人気ブログランキング |

久しぶりにえらい試合を見せてもらいました 

 11.8.14
 昨日、昼食時になにげなくテレビをつけると帝京(東東京)対八幡商業(滋賀)の対戦の真っ最中。試合はすでに8回まで進んで3対0で帝京がリードし、八幡商は散発2安打で2塁すら踏ませてもらえていないとのこと。
「こりゃ、もう決まりやな」と思っていると、八幡商は9回表に連打と相手エラーで1点を返し、なおも満塁でなんと遠藤選手がライトポール際に逆転満塁本塁打!打たれた帝京の渡辺投手は“なにが起こったんだろうか”といった表情、きっと頭が真っ白になっていたんでしょうね。ちなみに9回の逆転満塁本塁打は大会史上初とのこと。結局、八幡商は9回裏の帝京の攻撃を0点に抑えて、5-3で勝利しました。野球の怖さを久しぶりに実感、いや、鳥肌がたちましたね。 
 振り返ると、私の高校時代頃まで、滋賀県勢の甲子園での成績は散々。夏は京都と合わせて代表1校(京滋大会)の時代が長く続いたこともあって、出場すらさせてもらえず、春は春で比叡山が前橋工(群馬)に大会史上初の完全試合をプレゼントする始末(1978年)。
 一方、ここ4年京都代表はいずれも初戦で敗退しているとのこと。主役が交代しつつあるのでしょうか。
by takeshi_yamagen | 2011-08-14 10:47 | スポーツ話