秘密保護法案、参院特別委強行採決!国会前響く抗議の声

 13.12.6
 昨日(5日)秘密保護法案が国家安全保障委員会で、野党のもう抗議の中、自民党・公明党によって「強行採決」され同法案は参院本会議に緊急上程されました。
 私は改めて与党自民党・公明党に聞きたい。
 憲法の人権・民主主義・平和の原則を踏みにじるこの「違憲立法」、あなたがたは選挙で国民に公約していたか、5割の国民が反対し、8割が今国会での成立を望んでいない、その国民の声に答えてきたか、と。
 国民の信託のうえになりたつ政府が、国民の声に耳を傾けず、あろうことかその国民の口と耳を封じようとする暴挙―、絶対に許すわけにはいかないのです。 
 ところで委員会強行採決の報をテレビで見て、ツイッターで見て続々と国会周辺に国民が詰めかけています。
「国民や未来のこと、何一つ考えていない。ファシズムです」(福島・松永さん。1歳の子どもを連れて)
「僕は勇気をもってここに来た。みんなも一緒に声をあげよう」(東京・長谷川さん。大学院生)
「今まで政府に抗議したことないけど、ニュースを見て行動しなきゃと思って夜勤明けでここに来た」(埼玉・石川さん。介護福祉士)
「自分は思想的には右派だが、自民党支持者でも国家による人権抑圧はがまんできない」(都内男性)(いずれも本日付の「しんぶん赤旗」より)
 今日も国会周辺では断続的に反対行動が、そして午後6時半から日比谷野外音楽堂では大集会が開かれます。東京圏の皆さん、今日ばかりはなんとか時間をとって永田町に足を運び、国民の声を国会に届けてください。
[PR]
by takeshi_yamagen | 2013-12-06 08:42

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る