茨木市民の、そして国民の未来を左右する茨木市議選が始まりました

 09.1.19
c0133503_14424641.jpg 18日告示で茨木市議会議員選挙が始まりました(25日投票)。私は新人の大みね学候補の出発式にお邪魔しました。
 茨木市も池田市同様、共産党を除く各党のオール与党体制が続き、後期高齢者医療制度反対の意見書案を自民、公明になんと民主党まで一緒になって否決するなど、市民の要求に背を向ける議会となっています。そんな中、日本共産党市会議員団は高すぎる国保料を、市民の皆さんとともに運動を進め、2年続けて引き下げさせるなど、貴重な成果を勝ち取ってきました。
 より多くの市民の声が届く議会をつくるためには、大みね候補を押し上げて、共産党の議席を今の5から6に前進させなければなりません。 
 実は、1,2月に行われる大型地方選挙は茨木市議選の他にも北九州と倉敷の市議選がありますが、議席増を狙うのは茨木市だけです。ですから共産党の全員当選は消費税増税や給付金問題、さらには麻生内閣の命運にも大きく影響することは間違いありません。
 各界からの励ましの挨拶の後、大みね候補は宮本たけし衆議院比例近畿ブロック予定候補とともに元気に出発していきました。
by takeshi_yamagen | 2009-01-19 00:24

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る