<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 16.12.31 
 そうそう、年の終わりにとりわけ池田市民のみなさんにはこれだけは報告しておかねばなりません。以下わが党の藤原みちこ市議のブログより転載。

 12月議会も最後の最後に、議員提出議案(第4号)として「池田市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を提案し、全会一致で可決しました。
 元おおさか維新の会池田の羽田達也議員(現在無所属)が、みずからが経営する整骨院で保険金を詐取したとの容疑で3度も逮捕・起訴(身柄拘束中)されており、議員活動もできない状況にあるにもかかわらず、辞職はしないという状況が続いています。
 これまで市議会は9月議会で事件に関する説明責任を果たすことと、議員としての職務をきちんと果たすよう決議をあげ、10月6日の逮捕を受け、急きょ臨時議会を開いて全会一致で辞職勧告決議をあげてきました。しかし、その後何の連絡もなく、本人の意向は「自分は関与していないので辞職はしない」とのこと。
 市民の皆さんからは「なんでやめないのか」「仕事もしないでなんで報酬が払われるのか」と怒りの声がたくさん寄せられています。
 そこで、議員の職務を果たさない間の議員報酬は支給停止をするという、議員の報酬に関する条例の一部改正を行うことにしました。主な内容は次の通り。
 1、失職となる可能性のある罪の容疑で逮捕され、身柄が拘束されている期間(逮捕の期間)は、その期間分の議員報酬の支給を停止する。また、起訴され、身柄の拘束を解かれた場合で、判決が確定するまでの期間(公訴中の期間)についても、議会への出席状況によっては支給停止とする。
 2、6月と12月に支給される期末手当についても、議員報酬の支給停止期間に応じた分を支給停止とする。
 3、支給停止となった議員報酬及び期末手当は、起訴されなかった場合や無罪が確定した場合は支給するが、有罪が確定した場合は支給しない。
 4、最終的な判決が失職にならない「拘留(1日以上30日未満の間、刑事施設に拘留する刑罰)」で確定した場合、拘留されている期間分の議員報酬は支給しない。また、その不支給に応じた分の期末手当も支給しない。
 5、平成29年1月1日施行。
 つまり、失職につながる有罪になれば報酬は支払わないということになります。逆に、不当逮捕などで身柄拘束をされても無罪であれば、停止されていた報酬は遡って支給することになります。
 しかし、こんな条例をつくらなければならない議会になってしまうとは情けないことです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-31 14:18 | 維新退場!

 16.12.30c0133503_1347425.jpg
「出るとこ出るよ」と男気出して?私たちを守ってくれました。子どもたちの個性を引き出し、勉強は楽しいものだと教えてくれました。小学校3・4年の担任、森絹子先生と出会わなければ、今の私はありません。

 上記拙文は、先日大阪民主新報(大阪版の「赤旗」です)編集部から「新年号(17年1月1・8日号)に大阪の小選挙予定区候補の『出会い』をテーマにした記事を載せるので100字以内で書いてください」と依頼されて、池田市立北豊島小学校時代の恩師森絹子先生(2012年10月没。享年90歳)について書いた一文です。
 実は先生の薫陶を今でも胸にして生きている同級生で「シルクの会」と銘打った同窓会を開いています。その第1回目のシルクの会(2004年開催)で「これから4年に1回、オリンピックイヤーに開こう」と提案したのがほかならぬワタクシ。で、今年はまさにそのオリンピックイヤー。「やれへんと『公約違反』やで」との声も出て!?、年末ギリギリになってやっと昨日石橋で開催、ドタバタだったこともあって参加者は少なかったのですが、楽しい時間を過ごすことができました。やっぱり同級生っていいですね(08/6/7 ・7/2・7/11・11/29ブログ参照)。

 追伸;連絡しきれなかった人もいます。この場を借りてお詫びいたします。ごめんなさい。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-30 18:20 | 出会い 一期一会

