元史建歴37 父の問いかけ

 10.3.4
 日米間の核密約の存在が新聞紙上で報道される度に、私は西山事件を思い出す。
 西山事件とは、佐藤栄作内閣下の1971年、日米間で結ばれた沖縄返還協定に際して、「アメリカが地権者に支払う土地現状復旧費用400万ドル(時価で約12億円)を日本政府がアメリカに秘密裏に支払う」密約が存在するとの情報を、毎日新聞の西山太吉記者が知り、1972年、社会党がその情報をもとに国会で追及したのに対し、西山氏と女性事務官が外務省の機密文書を漏らしたとして、国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで逮捕、起訴された事件。
 当時小学生だった私が、なぜこのようなこみいった事件を覚えているのかというと、父がテレビのニュースを見て「たけし、国民の知る権利はどうなると思う?」と私に聞いてきたことが妙に記憶に残っているからだ。
 西山事件に限らず、父はなにかにつけて時事問題についての意見を私に求めてきた。少々うっとおしい時もあったが、父の問いかけのおかげで、私が政治的に早熟な可愛げのない?子どもに育っていったのは事実。それが現在の議会活動に生きてきているのは間違いない。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2010-03-04 12:12 | 元 史 建 歴