<   2017年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 17.5.31c0133503_44926100.jpg
 本日午前は共産党の地元石橋支部の第27回党大会決定の読了学習会に講師で参加しました。
 共産党の大会決定とは全国の党組織の議論で練り上げられたもので、今後2、3年の全国の共産党の基本方針となるもの。今全国の党員がその内容をまず身につける運動に取り組んでいます。「一人で読んでってるけど、やっぱり書いてある用語とかむずかしい」との声が支部会議で出て「じゃ、みんなで疑問や感想を出し合いながら読み進めよう」と実現したのが今回の学習会です。後援会のみなさんも参加されました。
「野党共闘のこの間の前進がよくわかった。原発問題でも新たな政策合意があったのはうれしい限りだ」「1980年の社公合意以来の共産党排除の政治を崩すのに40年近くかかった。しんどかったけどがんばっててよかった」などの感想が出され、今後も毎回支部会議の前に時間を取って少しづつ読み進めていくことになりました。
 日本共産党の大会決定は、大会当日に文章が示されシャンシャンと決定されそのまま神棚にあげられてしまうどこかの党の方針とは違い、文字通り全党員の血肉にしていくものなのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-31 22:11 | 日本共産党はこんな政党です

 17.5.30
 うちの一人息子、自身の感動した本を「お父さんもこれ読んどき」と、時々強く推薦してきます。
 そんな息子の最近のオススメ本が「君の膵臓をたべたい」(住野よる著)。
 膵臓の病気で余命幾ばくもない女子高校生と偶然そのことを知ってしまった主人公(男子高校生)のおよそ四ヶ月の交流を描いた物語です。読後息子に「おもしろかったけど、あなたのいうような号泣まではいかなかった。小説には読むタイミングちゅーもんがあって、お父さんが高校時代にこの小説があって読んでたらもっと感動したかも知れないな」と感想を述べました。ロッテに恋焦がれる若きウエルテルの悩みを今知ったところで感情移入できないのと同じです。
 また亡くなった彼女の友人と主人公とのやりとりからなる最終章は、作者の意図はわかるけど、「付け足し」感は否めません。まぁそう言うと「あそこが大事なとこ。読みが浅いわ」と反撃されるんでしょうね。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-30 13:44 | 積ん読・乱読・熟読日記

 17.5.29
 先週加計学園問題が大きく動きました。
 民進党が入手した、同学園の獣医学部建設をめぐって「首相の意向」が働いたことを示す8枚のペーパー、当初「怪文書」扱いしていた菅官房長官も前川元文科省政務次官が「文章は本物」と認めたため、まったく言い逃れできなくなりました。
 驚いたのは同長官が真相解明にはまともに取り組む姿勢を見せることなく、関係のない前川氏の個人攻撃に終始したこと。見ていて見苦しかったですね。まぁ、これで誰が本当のことを言っているか、大体の察しはつきました。
 考えていただきたいのは、政権に歯向かう者は容赦しない、個人攻撃をしてでも押さえつけるという政府のもとで、今審議されている共謀罪が通ればどうなるかということ。原発を停めてくれ、消費税をあげないでくれ、憲法9条変えないで…、そんな声をあげる国民にどんな仕打ちが待っているか、大体の予想はつきます。
 やっぱり共謀罪は通してはならないのです。安倍政権は打倒しなければならないのです。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-29 12:50 | 打倒!安倍政権