 16.12.28c0133503_1562028.jpg 
 衆院小選挙区大阪9区(茨木市・池田市・箕面市・能勢町・豊能町)の街かどに私の顔写真入りポスターが目立つようになってきました。以下某所プチ座談会から。
「なかなかええやん」
「ちょっと目ぢからがないなぁ」(「目ぢからがある」とおっしゃる方もいます)
「何年前の写真?」(今年です。うそです)
「もっと笑わな」
「いや、ヘラヘラしたやつより、この方が真面目そうでいい」
「ようみたら口元、ちょっとだけ笑てるで」
「アルカイックスマイルや」(わたしゃ、モナリザか!)
 御意見いろいろあろうかと思いますが、町の話題になっていくのは悪いことではありません。貼らしていただけるおうちを引き続き募集していますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-28 15:07 | 大阪9区飛び歩き

 16.12.26 c0133503_1012969.jpgc0133503_1015286.jpg
 昨日25日午前は清水ただし衆院議員と二人地元池田市内2ヶ所をあいさつしてまいりました。
 まずは池田北部後援会主催の恒例のおもちつき。清水さんと一緒に杵を振りおろしました。おいしいお餅ができたかな?バーベキューのお肉なども絶品、白石さんはじめ北部後援会のみなさん、ありがとうございました。
 続いて向かったのがわが共産党石橋支部の望年会。清水来訪は誰にも知らせていなかったので、突然の国会議員登場に決して広いとはいえない事務所は歓声に包まれ、「サプライズや」「最高のクリスマスプレゼント!」と喜びも声が飛び交い、中には随喜の涙を流す女性党員も…。残念ながら次の予定があって清水さんの滞在は10分余りでしたが、事務所はしばらく興奮に包まれていました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-26 10:03 | 大阪9区飛び歩き

 16.12.22c0133503_2182581.jpg c0133503_2191056.jpg
 本日は終日茨木市の朝田みつる市議団長の地域に入って宣伝行動。特に午後は朝田市議と運転手をお願いしたAさんと3人で市内北部山間部へ向かいました。名づけて「遥かなる山の呼び声大宣伝」。車作、下音羽、見山、清阪の各集落で元気に市議選、総選挙での野党共闘と共産党への支援を訴えてまいりました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-22 21:09 | 大阪9区飛び歩き

 16.12.22 
 祖母が幸村ゆかりの玉造に住んでいたにも関わらず、義父がこれまた幸村ゆかりの九度山出身にも関わらず、さらに言うならば、自身が大学で日本史を学んでいたのにも関わらず、戦国時代にやや関心が薄いこともあって、真田氏に対してもこれといった興味を持たないで生きてきました。
 てなわけで、今年の大河ドラマ「真田丸」も、「まぁ大阪人やし一応見とこか」というぐらいの一種の義務感で見始めたというのが正直なところ。ところがどっこい登場人物のキャラが思った以上に立っていたこともあって、途中で飽きてしまうことの多い「戦国ネタ大河」を最後まで見てしまいました。最終回の家康がおろおろ逃げ回るシーンを痛快に思ったとことから見ると、普段は自覚することのないアンチ徳川の大阪人DNAがそれなりに覚醒したのかもしれません。
 来年の大河の時代は再び戦国、最終的に徳川の譜代大名となった井伊家のお話とのこと。う~ん、最後まで見続けられるでしょうか。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-22 09:48 | 歴 史 夜 話

 16.12.21
「他人の不幸を踏み台にするのか」(読売)と法案審議時にも50%を超えていたカジノ解禁法反対の声が70%近くに跳ね上がっています(朝日67%、大阪日日69%)。推進した維新の支持層でも53%が反対と答えています(大阪日日)。普通、法案が通るとそこそこの悪法でも「首相のリーダーシップが発揮された」とかなんとかいって反対の声は収まったりするものなのですが、このカジノ解禁法は成立後も反対の声がどんどん広がっているのです。
 ところで19日の朝日放送の報道番組「キャスト」は維新の「二重行政の解消」の旗印のもとに住吉市民病院(住之江区)が廃止されると「弱者のお産が困難になる」と市民の不安が高まっていると報じていました。廃止をすすめた維新の吉村市長は「病院が考えてくれる」とまるで他人事。池田市議会で市民病院の民営化を主張した維新議員に対し「そんなことしたらもうからん診療科がつぶされるやないか!」の声が飛んでいたことを思い出しました。
 さらに茨木市議会では議員定数を2削減する条例案に対し維新市議が「これで議会は身を切った。今度は市民に負担を求める」との趣旨の賛成討論を行いました。「身を切る改革」の本音が市民負担の押し付けであることがはっきりしたわけで、市民の間から「財政力豊かな茨木市でなんで市民負担を増やす必要があるのか」と怒りの声があがっています。
 橋下パフォーマンスや都構想劇場が終わり、結局維新という党が国民生活に不幸と不安をもたらす勢力に過ぎないこと、国民は見抜きつつあります。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-21 19:34 | 維新退場!

