人気ブログランキング |

川口環境委員長解任決議案可決 当然です

 13.5.9
 参院本会議は9日午前、野党7党が提出した川口順子環境委員長(自民)の解任決議案を採決し、野党の賛成多数で可決されました。衆参両院を通じて委員長の解任決議が可決されるのは初めてとのこと。
 「川口氏は4月23、24日に訪中したが、24日になって25日の会合に中国の楊国務委員(外交担当)が出席することが判明。野党側に帰国延長を申し出たが、認められず、25日の参院環境委員会が流会になった」と、自民党はまるで野党に問題があるかのような発言をしました。しかし、川口氏と楊前首相との会談については安倍首相ですら「なにか交渉事をするということではまったくない」「バイ(2国間交渉)ではない」と述べるなど、各国の外相経験者を集めた非公式な懇談に過ぎず、委員長は私的な「出張」を公務の上に置いたのが実態です。また当の川口氏も「国益考えない野党」などと言っていますが私的な会合に環境大臣が出ていくことがどう国益につながるのか説明責任を果たしているとはとうてい言えません。
 さらに言うならば川口氏が流会させた環境委員会は原発問題にも対応する重責を担っている委員会なのです。わが党の井上哲士参院国対委員長が「(川口氏の行為は)委員長としての職務放棄で、これが解任に当たらずとしたら何が当たるのか」と厳しく批判したのは当然です。
 一部マスコミは「野党の党利党略だ」「与野党どっちもどっち」と報じていますが、これは全く皮相な見方であり、議会の私物化・形骸化にマスコミまで手を貸すのかと私は言いたい。
by takeshi_yamagen | 2013-05-09 18:27