 17.5.25c0133503_8164247.jpg
 共謀罪法案は自民・公明・維新の賛成多数で衆院法務委員会で強行可決された後、衆院本会議本会議で可決、参院へと送られました。しかし一喜一憂しているわけにはいきません。なぜならこの法案は絶対に通してはいけないからです。
 19日(金)夕方は石橋西口で党後援会のみなさんと宣伝、「共謀罪廃止へ野党支持者はもとより、安倍さん、橋下さん大好きな人も、創価学会・公明党の人も力を合わせよう」と呼びかけた後、東口に場所を移して今度は「戦争させない池田の会」の皆さんと、共謀罪の曖昧でころころ変わる政府答弁のデタラメぶりを示しながら「こんな法案通せるわけがないじゃないですか」と力説。
 20日(土)の阪急茨木東口の9区大街頭演説では大門みきし参院議員と「共謀罪は実際にやってないことが罪に問われるようになります」と話し、その後駆けつけた共産党池田女性後援会再建総会では「秘密保護法、安保法制、教育勅語、改憲、そして共謀罪…、狙いは一つ、戦争できる国づくりです」とズバリ指摘させていただきました。
 そして衆院通過直後の昨日(24日)は再び石橋駅西口で緊急宣伝。「心で思っただけで警察に睨まれかねない恐ろしい共謀罪、参院で絶対に廃案に追い込もう」と雨の降る中気迫を込めて訴えました。
 共謀罪廃案の日まで時間の許す限り駅頭で街角でガンガン訴えていきたいと思います。
 明日26日は朝7時すぎからJR茨木駅東口、夕方5時からは石橋駅東口に参ります(荒天中止の場合あり)。見かけたら声かけてくださいね!  
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-25 08:17 | 打倒!安倍政権

 17.5.19
 共産党の9区国政対策委員長になって以来、選挙区内の農業関係者の方とお会いする機会が多くなりました。
 茨木の農協関係者の方は「少しでもおいしいお米を作ろうと思っています。また特産品の三島ウドももっと力を入れていきたいですね」と語られ、池田では江戸時代に温州ミカンが広がる前の古いミカン品種が地元に残っており、そのエキスを含んだソースが最近開発されたそうです。
 9区に限らず大阪府内では泉州タマネギ・ミズナス、河内ブドウ(デラウエア)などおいしい農産物がたくさんあります。私が幼少期を過ごした吹田でもちょっとした湿地には細長いクワイが伸びていました。所謂吹田クワイですね。さらに泉北丘陵では日当たりのよう斜面を利用してレモン生産の機運が盛り上がっているとのこと。農薬まみれの輸入レモンより大阪生まれの地産地消レモンのほうが断然安心なのは言うまでもありません。
 また能勢の中西顕治町議に聞くと町内で農作業が体験できる農家民宿が広がり、結構欧米人に人気とのこと。大阪の農業は観光にも一役買っているのです。
 安全で、美味しくって、人も呼べ、お金にもなる大阪の農業の振興にこそ行政も力をいれるべきではないでしょうか。
 人の不幸を増やすカジノで算盤弾いている場合ではありません。

 明日20日午後1時より阪急茨木市駅東口で大門みきし参院議員を迎えた街頭演説を行います。私もお訴え申し上げます。お誘い合わせのうえお越し下さい。

[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-19 10:04 | 大阪9区飛び歩き

 17.5.18c0133503_77399.jpgc0133503_781888.jpg
 14日能勢ピースマーケットに参加しました。
 会場の浄瑠璃シアター内とその前面のスペースには、豊中や吹田の空襲を記録するグループなど各地で平和な社会を求めて活動しておられる方のブースが並びます。テロや戦火の続く中東のブースもあり、シリアの方は祖国の惨状を訴えられ世界遺産のローマ時代の都市パルミラについても「(以前の写真を示して)この写真の建物ももう破壊されてありません」とその実態を話してくださいました。
 また先日の能勢町議選でお世話になった方、この間野党共闘成立のため奮闘してくださっている方などとご挨拶を交わし、お礼を申し上げました。またずっと昔文化財行政に携わっていた時にお世話になった先生とおよそ30年ぶりに再会したことも嬉しい限りです。
 麗らかな春の一日を楽しく過ごすことができました。行事の成功へご尽力くださったみなさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-18 07:10 | 大阪9区飛び歩き

 17.5.17 
 3月末で廃止が強行された石橋プラザの市民窓口については「土日も開いてて便利だったのになくなるのは困る」「わざわざ池田(市役所)まで行かなくても住民票が取れたのに…」などの市民のみなさんの声が多く寄せられていました。実際に同窓口は7種類の証明が発行できることもあって年間役2万件の利用がありました。市役所の出張所としての役割を立派に果たしていたのです。
市が廃止を明らかにして以来、存続を求める署名運動が一気に広がりその数は短期間で676筆にもなり、請願として市議会に提出されました。その市民の声を前にして市は電話による住民票と印鑑証明のみ取り置きサービスを石橋プラザで始めましたが、即日対応はできず市民サービスの大幅な後退は明らかです。
 さて、市民サービスの存続を求める請願は3月議会で、日本共産党以外の議員の反対で不採択なりました。その中には石橋1丁目のN議員、荘園2丁目のK議員、豊島南1丁目のK議員、そして井口堂3丁目のY議員など石橋・豊島地域の議員も含まれます。
 やはり共産党の議席がないと石橋・豊島地域のみなさんの声はなかなか市議会に届かないということですね(17/2/25付当ブログ参照)。

