人気ブログランキング |

広大な敷地、緑が目にしみます ー府立園芸高校を歩いてー

 09.10.19広大な敷地、緑が目にしみます ー府立園芸高校を歩いてー_c0133503_18143371.jpg
 細河地域への移転誘致を求める陳情が出された府立園芸高校、先日久しぶりに伺う機会がありました。
 校内を歩いて改めて感じたのは、甲子園球場三つ分というその広さ。南は北中(豊島北1丁目)前から北は宇保団地(八王寺2丁目)南側まで続く敷地の中には小川(江原川)や池、鬱蒼とした森が点在し、その中ほどには国道まで走っています。市内南部市街地では唯一の大規模延焼火災時の避難先(広域避難地)となっているのも頷けます。
 ひとたび、その校内の森に入るとひんやりとした心地よい風が肌をかすめて吹き抜けていきます。さらにこの広大な園芸高校の約7倍の面積の緑が池田市内からこの10年間で消えてしまった、そのことの重大さも実感できました。
 市長は園芸高校の移転が実現すれば、その跡地で住宅開発を進めたいとの希望を9月議会で表明しました。しかし、大規模災害時に市民はどこに避難すればよいのか、地球温暖化阻止のために誰もが力を合わせなければならない時に、これ以上市内の緑を奪ってしまっていいのか、その跡地利用には、あまりにも問題が多すぎることを、現地で改めて痛感した次第。
 昨日のブログでも触れましたが、なにか問題がおこれば、現場に足を運んで話を聞き、目で見て、肌で感じてイメージをかきたてることが大事であることを、今さらながら思い知った散策でした。
by takeshi_yamagen | 2009-10-19 00:26 | 園芸高校と総合計画

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る