銀 幕 三 作 

 16.12.19c0133503_15314950.jpg
 特別な理由はないのですが、珍しくこの秋から冬にかけて仕事の合間を縫って3本の劇場映画を見ました。「シンゴジラ」、「君の名は。」、「この世界の片隅に」です。アニメ映画を二つ見たわけですが、アニメを劇場で見るのは息子のつきそいでいった「ドラえもん」を除くと1972年公開の「パンダコパンダ」以来です。
 各作品、若干の感想。
 <シンゴジラ>疑問…なぜこの時期につくったのか。推測…「こんなに俺たちはお人好しじゃないぜ」と官僚たちがにやついているだろうこと。確信…作中の二人の総理大臣と安倍首相を絶対重ねてはいけないこと。まぁ、見た人だれもが論評したくなるというのは分かりました。
 <君の名は。>いわゆる時空超越映画。美しくて面白かったけど、後半のテンポが早すぎてついて行くのがやっとって感じでした。
 <この世界の片隅に>
 おっとりした年若い女性すずさん。彼女の生活を戦争が飲み込んでいく過程を淡々と描いています。戦争を直接体験した世代、私たちの世代、さらに若い世代…、世代間で受け止めが違うだろうなというのが率直な感想。上映後泣いていたのは若い人が中心だったように思います。
 
 
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-19 15:32 | 銀 幕 日 記

 16.12.16c0133503_20553985.jpg
 昨日夕方は金曜定例宣伝。
 今回は阪急石橋駅西口で小林市議、後援会のみなさんとともに、悪法通した自公維新糾弾し、野党共闘と日本共産党の躍進を訴えました。寒い中わざわざポケットから手を出してビラを受け取ってくれる人が多く「山元さんですね。いつもポスターみてますがなまでお会いするのは初めてです。がんばってください」と声をかけてくれたかたや「共産党、負けたらあかんで」と耳もとでささやいて去っていかれたかたもいらっしゃいました。いずれも見知らぬかたです。潮目の変化を感じ、こころ強いかぎり。
 今日はあさとう雅志茨木市議会予定候補の事務所開きに辰巳孝太郎参院議員とともに参加(写真)。昨夕同様自公維新の暴挙を暴露し、共産党躍進の新たな可能性が広がっていることを指摘させていただきました。続いて大嶺さやか市議地域の学習会にお邪魔。こちらは時間の関係もあって短いごあいさつのみになってしまいました。   
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-17 20:53 | 大阪9区飛び歩き

 16.12.15
 一方国会ではTPP承認法に続いて「年金カット法」(14日)、カジノ解禁法(15日未明)が成立しました。悔しいけど「収穫」もありました。
 まず消費税増税が年金削減の引き金になることを政府が否定しなかったこと(13日当ブログ参照)。「消費税社会保障財源論」が完全に崩壊、というよりも「消費税社会保障破壊論」が実証されたことになります。
 維新が食の安全を脅かし、年金カットで国民の身を切ったうえ、カジノで身包みはがす党派であることがはっきりしたこと。要は彼らが改革者などではなく安倍政権の応援団に過ぎないということがはっきりしたということです。
 いろいろありすぎた赤穂四十七士討ち入りの日。今度は四十七都道府県全国の国民とともに悪法推進三兄弟に厳しい審判を下さねばなりません。新たな闘志が沸く中、今日も朝から元気に宣伝に打って出ました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2016-12-15 17:48 | 打倒!安倍政権