徴兵への一里塚、自衛隊への若者名簿提出を許すな!

 19.2.21
 自衛隊員の募集について、別に法律で義務付けられているわけでもないのに「6割以上の自治体が協力を拒否している」と問題視した安倍首相。「それを変えるためにも9条に自衛隊を書き込むことが必要だ」と本音をあらわにしました。
 すかさずわが党の委員長志位和夫は「9条改憲の狙いの一つが、自治体から若者の名簿を強制的に召し上げることにあると自ら告白するものだ」と厳しく批判。さらに自民党が国会議員を使って選挙区内の自治体に“圧力”をかけるよう求めていること、首相発言の出所が極右団体の日本会議だったこともわかりました。
 若者の名簿が自衛隊にわたれば、それがそのまま「徴兵対象者名簿」に転用できることは容易に推察できます。以前安倍首相は「改憲してもなにも変わらない」と述べましたが、9条改憲、自衛隊への名簿提出を許せば、この国のありようは戦争を前提としたものへと大きく変わっていくことでしょう。
 16日の日本共産党池田女性後援会主催の「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」では古谷馨副会長が「私は昨日の新聞をみて、すごく腹が立ち、日本の未来について危機感をもちました。それは、自衛隊員の募集に自治体が協力しているということがわかったからです。安倍首相は『6割が協力してないから』と憲法改定が必要だと言っていますが、自衛隊からダイレクトに高校生に募集をかけるなんて許せません。昔の兵役検査を思い出しました」と自らの戦争体験も交えながらその危険性を語られた後、「戦争への道へ進ませてはならない。そのためにも選挙で日本共産党が躍進させなければならないと思います」と熱く訴えられました。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-21 00:40 | 打倒!安倍政権

志位和夫、曽根駅前でほえる!

c0133503_05153450.jpg 19.2.20
 今度の日曜日(24日午前11時半、日本共産党中央委員会委員長志位和夫が豊中は曽根駅前に参ります。
 私の記憶による限り、日本共産党の委員長が阪急宝塚線沿線のいわゆる「豊能筋」に来るのは、豊中が自身の選挙区(旧大阪3区)だった村上弘を除くと、80年代後半に不破哲三が豊中市立大池小学校の体育館で話して以来およそ30年ぶり(のはず)。
 この滅多にない機会をお見逃しなく、どうかお誘いあわせのうえお越しください。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-20 05:17

ささやき、ささやかれて心が通いました

 19.2.20c0133503_04471006.jpgc0133503_04461946.jpg
 今までの駅頭宣伝や後援会員訪問に加えて街角での宣伝(いわゆる「スポット宣伝」)に力を入れだしています。昨日(19日)は雨天で中止したものの、17日は天神1丁目、18日は石橋1丁目に赴き、後援会のみなさんと辻々でマイクを握りました。
 特徴的だったのはビラの受け取りが思った以上によかったこと、そして「応援してるで」「アベ、倒そな」と、耳元でそっとささやいていかれる方がそこそこおられたことです。安倍自公政権が勤労統計偽装してまで、消費税増税を進めていることへの怒りがじわじわ広がっているようです。
 ところで「まわりの友達や家族にも声かけるで」「カラオケ仲間にもあなたのビラ渡すわ」と言ってくださる方が増えているのもこの間の特徴。路上で「がんばってね」とささやいてくださった見知らぬご婦人に「まわりにもお広げください」と思い切ってビラを2、3枚多く渡すと、ちょっと戸惑いながら「いいですよ」とささやき返してくださいました。



