山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

子どもたちの知的な感動、好奇心を培うこと、それは大人の責任です

 08.3.22
 豊中市教育委員会で文化財行政に携わっていた頃の話です。
 ある日、職場である文化財展示施設に近所の小学校の男の子数人がやってきました。最初は夏休みの歴史の宿題を片付けるのが目的だったようなのですが、私たち職員の「歴史話」が好評だったせいか?彼らの関心は歴史に限らず、社会科全般に広がっていき、その質問攻めに「うれしい悲鳴」をあげるまでになりました(「なぜ大人は恐ろしい核兵器をつくるの?」と聞かれたときは答に窮しましたが…)。
 このように全国の博物館、そして社会教育施設の学芸員、専門職員は、長年学んできた専門知識をわかりやすくして、いかに子どもたちの科学や歴史などに対する感動と好奇心を培うか、いかに子どもたちにドキドキワクワクしてもらうか、そのことを常に考えているのです。自分の専門分野が大好きな学芸員、専門職員は絶対に必要なのです。
 c0133503_1852089.jpg
 翻って昨日の文教病院委員会池田市立五月山児童文化センター(写真)の指定管理者指定についての条例案が審議されました。
 わが党の白石啓子議員が「センターにはプラネタリウムなど近隣市にない優れた設備があるが、今回の指定管理者側に、知的な感動や好奇心を子どもたちに与えることのできる専門職員はいるのか」と問いただしました。教育委員会当局は、「1人いる」といいながら「これから3ヶ月で講習する」とのこと。どうも3ヶ月で「専門家」をおつくりになられるようです。このあまりに専門職員をバカにした答弁に私は思わず「そんな付け焼刃な!」と声をあげてしまいました。「科学の館」のキャッチフレーズが泣きます。
 結局、同条例案は「1,600万円の経費節減になる」などといった理由で、自民・公明・民主・無所属N議員の賛成多数(この中には元教師の方もおられます)で委員会可決されてしまい、28日の本会議に送られました。
 五月山児童文化センターが、本来の「科学の館」として機能するよう今後も注視していきたいと思います。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-22 14:53 | 博物館は楽し

空港地域のごみ指定袋購入店問題、一歩前進です

 08.3.22
 空港地域には、池田市のごみ指定袋購入店がひとつ(住宅地から離れたところにあるコンビニ)しかないため、池田市内に限定せずに、最寄り駅(阪急蛍池駅)のある豊中市内をも視野に入れて指定店を増やしてほしい、との声が多く寄せられており、私も昨年9月議会の一般質問でその実現を市当局に迫りました(07年9/21,10/2ブログ参照)。
 19日の厚生委員会で、わが党の藤原美知子議員が再びこの問題を取り上げたところ、「蛍池駅前のコープに指定袋を扱ってもらえないか、現在交渉中である」との答弁がありました。
 私の質問の際には「指定販売店については…石橋駅周辺にも広く点在しておりますので、今後新たに開拓していく必要性というのは高くない」と、はっきり言ってとりつく島もない答弁でしたが、その後市当局も真剣に考えてくれていたようです。
 今回は、住民の皆さんの切実な声を受け止めた日本共産党議員団の「チームプレー」が功を奏した形です。まだ予断は許しませんが、実現に向け一歩前進したといえるのではないでしょうか。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-22 12:39 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

皆さん、想像できますか? -ドラマ「東京大空襲」に思う-

 08.3.19
 皆さん、想像できるでしょうか。
 一晩で池田市民がすっかりいなくなってしまうことを。
 そんなことが、今から63年前の3月9日から10日にかけての一晩―厳密には2時間半―の間に、日本の首都東京で起こったのです。東京大空襲です。犠牲者は10万人にのぼりました。
 昨日、一昨日夜に放送されたドラマ「東京大空襲」、逃げ場を失った人でごったがえす墨田川にかかる言問(こととい)橋、その群集を紅蓮の炎の帯がなめつくしていきます。そして空襲を生き抜いた人々も引き続き襲う空襲、伝染病で次々命を落としていきました。
「もうこれ以上人を殺さないで!」と叫びながら、米機の機銃掃射に倒れた看護師晴子(堀北真希)の声が耳に残ります。結局、主な登場人物で戦争を生き抜いたのはわずか二人だけでした。
 ちなみに、満州事変以来、日本が引き起こした15年戦争(アジア太平洋戦争)で殺されたアジアの民は2,000万人、日本人は310万です。これが日本政府の「罪状」です。ちなみに2,000万人といえば近畿2府4県の人口に、310万人といえば大阪・豊中・池田3市の人口の和に匹敵します。
 再び想像してください。これだけの人が15年で近畿地方から、そして大阪からすっぽりいなくなってしまうことを…。
「戦争放棄」の憲法9条には、この膨大な殺された者たちの血と、生き残った者たちの涙がこめられていることに、改めて私たちは思いをはせなくてはなりません。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-19 13:55 | 歴 史 夜 話

