人気ブログランキング |

存亡の危機の維新、それでも支える公明党 ―橋下市長問責決議案否決の意義―

 13.5.31
 昨日の大阪市議会で可決寸前までいっていた橋下市長に対する問責決議案―、土壇場で公明党が反対に回り一転否決されました。
 マスコミは「決議可決なら参院選と同時の出なおし市長選挙」という松井幹事長の発言に、参院選挙勝利を優先する公明党が市長選に手をとられることを恐れたのがその理由であると書いています。しかしその論評は少し的をはずれているのではないでしょうか。なぜなら先の市長選挙でも公明党は自主投票を決め込み積極的に選挙活動をしたわけではなかったからです。
 公明党は、政治の教育への介入を許す教育基本条例の成立に手を貸すなど、これまで維新に擦り寄ってきた「実績」が、市長選が行われれば市民の前に明らかになり、そのことが参院選に影響が及ぶことを最も恐れたのだと思います。しかし、今回問責決議案反対に回ったことで、公明党はさらに維新へのすり寄りの「実績」を増やしたわけで、今後彼らはますます泥沼にはまり込むことになるでしょう。
 存亡の危機にある維新、その維新をあくまで支える公明党―、両党と市民の矛盾が劇的に明らかになったところに昨日の問責決議案否決劇の最も大きな意義があったのではないでしょうか。
by takeshi_yamagen | 2013-05-31 22:12