 追伸;この石橋プラザ市民窓口廃止の中止を求める請願については市長の息子の倉田晃議員(伏尾台在住)が採択反対の討論に立ちました。「なんで石橋から遠く離れたところに住む、しかも廃止を提案した市長の息子にうちらのとこのこと、言われなあかんねん」との声が石橋であがっています。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-17 15:18 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

 17.5.16 
 維新公認で立候補し当選した羽田市議が保釈され久々に池田市議会に姿を見せ、すぐさま再び辞職勧告決議案が出されるというので昨日市議会の傍聴に行きました。
 決議案に対しては維新を含めて全会派が賛成し意見表明をしましたが、羽田本人はやめる気配が全然ありません。昨年の事件発覚以来の1年余、彼はほとんど議会に出席しておらず、本人は「不正はしたが、(市議に当選した)平成27年以降は関与していない」と苦しい言い訳をしているようですが、市民の信託を受けながら任期の四分の一の間仕事をしていないのですから辞めてもらわねば困ります。契約期間の四分の一の間ほとんど無断欠勤したら職場を「クビ」になっても普通は言い訳できませんよね(ちなみに羽田議員は与えられた発言の機会を自ら放棄しました)。
 ところで維新の石田議員は「規約の変更を党に求めていく」と意見表明で発言しました。最初「なんのことかな」と思って聞いていたのですが、どうも維新の規約には離党はあっても除名処分がない、つまり党を離れることはできても党が党員をやめさせることができない仕組みになっていることを言いたかったようです。維新はどんなに悪いことをしても組織としてのけじめすらつけられない党であることを自ら白状してくださいました。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-16 21:49 | 維新退場!

 17.5.14c0133503_2163411.jpg
 13日は箕面市内で開かれた万博・カジノ学習会に参加しました。講師は阪南大学教授の桜田照雄先生。先生はカジノの恐ろしさ、反社会性を歴史的かつ他のギャンブルとも比較して具体的にお話してくださいました。
「結局カジノ業者は儲かるんですか」との会場からの質問に対して先生は「競争で淘汰されて生き残った業者が今世界のカジノを経営している。彼らが考えるのは儲かるか否かではないんです。必ず儲けるんです。そのためにギャンブル依存性の人間をつくるんです」と指摘。会場からどよめきがおこりました。
 最後に先生は「大阪府も大阪市も経済発展というのなら、従業員20人(商業・サービス業は5人)以下の小規模企業が地域経済の支え手として位置づけた中小企業振興法を則った地場産業の育成などに力を入れるべきだ」と力説されました。
 私事余談ですが、ほぼ同世代の先生とは以前ある催しでご一緒したことがあり、今回37年ぶりの再会となった次第です。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-14 21:07 | 維新退場!

 17.5.14c0133503_2093836.jpg
 7日は他団体の方と共同して駅頭に立ちましたが、12日(金)は共産党独自の近畿いっせい宣伝でした。とりわけ「乗った駅でも降りた駅でも共産党の元気な姿を示そう」を合言葉に駅頭宣伝を重視、大阪9区内では党員と後援会の方々が8駅前14箇所で宣伝、およそ1,000枚のビラを市民のみなさんにお渡ししました。
 私は早朝箕面駅に立ち、夕方はまず5時から石橋西口で訴えた後阪急電車で移動して、5時半すぎから今度は池田ダイエー前でマイクを握りました(写真)。久しぶりに駅頭演説を「はしご」させてもらった次第。
 印象的だったのは市民のみなさんのビラの受け取りがすこぶるよかったこと。とりわけ石橋駅西口では私の知るかぎり今までの最高枚数に達しました。
 さぁ、勢いつけて共謀罪阻止、そして安倍政権を退陣に追い込もう!
[PR]
by takeshi_yamagen | 2017-05-14 20:10 | 大阪9区飛び歩き