# by takeshi_yamagen | 2019-02-20 04:47

これを私淑というのでしょうか ―直木孝次郎先生の逝去にあたって―

 19.2.19c0133503_13131919.jpg
 古代史家の大阪市立大学名誉教授直木孝次郎先生がなくなられました。享年100歳。
 私は学生時代、日本史の古いところを勉強していたのにも関わらず、屯倉、県主、国造などの用語がなにを読んでもよくわからず、悩んでいた時期がありました。そんなスランプを救ってくださったのが先生の著書の数々でした。先生の文章は、たとえそれが学術論文であっても論旨明快、ページをめくるたびにそれこそ水が砂に浸みこむように私の古代史の理解は広がっていきました。「えらい先生の文章はむずかしい」との私の漠然とした先入観は打ち砕かれ、むしろ逆であることを先生から教わりました。
 私のもう一つの先生像は「闘う直木孝次郎」です。先生は以前から各地の遺跡保存運動に携わってこられたのですが、2008年に橋下知事が府立弥生文化博物館の廃止を含む見直しを表明した時には「戦争の惨禍を経験した日本人はその誤りを繰り返さないために過去を学ぶことの重要性に気づいた。歴史から学ぶことはたくさんあるが、書物だけでは限界がある中で、博物館の重要性はますます高まっている」と指摘したうえで、「(博物館廃止は)秦始皇帝の焚書坑儒にも比すべき暴挙」と批判されました。各種選挙で日本共産党への期待を表明してくださったのも嬉しかったです。
 肉親や友人の時とは違う、私淑していた先生との別れの寂しさに私は今浸っています。
 先生―一度もお話したことがないのに、そう呼ぶのはおこがましいのですが―本当にありがとうございました(写真はわが家の本棚にあった先生の著書。未読のものもあり、選挙が終わったらゆっくり読みたいと思います。08/4/16当ブログ参照)。



# by takeshi_yamagen | 2019-02-19 13:19 | 墓碑銘 ー送ることばー

「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」に参加して

 19.2.17c0133503_08412799.jpg
 昨日(16日)は池田女性後援会主催「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」に4月市議選でお世話になる3人と引退する白石議員と参加しました。
 第1部は、わたなべ結さんのお話。「参院選で阿倍政権をおいつめ、解散総選挙で勝ちたい。ウソのない日本語の通じるまともな政治に変えましょう」と訴えられました。
 第2部は、山元たけし、小林よしみつ、藤原みち子に対する応援パフォーマンスと私たちの決意表明、引退する白石啓子議員の訴え、行動提起。
 応援パフォーマンスはゆるキャラあり、紙芝居あり、歌あり、生演奏ありで、わたしたち統一地方選挙でお世話になる3人のおいたち、個性を存分に浮き彫りにしていただきました。
 私は「大学で歴史を学んできたが、文章に書かれた歴史は権力者がつくうそを見抜いて事実を探っていかなければならない。たとえば隠蔽、改ざん、書き換え、数字の操作…、あれ?これって安倍政権のことですですね」とまず歴史学的に安倍政権を批判。これまで池田茶臼山古墳の保存に取り組んできたことに触れた後、石橋駅ではエレベーターに続いてドアミラーの設置要望が広がりつつあること、図書館に関しては市を超えた相互利用の進展にともなって、池田市域に多くの図書館をつくろうという機運がたかまっていることなどを示して「住民のみなさんの要求が進化、パワーアップしていることを感じます。みなさんとやること、やらなければならないことがいっぱいになってきました」と述べ、ご支援を訴えました。
 ところで2月は日本共産党石橋女性後援会の「ほっこりカフェ」(10日)、ふみつきの会(日本共産党池田中部地域女性後援会)の集い(11日)、そして今回と女性後援会の行事に連続して呼ばれました(写真左から藤原、白石、小林、わたなべ、山元)。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-17 08:44

多くの人に共産党を知ってもらって広げてもらう…、これが大事ですね ―担い手づくりとSNS―

 19.2.14
 連休明けの一昨日(12日)午前はAさんと豊島南の後援会員さんのお宅を訪ねました。お留守も多かったのですが、うれしかったのは「カラオケ仲間にも声かけるよ」(M井さん)、「近所に(ビラ)配っとくよ」(Y口さん)、「今度お医者さん行ったときビラわたすわ」(K下さん)とまわりにお声かけすると言ってくださった方が多かったことです。本当に励まされます。
 午後は池田の共産党のSNS学習会に参加。「SNSやったことない」「ツイッターまでやってる」「FB開店休業状態」とそれぞれc0133503_11552583.jpgレベルの違う生徒(なぜかおっさんばかり)に講師の村川まみ箕面市議が懇切丁寧に実践指導。なんとか全員ツイキャスまでたどり着きましたが、やりこなせるか否かは各人の意識と情熱次第と言ったところでしようか。
 共産党のことをどれだけ多くの方がどれだけ多くの人に広げてもらうかが重視される昨今、口コミマンパワーとSNSが本当に大事になってきます。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-14 11:56

