山元たけしの あの日その時、そしてこれから

yamagenta.exblog.jp
ブログトップ

必ず勝つ!野党共闘の団結固めた出発式、服部良一は元気に出発しました

 17.10.10

c0133503_12344778.jpg
 さぁ、いよいよ今日から選挙戦が始まりました。 野党共闘の服部良一候補出発式は約二百人の聴衆で阪急茨木市駅東口前広場はぎっしり埋まりました。前方には服部さんを中心に9区の野党共闘を主体的にすすめてきてくださったMINITs9の皆さん、各政党の方、9区内の地方議員がずらり。
 式ではたつみコータロー参院議員、私、山下けいき新社会党委員長、自由党の渡辺義彦さん、みどりの党の代表の方、桂むつこ茨木市議、MINITs9の山本謙治さんが応援演説しました。最後に服部良一候補が「国政を私物化し、アベノミクスで大企業の税金を優遇し、庶民の暮らしをこわす安倍政権を終わらせよう」「憲法9条は私の人生そのもの、自民と希望、維新で9条変えられてしまう。9区で野党共闘が広がっている。皆さんと最後までたたかう」と熱く訴えました。
 まさに野党共闘の団結を示し固めた出発式、期せずしてハットリコールの起こる中、服部良一候補は元気に12日間の選挙戦へと出発しました。

[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-10 12:38 | 打倒!安倍政権

生まれて初めて社民党の宣伝カーに乗せてもらいました

 17.10.9 c0133503_2271413.jpgc0133503_2274289.jpg
 本日午前服部カーが池田入り。池田ダイエー前など市内4ヶ所で服部さんと野党共闘への支援を訴えました。
 服部さん、本日は九州から出てきて大阪の中小企業に働いた、労組の委員長もした、宅配のアルバイトも経験をしたと自らの経歴にも触れられました。だから服部さんって弱い人に心寄せられる人なんですね。
 さらに「希望の党もはっきり憲法9条を変えると言っており日本の未来は託せない。北朝鮮の核開発やミサイル発射は許せないけど、決して戦争にしてはならない。核戦争になる可能性もある。憲法を守り、森友・加計疑惑隠しの安倍暴走政治ストップのために野党統一候補として戦う」と力強い訴え。同郷(福岡県八女市)のTさんと話が弾む一コマもありました。
 ところで、衆院小選挙区予定候補、同辞退と人生初のできごとがこの間結構続いていますが、今日は生まれて初めて社民党の宣伝カーに乗車、野党共闘を改めて実感した次第です(写真後方の車です)。

 明日午前9時から阪急茨木市駅東口で服部良一出発式を行います。お誘い合わせのうえお越しください。共産党からは辰巳孝太郎と私が訴えさせていただきます。

[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-09 22:10

「実は反省していることがあるんです」

 17.10.8
 滋賀県にお住まいの方のブログ「里山成功哲学コラム」の9月30日付記事がちょっとした評判になっているので紹介します(段落わけのみ修正)。

 ちょうど、共産党について書いている時だった。ベルが鳴ったので出てみると、共産党の人だった。ポスター貼らせてほしいと。「もちろん」僕はそう言って、滋賀4区の情勢について少し訊いてみた。
「野党+市民」ポスターにはそう書いてあった。思えば、彼らはずっと市民と歩んできた。これは社民党も同じ。
 旧社会党。そう、僕が育った東京の国立では、共産党と社会党と言ったら、ずっと市民派の政党だった。国立には上田耕一郎さん(元日本共産党副委員長)が住んでいて、娘さんは同級生だった。当時、都知事は美濃部さんという社会党の人だった。そんな流れから、僕の中で、投票先はだいたいそのうちのどちらか。環境系の政党に入れたこともあったかな。
 ところが2009年には初めて民主党に投票した。例の政権交代の選挙で、そこは自民党を倒すためにみなで票を集中させようという空気があったからだ。その後も、選挙は勝たないと意味がないということで、ある程度政策が一致する人で勝てそうな人という基準を設けてきた。でも、今回それがはっきりした。本当に市民のことを、国民のことを考えている政党はこの2つしかないということが。ブレない。そして裏切らない人たち。それを勝てそうもないという理由で、偉そうに、何もわからないくせに、彼らを信じ切れなかったことが、本当に申し訳ない。勝てそうもないんだったら、勝てるように一緒に頑張ればよかったじゃないか。でも、希望の党に行くようなことを僕自身がしていたのだ。
 ポスターといえば、ポスター貼りって結構大変で、きちんと貼らないと風で飛んだりしてしまうもの。そんな時、共産党の人が教えてくれた。
「ここと、ここと、ここに画鋲を貼ればいいねん」
「すごいですね」
「何百枚って貼ってるからな」
何十年という経験から、選挙も知り尽くしている。ころころ入れ替わる新党よりも全然しっかりした体制を持っている。
 安保法案が議論されていた頃、共産党の人は、毎朝、毎晩、街頭に立ち続けた。雨の日も風の日も。半年近くずっと続けていた。小さな町なんで、ほとんど見向きもされない。それでもめげずにずっとやり続けた。
 今の状況に、僕らは絶望している。でも、共産党の人にとってはこれはいつものこと。何十回とこういう状況を経験してきている。誰からも見向きもされず、偏見から誤解され、全く何も知らない人たちから好き勝手なことを言われ、それでも、めげることなく、コツコツと頑張ってきた。そして、信念を守り通してきた。信念を貫き通すということは当然頑固にもなる。それでも、ここ数年は、大きく変わった。野党共闘を実現させるために、違う考えを受け入れ譲歩し続けた。いや、そこまで譲歩しなくてもいいのにというぐらい譲歩し続けた。
 今の腐敗した政治を変えることができるのはやっぱりこの人たちだ。どんなに世渡り上手で雄弁でも、嘘、打算、駆け引きにまみれた人たちでは、仮に一時的に結果を出せたとしても、結局は同じことを繰り返す。いい加減にそのことに気づこう。勝てそうとか、そういうんじゃなくて、信頼できる仲間と正直ベースで話し合い、新しい日本をつくっていこうよ(以下略)。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-08 22:54

