17.5.8
 最近の改憲論議を見て思うことをいくつか。
 まず「押付け憲法論」について。
 現憲法を変えようという勢力からいつも出てくるのがこの理屈。「今の憲法はGHQに決められたもので日本人のものではない、だから自主憲法をつくろう」というものです。
 私は現憲法にはルソー(フランス)の基本的人権、モンテスキュー(同)の三権分立、ロック(イギリス)の革命権、さらにはドイツのワイマール憲法にあった生存権などが盛り込まれているわけで、彼らが「英仏独から押し付けられた」と攻撃せずに憲法9条だけを取り上げて「GHQから押し付けられた」と主張するはバランスを欠くではないかと少々ひねくれた考えをもっています。
 まぁ、自説はさておくとしても、今、この「9条GHQ押付け論」がぐらついています。
 というのも近年「戦争を禁止する条項を憲法に入れるようにという提案は、幣原首相が行ったのです」「提案に驚きましたがわたくしも心から賛成であうと首相は明らかに安堵の表情を示され、わたくしを感動させました」などと記したマッカーサーの生々しい手紙が発見され、戦争放棄の発案者が日本側であったことが明らかになったからです。
 パリ不戦条約(1928年)などの国際的な非戦の流れ、「もう戦争はいやだ」という日本国民の悲痛な叫びが幣原提案につながり、現憲法9条に結実したと考えるのが自然ではないでしょうか。
 憲法9条は世界の宝です。
 誰が言い出したかなど、そもそもあまり重要なことではありません。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-08 11:48 | 打倒!安倍政権

 17.5.7c0133503_10413996.jpg
 昨日の阪神対広島は阪神プロ初先発の福永などの不調もあって5回表のスコアは0対9。さすがに熱狂的な阪神ファンも「今日はあかん」と観念、帰宅の途についた人もいたと思いますが、その後トラ打線怒涛の反撃で12対9の大逆転!広島から首位奪取もあってゲームが終わった頃には甲子園は盆と正月が一緒に来たような大騒ぎとなりました。
 これまでの阪神の最大得点差逆転勝利は1978年5月2日の対大洋戦(横浜球場)の8点差(9対10)なので、今回球団記録を塗り変えたことになります。セ・リーグでは1995年7月30日の広島対中日戦(広島球場、9対0から10対9で中日勝利)以来22年ぶりです。
 ちなみに9点差逆転勝利試合は今回を含めてプロ野球史上計6回、さらに上には上があるもので10点差逆転勝利試合が3回あるそうです(これが日本記録)。
 ところで今回9点差逆転劇の立役者はプロ発当番で6点(自責点5点)を取られた福永投手!? 今頃は1軍の打者のすごさ、野球のこわさ、おもしろさを噛み締めていることでしょう。黒星を消してくれたチームメートに感謝して次回の登板、がんばってや!
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-07 10:42 | スポーツ話

 17.5.6
 当ブログ読者のみなさん、連休はいかがお過ごしでしょうか。既報のように私は畑中たけし茨木市議の市政報告会(29日)やメーデー(1日)、義父の三回忌法要(3日)、あるいは各種会議などには出席しましたが、能勢町議選で捻挫した足先の回復があまり思わしくなく、総がかり行動(3日)など長く歩く行動は極力控えさせてもらいました。
 体が動かないのならば頭の保養とばかりに、昨日今日はどたばたしてこの間まともに読んでいなかった新聞や「積ん読」本に目を通して過ごしました。
 明日からはほぼ通常の活動にもどります。

 ※なお2日は私の56回目のバースデーでしたが、普段と変わりなく過ぎていきました。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-06 20:59

 17.5.6
 4月25日の財務金融委員会で、共産党宮本岳志衆院議員がその存在を指摘した2016年3月15日田村室長と籠池夫妻の面談を録音した音源データ、その後上京して民進党チームの会合に出席した森友学園の籠池前理事長は、自らが録音したものであると明言しました。
 そのテープの内容も、昭恵夫人の名が飛び交い財務省側が「今回は特例」と発言するなど問題の核心に触れるものです。
 少なくとも、「誰がどう録音したか分からない」という従来の財務省の言い分は崩れ、確認する必要は認めざるを得ないでしょう。佐川理財局長は、昨日の共産党宮本徹議員の質問に、田村室長は肝心なところは「記憶にない」と言っていると答弁しましたが、音源を聞けば、自分の声かどうかぐらいはたちどころにわかるはずですし、記憶も戻ることでしょう(テープの財務省側の発言がほぼ田村室長のものであることが確認されたとのマスコミ報道もあります)。
 さあ、連休明けに事件の解明もいよいよ大詰めを迎えます。財務省と安倍政権が、本気で事件の解明に協力するのか。それとも妨害者の本性をさらすのか、もはや逃げることは許されません。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-06 20:35 | 打倒!安倍政権

祝! 第88回メーデー

 17.5.1c0133503_1881032.jpgc0133503_189982.jpg
 今日はメーデー。
 私は豊中市大門公園で開かれた第88回豊能地区メーデーに参加しました。
 集会のあとは阪急曽根駅まで「ブラック企業をなくそう!」「過労死根絶!」「時給千円を実現しよう!」と沿道のみなさんに訴えてパレード(最近はデモとは言わないようです)。手を振って答えてくれる方もちらほら。そのうちインターナショナルの合唱が誰からともなく聞こえてきました。
 少しパラパラしたけど天気もなんとかもってくれました。
 万国の労働者団結せよ!
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-01 18:09