今度は本物の呉春が出てきました ―中部ふみつきの会でごあいさつ―  

 19.2.14c0133503_11082948.jpgc0133503_11092681.jpg
 少し報告が遅れましたが11日はふみつきの会(日本共産党池田中部地域女性後援会)の第33回目の例会にお邪魔しました。
 私の人となりがわかる話をしてほしいとのとでしたので、まずは自身のプロフィール、1961年大阪市で生まれたこと、小学校低学年の頃池田に来たこと、さらにその後の学歴、職歴などをひととおりお話し終えた頃に、テーブルの上におでん、サラダ、おにぎりなどごちそうが並び切り、一升瓶も出てきましたが、まだ先の予定があったので私は遠慮しました(ちなみに銘柄は前日その酒かすをいただいた池田の名酒呉春でした)。
 お腹いっぱいいただき、元気に午後の活動にとりかかることができました。ふみつきの会のみなさん、ありがとうございました。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-14 11:10

「ほっこりカフェ」といいながら、いただいたのは甘酒でした!  

 19.2.10
c0133503_21462130.jpg 本日午後、日本共産党石橋女性後援会の「ほっこりカフェ」にお邪魔しました。
 Kさんの心温まる紙芝居のあと、私から池田市議選挙、参院選挙でのご支援を訴えました。そして自己紹介、フリートークタイムに。公園の遊具や植栽、台風21号の被害から市の防災対策、市営住宅の建て替え、休日でも住民票のとれる石橋の市民サービスコーナーの復活と要望が多く寄せられました。身の引き締まる思いです。
 ところで「ほっこりカフェ」いいつついただいたのはコーヒーではなくなんと甘酒!(しかも池田の名酒呉春の酒かすから作られたとのこと)寒い日だったので体の芯からあたたまりました。女性後援会のみなさん、ありがとうございました。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-10 21:47

安倍改憲反対で街頭に立った後、決起集会にかけつけました        

 19.2.10
c0133503_18530807.jpg 昨日9日は昼前9条の会のみなさんとともに石橋駅西口の安倍改憲を許さない「9の日宣伝」に参加、多くの人がマイクを握られ、反応は上々、署名も1時間で46筆集まりました。制服姿の学生サービスさんが「学校で憲法を習ったとこです」とペンを走らせてくれたのはうれしかったですね。
 午後は私の地域の日本共産党と後援会の総決起集会でした。冒頭松岡恒雄さん(日本共産党池田後c0133503_09143735.jpg援会長)から消費税増税と社会保障改悪の政府の狙いと闘いの展望を語っていただきました。その後、地域の方、ご婦人、労働者の方、元議員の方、そして野党共闘をともに闘ってくださった方など計8人の方から暖かい応援と期待の声が寄せてくださいました。その中で触れられた要求はカジノ反対、社会保障の充実、入札制度の改善、文化遺産の整備・継承から教育問題など、その範囲はまさに「森羅万象」に及びました。身の引き締まる思いです。みなさん、ありがとうございました。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-10 20:46

うれしい再会が続きます    

 19.2.7
 地域の後援会員と支持者のみなさんのお宅を、引き続きこつこつ、てくてく訪問中。その数は500を大きく超えつつあります。
 うれしい再会もありました。かつて豊島南に住まわれていた小中時代の同級生Hさんのお父様と緑丘団地で再会、同じ緑丘団地では住吉にお住まいの時お世話になったAさんとも数年ぶりにお会いしました。お二人とも旧居が誰もお住まいになっておられないようだったので気にしていたのですが、お元気そうでなによりでした。
 また鉢塚のあるお宅を訪問し「初めまして」とあいさつ申し上げると「山元さん、お久しぶりですよ」との返事。よく見ると以前石橋地域で「赤旗」配達を手伝ってくださっていたOさんではありませんか。こちらはおよそ10年ぶりの再会、Oさん失礼いたしました。
 Oさんに限らず最近「山元さん、ご無沙汰しております。その節はありがとうございました」と声をかけてくださっているのに、思い出せない時があります。10年ほど前に生活相談などでお世話させていただいた方が多いようなのですが、自身の記憶力のなさをただただ恥じるばかり。ご容赦くださいませ。 


