人気ブログランキング |

くりはら府知事の誕生でみんなの声が届くまっとうな大阪をつくりましょう

 15.11.6
 派手なパフォーマンスばかりが目につく橋下維新ですが、維新府政の8年間で大阪がどうなったか、教育分野を中心に見ていきたいと思います。 
 まず「子どもの安全は府の仕事ではない」と警備員配置の補助金を廃止し、あの教育大付属小事件があった池田の学校からも警備員さんが消えました。 
 また松井知事は「高校の学区を廃止した」と豪語していますが、その結果一部の進学校や交通の便のいい高校に志願者が集中することになりました。このように学校間格差を拡大しておいて「人気のない学校は魅力のない学校」といって池田北高や能勢高の廃止を計画、このままでは大阪北部から高校がなくなってしまいます。さらに小中学校の少人数学級(35人学級)小学校2年生までというのは全国最低。なんやかんやで削られた教育予算は600億円にもなるのです。
 たまらず高校対策を求めて直談判した女子高校生に橋下前知事は「日本は自己責任の国。いやなら出ていけ」と言い放ちました。また先生をランク付けし、最低レベルの先生にクビをちらつかせるなどして「もの言わぬ」教師をつくりだそうとしています。余談ながら優秀な学生がそんな大阪を敬遠するため周辺府県の教育委員会から「大阪のおかげでいい学生が教員試験に来てくれます」と皮肉られる始末です。教育のみならず大阪府の経済や福祉もこの8年間の落ち込みは激しいものがあります。そんな実態、維新のみなさん語れるはずないですよね。否定された大阪都構想しか持ち出せない理由もここにあると私は思います。
 反対意見に耳を傾けることなく逆に封じこめようとする独裁政治は一刻も早くやめさせて、さまざまな府民の声が自由に論議できるまっとうな大阪府政をとりもどさなければなりません。そこには共産党も自民党もありません。なんとしてもくりはら貴子さんを府知事に押し上げようではありませんか。

 明日7日(土)午後2時より「維新政治退場 まっとうな大阪をつくろう 池田市民集会」が池田商工会議所(池田市役所南隣)で開かれます。清水ただし衆院議員もお話します。どうかお誘い合わせのうえお越しください。
  

by takeshi_yamagen | 2015-11-06 22:39