野党候補一本化へ、共産党のとった態度への反響

 17.10.7c0133503_22235590.jpg
 以下中村正男さんのFB記事より(一部加筆・修正)。

 野党候補を一本化へ、日本共産党の公認候補(私も含めて)をおろしたことにツイッターでも大きな反響が寄せられています。
「柔軟すぎるぞ、共産党。お人好しすぎるぞ、共産党。 本気すぎるぞ、共産党。 でも、きらいじゃないぞ、共産党!」(JUN)
「共産党の各地での英断に敬意と感謝を申し上げます。比例は共産党に入れます」(SAKU)
「候補者の方も断腸の思いだったでしょうが、本当にありがとうございました」(ラバーダック)
「結果、選挙に勝てば、志位さんが仰ってる様に『報酬は民主主義だ』という事ですね」(BOUKENDANJI)
「尊敬します。ガンバレ〜」(OCHAN)
「無駄になったポスター、ビラがあるだろうな。政党助成金もらわず、企業や団体からも献金もらわず、どれほどの覚悟だろうか」(てるみ)
「政党助成金をもらってないと これだけ 太っ腹! 目的達成の為には 身をきれる。凄い!」(高桑)
「良かった。自公維新希望打倒しよう」(白石)
 多くの励ましを得て、さらにがんばります。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-07 22:24 | 打倒!安倍政権

立憲民主党も服部さん推薦! 9区はオール野党で安倍政権を倒します 

 17.10.7c0133503_22696.jpg
 日本共産党の小池晃書記局長は6日、国会内で記者会見し、衆院選の小選挙区(289)で、安保法制=戦争法廃止、憲法9条改定反対など「市民と野党の共闘」の立場に立つ候補が240を超える選挙区で一本化され、そのうち共産党候補に一本化された選挙区が160を超える見込みであることを発表しました。国会解散直後は当大阪9区を始め20に過ぎなかった野党共闘がわずか10日間で10倍化したわけです。
 さて本日(7日)午後は箕面革新懇総会で服部良一さんとともに挨拶。その後夕方再び石橋駅前西口で服部さんと再び合流、野党共闘への支援を訴えました(写真)。ところで今日立憲民主党が服部さんの推薦を決定したとの一報が入ってきました。これで9区はオール野党で安倍政権とその補完勢力(維新・希望)と闘う体制が整いました(ちなみに大阪の小選挙区では初めてとのこと)。
 まさに情勢は日々激動しています。

 余談ながら今月はロシア革命から百年に当たります。アメリカのジャーナリスト、ジョンリードはその様子を「世界を揺るがした十日間」で著しましたが、私にとっては解散からの十日間が人生でもまれにみる激動の時期となりました。落ち着いたらルポでも書くことにして、今は選挙勝利に邁進あるのみ!
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-07 22:07 | 打倒!安倍政権

予定候補のタスキははずしても休む間はありません

 17.10.6 c0133503_19362443.jpg
 2日は今日の集会で、3日朝は石橋駅西口宣伝で、そして4日夕方は池田駅前ダイエー前宣伝でそれぞれそう長い時間ではありませんでしたが連日服部さんと行動をともにしました。とりわけ4日の宣伝は共産党、社民党、自由党、新社会党、みどりの党など野党各党と市民のみなさんおよそ50人が勢ぞろい、「いいね、野党共闘」ののぼりが林立する中、みなさんマイクを握って服部さんへの支援を訴えました。初めてお会いする方も多かったのですが、心の通じ合う本当に元気の出る宣伝になりました(写真上)。
 そして今朝は石橋東口、夕方は西口で党独自の宣伝。専ら「野党共闘推進に真面目にブレずにがんばってきた共産党を大きくしてください」と訴えました。ビラの受け取りも上々です。
 宣伝の合間を縫って3日午前は池田東地域の女性後援会の、5日午後は市内住吉の各々小集会(写真下)にc0133503_1937790.jpgお邪魔して私の立候補辞退の経緯も交えながら野党共闘と日本共産党への支援を訴えました。
 また4日午前は市内南部にお住まいのAさんから相談を受け、さっそく市役所に行き担当課と懇談。なんとかうまくいきそうです。しかし、市議会議員でもないのに、予定候補も降りたのに頼りにしてくださる方がおられっていうのは実に嬉しい限り。
 