# by takeshi_yamagen | 2019-02-08 09:36

悩める公務労働者と阪大生 ―再び勤労統計偽装問題―     

 19.2.6
 ある地方大学の経済学部教員の旧友Aさんの話。
 20年ほど前、論文で隣県の公式統計をつかったら、県の担当者Bさんから「ぜひお会いしたい」との電話があったとのこと。Bさん曰く「毎日毎日、数字の羅列と格闘。正確さにものすごく神経をつかうのに、『この統計はいったいどこの誰が見ているのだろう、何の役に立っているのだろう』と、むなしさを感じていた。それが先生の論文に使われているのを知り、論立てに重要な意味をもっていることを知って、本当に報われた思いです。ありがとうございました」とおっしゃったとのこと。Bさんは今回の勤労統計の偽装、さぞかし憤っておられることでしょうね。
 ところで先月30日石橋西口で宣伝していると青年が一人近づいてきて「僕は大阪大学の経済学部です。当然統計学を学んでいますが、数字が偽装されてしまったら、いったいなにを信じて勉強すればいいのか」と怒り心頭の様子。「選挙、共産党も考えますよ」と言って去っていかれました。
 安倍政権は、このまじめな公務労働者や学生、そして国民の怒りにどう答えるのか。

 勤労統計のこの偽装問題の真相解明を訴えに今朝石橋駅頭定例宣伝に立つ予定でしたが、あいにく外は雨、そこそこの雨脚です。申し訳ありませんが中止させていただきます。
 

 

# by takeshi_yamagen | 2019-02-06 07:55

雇用保険も労災も払わず、そのうえ消費税増税向けて「印象操作」とはなにごとか! ―勤労統計偽装問題―  

 19.2.5

 またも安倍政権下で偽装と隠蔽が発覚しました。厚生労働省の「毎月勤労統計調査」が長年にわたり誤った手法で行われてきたのです。同統計は賃金、雇用、労働実態を示す大切な指標です。その偽装は統計そのものへの信頼を失わせる異常事態、組織的な隠蔽の疑いも濃厚です。

 また同統計は、さまざまな制度の給付額算定のベースにされています。偽装によって賃金水準が低く出たためそれらの給付額が減少し、その影響は1973万人に及び、総額は537万5千億円にもなります。とりわけ仕事中にけがをしたときなどに出る労災保険・年金給付は一人当たり約9万円の損失になるとのこと。深刻ですね。

 さらに許しがたいのは2018年だけは賃金水準を実態に近づけて、さも賃上げがすすんだと「印象操作」していたことです(実際は2018年の実質賃金はマイナスの可能性が高いと指摘されています)。この偽装データをもとに首相は「過去最高の賃上げ」「アベノミクスの成果」と自画自賛して消費税増税の根拠にしていましたが、それが崩れた以上消費税増税はやめるべきです。

 国会が始まりました。日本共産党をはじめ野党各党はこの勤労統計の偽装を許さず、真相究明求めて一致団結してがんばることを申し合わせています。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-05 07:39 | 打倒!安倍政権

街頭での訴えが増えました 声かけてくださいねぇ! 

 19.2.4c0133503_05494081.jpg

 1月下旬の活動c0133503_05500165.jpg報告

 22日(月)の予算要望後、年末年始とばした疲れが出て週半ばの活動は少し抑えに。それでも定例の水曜朝の石橋西口定例宣伝(23日)は欠かさず行い、30軒ほど支持者・講演会員のお宅を訪問しました。

 そして25日(金)は池田の共産党の新春のつどい。たつみコータロー参院議員、小林よしみつ議員、藤原美知子議員、そして勇退する白石議員とともに、春の統一地方戦、夏の参院選での日本共産党の躍進を訴えました。月末は赤旗の集金に地域回り。

