人気ブログランキング |

日本維新の会―、この党には絶対に日本の未来を委ねることができません

 03.5.14 
 橋下氏の従軍慰安婦容認発言から一夜あけた今日、フェースブックを見ると橋下発言を各国語に翻訳する会が組織されるなど、抗議の声が世界中を駆け回っています。
 維新の小沢鋭仁国対委員長は、橋下氏が同時に侵略の事実を受け止めるべきだとする発言もしていることを踏まえ、「全体を通して聞いていただくことが重要だ」と発言、まるで全体を読めば慰安婦容認は納得してもらえるような言いぐさです。また維新議員団幹部の1人は「歴史のタブーに触れる問題発言だ」と橋下を非難しますが、発言したことが悪いというだけであり、ことの本質がどうもわかっておられないようです。
 さらに別の幹部が「党の考えを代表したものではない」と火消しに躍起となる中、今日飛び込んできたのが「軍と売春はつきもので、歴史の原理みたいなものだ。昔からあったのは歴史の事実だ。(橋下氏は)基本的に間違ったことは言っていない」との日本維新の会石原共同代表の発言。西の代表がつけた火に、今度は東の代表が油を注いだ形です。
 まぁ、二人の代表そろって言うわけですから、慰安婦容認はこの党の本質に根差すと考えたほうがよさそうです。
 昨日、今日ではっきりしたこと―、それはこの党には絶対に日本の未来を委ねることができないということです。
by takeshi_yamagen | 2013-05-14 17:57