「ミイラとりがミイラになるな」 -3・15事件80周年を迎えて-

 08.3.15 
 今日3月15日、政府による日本共産党大弾圧 3・15事件から80年を迎えます。
『しんぶん赤旗』3月11日、3月12日付で吉岡吉典元参議院議員が興味深い記事を書かれていたので紹介します。
 まず、吉岡さんは同事件での1,600人の検挙者中に31人の現役軍人が含まれていたことに触れられています。権力の中枢ともいえる軍隊に共産党が組織をつくっていたことに対する政府の衝撃は大きく、国民に発表するわけにもいかず、現在に到るまでこの件に関する公式な発表はないとのこと。
 さらに1928年以来4,000人近くを検挙してきて、その度に「(共産党に)致命的打撃を与えた」といいながら、1932年10月30日に再び1,500余名を検挙せざるを得なかったこと(熱海事件)に際して、その当事者小山司法大臣が議会への報告で、弾圧担当者は取調べのために共産主義の書籍を読む必要があり、ミイラ取りがミイラにならないよう注意したが、読ませておいて「かぶれるな」というのはむずかしい…、と嘆いていたというのです。「共産主義は、魅力満点であろうが、お国のためにかぶれないように一生懸命がんばれ」(吉岡さん)というわけですね。これは権力側の「敗北宣言」に他ありません。
 その記事を読んで、私は昔お世話になった共産党のA議員から聞いた話を思い出しました。A議員は、アンケートなど通じて住民の意見、要求をつかみ、それをいつも議会で取り上げてこられたのですが、その一部始終を見ていた市幹部のBさん-この方は自治省から出向して来られた官僚でした-が、東京に帰る際にA議員に「私は共産党へのイメージが変わりました」とこっそり打ち明けたというのです。BさんはA議員の住民アンケートにいわゆる「誘導尋問」的なものがなく、そのニュースも住民の声を反対も賛成も分け隔てなく載せていたことに心動かされたようなのです。
 80年前も、そして現在も、国民の声を第一に考える科学的社会主義と日本共産党の揺るぎない姿勢は、立場や階級を超えて共感を広げていくものであることを痛感した次第。

 話はガラッと変わりますが、2/17付ブログでも書いた大阪―東京を結ぶ寝台急行「銀河」が、昨夜60年近くに及ぶ歴史を閉じました。同時に、一昨年息子と九州に旅行した際利用した寝台特急「なは」も消えました。寂しい限りです。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-16 15:48 | 日本共産党はこんな政党です

息つくまもなく…

 08.3.14
 10日に代表質問が終わりましたが、息つく間もなく、11日は3月議会議案を審議する本会議に突入、議案は審議後四つの常任委員会に付託されました(2/29付で触れた福祉条例の改「正」案は19日の厚生委員会で審議されます)。
 12日は10、11日の市当局の答弁を受けて再び議員団で議案を論議。関連法を取り寄せたり、過去の議員団の態度を確認したりしながら、あくまでも「市民の生活にとってどうなのか」の観点から各議案や予算案への態度を決めていきました。
 そして、13日午前は石橋中学校卒業式にお邪魔して、午後1時半からは民主商工会主催の「重税反対全国統一行動」に参加、議員団を代表して連帯の挨拶、さらに3時からは石橋憲法9条の会主催の平和を創る集いで「戦争と平和をめぐる情勢の変遷」をテーマにお話させていただきました。また、その合間をぬって「市議会だより」の代表質問原稿作成、あぁ、しんど。
 ただ、昨夜(13日)だけは、ミナミであった大学時代の同窓会に参加して、久々に会った友人の変わらぬ姿と「ブログおもろいなぁ」という声に元気をもらいました。T田君、T上君、U部君、Y本君、G田さん、そしてS木さん、久々にお会いできてうれしかったです。楽しいひととき、本当にありがとう。 
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-14 18:38