 17.5.1
 もう一つ池田の維新の話。
 2015年9月、維新の会の冨田議員は一般質問で「市立池田病院を独立行政法人や民営化してはどうか」と発言。当時保守系の議員からも「そんなことしたらもうからん診療科がなくなるやないか!」の野次が飛んだことは以前当ブログでも書きました。
 さてこの冨田議員、今度は3月議会の代表質問で「市立池田病院の赤字を一般会計で埋めるのは問題だ」と再び市立病院をとりあげ市政批判を展開しました。市立病院には利益は上がらないけれども市民の命を守るために必要な診療科があるので、赤字を一般会計で埋め合わすことは起こり得ることであり、別に悪いことではありません(もちろん黒字に越したことではありませんが…)。この発言にはさすがに民間委託大好きの現市長も「それ(一般会計からの補填)をしなければいいお医者さんが集まらなくなります」と反論していました。
 維新冨田議員の執拗な市立池田病院つぶし発言―、市民のみなさんはどうお考えですか?
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-01 17:22 | 維新退場!

 17.5.1c0133503_16213568.jpg
 自ら経営する整骨院で施術回数を水増しし、療養費を「水増し請求」して逮捕されている維新の会公認で当選した羽田達也議員(現在無所属)の公判が26日大阪地裁であり、羽田被告は「社長辞任までの刑事責任は認める」とのべ、これまでの無罪主張から一転して起訴事実の大半を認めたようです(28日付読売)。 
 羽田議員は「同業者の知人から指南を受け、09年頃から不正請求を始めた」と認めたうえで「13年ごろから整骨院の経営は他の役員に任せていたが不正請求を続けていることは知っていた。反省している」とのこと。やっぱりなんだか他人事です。
 事件発覚時には「(事件のことは)なにがなんだかわからない」ととぼけ、「逮捕されたりしたら議員辞職する」といいながら、実際に逮捕されると「悪いことをしていないのだからやめる必要はない」と開き直った羽田議員―、今回「悪いことをした」と認めたわけですから自身の過去の言動に倣ってもやめてもらわねばなりません。
 ところで、市民には身を切る改革を押し付けながら、議員の職務も果たせないのに自身の身は切らない…。この往生際の悪さは、もしかして「森友疑惑に私や妻がかかわっていたら首相も議員もやめる」と言っていた安倍さんが、妻昭恵さんの関与が決定的になってもやめようとしない姿勢を見倣っているのかもしれませんね。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-05-01 16:23 | 維新退場!

 17.4.29c0133503_20351732.jpg
 本日は茨木の畑中市議の市政報告会にお邪魔して、共謀罪などについてお話させていただきました。
 ところでこの演説会で共産党史上初?の珍事がおこりました。
 弁士3人の名前が偶然にもみんな「たけし」、なのにみんな漢字が違います。宮本岳志衆院議員が来てくれたらさらにたけし揃いでおもしろかったのですが…(左から山元建、宮原威府議、畑中剛市議)。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-04-29 20:35 | 大阪9区飛び歩き

 17.4.29c0133503_17265214.jpgc0133503_1727148.jpg
 能勢から池田に戻ってくる時、陸海空軍…、もとい弘法大師空海、いや山空海温泉に立ち寄りました。
 元々豊中市内のお医者さんが患者さん用に掘り当てたというだけあって温泉棟以外はプレハブが数棟並ぶだけの、実にこじんまりした温泉で、浴室も湯船が二つ、まぁ数人が入ればいっぱいというミニサイズ。先客も若いお兄ちゃんとおじさんのお二人だけ、田尻川の流れを眺めながらくつろいでおられました。
 お湯を手に取ると幼い日、行水時に嗅いだ香りがほのかに漂います。山空海温泉は大阪周辺では珍しい硫黄泉なのです(※)。先客のおじさん(Mさん)は「川西に住んでるけど、月に2,3回は来てるよ」と話され、うれしいことに「家で赤旗日曜版とってる。僕は新聞読むくらいしかできないけどがんばってくださいね」と続けられました。
 心身ともにリフレッシュ!元気に能勢を後にしました。

※私が知らなかっただけで硫黄泉は周辺にいくつかあるようです。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-04-29 17:29 | 日本たびたびまた旅日記

 17.4.29c0133503_16282722.jpg
 投票日の翌日(24日)、中西町議と訪れたのが、山辺にあるソトダイニングというカフェ。テラスの前に自然の沢を取り込んで、せせらぎを聞きながらランチを楽しめます。平日なのに女性客でほぼ満席なのも頷けました。
 また片付けの日(27日)に共産党茨木・豊能地区委員長の大嶺さんとお昼に行ったのが、中西議員宅のすぐ奥にある茅葺き民家を改造したお蕎麦屋さん、蔦屋。大変こしが強いお蕎麦は絶品。その歯ごたえはくせになりそうです。。c0133503_16294289.jpg
 他にも能勢にはおいしい喫茶店、ジビエ料理の店など、興味深いお店がたくさんあります。またゆっくり訪ねたいですね。
c0133503_1630132.jpg

[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-04-29 16:32 | 日本たびたびまた旅日記