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-06 19:40 | 打倒!安倍政権

立候補辞退その後 

 17.10.2c0133503_15175319.jpg
 私の衆院選候補辞退の報は予想以上に各地に波紋を広げているようで、ブログのアクセスも増え、FBの記事に対する「いいね」の数も史上最高にのぼっています。まったく今までお付き合いのなかった、もちろん「お友だち」でもなかった方からのものも多く、そのご住所も全国に及んでいます。シェアーしてくださった方も少なくありません。
 同時に「よく決意した」「苦渋の選択でしたね」といった私の心中を察してくださる言葉も頂戴しております。しかし日本共産党が強く訴えてきた野党統一候補が実現したわけで、私自身としては今回の立候補辞退にあたってさしたる葛藤があったわけではなく、エネルギーを要したわけでもないというのが正直なところです。むしろ一つの仕事をやり終えたという達成感が強いですね。もっとも「9区の野党統一は山元で」と訴えてくださったみなさんに、ほとんど説明もできないまま辞退したわけで心苦しい思いはあります。ごめんなさい。この場を借りてお詫び申し上げます。
 また「民進党の解党などで野党共闘そのものが危機に貧し、全国の立憲主義の復活を求めてがんばってきた市民のみなさんが意気消沈しかねない状況の中での大阪9区での野党候補一本化は全国の仲間を限りなく励ますものだ」というある方のお言葉は、私にとって望外の喜びでした。
 しかし、いつまでも喜んでいる場合ではありません。野球でいうならばクライマックスシリーズがやっと終わったというところ、日本シリーズ(総選挙)で必ず安倍自公、小池新党、そして彼らにすりよる維新に厳しい審判をくだしてこそ、私の辞退も生きてきます。
 私も新たな部署で力の限りがんばります。 
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-02 15:18 | 打倒!安倍政権

候補者決まれば共産党は仕事は早い 

 17.10.1c0133503_12511613.jpg
 昨日(30日)午後は阪急茨木市駅周辺を大嶺さやか市議と練り歩き宣伝。「9区の野党統一候補が決まりました。服部さんです!」と訴えるとビラの受け取りが倍くらいに跳ね上がり、「よかったねぇ」とわざわざ近づいてきて手を握ってくださる方も二人ほどおられました。町の空気は着実にそして急速に変わってきました。その後服部さんと長崎由美子さん(社民党)と山下慶喜さん(新社会党)が地区委員会事務所を訪問され、今後の活動の進め方について懇談させていただき、さっそく服部さん紹介のビラつくりなど実務的な作業にも着手しました。 
 そして今日(10月1日)午前は茨木市内にある服部良一さんの事務所開きへ。事務所周辺はどう見ても動員とは思われない市民のみなさんで埋め尽くされ、誰もが「服部さんを国会に送って安倍自公、希望、二つの右翼勢力を打倒しよう!」と訴えておられました。なお日本共産党からは私が紹介され、辰巳孝太郎参院議員と朝田充・大嶺さやか両茨木市議、村川真実箕面市議があいさつしました。 
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-10-01 12:51 | 打倒!安倍政権

9区候補決定 てんやわんや 

 17.9.30c0133503_17205955.jpg
 9月28日、安倍首相が冒頭解散した直後民進党が野党合意を踏みにじり希望の党への合流を決めたことに対する大きな怒りの声が上がる中、日本共産党委員長志位和夫は国会内で社民党と共闘して闘う決意を語りました。同じ日、大阪9区では野党共闘をすすめてきた諸団体からなるMINITs9(※)の方々から統一候補決定を求める要望書が党の地区委員会に届けられました。
 情勢が激動する中、党大阪府委員会は社民党の服部良一さんを9区野党統一候補として推すことを決定、29日午後4時前私は玉造の党大阪府委員会でその報告を受けました。それから大急ぎで党内手続きをすすめ、30日「しんぶん赤旗」日刊紙で報道、午前地区委員会を訪ねてこられたMINITs9の方々にも伝えました(写真)。
 マスコミには29日の夜に伝えられたようで、何社から私にも問い合わせがあり、「山元さん、無所属で出られるということはないでしょうね」とご丁寧に確認する社もありました。私の入っている党はなくなりませんので放り出されて無所属になる必要性はまったくありません。ご心配なく。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-09-30 17:22 | 打倒!安倍政権

野党は服部良一さんで団結してがんばります

17.9.30
  昨日私は衆院大阪9区(茨木、箕面、池田、豊能、能勢)の候補者を降りることになりました。決してなにか悪いことをしたからではありません。安倍自公、希望の二つの改憲勢力からこの国を救う野党候補の一本化に伴う決断です。今後は比例区での日本共産党の躍進と9区の野党統一候補服部良一氏(社民党)の勝利に邁進して参ります。
 取り急ぎの報告まで。
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2017-09-30 14:25 | 打倒!安倍政権