 なお、水曜朝(7時~)、金曜夕(5時~)に加え、30日から水曜夜(7時~)も石橋西口で宣伝ごあいさつすることになりました(所謂「おかえりなさい」宣伝)。見かけたらお声かけくださいね。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-04 05:50

わが家のパソコン 復活の日 

 19.2.4c0133503_05014831.jpg

 自宅のPCがいろいろあって使えず最悪の状態が続いていました(しばらくブログの頻度が落ちたのはそのせいでもあります)。この間買い替えすべくいろいろ物色したりしていたのですが、やっと先月末新しいPCがわが家に到着、コンピューターのエキスパート中西顕治能勢町議(日本共産党)に設定してもらいました(写真)。これでFCもブログもバンバン発信していけそうです。なおしばらく使用できない状態の続いていたPCメールも復活したこともあわせてご報告いたします。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-04 05:07 | 極めていきます ブログ道

成人式、新年会、お祭り、駅頭宣伝、党の会議、予算要望、そして訪問…

c0133503_19491886.jpg


 19.1.22 

 ここ1週間の近況報告。

 14日は恒例の成人式宣伝。15日は既報のとおりボヘミアン・ラプソディ鑑賞。16日は石橋西口で早朝宣伝。17日は生活相談で走り、18日は尊鉢厄神前で厄除祭(とんど祭)に来られた方に訴えた後石橋西口で恒例の夕方宣伝。19日は終日共産党の府の会議に参加。20日は年金者組合の新年会にお招きいただいてごあいさつ。夕方はおよそ20年前の新婚時代お世話になった此花区の旧友のみなさんに新年会に呼んでいただき妻とともに参加、「応援いくからねぇ」とうれしい「予約」をいただきました。それらの活動の合間をぬってすすめた訪問活動では、先週は鉢塚3丁目、石橋4丁目、豊島北2丁目で後援会員のお宅170件ほど訪問。

 そして昨日は市民アンケートをもとにつくった予算要望を池田市議会議員団とともに市長に手渡しました(写真)。 


# by takeshi_yamagen | 2019-01-22 19:50

安倍政権崩壊の序曲?

 19.1.22 

 年が明けて思うこといくつか。

 まず少し前まで沖縄だけの問題みたいな感じだった辺野古新基地建設問題。ここにきて全国的な世論調査でも建設反対が過半数を占めるようになりました。それだけではなく、「辺野古の海を守ろう」の声をワシントンに届けようと、タレントのローラさんなどが呼びかけたSNS上の署名が、20万(基準の10万の倍)を超えました。基地建設反対の声が沖縄から全国、全世界へ広がりつつある中、昨日までに基地予定地の軟弱地盤に対応するため国は設計変更の意向を固めたとのことですが、県は許可しない方向。いよいよもって国は追い詰められてきました

 原発問題でも驚くべき発言がありました。原子力ムラの一角を占めてきた経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)が原発政策について「国民が反対するものはつくれない」として述べたのです。コスト高騰で競争力の失われた原発を無理に進めようとする政策の矛盾が鮮明になった形です。

 そして消費税。さも増税が既成事実のように政権筋から語られていますが、以前も述べたように菅官房長官が消費増税の見送りについては予算成立後に判断すると含みをもった言い方をし始めています。予算は普通年度末までに決めるもの。ということは消費税増税を断念させる上でも4月の統一地方選挙で共産党をはじめとした野党が伸ばし自公に痛打を浴びせることがますます重要になってきました。

 風向きの変化を感じる今日この頃、春には国民にとって暖かい南風にしたいものです。


# by takeshi_yamagen | 2019-01-22 19:09 | 打倒!安倍政権

ボヘミアン・ラプソディ、いとおかし

 19.1.16 

 七十・八十年代のロックを題材にしたボヘミアン某という映画とて、葛城ユキさんと思いきや、よくよく聞くとクイーンの映画とのこと、あぁ、あのクイーンか、と合点はいくものの、さしたるファンでもなかったので、ともすると、あの顔塗ったグループね、とついキッスと混同してしまうほど、四月、七月の選挙向けて忙しい頃なれば、まぁ見に行かんでもいいなと思いしところ、あれよあれよという間に人気に火が付き、わが党の大門美紀史参院議員は2回見たんやて、二十回見た猛者もいるらしい、との声が耳に入ってきて、御年七十六の市田忠義日本共産党中央委員会副委員長が、洋酒のロックは前から好きだったが音楽のロックも好きになった、とツイッターで囁くに及んで、これは見ておかねば選挙に向けての活動にも障害になる、と勝手な理屈をつけて、先日なんとか時間をとってみてきしがボヘミアン・ラプソディ。

