共産倍増!時代はまさに自共対決へ ―都議選の結果から―

 13.6.24c0133503_10154723.jpg
 昨日行われた東京都議選で日本共産党は改選前の8議席から17議席へと倍増!定数2の文京区や長らく議席空白だった葛飾区で議席を奪還するなど本当にうれしい限りです。
 注目すべきは改選前43議席だった民主党が15議席と激減、都議会第1党から4党に転落したことと維新が2議席にとどまったことです。かつて喧伝された2大政党制や第3極が国民から見放されつつあることがこれではっきりしたといえるのではないでしょうか。
 さてテレビの報道を見ていると共産党の躍進は低投票率と組織票のお蔭とする向きがありましたが、出口調査で無党派層の2割が共産党に投票したことが伝えられていることからもわかるようにそのコメントは一面的ではないかと私は思います。むしろ低投票率ながら無党派層の25%がわが党の山下よしきに投票し、その後の共産党の躍進の嚆矢となった1995年参院大阪選挙区とよく似てきたなというのが私の感想です。
 アベノミクスの幻想を払拭しきれなかったうらみはあるものの、まさに時代は自共対決であることが事実で示されたわけで、この勢いで参院選を勝ち抜かねばなりません。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-06-24 00:50

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る