怒!米軍基地辺野古移設③ 鳩は虎の尾を踏みました 

 10.5.31
 沸騰する沖縄、もし私がジャーナリストならばすぐに現地に飛んでいくところですが、そんな時間もお金もありません。と言うわけで那覇に住む友人のN君に電話して現地の様子を聞きました。
 予想通り鳩山政権には怒り沸騰とのことでしたが、「やっぱりね」という醒めた見方もあるとのこと。しかし、その口調にあきらめはなく、むしろ新たな闘いの決意を固めている様子を私は感じとりました。どうやら日本政府は、虎(沖縄県民)の尾を踏んでしまったようです。
 そして、その闘いの矛先が日米安全保障体制そのものに向かいつつあることを示唆したのが先日の沖縄県民を対象にした「毎日新聞」の世論調査。日米安保条約は「平和友好条約に改めるべきだ」が55%と半数を超え、「破棄すべきだ」との回答も14%、「維持すべきだ」はわずか7%しかなかったのです。 
 そう言えば、最近のテレビのコメンテーターの発言を聞いても「他国に守ってもらっているこの体制を考えるべき」「基本に立ち返ってみる必要がある」など、安保体制そのものを問い直すものが多くなってきました。安保体制の是非論議をタブーとする「報道管制」も徐々に崩れてきているようです(10/1/27付ブログ参照)。

 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2010-05-31 22:55 | 建声元語 ―よもやま話―