「読み比べて、私は「赤旗」を選びました」 

 09.2.21
「 しんぶん赤旗」読者が増えています。しかし、共産党の側が増やす努力をしないとすぐ減ってしまうのも事実です。収入の減少、(高齢で)目が見えなくなった等々、理由は様々。転居された方、亡くなった方も当然おられます。一方で、「十分読むわけではないけど、大企業から献金をもらわない日本共産党を経済的に支えるために購読するよ」という方もいらっしゃいます。
 また、日本共産党自体に興味を持って購読される方が増えているのもこの間の特徴です。豊島北のIさんもその一人。共産党に興味を持ち、党の中央委員会に「しんぶん赤旗」を一度見せてほしいという内容のメールを打たれたのです。
 早速、私はIさん宅の郵便受けに見本紙を投函させていただき、その感想を伺いに今日訪問したところ、「私は大学で政治学を専攻し、様々な新聞を読み、政党のホームページも見てきましたが、今では物事の本質をついて報道しているのは赤旗しかない、と思うようになりました。一般紙は中途半端でおもしろくないですね」と話され、快く日曜版を購読してくださいました。「共産党が政治献金を受け取っていないのも評価します」とも。うれしい限りです。
  
by takeshi_yamagen | 2009-02-21 19:47 | 日本共産党はこんな政党です

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る