 なるほどバンド仲間との軋轢や私生活の悲哀すべてが流れ込んだラストのコンサートは天地驚愕、圧巻至極、青春時代どこかで聞いた曲がほどよく散りばめられていていたのも心地よし、これ以上申せばネタバレになること恐れしに、映画館に足運んでいただきたく候(前回の樋口一葉先生に倣って「たけくらべ」調で書いてみました)。


# by takeshi_yamagen | 2019-01-16 15:05 | 銀 幕 日 記

目で追う前に声に出して読め  ―樋口一葉「たけくらべ」を読んで―


 19.1.16c0133503_14570206.jpg





「廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く、明けくれなし車の往来にはかり知られぬ全盛をうらないて…」

 冒頭から文語体の段落わけのない文章が延々3ページ続き、五千円札の図柄にもなっている人の作品とはいえ、何度も途中断念を繰り返して積ん読歴30年を迎えたわが家の樋口一葉の「たけくらべ」(角川文庫)。

 罪の意識に苛まれたわけでもないのですが、この正月再挑戦。今回は試しに口に出して音読してみると、あら不思議、正月三日間で一気に読了できちゃいました。美登里、信如、正太郎を始めとした青年たちの恋とも友情とも知れぬ交流の様子が、百年以上前の東京の話とは思えぬほど生き生きと浮かび上がってきたのです。

 彼女の無駄のない抑揚の効いた文章に「文学には口に出して読まなければならないものがあるんだぁ」と思い知らされた次第。「お札の人」だけのことはあります。


 追伸;巻末年譜で樋口一葉の誕生日が私と同じであることがわかりました(新暦換算5月2日)。私より89歳年上のお姉さんですが、夭逝されたことが悔やまれます(1896年没 享年24歳)。










# by takeshi_yamagen | 2019-01-16 15:01 | 積ん読・乱読・熟読日記

ここは何県?

c0133503_14493949.jpg


 19.1.16

 さて質問です。この写真はどこの県の風景でしょうか。

 正解は右の住宅地は大阪府池田市豊島南2丁目、左の神社とその裏の住宅は兵庫県伊丹市下河原地区になります。普通県境は山や川になっているところが多いのですがここでは住宅地の間を通っています。右側の住宅地の一角のあるお宅を訪問して話が選挙に及んだ際、対応してくださったご婦人が「うちは大阪府ですが間違いないですか」と念を押してくださいました。


# by takeshi_yamagen | 2019-01-16 14:50

消費税増税の理由が聞こえてきません




 19.1.16


 さて政権筋からは消費税増税が既成事実であるかのように語っています。しかし国民多数はこの10月からの消費税増税に反対しており、野党も足並みをそろえているわけですから、参院選挙と統一地方選挙で日本共産党をはじめとした野党が勝利するならば、消費税増税を阻止する展望が開けてくるわけです。実際菅官房長官自身も消費増税の見送りについては予算成立後に判断すると含みをもった言い方をし始めています(※)。


 ところで今回は政権側の人から消費税増税の積極的な理由がほとんど聞こえてこないのも特徴です。消費税が、福祉や社会保障の使われていないことを、消費税導入後30年の歴史から国民誰もが十分学びましたから、彼らはもう語る言葉がないというのが真相でしょう。下手にしゃべれば消費税増税分その大半(372兆円のうちの291兆円)が大企業の法人税減収の穴埋めに使われたこと、さらにばれちゃいますんもんね。



※この件については日本共産党の小池晃書記局長が「直後にちゃぶ台ひっくりかえし可能性のある予算をどうやって審議しろというのか。それなら最初から増税は断念すべきです」とツィッターで述べています。










# by takeshi_yamagen | 2019-01-16 14:47 | 打倒!安倍政権

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る