人気ブログランキング |

鎌倉市の防災行政

 09.10.20鎌倉市の防災行政_c0133503_16191347.jpg
 19、20日と総務常任委員会の行政視察で神奈川県鎌倉市と東京都狛江市を訪ねました。
 19日は鎌倉市役所へ。視察のテーマは同市の防災システムです。
 市の担当者の方から防災時の情報を瞬時に放送で市民に伝える防災行政用無線局を市内に128基設置し、さらに市民の携帯電話に直接メールで配信するシステム(鎌倉市防災・安全情報提供システム)を進めている、などといったお話を伺いました。
 同時に、出水時は河川の氾濫よりも下水の溢水の方が心配なのだが、それは構造的な問題なので、すぐには解決できない、防災行政への自治会の協力の度合いが地域によって温度差がある、さらには鎌倉市防災・安全情報提供システムが2%の普及率にとどまっている、などといった問題点も多いとのことでした。
 また、海辺のビルなどに津波発生時の避難場所として開放してもらう施策を進めているが、オートロックのマンションの普及もあって、なかなか思うようには進んでいないといった海に面する都市ならではの悩みも印象に残りました。 
 ところで、当日頂いた鎌倉市の防災マップ、これがなかなかの優れもの(写真)。避難先はもちろんのこと、災害時の給水車の出動地点、臨時ヘリポート、さらには土石流災害の危険地域では、その押し寄せる方向まで細かい矢印で記されています。災害時の基本的な情報を一目で知り得ることができ、今後の参考になります。
 折しも鎌倉は秋の観光シーズンの真っ盛り。駅前は行楽を楽しむ人でいっぱいでした。鎌倉市の場合、そんな観光客をも視野に入れて災害時の対策を考えねばならないわけで、担当者の御苦労が推測されました。
by takeshi_yamagen | 2009-10-20 22:45

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る