人気ブログランキング |

橋下流「ケンカの方程式」の破綻

 13.5.16
 一片の事実や真理を取り上げ、国民の一部にある差別意識や嫉妬、劣等感などを巧みに利用して強引に自論を展開、矛盾や綻びが出たら「本音トークができるのは僕だけ」とばかりに争点そらしや曖昧化を図り、自らを「革命児」として売り込む…、今まで橋下氏はその論法で公務員、教育委員会、高齢者そして体罰教師攻撃などを展開してきました。
 今回も従軍慰安婦必要論もそのやりかたはまったく同じ。
 まず戦場では極度の緊張感が生じるという「真理」を取り上げて、「従軍慰安婦は必要だった」という持論を強引に展開。批判が出ると「従軍慰安婦は他国の軍でもある話。なぜ日本だけ言われるのか」と今度は国民のナショナリズムをくすぐり、お決まりの「建前はだめ」と「本音トーク」で自身を売り込む作戦に出たわけです。
 しかし、15日付の「しんぶん赤旗」で神戸女学院大学教授の石川康宏さんが明確に指摘しているように第2次世界大戦中に軍や政府が公式方針のもとに、兵士のためのレイプ施設を作ったのは大日本帝国とナチス・ドイツ(ともにファシズム国家であることに注意)だけであり、氏の「どこもやっていた」論は成り立ちません。
 そしてそもそも従軍慰安婦制度が、近代社会のもとではどんな条件のもとであっても合理化できない人権蹂躙の制度であったことをはっきりさせておく必要があります。
 日本維新の会の支持率が低迷する中、今度は従軍慰安婦問題で「捨て身の勝負」をかけてきた橋下氏ですが、皮肉なことに自らが人権意識のかけらもないことを示す「本音トーク」を晒してしまい、どうやら全世界を敵に回してしまったようです。


 
by takeshi_yamagen | 2013-05-16 06:18