある。〔一方で〕彼が、人種差別的、性差別的、外国人排斥的、環境破壊的政策を追求する程度におうじて、われわれは全力を挙げて彼と戦うつもりだ。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-11-10 15:25 | 建声元語 ―よもやま話―