代表質問の傍聴、ありがとうございました

 08.3.10
 いよいよ今日は代表質問。
 定刻の10時少し前に議場に入ると、なんと傍聴席には多くの市民の方が駆けつけてくれているではありませんか。整理券が出るほどではありませんでしたが!?、某議員(他党派)が「げんちゃん、27人は来てたな」と後でそっと教えてくれました。ちょっと気にされていたようです。見知った人も多かっただけに、いやおうなく緊張が高まります。
 代表質問は、ゆっくり抑揚をつけて話すことを心がけました。詳細は市会議員団ホームページをご覧いただくとして、市民の苦しみ、要求を市長と教育長にぶつけることができたと思います。そして「妊婦検診の公費負担を3回(現行1回)にする」(市長)といった答弁も引き出しました。これは成果でしょうが、「もう少し、つっこんで質問すればよかった」など、反省すべき点が多くあったのも事実。質問時間を4分残してしまっただけになおさらです。
 本日傍聴に来てくださった皆さん、御指導、御鞭撻頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-10 22:15 | 池田市議会 ここだけの話

本日、なんとか代表質問要旨を提出しました

 08.3.6
 1日付ブログでもお知らせしましたが、3月議会では、私が日本共産党を代表して代表質問に立つことになりました。
 質問に向けての最初の仕事は、要旨の作成です。
 以前の共産党議員の3月議会代表質問にも目を通しながら、なんとか大雑把な骨子を作成し、2月19日の議員団会議にまずたたき台として提出。これをもとに「ごみ問題はまちづくりやなくて、環境問題に入れたら」「○×には触れへんのか」などといった意見をふまえて、章立てを作りあげ、要旨文章の作成へと移りました。
 その過程でも「要旨やからもうちょっと簡潔に」「こんな抽象的なこと書いても相手答えようないで」と先輩議員から貴重なアドバイスが寄せられました。人によって言うことが微妙に違い、「どっちやねん」と思ったことも時々あったけど(?)、まぁ、収まるところに収まったようです。
 要旨つくりと平行して、当日の質問原稿作成に入りました。その様子を見た難波議員から「え、まだ、こないだの資料を読まんとこれ書いてるの?」といわれてあわてて資料の山にあたることも一度ならず。普段から情勢にもっと敏感になり、勉強しなければなりませんね。反省です。
 そんな中、2月27日の議会運営委員会で垣田議員が、発言順序で一番くじを引き当ててくれました。これも私へのエールか。とにかくこれで質問開始が10日の午前10時に確定です。
 また、3月3日には3月議会議案報告会を開催し、「後期高齢者医療制度の中止は強く言ってや」など積極的な意見を頂戴しました。身が引き締まります。
「うちはもう原稿できたよ」「あんまり勉強したらあかんで」といった他党議員の牽制もちらほら出始める中、3月5日に本会議が開催され、市長と教育長の施政方針演説を聞いて再び内容修正。
 そして今日の午前議員団で最終チェックした後、締め切り(正午)20秒前に質問要旨(発言通告用紙)を議会事務局へ提出した次第。休む間もなく、引き続き私は当日の質問原稿を書いています。
 その様子を見た垣田議員から「いい代表質問は問題を提起し、それへの自らの見解、打開策を表明したうえで、当局にその実現を筋道だてて迫るもの。要は「質問演説」をせなあかん」とこれまた貴重なアドバイス。
 代表質問まであと4日、がんばらな。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-06 22:05 | 池田市議会 ここだけの話

ギャラリー「控室」で代表質問の原稿を書いています

 08.3.1
c0133503_1871586.jpg 2/7付ブログでお知らせした市役所3階にある日本共産党議員団控室のリニューアルがほぼ終了しました。仕事場が美しく、そして明るくなるのはやはりうれしいものですね。当分は以前の部屋の様子を知った人が来室された時の驚く顔をみるのが楽しみになりそうです(いつまでこの美しい状態が続くか危惧する声が多いのも事実ですが…)。また、このリニューアルに際し、五月丘の中尾さんから自ら描かれた絵を寄贈していただくことになり、さっそく広くなった壁面に飾ることにしました(写真)。やはり絵があると心が落ち着くものです。
 ところで、3月議会の代表質問、日本共産党は私が行うことになりました。今その控室で一人原稿を執筆しています。代表質問は3月10日午前10時頃からになりそうです。大阪府議会のように整理券が発行されることはまずないでしょうから!?どうかお誘い合わせのうえ議会傍聴に起こし下さい。 
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-03-01 17:49 | 池田市議会 ここだけの話

