人気ブログランキング |

代表質問から② 「親は好き好んで受益者になっているのではない」 ー幼稚園バス有料化に対してー

 09.3.7
 2009年度の教育方針で、教育長は幼稚園通園バス有料化を示唆。与党議員席からもどよめきが漏れました。
 池田市は、幼稚園統廃合・保育所民営化によって1小学校区1公立幼稚園1公立保育所という他市にない優れた制度を崩壊させてしまいました。通園バスの運行は統廃合によって子どもたちが幼稚園に歩いて通えない状況が生まれたことにより実施されたものです。
「歩いて通える幼稚園さえあればバスに乗る必要はありません。(幼稚園をつぶしておいて)それを、(親を)受益者とみなして有料化の理由にするなど言語道断であります!」
 白石議員の鋭い追及に理事者側席の教育委員会幹部は下を向くか苦笑するしかありませんでした。
 ところで、そもそも教育委員会は、教育が国策に利用され戦場に子どもたちを送ってしまった痛恨の経験から、権力から独立したものとして戦後スタートした制度のはず。しかし、今回の幼稚園バス問題を見てもわかるように、池田市教委の行政当局が進める行革路線への追随は目に余ります。「受益者負担」の言い分までそのままとは情けない。
 ちょっとは気骨のあるところを見せてほしいものです。がんばれ!教育委員会。
 
by takeshi_yamagen | 2009-03-07 15:28 | 市 議 会 日 誌

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る