「原子爆弾被爆者への見舞金見直し…」 議案を読み、私は怒りに震えました

 08.2.29
 一昨日3月議会の議案が届けられました。ページをめくっていた私はその議案第4号を読み、愕然としました。そこには「…生活困窮者、特定疾患療養者、原子爆弾被爆者及び父子家庭・母子家庭の小・中学校入学児童の保護者に対する見舞金等給付を見直すものであること。…」とあるではないですか。早い話がやめてしまおうというわけです。施設利用料・手数料の値上げに始まった池田市の行革路線がまさに無慈悲の極みまで行き着いたというべきでしょう。
「費用効果が薄れた」とあることから、その額がわずかであることを暗に言っているようです。確かにいずれも1年(1回)数千円程度で、大変な高額ではないかもしれません。しかし、度重なる小泉行革以来の社会保障の後退、雇用ルールの改悪による不安定雇用・低収入家庭の拡大のもとで、これらの見舞金の家計に占める割合は増えこそすれ、絶対には減ってはいません。
 同時に私が言いたいのは「これは金の問題ではない」ということ。被爆直後の原爆症、引き続く白血病、そして今も容赦なく襲うガンの恐怖に晒されている被爆者の皆さん、また、原因不明の病魔に日々苛まれている特定疾患療養者の方々、そして生活苦で子どもに十分なことをしてやれないと日々心苦しい思いをしておられる親御さんに対して、この見舞金は「皆さんのことを決して忘れていない、そして見捨てるようなことはしない」という池田市の決意の表明、そして最低限の誠意を示すものであると思うのです。
 まさに池田市の、そして池田市議会の姿勢が問われるこの議案に限っていうならば「(市長の)与党だから…」などといった理由で賛成することは絶対に許されません。また、特に福祉を掲げて当選してきた議員やその会派に関していうならば、その政治的な良心が問われる議案でもあります。
 市民の皆さん、この議案は3月19日の厚生委員会で審議され、28日の本会議で採決されます。どうか傍聴にこぞってお越しください!市民の力でこの議案、葬り去ろうではありませんか。

 なお、3月3日(月)午後6時半より、池田駅前北会館におきまして、この3月議会議案報告会を開催します。皆さん、どうかお誘いあわせのうえお越しください。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-02-29 13:30 | 市 議 会 日 誌

元史建歴10  門前の兄弟、習わぬ手紙を書く

 08.2.28
「共産党の議員のくせに、まぁ政治性のない文ばかりよう書くなぁ」「もうちょっと重みのある文章が書けないのかね」というお叱りの声をあるブログ読者から頂きました。ただこの文の軽さは私の身にしみついた「いちびり」精神の致すところ、御容赦してくださいとしか言いようがありません。
 一方で、「よく話題が続きますね」とか「充実していますね」「いつも楽しく読ませてもらっています」などといったお褒めの言葉も頂いています。ありがたいことです。
 文章の出来不出来はさて置くとしても、文を書くことが好きなのは事実です。
 じゃ、なぜ好きになったのか。子どもの頃、確かに読書は嫌いではなかったのですが、かといって家に本がたくさんあったわけでもなく、親がインテリであったわけでもありません。
 ただ一つだけ思い当たることがあります。それは母が大変筆まめであったということ。暇さえあればやれ礼状だ、やれ暑中見舞いだと、手紙ばかり書いていました(今でもそうですが…)。それを私も弟も横から見て「ふ~ん、手紙の最初は「拝啓」て書くのか…」などと思いながら、文章に親しんでいったのは間違いありません。こればかりは母に感謝しています。
 その弟は現在新聞記者として忙しく動き回っています。門前の小僧、いや山元家の兄弟、そろって習わぬ手紙を書き続けている、といったところでしょうか。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2008-02-28 16:21 | 元 史 建 歴